2016年10月29日

漫画『ハイスコアガール』押切蓮介

90年代。ファミコン社会現象に続き、PCエンジン、
スーファミ、ゲームボーイ、プレステ、セガサターン…
に代表される数々の家庭用ゲーム機が次々と出現。
そしてゲームセンターの筐体がゲーム市場を活気づかせ
特に『ストU』に代表される格闘ゲームが大ブームに。
1991年。小学校ではさえない日々を送る矢口春雄だったが、
ゲームだけは誰にも負けない自信があった。
格闘ゲームで連勝記録を続け鼻高々な彼には
「キモイ」という称賛の心の声がつぶやかれる。
  
「豪指のハルオ」と名乗るそんな彼の鼻をへし折ったのは
同級生の令嬢大野晶だった。
無口で、何でもこなし尊敬を集める完璧超人。
猫のように感情を現さないのに人気者。
そう、まるで自分と正反対の存在。
よりによって何でこいつはオレ唯一が輝けるゲーセンにいる…。
しかもこのお嬢様、メチャクチャゲームがうまい。
コマンド入力が超難しいので敬遠される不人気キャラ
ザンギエフを使い、相手を吸いまくる(投げまくる)。
心のオアシスをけがされた気分の春雄はなんとか勝とうと
反則技「待ちガイル」「防御から投げ」の「ハメ技」を連発。
ギャラリーからも非難があがるズル戦法に晶さん怒り心頭。
春雄はリアルファイトでボッコボコにされKO(ノックアウト)。
お嬢様は武道もたしなんでいた。
P2016_1022_070121.JPG

【俺より強い奴に会いに行く…までもなかった。
 すごく身近にいた。】

ほとんど感情を現さない晶だったが、春雄の挑発に対しては
怒りがおさまらず、ドッジボールではわざと顔面にぶつける。
ゲームセンターで協力プレーを願い出ても、
ハイスコアの邪魔になる春雄に対して晶の暴力がとまらない。
詫びても、基本的にしゃべらないので何を考えているか不明。
ゲームに興じているときと好物を食べているときだけはご機嫌。
ヤニ臭いゲーセンに美少女いたら本当に掃き溜めに鶴だよね。
あそこは作者が言うようにスケベで癇癪持ちの男子が集まる
アホの巣窟だからなぁ。
UFキャッチャーやったなぁ…。アームが超弱くてつかんだ
ぬいぐるみが落っこちるんだよなぁ。 

駄菓子屋ゲーセン、都市伝説のオール10円ゲーセンに出かけるなど
いつしか戦友として晶に接していた春雄に突然の別れが訪れた。
空港に見送りにきた春雄に対して晶がとった驚きの行動。
ギャグマンガかと思っていたらまさかのラブコメ。まさかの感動。
この作品、ブーム直撃世代にはすごく刺さる。
おこづかいからなけなしのお金はたいてゲームセンターに
行った人には、たまらないんじゃないかな。
ガイルやザンギエフを筆頭にゲームキャラたちが登場し、
主人公たちにエールをおくる。そのセリフ(心の声)は
どうやら二人の耳には届いているようだ。本当につらいとき
彼らを支えるのはゲーム(バーチャル)の世界か。それとも?
P2016_1022_070309.JPG

中学生になった春雄は相も変わらずゲームに没頭し、
担任からお叱りを受ける。いつか晶は日本に帰ってくる。
そのときにゲームで負けるわけにはいかないと考えていた。
自分の家にゲームの筐体を置くことになった日高小春は
それが縁で春雄と親しくなる。ゲームに熱中するあまり
バカみたいな言動の春雄をうとましく思っていた日高。
だが春雄のひたむきな姿に魅かれ、強く意識するようになる。
そしていよいよ晶が帰国し、同じ中学に。
 
再戦を熱望する春雄は、ゲームセンターで連勝記録を伸ばす
晶を発見し、対戦を試みるが、晶は姿を消してしまう。
もうあの頃みたいに一緒にゲームに熱中できないのか?
親友のいい奴宮尾からは大野さんにひとめぼれしたと告げられる。
修学旅行先の自由時間にゲーム大会に出場することにした
春雄が見たのは、晶の姿だった。

将来をまじめに考えるようになった春雄は、晶と同じ
上蘭(上ランク)高校を志望校に据え、ゲームを封印。
母、宮尾、日高、担任と周囲を驚かせる頑張りを見せる。
忙しい英才教育の息抜きにゲーセンに訪れる晶だったが
春雄の姿を見ることはなかった。
日高は春雄の影響でゲームが上達。女子校に合格。

高校生になった春雄は、家庭ゲームばかりやっていたこともあり、
日高に負けてしまう始末。
やはりゲームセンターで実戦をつまなくてはと反省。
遊ぶお金と家族の生活費を稼ごうとアルバイトをしながら腕を磨く。
晶の姉の真は教育係の厳しすぎる締め付けに反発、ドロップアウト
していたので、晶への指導はどんどん過酷になっていく。
晶には既にいいなずけもいるらしい。
晶は日高から恋の宣戦布告?をされたことにも悩み、家出。
そのことを知った春雄は晶の姿を探しに飛び出した。
  
春雄と晶の強い絆を知ってしまった日高は
ゲームに勝つことで春雄を振り向かせたいとゲーセンで猛特訓。
ゲーマーからも一目置かれる存在に成長。
大野真はあの妹を夢中にさせる春雄なる男がどんな奴か
同時に興味津々のエロいゲームの調査のために
ゲーセンにやってきた。女心を知るのもゲームだ。 
真から渡された「ときメモ」をする春雄だったが
なぜか後ろから女性陣に見られ全然ときめけない。
P2016_1029_064646.JPG

軟化した教育係萌美から晶への最高のプレゼントが渡され…。

日高はドS化(7巻表紙の目が怖い)し、
感情とは裏腹に春雄をいじめてしまう。
すねた春雄は溝の口を飛び出し渋谷に繰り出す。
渋谷で自分の居場所を手に入れた春雄だったが
思わぬ抗争に巻き込まれることに。
晶の姉真はすっかりアホキャラと化す。
ストUのように進展しない春雄と晶の関係に
一石を投じるのはやはり日高だった。

「ストU」「桃太郎活劇」「ボンバーマン」「パラソルスター」
「ぷよぷよ」…。プレイしたことある名作ゲームの話が出るたび、
オラワクワクしてきたぞ。
ヒロイン全然しゃべっていないのに心情がわかるのがすごい。
主要キャラクターが一途でまっすぐで、応援したくなる。
個人的にはツボすぎるラブコメ要素を含んだゲーム漫画。
ゲーム少年となるに至った経緯は『ピコピコ少年』に
描かれているが、これもあわせて読みたい作品。

版権の問題で回収された旧版と
新版(continue 5巻まで)がある。本筋は同じ。
新版は加筆・修正箇所があり、書きおろしも収録。
ビッグガンガンコミックススーパー 7巻〜 ☆☆☆☆★

P2016_1029_063741.JPG
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

漫画『チャンネルはそのまま』佐々木倫子

北海道ホシテレビにバカ枠で入社した雪丸花子、
バカ係として採用された山根一。
優秀な人財山根はともかく、面接に遅刻し能力も低い
ポンコツK点超えバカの雪丸はなぜ採用されたのか?
その秘密を探りながら、テレビを通じて巻き起こる日々を
ユーモアを交じえ安定感のある構成で描く。
おすすめ同著として『動物のお医者さん』。

P2016_1009_105859.JPG

【小倉、雪丸、山根 ホシテレビのドリームチーム?】

北海道ホシテレビは北海道における民放のバカ枠。
手段を選ばず、他局への妨害活動をし、資金も人も豊富な
「ひぐまテレビ」と違い、視聴率が振るわないテレビ局だ。
困ったら「ラーメン特集」に走りオリジナリティは皆無。
だが、なぜか映像を観た人に与える影響「反響率」が高く
スポンサーの中にはホシテレビの価値に気付く者も多い。
ひぐまはそのことに気付いているのでホシテレビを
目の敵にしているのだが、ホシテレビの職員は気付いていない。
バカ正直で不器用なホシテレビ、高飛車なひぐまテレビの図式。

苦戦を強いられるホシテレビは劇薬として、久しぶりに
「バカ枠」による採用を行い、雪丸花子の入社が決まる。
過去、バカ枠での採用は3人いて、伝説のゲリラ番組を作った
小倉らバカ枠に恥じぬ常人では思いつかない功績を挙げ、
同時に現在進行形で周囲に多大なる迷惑をかけている。
おもしろいかどうかを追求する小倉は、面接に遅刻してきた雪丸に
問いかける。遅刻してきたいいわけはおもしろいのか。
雪丸が話したエピソードとは?

