2010年07月27日

漫画『ねこぢるまんじゅう』ねこぢる

人に育てられしゃべられる猫のしろ太とくろ太が
育ての親であるおじいさんの死により、
本当の母を探して旅に出る。
ねこぢる作品としては珍しく善意の人間や動物、
育ての親であるおじいさんも幽霊で登場し、
二匹の旅を助けるというハートフルコメディー。
ほぼ例外なくグロテスクな展開が起こるのが
ねこぢる作品だが、このシリーズに関しては
主人公であるしろ太、くろ太ですらやさしい。
キャラクターたちの温かさすら感じる異例の
作品である。

「ねこぢるまんじゅう」

ねこを主役にした残酷童話。
「バカずきん」(セリフをすぐに忘れるヒロイン
のせいで、敵役のオオカミがフォローにまわる)
「がぐや”姫」(竹を割った時点で頭が割れた
ので、おかしくなってしまったがぐや”姫は
犬と変わらない扱い、育ち方をする)

にゃーことにゃったがおつかいを頼まれ
出かけると、大惨事が巻き起こるという
ねこぢる作品らしいグロテスクな普段通りの
ストーリーの「おつかい」も収録。

「NEKOJIRU−MANJU」
文藝春秋 ビンゴ・コミックス

ねこぢるまんじゆう (BiNGO COMICS)

ねこぢるまんじゆう (BiNGO COMICS)

  • 作者: ねこぢる
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1998/10
  • メディア: コミック



posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 05:27| Comment(1) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ねこぢる先生の大ファンです。「まんじゅう」の他にも「だんご」や「うどん」等沢山読みました。

>あと、「ぢるぢる日記」「〜食堂」はおもしろいですよ。

 でも、「ねこ神」と「インド〜」はイマイチなのです。
Posted by にゃーにゃー太 at 2010年08月01日 12:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



全ての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログ
 をやっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 犬と猫、フクロウ、
 音楽鑑賞と読書、
 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんでした
 そして、
 実際なりませんでした。