2014年12月20日

漫画【ブラッディ・マンデイ ラストシーズン】恵広史 龍門諒

未曽有のテロ行為阻止から一年。
消えてしまった天才ハッカーファルコンこと高木藤丸。
彼は奪われた大切な人の奪回、そして受け入れがたい
「真実」を知ったことで、
あの男と行動を共にするようになっていた…。
「ブラッディ・マンデイ」を予てから計画していた
黒幕の野望を阻止する為に再び飛翔する。

日本で起こった大規模テロ。
そんな不安な要因をはらむこの国の東京で
12か国首脳会談が開かれる運びになったのは
九条音弥の祖父である総理大臣九条正宗の持つ力が大きい。
世界の要人、そして家族200人が集うのは東京ネオタワー。
かつて藤丸も参加していたTHIRD−I(対テロ組織)、
そしてCRAUNS(防衛相の精鋭部隊)らのメンバーは
テロを警戒して持ち場についていた。
もちろんこの場所でテロリストたちは暗躍しており、
当事者たちが集結していた。

200人の人質をとることに成功した彼らが要求したのは
日本が保有するアメリカのドル・国債、証券などを
すべて売却することである。
アメリカドルが大暴落し紙切れになってしまえば
世界経済は未曽有の世界大恐慌に突入し、
アメリカ国内で内紛が勃発、世界の勢力図は様変わりする。
懸念材料を提示するだけでアメリカ株の暴落ははじまった。
サードアイの美南らはこれを防ごうと躍起になるが
彼女たちを翻弄するハッカーはファルコンこと藤丸だった。

P2014_1214_170009.JPG


ここまでに失われた多くの命と自らが信じる正義、
国や世界の在り方、そして理想、
しがらみやかけがえのない絆などもからんで
描かれるブラッディ・マンデイ解決編。


講談社少年マガジンコミックス 全4巻 ☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



全ての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログ
 をやっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 犬と猫、フクロウ、
 音楽鑑賞と読書、
 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんでした
 そして、
 実際なりませんでした。