P2016_1009_105646.JPG

【サルを救出?】

奇跡的に入社が決まった雪丸はさっそくミラクルを起こし、
驚異的な視聴率をたたき出す。
面接時から奇妙な言動ばかりの雪丸に冷たい目を向けていた山根。
しかし、なぜか彼女は落ちることなく残り続け、同期入社に。
首をかしげる山根であったが、よからぬ話を聞いてしまう。
いわく、自分がバカ枠でポンコツの雪丸をフォロー、助ける係
「バカ係」(プチプチ…緩衝材)であることを。頭を抱える
山根であったが、バカ枠採用小倉、雪丸は次々と問題を起こし
周囲の人々を振り回す。
しかし残念ながら雪丸は自分がバカだという自覚無し。
作中、まるで成長していない。上司涙目。

周囲を唖然とさせる言動を繰り返し雪嵐(吹雪)を巻き起こす。
独自の発想、バカすぎる言動は取材対象の警戒心を解き、
ときどき逆転ホームラン的奇跡を起こすことも。
K点、ネギ、カバン、KY、やきいも、サル…同僚や上司に
罵倒されながら、まったくめげない元気だけがとりえの
天真爛漫な雪丸の活躍?は、ひぐまテレビを怒らせて…。
ピンチに陥ったホシテレビはドリームチームを結成。
起死回生なるか?星は消滅せず瞬けるのか?
未完の原石はダイヤモンドのように光るのか?
ビッグスピリッツコミックス 全6巻 ☆☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

漫画『ストーンオーシャン』荒木飛呂彦

無実の罪で刑務所に収監された空条徐倫。ワイロ(お金)が
なければ権利は得られず悲惨な日々を送る羽目になるッ。
受刑者だけでなく刑務官も悪党だらけの抜けない日常だッ。
アメリカの刑務所は日本のそれのように甘くないッ。

恋人と弁護士の裏切りに遭い、15年の禁固刑となった彼女は
刑務官や受刑者たちから洗礼を受けるが、不思議な力を得る。
ストーン・フリーと言われるこの超能力(スタンド)は
糸を紡ぐことで彼女に迫る窮地を救う。

P2016_1001_074225.JPG


彼女の父である空条承太郎や受刑者エルメェス、ウェザー、
アナスイ、謎の少年エンポリオらは徐倫と共闘。
刑務所では怪奇な現象が次々と起こり、敵から襲撃を受ける。
裏で手を引いていたのは邪悪な神父プッチであった。

P2016_1001_074538.JPG


ジョースター家(承太郎、徐倫)の宿敵であるディオと
プッチは意気投合し、ディオから力を与えられたプッチ。
「天国」の完成をめざすうちに次々と悪を断行し、罪を重ねる
存在そのものが悪のこの男により、甚大な被害が発生。
クライマックスではその能力がより発揮される
「新月」に近づくとき世界は加速を極め、災厄が降り注ぐ。
絶望的な状況に追い込まれた徐倫が選んだ答えとは?
常にスリリングで加速していく頭脳戦は時を忘れさせる。
ジョジョ第3部から22年後の世界。魂は受け継がれる。
ジョジョ第6部  全17巻 ☆☆☆☆★
P2016_1001_074429.JPG
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

漫画『バトルスタディーズ』なきぼくろ

作者は甲子園経験者。高校野球の最高峰DL学園に入学した
狩野笑太郎ら18人。軍隊的なルール・生活を強いられるが、
常勝野球軍団の過酷な日々の中で大切な何かを得、成長する。
実在するPL学園をモデルにリアリティ溢れる内容を描いた
野球漫画。ひたむきでおバカな高校生の姿が感動と笑いを誘う。

P2016_0709_070428.JPG

【狩野、檜、花本らは真の黄金世代?】

【DL学園】輩出したプロ野球選手は80人、名だたる選手も多い。
OBからはボールなどの差し入れもあり、強い絆がある。
徹底管理された寮生活と上下関係、礼儀作法を叩き込み
専属のコーチ、野球施設もぜいたくだ。
1学年18人の野球部員はいずれも野球エリート。
優勝経験も多いが、強豪校の多い大阪なので
ここ10年の成績は準優勝どまり。
常勝軍団は復権をかけて厳しい練習に取りくんでいる。

DLマニアの狩野は中学日本代表のキャッチャーであり
DLに入学することを目標に日々を送っていた野球少年。
念願かない特待生としてスカウトされ入部を果たした。
DLでいっしょに野球をしようという狩野の呼びかけにより
日本代表メンバー8人を含む野球エリートたち18人が集結。
この18人のメンバーで甲子園優勝!
プロ野球選手になるぞ!
そしてそれは全然絵空事ではない。
希望あふれるメンバーたち。
だが保護者からDLには暴力を筆頭とした悪い噂が後を絶たず
不安だという発言によって心配がよぎる。
自分も送り出してもらうとき、不吉な寄せ書きもあったし
まるで懲役に行くかのように言われたなぁ。

実際、新入生18人は2年生の教育係によって
いろんなルールを命じられる。
嘘つかない。陰口たたかない。喧嘩しない。密通しない。
先輩を敬い、逆らわない。笑わない。女見ない。
それらのルールは常に見られている意識や緊張感を持ち、
また相手(敵)の隙をついたり、強い精神力を持つための
トレーニングでもあったがやはりとても辛いものであった。
案の定、18人のひとりである丸井は逃亡を企ててしまう。

炊事当番、球磨き、グラセン(グラウンド整備)、洗濯、
ベベ3(ランニング競争、ビリから3人には罰ゲーム)。
決められた時間以外に水を飲むのも禁止されており、
インディージョーンズ張りの大冒険が求められる。
先輩からはパシられるので彼らは授業中寝てしまうことも多い。
キツそうな学園生活だが、メンバー同士で助け合う。
縦のつながり強いが横のつながりもまた強い。
でも、割り切れない夜もある…。

ときにやさしい(基本的に厳しい)先輩がおごってくれたり
授業によってはテレビを鑑賞によってシャバの様子を知る。
女子のスカートの中をなんとか見ようとアオリンピックを開催。
先輩が喜んでくれるかもとユニフォームをせっせと洗う。
笑太郎らはちゃんと学園生活を満喫しているのである。

そしてなによりも野球の試合が実にリアルである。
野球理論的な部分もメンタル的な部分や試合展開も
流石甲子園経験者という迫力満点のリアルさ。
いかにして勝つか。なぜ彼らが常勝軍団なのかがわかる。
またPL学園出身のあの人との対談などもありこれもうれしい。
今後の展開にもワクワクさせられる。

講談社モーニングKC 8巻〜 ☆☆☆☆★
『BATTLE STUDIES』

P2016_0709_070345.JPG

【プロ注目のドラフト候補は烏丸ら4人】
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

マンガ『ダンジョン飯』九井諒子

黄金の国の言い伝えにより、冒険者たちがお宝めざして
パーティーを組み、魔物たちを倒しながらダンジョン探索。
人間以外にも、ドワーフ、エルフ、ゴブリン、オークなど
様々な種族やモンスターがうごめくファンタジーの世界観が
魅力的な本作。狩猟採集という生物の根源的な問題を描く。
ちなみにダンジョンには不思議な呪いがかけられており、
冒険者たちは死なず、蘇生してもらえれば復活する。

P2016_0507_110232.JPG


ドラゴンに食べられた妹ファリンが消化される前に救出しようと
ライオス、その仲間エルフのマルシル、チルチャックは
魔物がうごめくダンジョンに再び挑むことに。
しかし、いかんせん先立つもの(お金)がない。
特に食費が問題だ。探求心が強いライオスは、
パンがなければ魔物をたべればいいじゃない。
という発想にたどり着き、仲間の冷たい反応をよそに
かかんに魔物を捉え食すが、食中毒の問題はぬぐいきれない。
そんなライオスを見つめるマルシルの冷たい目。

そんな彼らの前に現れたのはドワーフのセンシだった。
10年以上迷宮で魔物を料理、研究しているという彼により
魔物はすばらしい食材となりその栄養価はあなどれない。
やっぱり冒険にはコック(料理人)が欠かせないのか?
食に対して保守的なマルシルは初めこそイヤがるが
背に腹は代えられないと食してみると驚きのおいしさ。
意外とバランスのよいこのパーティー(ボケ役とツッコミ役)は
モンスターや亜種族、ワナに苦しめられながらファリン救出に向かう。
冒険には驚きと発見がてんこ盛り。
ちょっと食べたくなってくるレシピあり、栄養表まである。
発想が奇抜で内容もしっかりしているグルメ漫画。新鮮。

