2012年11月01日

漫画『プリズンスクール 監獄学園』平本アキラ

昨年までお嬢様校だった全寮制の八光学園は理事長の方針で
男子の入学が可能となり、本年度から共学の運びとなった。
しかし、新入生の男子はたったの5人。全校生徒は1000人。
女子とのめくるめくる学園ライフを夢見る5人だったが、
不思議な力が働き、まともにしゃべることすらできない。

実はこの学園は裏生徒会と呼ばれる女性たちによって
男女の交際を一切禁じていた。
女子生徒たちには戒厳令が敷かれ
男としゃべるとプリズン(監獄)1週間の刑となる。
この冗談のような環境の中で、
肩身の狭い思いをしていたキヨシ(藤野清志)だったが、
母のくれたマニアックな相撲消しゴムのおかげで
クラス一の美少女千代(チヨ)ちゃんと仲良くなり
いっしょに学生相撲を観に行く約束をとりつけた。
夢心地のキヨシだったが、他の四人はなにやら企んでいる様子。
どうやら「女子風呂」を覗くという思春期特有の衝動にかられ
(人によっては成人後も…のぞきは犯罪ですぞ)
騒いでいる様子。しかもターゲットはキヨシのいる1年1組。
キヨシはもちろん女子風呂は覗きたいけど
チヨちゃんの裸は見られたくないぜ!と思っていたが
どうやらまだ彼女は来ていないようなので
4人といっしょに犯罪に手を染めるキヨシ。男だなw

しかし、彼らの犯行は裏生徒会によってあばかれてしまい、
5人はプリズン(懲罰棟)への一ヶ月の懲罰を課せられる。
また、この懲罰棟から脱走をした際には連帯責任で5人とも
プラス3か月の刑期の延長。三度目は退学と通告された。
彼らは露出狂の副部長によってムチや言葉責めなどの
非人間的な行為(罰)を受けるが、エロい衣装もあって快感。

P2012_1026_221635.JPG


これじゃあ罰にならないという部長の至極まともな判断から
一見ゆるふわ系だがガチで空手インターハイクラスの
武闘派体育会系花が鉄拳制裁を加えることに。
しかもこの子はスカートの下にジャージを履いているので
全くビジュアル的にも楽しくなくただただ苦痛だった。

P2012_1026_221747.JPG


罰を与えるには適任と思われた花だったが、
キヨシが花の「秘密」を握ることになり、一時離脱。

キヨシはチヨとの相撲デートを実現させるため
この監獄棟を抜け出す計画を立てるのだが、
なぜか副部長から理不尽な暴力を受けることの多い
ガクトにこの企みを知られてしまう。どうなる?

〜人物紹介補足〜

ガクト(諸葛岳人)…語尾に「ござる」がつく三国志マニア。
特に、関羽に強いあこがれを持つ。
目的を成し遂げるためならあえていばらの道を歩む「漢」。
たまに絵風が変わる演出がされる。
練馬一の智将、練馬一の猛将(自称)

シンゴ…元々キヨシといっしょに入学した友達だが、
精神的な未熟さを裏生徒会に見破られてしまう。

アンドレ…気が優しい。「どれい日記」をつけている。
副部長のムチなどのお仕置きを自らもらいにいく真性マゾ。
作中、錯乱している期間が長い。

ジョー…フードで素顔をさらさずよく喀血しているため一見病弱。
だが実際はただの口内炎。毒舌を吐くが、意外に仲間想い。
アリの観察が大好きでジャイアンツの中でも
ヨゴレとされている人たちの名前をつけている。

千代……性格温厚で寛大。この作品におけるオアシス。
意外に気が強い性格。「相撲好きに悪い人はいない」。
嫉妬に狂う一面も。

部長……裏生徒会部長。「男はみんなクズ」
(たぶんアレな父親のせい)という思想の持ち主。
最終的に男子生徒5人を退学にする作戦を立案。
カラスを自由自在に扱うという特殊能力を持つ。
「カラス好きに悪い人はいない」

副部長…作品におけるエロ担当キャラ。グルメ。
異常に汗をかきやすい体質。部長に心酔している。
理不尽にガクトにお仕置きをすることが多い。

花………作品におけるアブノーマル(変態)担当キャラ。
一見ゆるふわ系だが機嫌を損ねると顔が豹変し、
破壊力満点の暴力を行使する。

ブラチラ先輩…勝手に命名。ゲームセンターに出没する。
第一ボタンまでとめていたはずのボタンを
神技で数コマの間で外し、胸元を見せシンゴを悩殺。
アイスをエロくなめる。なんか存在そのものがエロい。

理事長…南米の尻フェチ。
実は登場人物(娘)たちの父親でもあるのだが、
尻への欲求を抑えきれず、娘に自らの情けない姿を露呈。
ダンディーな顔とのギャップがすごい。    

表生徒会…裏があったら表もあるということで。
カリスマ性のある裏生徒会と異なり、
基本的に人気がないのだが…。
部長は過去の因縁から裏生徒会部長を敵視しているようだ。
(しかしそこには複雑な感情も渦巻いており、
「パンドラの匣」の中にその答えがありそうだ)
勝負はガチ相撲ではなく騎馬戦で決まる。
副部長の復活なるか?
品性下劣なあいつの揺さぶりにより苦戦を強いられる
キヨシたちだったが…。

長い騎馬戦により、いろんなものを失ったり得た面々。
複雑な感情を持つキャラ。告白を考えるアイツ。
失恋したかに見えたあの人。そして、あの人が去って…。

よい意味でバカバカしいラブコメギャグコメディー。
エロい描写が多い。笑える箇所が多い。絵もうまい。
「アゴナシ〜」書いていた人と思えない位絵柄が違って驚いた。

全28巻 ☆☆☆☆
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



全ての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログ
 をやっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 犬と猫、フクロウ、
 音楽鑑賞と読書、
 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんでした
 そして、
 実際なりませんでした。