2012年01月16日

漫画『保健室の死神』藍本松

「死神」を連想させる新任養護教諭派出須(ハデス)は
あやしい外見とは裏腹に心優しい保険室の先生である。
アメとムチでたとえるならアメ10割という独自の
教育方針を貫くハデスには大きな秘密があった。
ハデスに関わることになる中学校の生徒や先生、
そして彼をよく知るハデスの同級生や恩師らによって
巻き起こるホラー学園コメディー。
出オチの安田、巨乳でエロい雰囲気を持つ
お姉さんキャラみのり、にぶる、亀花、
ドジッ子花巻、そして後半にはダルシム似の
キャラクターが登場し物語に花を添える。



〜あらすじ〜

常伏中学の養護教諭としてやってきたハデスだったが
外見の怖さから生徒たちから敬遠されてしまう。
しかし生徒である地味メン明日葉郁、
イケメン藤麓介、一部に熱狂的な信者を持つ美作、
転校生のシンヤなどを不思議な力で助けたことで
慕われるように。
数少ない理解者を得たハデスは更なる理解者
(獲物)の獲得をめざしてリヤカーを引き、
出張保健室を行うのだった。



人の心に憑りついて悪事を働かせる「病魔」。
(病魔…人の持つ感情が実体化し、暴力的な行動を
促したり、周囲に感染し悪い環境を作り出す。
病魔はハデスをはじめとした一部の者にしか見えず
かつ一部の者しか倒すことができない。)
人々の生活を守るという使命を持つハデスは
自らの意思で「病魔」を体内に取り込み、
その病魔の持つ能力によって病魔を食らうことができる。
(ただし、病魔という位なのでこれを食すことは
ハデスの身体に大きな負担をかけてしまう)。
基本的に病魔に遭遇した生徒や人々を守るために
正義の味方であるハデス他が病魔を倒すという
ヒーローもの的性質と、学園生活を通じてハデスや
生徒たちとの絆が深まっていくヒューマンドラマ的
性質を兼ね備えた物語である。
地味だがよくも悪くもお人よしな小市民明日葉郁が
ハデスや仲間たちによって危険も顧みず仲間を助ける
ために奔走する姿は、強者であるハデスやシンヤ以上に
読者の共感を生むであろう。


「常伏中学校」

ハデス及び彼の恩師でもあるゴスロリで
猫語を解する年齢不詳の三途川校長を筆頭に
問題児の多い2年A組を束ねる巨乳の体育教師みのりや、
教育方針が10割ムチのカウンセラー絶花
などクセのある先生が多いことが特徴である。

集英社ジャンプコミックス 全10巻 ☆☆☆
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



全ての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログ
 をやっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 犬と猫、フクロウ、
 音楽鑑賞と読書、
 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんでした
 そして、
 実際なりませんでした。