ビームコミックス 4巻〜 ☆☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

漫画『ダメな私に恋してください』中原アヤ

29歳金なしカレなし仕事なし色気なし。
命懸けの恋をしていたら所持金15円になっていました…。

自他共に認めるダメ恋ばかりの柴田ミチコは貢ぎ体質。
上京後不安な気持ちを癒してくれたイケメン芸能人の
追っかけをし、今は大学生に貢いでいる。
遠くのイケメンより近くのイケメン。(報われない恋)
失職したのに見栄を張りおごり、消えていくお金。

まともに食べていないのでお腹が空いた。お肉が食べたい。
肉食系女子ならぬお肉食べたい系女子(自称)は
元職場の上司黒沢主任の前で泣き出した。
ミチコは彼に拾われ喫茶ひまわりでバイトしながら求職活動。
黒沢を慕う強面たちが集まり、腕相撲によりスタッフが決まる。
主任っていったい何者?
かつてデビルと恐れ忌み嫌っていた黒沢の温情によって
事なきを得たかのように思われたミチコ。
だがそこは筋金入りの喪女にして来年アラサーのダメ女。
ダマされて、消費者金融から100万円借りてしまう。
怪しいお店で働きだしたミチコの様子から不審を感じた黒沢は
ピンチに陥ったミチコを助けに現れた。
その姿はまさにずっと夢見ていたヒーローそのものだった。

P2016_0507_163502.JPG

【まさに胃袋でつかまれる】

保護者同然の気持ちになった黒沢により事なきを得たミチコ。
餌付けされ、いっしょに映画を観て、肉クッションをもらい
黒沢になびき出す。でも無礼な態度を取り続けていたので
そのスタンス変えられない。
しかもどうも黒沢にはずっと思いを寄せる人がいるらしい。
モヤモヤを抱えていたミチコだったが採用が決まり
事務員として働き出す。年齢が若く、仕事はテキトーにこなす
かわいい子ばかりが働く職場に変わり種枠で採用されたミチコ。
意外にも仕事をバリバリこなす彼女は部長から信頼されるが
この職場残業代が出ないんだよね。そりゃみんな定時で帰るよ。
残業をしていたミチコは年下の同僚最上と親しくなり
人生初の告白をされる。なんでこんなかわいい子ばかりの職場で
私なんかが選ばれたのだろうか?裏があるのじゃないか?
最上が優しく接してくれればくれるほど疑心は募る。
黒沢に相談すると詐欺師なんじゃないかと言われ不安は募る。
だって今まで報われない、貢いでばかりの失敗の連続だった。
そんな彼女は最上から告白され…。

キャラクター同士、特にミチコと黒沢による会話の掛け合いが
絶妙なラブコメ。黒沢以外には素直なミチコは警戒心を
もたれないのか、登場人物たちの本音を引き出すことが多い。
物語は主だった人物も登場し、いよいよ終盤戦という感じ。
三十路女は見初められるのか?ダメな女の恋の行方は?
全10巻 ☆☆☆☆★ 集英社マーガレットコミックス
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

漫画『エマ』森薫

産業革命を迎えた激動の19世紀後半のロンドン。
上流階級とメイドによる身分違いの恋を作者の趣味丸出しで
描いた傑作ラブロマンス。
本人同士も周囲も報われないと思われた恋は実るのか?

P2015_1223_091257.JPG


無口で働き者、美人でメガネのメイドのエマは
恋文をもらうことが多いがそのすべてを断ってきた。
エマが働く家の女主人ケリーの下に家庭教師の教え子
ウィリアム・ジョーンズが久しぶりに訪れる。
厳格なケリーに頭が上がらないウィリアムだったが
エマに心を奪われる。心を通わせる二人だったが、
ケリーが亡くなりエマは街を去らなくてはいけなくなる。
行き違いによって、エマを引き留められなかったウィリアム。

エマは新しい職場を見つけその高い能力を発揮し一目置かれる。
傷心のウィリアムは親の勧める結婚相手エノレアと
心ならずも婚約をすると決心する。
一度はあきらめた恋であった。
だが数奇な運命によってエマとウィリアムは再会。
「伝統」を重んじ、自身の苦い失敗から二人の結婚を認めぬ
ウィリアムの父や、エノレアの暴君な父により外堀を埋められ
周囲のほとんどが反対する二人の結婚は前途多難。
しかしだからこそ恋は燃え上がるのかもしれない。
そして描かれるあのキャラクターたちの物語。
どんな時代、どんな場所であろうと、人は変わらず恋をし
涙を流すのかもしれない。

エンターブレインビームコミックス 全10巻 ☆☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

漫画『あたしンち』けらえいこ

タチバナ家はかつての女子高生のあたし(作者)と
アクの強い内弁慶の母、何気にモテる弟ユズヒコ、
つかみどころのない父の4人家族。
彼らや彼らの近くにいる人たちの何気ない日常を
さらりと描いたこの作品。
自分をモデルとした漫画家も登場し、
タチバナ家との交流も描く演出は心憎い。

P2015_1128_070112.JPG


とにかく人間観察能力の高さが卓抜で、日々の生活に転がる
喜怒哀楽の一コマを見事に描いている。
いわゆるすごい人間は出てこないけど、だからこそ愛しくて、
「そうだよね」と共感を覚えることが多い。
読む漫画に困ると、読み返していることが多いそんな作品。
さりげなくここまで良作を量産したことには目を見張る。
全21巻 ☆☆☆☆★  

P2015_1128_070444.JPG
タグ:おすすめ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

漫画『僕だけがいない街(僕街)』三部けい

容疑者と被害者は僕の知り合いだった。
でもユウキさんは犯人なんかじゃない。
そして、僕の言動次第では同級生を救えたのではないか。

千葉で漫画家をめざす藤沼悟は人づきあいが苦手なのは
北海道で体験した悲惨な事件が大きく関わっていた。
小学生連続誘拐殺人事件。
ひとりぼっちだった小学生の悟に的確なアドバイスをし、
ともだちの輪に加わるきっかけをくれたユウキさん。
しかし、殺人事件の犯人として捕まり、
無罪を主張し続けたまま数年後死刑は執行された。
悟は真犯人がいると思いユウキさんは冤罪だと信じていた。
母にもそう言っていたがつらい過去を忘れさせたかった母は
耳を傾けてくれなかった。
そのことが現在の母との疎遠につながっている。
また、殺されたのはともだちのヒロミ、
そして同級生の雛月、と近くに住む少女の3人だった。
ヒロミを孤立させず、自分たちともだちグループといっしょに
行動していたら、真犯人の魔の手から救えたのではないか?
彼は大きな後悔を抱えながら生きてきた。

29歳となり、ピザ屋でバイトしながら漫画家をめざす悟は
不思議な能力を持っていた。再上演(リバイバル)。
事件が起こる時間から記憶そのままで数分前に戻り、
やり直すことができる。
基本的に他人の為に発動するこの能力は本人にとっては
プラマイゼロかマイナスな結果をもたらすことが多い。
だが悟は動く。最悪の結末を未然に防ぐために。
もう二度と後悔したくないから。
自分の中の幼少期のヒーロー像を守るかのように。
ちなみに再上演が成功したら「正常」に時間は動き出す。
事故を未然に防いだことでケガを負った悟はバイト先の
片桐愛梨(アイリ)と親しくなる。
P2015_0924_183117.JPG

また悟の身を心配した母もやってきた。
リバイバルが発動した息子悟の言動によって、
母は誘拐事件を未然に防ぐ。
改めて過去の事件を回想した母は違和感を覚えた。
もしかしたら、悟の言うとおり、ユウキさんは冤罪。
真犯人がいるのではないか。ツテを頼り、改めて事件を
考察した結果、母は真相にたどり着いた。真犯人は…。
しかし、そんな母の手に魔の手が迫っていた。
あの事件は終わってはいなかった…。

母の最悪の結末を知った悟は犯人と思しき男を目撃し、
追跡するが、逃げられてしまう。
そして、これって最悪の状況じゃないかと気付く。
はた目には、まるで自分が犯人のようじゃないか。
ワナにはめられた…。そして誰何(すいか)する男の声。
史上最悪のピンチに陥った悟が見たものは、
かつて自分が生まれ育った雪国北海道のあの街だった…。

小学校5年生を再上演することになった悟は
後悔した過去を変えようと考えた。被害者となってしまった
同級生の雛月と仲良くなりけっして一人にさせない。
明らかに別人のようになった悟に注目する人物がいた。
母と同級生ケンヤ、担任の八代。
注目して雛月を観るようになった悟は
彼女が母親から虐待を受けているのではないかと気付く。
そして、過去の恐怖体験から雛月は母に殺された可能性を
疑っていた悟は雛月と急接近することにした。
事件が起こったとされる日に、魔の手から逃れれば
最悪の結末を回避できるはずだ。
悟は信頼を寄せる相手と共に計画を練ることにした…。
自分の言動によって、他者の行動が変わる。
再上演によって最悪の結末からの脱出はなるのか?
P2015_0926_053226.JPG

