2012年02月01日

漫画『ヒミズ』古谷実

特別な才能がないと自覚のある中学生住田は
平穏で「普通」に暮らすことをめざしていた。
しかし、あることがきっかけで状況は一転。
社会の歯車からはみだしてしまった住田は
自らの命をあと一年と決めた。
自らが生きる証(世直し)の為、「悪人」を探し出し、
犯罪を未然に防ごうと町をさまようように。
かねてから見えていた不気味な存在(死神?)の
影が色濃くなっていく中、
彼を心配し危惧する人たちとの生活の中で
少年が出した「答え」とは?

P2012_0129_172407.JPG


〜あらすじ〜

母が営むボート屋の河川敷の簡易小屋に住む住田は
まともに働かない父(離婚は成立)を持つ。
自らの未来にある種の諦観を固めてしまっている住田は
死生観すらもドライそのもの。
夢など持たず、安寧な「普通」の生活だけを望む。
「世の中金」と言い切り盗癖のある夜野、
漫画家を夢見るいじめられっ子赤田、
妙に肝の据わった茶沢景子らは
根暗な住田の数少ない理解者である。

母の失踪に伴う財政難から働くことになり、
そのことも引き金となり事件を起こす住田。
彼を心配する夜野、茶沢も事件に巻き込まれていく。

「罪と罰」を連想させる斬新なストーリー。
「大人の都合」に翻弄される中学生たちという
悲惨な内容ながらリアリティーのある不気味さ
日常に潜む「悪」「異常性」が見事に描かれていて
暗い魅力のあるアングラ系作品。

ヤンマガKC 全4巻 ☆☆☆☆★
ラベル:おすすめ 古谷実
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



全ての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログ
 をやっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 犬と猫、フクロウ、
 音楽鑑賞と読書、
 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんでした
 そして、
 実際なりませんでした。