極上SFミステリー漫画 構成力が高くワクワクした。
展開が読めない新感覚サスペンス。
日常に潜む悪(狡猾な犯人、あいつ)に立ち向かう
決して強くないヒーロー悟。
そこにシビれるあこがれるゥ。
人が本来享受する安らかな時間を奪うことは罪深い。
ジョジョの荒木先生の弟子による渾身の一作。
6巻の32話『蜘蛛の糸』に関するあいまいな部分は
考察しがいがあるなぁ。
真犯人との直接対決も見逃せない。

全8巻 ☆☆☆☆★ 角川書店
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

漫画『さすがの猿飛』細野不二彦

忍ノ者高校は一見高校だが実は忍者を育成する養成機関。
政府機関や大企業に毎年300人から就職する実績のある高校。
そんな名門校に3トンデブの猿飛肉丸が編入(転校)してきた。
(登場時4〜5頭身だった猿飛だが途中からは2頭身。
円というか球体のような体型とは裏腹に俊敏)

編入の場合は難易度の高い試験を受けねばならない。
この学校随一の教師である緒方の巻物を奪うこと。
それが肉丸に課せられた試験だった。
10年前に肉丸と出会い、なぜか肉丸に想いを寄せている
学校のマドンナ霧賀魔子が危惧する中、肉丸は試験をクリア。
晴れて魔子といっしょに学園生活を満喫。
周囲はこの美女と野獣の仲睦まじい様子を奇態な目で見つめ
魔子の美意識を疑うのだった。



醜い食欲の権化であり、四六時中何かを食し
無類の女好きのスケベである肉丸は「神風の術」と言われる
超難度の忍術をスカートめくりに悪用する。
フェミニストの肉丸いわくその対象は差別なく
女性徒全員なので作中ほぼ300人が被害者に。



普段は終始笑顔でおちゃらけた態度だが
魔子を泣かせた相手は絶対に許さない。
時折みせるやさしさと圧倒的な強さに魅かれる魔子だったが、
理事長の母の猛反対や自らの弱さをつけこまれピンチに陥る。
そこに颯爽と登場するのが肉丸。さすがの猿飛。千両役者。

あくの強い美形の生徒会長風間小太郎。
魔子の親友であり色気漂う女番長石川美加。
肉丸を尊敬し慕うまじめでアホな後輩服部なども加わり、
ドタバタコメディーチックの学園生活が繰り広げられる。
忍者一家の肉丸ファミリーや
風魔一家との確執などを描いたラブコメ。

 


飄々とした肉丸と嫉妬深くかわいい容姿だが
たびたび毒を吐く魔子の恋愛模様がおもしろい。
ややエッチな内容を含みつつときにせつなくシリアスな
物語を描いた忍者青春物語。
作品自体は30年ほど前に描かれているがセンスが光る。

☆☆☆☆★ 文庫版全4巻
 


【十年前に文字通り身体を張った肉丸に魔子はメロメロ】
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

漫画『アオイホノオ』島本和彦

芸大在学中に漫画家になろうと野望を燃やす青年
ホノオモユル(島本和彦)。青春を謳歌して毎日楽しみ
できるだけラクをして夢を叶えたいものだと模索中。
サブカルチャーが注目され、
絵がヘタな新人漫画家がどんどん現れた80年代。
ホノオはそんな緩い風潮にのっかりたいと熱望した。

P2015_0722_122246.JPG


ホノオは、ひとめぼれした年上の先輩トンコさんと
お近づきになりたいとバドミントン部に入部。
北海道から大阪の大学にやってきた彼はトン子さんに
漫画やアニメを熱く分析し、漫画家になる夢を語り、
大学の課題の協力を頼んだりし猛アピール。
でも彼女は落語好きの村上先輩とつきあっていた。
ホノオはボーイッシュな同級生津田ヒロミとも仲良くなり
独自の漫画論をぶつけるが今イチ伝わっていない。
やる気ないのでバドミントンはちっともうまくならない。

作中語るホノオの漫画論、漫画に対する分析力がすごい。
熱中しすぎて、女性たちはやや引き気味だけど
精神年齢が低いので、本人はそのことに気付いていない。
ホノオはいろんな壁にぶつかり、自問自答を繰り返す。
現実逃避的に運転免許取得に出かけ、四苦八苦。
そして、あだち充や高橋留美子らや話題の作品などを分析。
上から目線で高く評価し、高く評価できる自分に酔う。
ついに漫画を描いて、東京に持ち込みに出かけるホノオ。
そしてその友人のきっちゃん。
無茶苦茶自信満々で原稿を渡すホノオであったが…。

ハイテンションで、躁(そう)と鬱(うつ)を繰り返し
めんどくさい男だが、外から眺めている分には
目の離せないおもしろい男ホノオくん。
そんなホノオくんは日常生活でもムダにうるさいので
本人の預かり知らぬ所でチャンスを逃したり、
酒の席では女性陣からけちょんけちょんにされる。

自分の才能を信じて疑わない青年特有の自意識の塊のホノオ。
だが同学年には後にエヴァを作った天才庵野秀明がいた。
まざまざと才能を見せつけられ、打ちのめされてしまうホノオ。
親友きっちゃんや高橋と共に何とか映像作品のあら探しをし、
自我を保とうと必死になる。
しかし、庵野、赤井、山賀らが参加した映像作品の
クオリティーは認めざるを得ないすばらしいものだった。

P2015_0721_184549.JPG


挫折を味わいながら独自の理論でしぶとく立ち直るホノオ。
流行りの傾向を探り、学園漫画に活路を見出した。
ずっと留年中の漫画家矢野健太郎やライバル新人漫画家
などに刺激され、とにかく作品をしあげていく。
自分の漫画を認めてくれるジャンプ名物編集者と出会い
創作意欲に火がついた。
だが、小手先の漫画理論と斜に構えた若者特有のかっこつけ
作風へのダメ出しを受けてしまう。
編集の真意はホノオに伝わらず気分はだだ下がり。
ホノオはサンデーの新人コミック大賞に送ってみた。
編集者たちの思惑によって再び炎はほんろうされるのか?

青臭くてアホくさくてでも愛しい。
わめき散らした青春の日々をいつか誇れるように
明日に向かって今を生きろ。
自伝的漫画家作品。現代版まんが道。
あだち充、高橋留美子、松本零士、車田正美らの作品が
ばんばん登場する。
15巻では新谷かおるが登場。担当三上を振り回す。
16巻では庵野からサインを求められ、連載の依頼が!
17巻では雁屋哲の原作に津田さんと共に恐れおののく。
連載100回記念企画「被害者の会」では
総勢21名が参加。おなじみのあの人や意外な接点
板垣恵介、羽海野チカの名前も!
そこでは、トンコ先輩への想い(連絡こない)や
山本美月だけにプレゼントを贈る先生の悲哀も綴られている。

美女に囲まれる青春の美化妄想度500パーセントw
ドラマ版(柳楽優弥が熱演)も大傑作。
小学館ゲッサンコミックス 17巻〜 ☆☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

漫画『俺物語!! OREMONOGATARI』原作河原和音 作画アルコ

2m120キロゴリラ顔で裏表のない性格。
剛田猛男は男に慕われるマッチョな熱血漢。
お隣さんだった砂川誠は美形でクールな幼なじみ。
読書が好きで観察眼に優れスマートなふるまい。
全然似ていない二人はなぜか10年来の友達だった。

今まで猛男が好きになる女子は例外なく
砂川(の容姿)を好み告白し撃沈している。
陰で猛男の悪口を言っていると砂川は気づいている。
が猛男の方は気づいていない。
猛男はある日痴漢から同年代の少女を救った。
お礼を言いに来た大和にひとめぼれした猛男だったが
どうやら大和は例によって砂川に恋をしたと思い込む。
はじめて女の子大和をほめた砂川を見て、
猛男は二人の恋を応援しようと考えた。
でも大和のこの雰囲気は違う。読者総ツッコミの中、
砂川を推薦する猛男の言動により大和は涙にくれる。

P2015_0617_185136.JPG


砂川のフォローもあって、猛男は大和とつきあうことに。
美女と野獣な天然カップルは、ツッコミ兼フォロー役
砂川と共にしあわせな日々を送る。
しかし、実は小学生のころから猛男のことが好きだった
砂川の姉愛はショックを隠し切れない。
40にして子宝に恵まれた剛田家。
猛男はお兄ちゃんになれるのか。
恋人同士のお互いの両親に出会うというドキドキ。
砂川の恋の行方は。
そして、思い込みの激しい男が大和に恋をし…。
笑いあり、感動あり、友情、愛情にあふれた俺物語は
少女漫画の常識(相手役美形)を覆す。
登場人物はドラえもんがモチーフになっているが
そう考えると猛男は成長したきれいなジャイアンだね。

集英社マーガレットコミックス 全13巻 ☆☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

漫画『ハイキュー!!』古舘春一

宮城県烏野高校の小さな巨人に魅せられた日向翔陽は
数あるスポーツの中からバレー(排球)を選んだ。
しかし、入学した中学では部員は一人。
なんとか同級生の友達に練習につきあってもらう。
冬の時代は三年まで続き、はじめて新入生が三人入り
同級生を巻き込んではじめて公式試合に参加できた。

だがよりによって対戦相手は優勝候補の筆頭校。
体格に恵まれない日向だったが、類まれな運動神経は
相手校の主力セッター影山飛雄も一目置く。
しかし、力の差は歴然。恵まれた才能を持ちながら
今まで何をやってきたんだ。と影山に罵られた日向は
自分の能力を高めるために女バレーやママさんバレー
などの練習にも参加し、高校での影山リベンジを誓う。
少しでも長くコートに立ち続けていたい日向は
一人での練習に限界を感じバレー漬けの日々を送った。

あこがれの小さな巨人の母校烏野高校にやってきた
日向はそこで影山に出会う。影山は県内屈指の強豪校
白鳥沢学園に落ちたので、烏野高校を全国に導いた
烏飼監督の下で全国をめざしたのだった。
実力的に県内最高クラスの選手の影山だったが
試合中に暴君的ふるまいをして
大事な決勝戦でメンバーを外され優勝を逃していた。
影山の発言から性格に難ありと見抜いた澤村主将。
影山と日向が協力し3人対3人のミニゲームをし
負けたら影山はセッターから外すと宣告された。

P2015_0513_175429.JPG


反目しあう二人であったが、ずば抜けた日向の能力を
最大限引き出せるのは影山である。
こいつにだけは練習量でも何でも負けたくない。
単純バカの二人は競うように猛練習。
一言も二言も多く口も悪い影山は自覚がないので
日向は腹が立ってしようがない。
影山の正確なパス、コートを最速で駆け回る日向により
周囲を驚かす変人速攻を編み出す。
二人は認められ、一年生は長身のひねくれ月島、
ごめんモブだと思ってたよ山口の計4人が入部。

クセはあるが期待の新戦力が加入したことで三年の
澤村、菅原副主将、清水マネージャーらは奮起。
練習に参加していなかった三年のエース東峰、
二年のリベロ西谷も加わりタレントは揃った。
烏野高校の強みは優秀なセッターが二人いることと
澤村を土台とした精神的支柱がいること。
あと美人マネージャーがいる。
挙動不審ネガティブマネージャーでてこ入れだ。
(この後からキャラをいれる手法はチーム内の
人間関係とか元々いたキャラが浮き立つからいいよね)

雌伏の時は過ぎた。落ちたカラスたちは飛翔する。
大雑把で雑食の烏合の衆。ラフで弱点も多いが
それはある意味のびしろがあり更に進化できる。
勝利に対して貪欲であれ。
県内屈指の強豪校、全国に行ったことでなじみのある
東京屈指の音駒高校らの強力なライバルたちが
立ちはだかることで進化は早まる。

P2015_0513_175546.JPG


努力の結果、チームプレイの大切さ、選手の可能性、
それを見守り支える人たちをバランスよく描いている。
なにより作品に流れる爽やかなアツさや人間味が心地よい。
熱血漢や体育会系だけでなく、一見クールに見える奴や、
弱ような奴、後悔したことがあるキャラが見せる意地もいい。
正直バレーになじみないけどこのマンガおもしろいよ。
「アイシールド21」以来のジャンプスポ根漫画の傑作。

26巻〜 ☆☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

漫画【かくかくしかじか】東村アキコ

肥大した自意識過剰により少女漫画家になれると
夢想していた著者がスパルタ画家日高健三の生徒に。
思えばこの教室を紹介した二見は食わせ物だった。
おひとよしな宮崎県民たちによりぬくぬくと甘やかされ
自信満々の井の中の蛙アキコはこなごなに砕かれた。

ジャージで竹刀を振り回し、暴言を吐きまくり、
教室のルールは俺だとばかりに君臨する絶対君主。
まるでヤクザだよ。内心アキコはつぶやくのであった。
「ヘタクソ!」と生徒の絵を罵り、「描け」と
自分が納得するまで同じ絵を描かせ続ける。
絶対妥協しないブレない人。それが先生である。
この空間は、まさに絵を描く為だけにある。超怖い。
しかしときどき垣間見せる不器用なやさしさ。
若い時はその厳しさ、やさしさに受け入れられなかった。

P2015_0502_083517.JPG


高校三年生のアキコは大学受験もお気楽に考えていた。
とりあえず、大学入って少女漫画家デビューしよう。
大ヒットした作品に出演したトヨエツと結婚しようと
青写真を描いていた。(ケジメ婚かぁ)
授業のノートなど取ったことがない
という学園ビリのおバカが有名校に入る。
そんな話がどこかにあったが、美大系なら一発逆転の
実技があるし、死ぬ気でやれよと日高先生に励まされる。
美大に入って在学中に漫画家になる
と言ったら罵倒されそうなので先生には秘密だ。
悲しみを体験し、大学に滑り込んだアキコだったが、
日高がいない環境ではついついサボりまともに絵を書かない。
マンガも描けない。ラクチンに流される。
環境が人を変えるというが、習慣化していたことをサボると
人はどんどんサボりがちになる。

P2015_0510_083032.JPG


そんな恩師とのかけがえのない想い出。
進学、就職、漫画家デビュー、連載開始、恋人との日々や
今に至る経緯をほろ苦くも笑いも交えてつづった自伝漫画。
現代の「まんが道」的作品。これは泣いてしまうね。
漫画家にしろ画家にしろイラストレーターにしろ
なりたかったらかくしかないと思わせる。

全5巻 ☆☆☆☆★
タグ:東村アキコ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

漫画『羊のうた』冬目景

離れ離れになっていた吸血鬼の姉と弟。
滅びゆく運命を背負いながら、心ある人の支えの中で
生きていこうともがく姿を淡々と描いた傑作。

P2015_0204_221157.JPG


高校生の高城一砂は幼少期に母を亡くし、
父の友人であった江田夫妻と暮らしていた。
江田夫妻は一砂のよき理解者であり保護者だったが
遠慮もあり、ぎくしゃくした関係。

ある日、異性として意識する美術部の同級生
八重樫葉の腕に付着した赤い絵の具を見た一砂は
血を連想して倒れてしまう。
その際に、一砂は自分の中に得体のしれない
どす黒い感情があることを知る。
また自分がかつて住んでいた家、姉の存在を思い出す。

導かれるように昔住んでいた家にやってきた一砂は
姉千砂と再会した。
千砂によって、高城家が抱える「病」の話を聞く。
高城家は吸血鬼の様に他人の血が欲しくなり、
発症した際には暴力的な衝動に駆られ、
他人を傷つけてしまうことがある。
但し少量の血を飲むことで症状は治まる。

この病は女性に多く現れ、男性にはあまり現れない。
どうも一砂はその忌まわしい症例が出たようだ。
姉の千砂は三歳の時に発症し、苦しみながらも
父やよき理解者水無瀬がいたのでなんとか生きてきた。
母が亡くなった際、父の悲嘆は大きく
その負担をなくすため一砂は江田夫妻にひきとられた。
ちなみにその父は一年前に亡くなっている。

はじめは一砂を拒絶した千砂。
だが自分の近しい人を傷つける、
とりわけ八重樫を傷つけるかもしれない
と恐怖に駆られていた一砂を見て自らの血を与えた。

傷つけることもそうだが、自分が傷つくことも怖い。
色々な気持ちをごまかすことはできない。
実際に高城の一族は自己嫌悪に陥り自殺、発狂する者が
後を絶たず、結局二人以外に生き残っている者がない。

物語は常に死の影がつきまとい、終始暗いのだが、
主人公二人にとって救いなのは血の通った心優しい
人たちが彼らのことを尊重し本音でぶつかっていることだ。

羊の群れにいたのは狼ではなく牙の生えた羊であった。
開き直れる図太さもなく、罪悪感に苛まれる
悪党ではない繊細な彼らに残された道は破滅か?
それとも?
バーズコミックス 全7巻 ☆☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

漫画『磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜』仲間りょう

浮世絵風の絵柄がインパクト大の
妙に味わい深いなんちゃってお江戸コメディー。

立派な武士になりたいけど
努力したり修行したりはしたくない。
趣味はだらだらすることと春画(エロ本)鑑賞、
想いを寄せる団子屋の看板娘に会うこと。
友人たちからは「煩悩のかたまり」と評される
磯兵衛(いそべえ)の日常を描いた脱力系ギャグマンガ。
設定は江戸時代だが、基本なんちゃって系である。

彼はとりあえず武士校に通っているのだが、
先生いわく何も彼に教えられていないし
本人は何も学んでいない。
実質的にニートと言ってさしつかえないであろう。

出オチ漫画かと思ったが好評につき少年ジャンプで
見事に絶賛連載中である。
日本には八百万の神がいると言われるが
「二度寝の神様」(寝ればいいさ)にはやられた。

P2015_0131_154333.JPG


〜登場人物〜

磯兵衛の友達と言ったら眼鏡でツッコミ役、
本ばかり読んでいる中島である。
おい、磯野野球やろうぜ。中島か。のくだりから
生まれたであろう。親友らしく、磯兵衛のダメさを
よく知っているので辛辣な発言も多い。

磯兵衛の母上は超人である。磯兵衛への愛が強すぎて、
モンスターペアレントである。
時に次元を超えたり、猛者とも凌ぎをけずる。

磯兵衛は将軍家とも知り合いである。
将軍は15人兄弟であり、すぐに「処す」(処刑する)
と言ったり、やたら暴れたがる吉宗、
動物特に犬を大切にしすぎる綱吉などもいるが
なぜか磯兵衛の意見に左右されてしまう。

生類憐みの令によって、お犬様は将軍に次ぐ偉さであり
大切にされすぎて自由がなく結果死んだ目をしている。
うれしいと目が輝き、結構いいことを言うこともある。

宮本武蔵は幽霊であり、磯兵衛の近くを漂っている。
不本意ながら、いそべーに力を貸すことも。

葛飾北斎は名画を残した偉大な画家であるが
磯兵衛的には「春画の大家」である。
神の領域を目指し、孫の身体をのっとり夢に邁進。
藤原佐為(『ヒカルノ碁』)のそれとは大きく異なる。
この作品においては多大なる貢献をしたのだが成仏。

平賀源内は江戸時代を代表するギャグ漫画には
欠かせない発明家。(発明ネタを使えるから)。
松尾芭蕉も登場したが磯兵衛ワールドではないがしろ。
妙に味わい深い新感覚ギャグ漫画である。

14巻〜 ☆☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

漫画『七つの大罪』鈴木央

十年前に王国転覆を目論んだ「七つの大罪」こと
七人の騎士たちはお尋ね者だ。
元々王によって任命された七つの大罪は
圧倒的な強さをほこり、王より賜った神器を持つ。
誰もがあこがれ認める英雄であったが、
王直属の聖騎士団長暗殺の濡れ衣により
投獄されたり行方をくらましていた。

彼らがいなくなったことで聖騎士の地位は向上。
聖騎士=正義の象徴となり、反逆者の落胤を押され
姿をくらました七つの大罪は手配書が出回る犯罪者。

10年の歳月が流れ、未だ捕まっていない者は
10年後の想像された似顔絵が出回っている。

P2015_0207_105050.JPG


看板豚ホークを擁し、豚の帽子亭の主人である
メリオダスは、うまい酒とまずい料理を出すことに
定評のある少年のようななりの不思議な男だ。

ある日、王国の第三王女であるエリザベスによって
強大な力を誇る聖騎士たちがクーデターを起こし、
王を幽閉したことが露見。命からがら逃げてきた
エリザベスを助けることにしたメリオダス(団長)は
個性豊かな七つの大罪メンバーと失った神器を
取り戻すために、壮大な旅に出ることにした。

数少ない情報をもとにかつての盟友たちと合流しながら
旅を続けるメリオダスたち一行。
立ちはだかるのは強大な力を有する聖騎士のみなさん。
でもどうやらこの聖騎士たちどうやら力と権力に溺れて
民衆に理不尽な暴力をふるっているらしい。
特に聖騎士長となったヘンドリクセンは
大きな野望を抱えているらしく、古に封印された
「魔神族の復活」や「魔神の血」を使って
怪しげな人体実験を重ねているようだ。

P2015_0206_152857.JPG


さて、「七つの大罪」にはたくさんの魅力がある。
まず、個性豊かで魅力的なキャラクターたち。
味方と合流しながら敵を倒し、時に敵が味方になり
逆に見方が敵になりそうな要素がちりばめられている。

幽閉された王族、姫の奪還、剣や格闘、魔法の戦いなど
ストーリーの流れが王道的。主人公や聖騎士たち、
かつての女神族と魔人族の戦いなどに謎や影の部分があり、
「罪」(業)を背負っている。

世間的には反逆者でありながら、正義のはずの聖騎士の
魔の手から民衆の平和を守る為に戦う姿がかっこいい。
民衆たちの彼等への誤解が解けていく過程が非常に巧み。

メリオダス、エリザベス、バン、キング、
聖騎士だとギーラやギルサンダーといった
主要メンバーの「戦う理由」が明確でわかりやすい。
シリアスな展開の緩和剤として
残飯処理マスコット自虐ネタ満載しゃべる豚野郎ホーク、
心や記憶は読めるが空気を読まない
眼鏡男子の不思議系ゴウセルを配置したのもうまい。

正義と悪が反転した世界である以上、
必ずしも女神族が正義だとは限らないのじゃないかな。
新展開がイマイチなので評価を一つ分下げます。
講談社マガジンコミックス 23巻〜
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

漫画『聲の形 こえのかたち』大今良時

退屈が大嫌いな少年石田将也は毎日度胸試しを送り
充実の日々を送っていた。しかし小学校六年生になる
友達はいい加減こんな危険な遊びやめようと諭す。
いっしょにバカをやる相手がいないと退屈で仕方ない。

そんなある日、転校生西宮硝子がやってきた。
彼女は耳が聞こえないのでノート(筆読)を通して
仲良くなりたいとその意思を告げた。
将也の中で彼女はまるで星の異なる住人のように感じ、
「変な奴」とつぶやきクラス中を凍りつかせる。

将也は硝子に執拗にちょっかいを出し自分の中の退屈を
満たそうとする。再三担任から注意を受ける将也だったが
その考えを改めようとせず、悪質ないじめを繰り返す。
『言葉の壁』は教室内にわずらわしいという空気を作り
いじめを率先する将也により、硝子は悲惨な日々を送る。

将也に追従するようにいじめに加わる者、
見て見ぬフリする者、硝子に手を差し伸べたことで
登校拒否に陥る者…。
この辺りがかなりキツメにリアルに描かれる。
特に将也が補聴器を奪い破壊し続けること8回。
そんなひどい境遇に陥りながら、
なぜか硝子は怒りを見せず登校していた。
しかし補聴器破壊総額170万という実害によって、
遂に硝子の母親が学校に相談にやってきた。

やりすぎた…。
実の母親に泣かれ、硝子の母に蔑まれ、
親友からは露骨にいじめを受けるようになった。
それでも自分をかばう硝子を足蹴にした将也は
硝子から反撃を受け、取っ組み合いの大ゲンカ。

1月後、彼女は転校し、その後残ってしまったのは
将也に対するクラスメイトからの非難の目と迫害。
そして、硝子がしてくれていた善意の行為を知ることに。
罪悪感に苛まれながらも彼が感じたのは
硝子への嫌悪感、逆恨みだった。

中学生になった際に、かつて親友だったはずの島田により
将也の悪事は露呈。そのことを否定しなかったので
彼は完全に孤立し、暗黒の青春時代を送ることに。
それすらも自分への罰なのかもしれない。
将也は簡単に想像できる暗い未来を想い描きながら
高校三年生になった。

人は信じられなくなった将也は、他人の顔に×をつけ
見ようともしないのでクラスメイトの顔も覚えていない。
完全に他人である。将也は母が弁償してくれた
170万円をどうにかこうにか工面した将也は
自殺する前に心残りだった硝子に会いに行くことにした。

P2014_1230_160141.JPG


硝子が忘れていったノートを手話で伝えた将也は
勢い余って友達になりたいと伝えてしまう。
彼女は将也に心を許したかのように「会話」してくれたが
硝子の家族は過去を許してくれたわけではない。
硝子に会ったことで自殺を思いとどまった将也は
普段だったら絶対しないような他人を助けるという行動をとる。
そのことにより永束友宏という友を得る。
硝子に会おうとがんばる将也に前に立ちはだかるのは
硝子を守ってきた強力な家族だった。

過去の過ちによって、ちりぢりになったはずの加害者
被害者たちが登場し、その因縁を断ち切り表面上は
永束の提唱する映画作りによって仲良くなっていくのだが、
そこは未熟な思春期の若者たち。
腹の中ではどんな昏い感情を持っているかわからない。
主要キャラクターのほとんどが
ひとくせもふたくせもある連中であるが、
やはり注目すべきはヒロイン硝子であろう。

硝子(ガラス)はひび割れやすく、また同時に
自分(他者)の行いを映すから、美しい存在を見せられると
自分の矮小で醜い部分が露呈してしまうことがある。
「いい人間」のフリをしていたのにごまかせず
本性をさらけ出す事態に陥り、結果自己嫌悪に陥る。
傷つけ合うことでしか自分たちの気持ちを伝えられぬ
のであれば、人は何てせつない生き物なのだろう。
いや断じて違うはずだ。
『言葉の壁』、『心の壁』をぶち破る方法があると
ただただ信じたい。想いは届く。

将也が感じた彼女との距離感が縮みますように…。

しかしこのマンガの導入部がものすごく暗いなァ。
「ちはやふる」もそうだったけど、すばらしい漫画でも
前半キツイとそのまま続きを読むのは大変だ。

全7巻 講談社コミックスマガジン ☆☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

漫画『サンクチュアリ』原作 史村翔 作画 池上遼一

1990年頃。日本を、日本人を変える
という大きな野望を抱いた二人がいた。
二人が心から望み他人には踏み込めない聖域とは?

P2014_0119_180314.JPG


北条彰は白スーツで決めたインテリヤクザ。
暴力団北条組組長であり極道。
その風貌からは想像できないが、
死線を潜り抜けてきた猛者であり頭脳明晰。
一方、浅見千秋は大物政治家の秘書をしている。
政治家の行った醜聞を足掛かりに
浅見千秋はその強力な地盤を乗っ取り、
20代にして政界進出をめざす豪傑である。
政治には膨大な弾丸(金)が必要であり、
裏社会での暴力や権力を背景とした取引きが
数多く行われていた。つまり北条彰の出番である。
彼らは高校時代に「日本を変える」という夢を描き
お互いに「表」と「裏」の道を歩んでいた。
カンボジアの内戦により地獄を体験した二人は
断ち切れることのない絆を結び信念を持っていた。
血塗られた過酷な道だろうとひたすら前に突き進む。
しかし、既得権益と社会的地位に固執した老醜政治家
伊佐岡(総理を陰であやつる大物政治家)や、
アウトローを生業とするキレた人たちが彼らに襲いかかる。
よって常に自らの死の危険と死体が後を絶たない。

出てくる登場人物たちのほとんどがアウトローであり、
主要人物の多くが野望を胸に生きている。
そのダイナミックで前だけを向いて突き進む
覇王的生き方がスカッとする。
日本がアメリカ、ロシア、中国という大国と渡り合う
気概を示し、難民を受け入れ雇用競争を促すことや
憲法改正や大統領制(国民による直接選挙)などの
破天荒な政策も飛び出した。
本気で未来を見据え、生きた者たちの熱を発する
人間ドラマと卓抜のストーリーから目が離せない。

小学館ビッグコミックスワイド 全6巻 ☆☆☆☆★
タグ:おすすめ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

漫画『団地ともお』小田扉

29号棟団地に住む木下友夫(ともお)を中心に
描かれる人間ドラマを描いたギャグ漫画。
大人がかつて体験した小学校時代のあれこれを描き
郷愁を誘い、子供にとっては共感を覚えるような
エピソードを交え、幅広い年齢層に通用しそうな内容。
登場キャラクターは人にとどまらず、ゴキブリ、クモ、
カラスやネコ、犬などが擬人化されて描かれることもある。
すごくわかりやすいストーリーの回と難解な回がある。
「ともお」たちが愛してやまない漫画「スポーツ大佐」の
カオスな展開が笑いを誘う。

P2014_0102_074446.JPG


キャラクターたちの持つ独特の視点や観点、人間性や
意外な人間関係の広がりなど未だ尽きることのない
エピソードがこれからも増えていってほしいものだ。

絵はかなり簡略化されており、味がある。
ギャグが主体のストーリであるが、
ときに深く考えさせる内容や感動的な話も盛り込む。
ともおやケリ子に代表される子供の持つ純粋なまでの
「食欲」や「遊び」への探求心。
老人間さんが未だに持ち続ける「童心」。
青戸さんの貪欲なまでに幸せを追求しようとする姿
などの人間臭さが笑いを誘う。
たまにともおが見せる精神的イケメンは
はっきり顔が描かれない父の遺伝だと思われる。
スルメみたいに噛めば噛むほど味が出る内容。

P2014_0102_074315.JPG


基本性能(基本的な運動能力や学力、行い)同じでも
親の評価と子供の性別が違うと、
ともおとケリ子へのそれぞれの対応に雲泥の差が
生まれるのがなんか妙にリアルでおもしろい。

謎すぎる虫カードの魅力とは?
塾に通えば世界崩壊の危機が訪れる?
各団体において絶大な信頼を勝ち取る委員長だったが
ふとしたきっかけで暗黒委員長に?
ともおとケリ子のケンカはプロレスによって進化する?

小学館ビッグスピリッツコミックス 29巻〜
☆☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

漫画『テラフォーマーズ』作貴家悠 画橘賢一

人口爆発を解決する手段として火星に人が住める
環境を整えて移住する計画が立てられた。
コケとゴキブリを火星に放つことで起こる
温室効果によって火星の気温を上昇をさせる。

500年の歳月が流れ、気温も上昇。
あとは邪魔なゴキブリを排除するだけ…
そう、そのはずだった。
しかし、宇宙飛行士を乗せた「バグズ1号」が
消息を絶つ。彼らとの通信記録から何者かから
襲撃を受けたことがうかがえた。
  
ある仮説が立てられた。
地球では3億年の間進化しなかったゴキブリが
火星の過酷な環境に適応するために急激な進化を遂げ、
宇宙飛行士たちを襲ったのではないか。
理由などない。人類がゴキブリを嫌いなように
ゴキブリも人類が嫌いなのだろう。同族嫌悪で。

それからまた歳月が流れた。
貧困などの理由から15人の持たざる若者たち
小町小吉らが「バグズ2号」のメンバーに選ばれた。
  
彼らは「バグズ手術」と呼ばれる致死率の高く
危険な医療技術(3人に2人が亡くなる)により
虫たちの持つ驚異的な能力を手に入れた。
ろくに事情を知らされていなかった彼らが
火星で目にしたのは2mほどの人型に進化し
最強にして最凶の強さを持つゴキブリだった。
火星のゴキブリ(テラフォーマー)によって
仲間の命が奪われ、悲しみの涙が流れた…。
人類は新たな災厄を自らの手で造りだし、
ゴキブリと戦うことになる。

P2013_1114_214253.JPG

【膝丸燈】  


500年経っても、人格的な意味で進歩せず
人を踏み台にしても痛みを感じない人類。
自らが行ったことによって新たな災厄を生み
悲しみを生み出してしまう愚かな人類。
作品に潜む痛烈な皮肉。

そして、そんな醜い人類が多いからこそ生まれた
虐げられ、利用され、結果危険の伴う手術及び
命題を与えられた悲劇的で魅力的なヒーローたち。

人、国家の思惑が錯綜し進化を続ける
ゴキブリたちとのやむことのない戦いは
未来においても変わらずなお続いている。

新たに発生した人類にとっての脅威。
人類はこのゴキブリたちに対抗するため
新たな技術革新を起こすが、
ゴキブリたちも進化を続けていた。

あの悲劇から20年。
ミッシェル、アドルフ、膝丸燈ら強力な戦力を
有する人類は
100人規模の超人たちの大編成で火星に飛び立つ。

P2013_1116_070537.JPG

【ミッシェル】

集英社ヤングジャンプコミックス 20巻〜
☆☆☆☆★ 
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

漫画『超能力者斉木楠雄のΨ難』麻生周一

斉木楠雄は超能力者だ。
しかし、彼が幸せかというとそうでもない。
透視をすると、皮膚まで見えてしまうし、
表面上は友好的な人々や愛らしいはずの動物の
知りたくもない本音が包み隠されず聞こえてしまう。
強大過ぎる力のセーブは大変であるし、
超能力のほとんどはリスクやマイナス面を持つ。
結局彼は、極力めだたないようにその能力を隠し
平凡な日々を送ることを選択した。

P2013_0814_180738.JPG


…だが、そんな斉木の決意をあざわらうかのように
バカすぎる故に思考を読めない男燃堂力や
中二病罹患患者の海藤瞬、
熱血野郎でケツを出すのはもはや定番ボケの灰呂に
煩悩そのものの霊能力者鳥束。
(読者アンケートで最悪の結果を出したA級戦犯)
元不良総長硬派な男に、金がすべてと言い切る御曹司。
何かと重宝されるギャグキャラ高橋さん。

自分に完璧な美少女を義務付ける一本筋の通った
美少女照橋心美。
夢見がち恋愛体質少女夢原、
ギャル占い師相原みこととなんかやたら濃い奴らに
恋人候補視される。
天敵の兄にツンデレの祖父…。
そして斉木の能力を疑う幼なじみも登場し!

斉木はこの災難を超能力で回避しようと試みるも
作品の都合上逃げることはできない。
未だに仲の良すぎる脳天気な両親や濃すぎる
ボケキャラ達に心の中でツッコミを入れながら
超能力高校生の受難の日々は続く。
そんな彼の前に現れたのはフツーが一番と思わせる
一般的男子高校生佐藤広だった。
基本的にギャグ漫画。ほっこり系の作品も。
21巻はバンナム(バンダイナムコ)のキャラと
捨魔太郎(すてまたろう)の掛け合いが必見。

P2013_0814_180838.JPG

ジャンプコミックス 0巻、22巻〜
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

漫画『ワンパンマン』漫画 村田雄介 原作 ONE

怪人やモンスターがはびこる世界。
趣味でヒーローになることを選んだ男がいた。
その名はサイタマ。
彼は困難?な修行を3年も続けた結果、
神の領域ともいえる超人的な力を身につけたのだ。
但し、その代償は大きく身体に甚大な影響を及ぼした。

なんと彼は若くしてハゲてしまったのだ。
又、彼は町を破壊するレベルの怪人たちを
ワンパンチでやっつけてしまうほど強くなりすぎた。
怪人の凶悪な攻撃も大抵見切れるし、
くらってもびくともしない鋼鉄な身体。
その為、痛みもスリルも達成感もなく虚しい日々。
おまけになぜかその功績が世間の人達に認められる
こともなく、釈然としない日々を送っていた。
そんな彼が出会ったのは自称サイボーグのジェノス。
彼は自分が正義のサイボーグであり、
悪のサイボーグ軍団と闘っているという
中学生が言いそうなことをのたまっている。
たまたまジェノスを助けたことからサイタマは
師と仰がれるようになり、ジェノスは驚異的な
サイタマの力の謎を知ろうと家に押しかけてくる。
根が真面目な奴は怖い…
あとジェノスは知能が基本的に高いけど、
話が無駄に長いので、あまり頭がよくない天然の
サイタマにはダメ出しをされてしまう。

P2013_0811_115340.JPG


なぜ自分はこれほど怪人を倒しているのに
知名度も上がらず賞賛も浴びないのか?
と首をひねるサイタマはジェノスによって
ヒーロー協会と「ヒーロー名簿」の存在を
知らされる。これに登録されることで
プロのヒーローと世間に認識され
怪人などを倒した際に報奨金も支払われるという。
ヒーローにはランキングがあり、
人気によってファンクラブもあるとか…。
サイタマはさっそくジェノスと共に
プロのヒーローをめざしテストを受けることに。

P2013_0811_115015.JPG


「アイシールド21」の作者(作画)が魅せる
迫力のアクション満載のヒーロー漫画。
画力が半端ない。
主人公が初登場時から強すぎる…という
設定がある意味で斬新。
(後期の鳥山先生もしているけど)

集英社ジャンプ・コミックス 14巻〜 ☆☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

漫画『お茶にごす。』西森博之

見た目が悪魔な船橋雅矢は学校の良心と呼ばれる
茶道部部長姉崎奈緒美に勧められ茶道部に入部。

一方的なインネンや人助けのために次々とやってくる
「敵」を倒し続けた船橋と一その相棒である
一見チャラそうな山田には数多の最凶伝説がある。
悪魔的な強さを持つ船橋は「デビルまークン」
ないしは【あくまー君】と呼ばれている。
(船橋に一方的に負けた者が抑えきれない恐怖を 
なんとかやわらげる目的でつけた呼称)

幼少期に母子家庭で育ち、母が亡くなった際に
出会ったひとでなしの父のようになりたくないという
意地を通すために彼はやさしい人をめざして生きている。

負の因縁、暴力の連鎖を断ち切り、姉崎部長らと共に
穏やかで楽しい生活を送るまークンは
いつしか彼女に強い恋心を抱くようになる。



暴力と理不尽と偏見がはびこる社会に真っ向から立ち向かい
闘う男女の姿を描いた青春学園ギャグマンガ。
基本的に勧善懲悪をめざしたストーリーであり爽快感あり。
愛称として「お茶をにごす。」
(その場しのぎのいいかげんなことを言って適当にごまかす)
作中で山田をはじめとした登場キャラたちが、
実際にお茶をにごすシーンは多い。
父の秘書が言っていた
「優しければ幸せになれる」
というお茶をにごすだけの発言もあり、
まークンは祖父や山田を巻き込んで人助けに奔走する。 





テーマとしては、人にやさしくなりたい・したい
少年がそのまま大きくなったようなまークンが、
偏見を持たず自分に接してくれた
姉崎部長を好きになるというピュアストーリー。
しかし、何もしていないのに人から怖がられてしまう
悪魔的な自分の姿と誰もが天使と認める姉崎の姿を
冷静に客観的に見つめ、その想いを告げられない。
そんなまークンは姉崎に忍び寄る魔の手から守るため
日々を送っているのである。


【やーまだ(山田)、夏帆】

茶道部に入部した船橋、山田、「狂犬」浅川夏帆らは
皆があこがれる大和撫子姉崎部長から茶道を学ぶ。
【一期一会】や【わびさび】、【茶室の作法】など
を教わる船橋らだったが、イマイチ理解できない。
自分のためなら怒りを我慢する船橋だが
他人のためなら躊躇なく悪党どもに鉄拳制裁。
その姿、強さはまさに悪魔であるが彼の振るう拳は
少年的であり執拗な感じや粘着的な感じが一切ない。
周囲からは誤解や偏見の目で見られることも多いが
数少ない理解者である姉崎や山田、夏帆と共に
お茶の道を究めながらやさしさを求めていく。

基本的にギャグマンガだが、その本質に流れる
いろんなやさしさや人の温かさに触れるとき、
表面で交わされる言動だけでは読みとれない
味わい深さを感じとれればより楽しめる。
最終回で主人公が笑顔で無邪気に目的に向かって
走っている姿を通行人たちがほほえましく
眺める描写とか実にうまいなと思う。
非実在最強ヒロイン姉崎部長の圧巻の魅力と、
本質的には変わらぬやさしさを持つ夏帆の
歯に衣着せぬ言動が笑いと感動を誘う。

小学館サンデー少年コミックス 全11巻
☆☆☆☆★


posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

漫画『銀と金』福本伸行

悪に勝つためには、巨悪になるしかない。
そして、悪に勝つためには「金」がいる。
天井知らずな莫大な額の金が…
今宵も命と己の存在をかけた
殺伐としたギャンブルや悪党同士の心理戦が行われる…

その日暮らしをしていた、森田鉄雄は競馬場で
得体の知れない男銀二と出会った。
銀二は、森田を観察していて、
「仕事を手伝ってくれないか?」と持ちかけてきた。
森田は銀二が10億円単位の金を取り扱うことができる
闇世界のブローカーだということを知る。

銀二は言う。
「事故を装った無罪確定のシゴトを引き受けてくれたら
5000万円やる」
森田は、一旦は断るのだが……。

P2013_0428_184451.JPG


ひりつくような心理戦と、ギャンブルの魅力と魔力を描き、
闇世界の住人の活躍を描いた手に汗握るストーリー。
ハイリスク・ハイリターン人生を歩み始めた森田の「成長」と
知らなきゃよかった裏世界。人の裏の顔。
圧倒的な権力を有する政治家や企業の社長などといった悪党を、
悪党である銀二が頭脳を駆使して打ち負かすストーリー。
殺人犯や、人格破綻者との対決などを描いた
毒が強い作品でもあり、心にしこりを残す場面もあるが、
社会の持つ悪しき構造や矛盾点、問題点を指摘した
傑作でもある。物語の展開が早いのも好印象。

「カイジ」が好きな方には、特におすすめ。
心理戦を描いた傑作マンガである。
全11巻。文庫版全8巻。ワイド版全5巻。

「金と銀」と間違われ、呼称されることが多い。

〜森田鉄雄〜

競馬ジャンキー。家族は死別・兄弟なしという境遇。
つまりいざというときに拠り所になる者も
心残りになる存在もいない。
銀二はその点も高く評価して仲間にひきこんだ。
作中窮地に陥った際に発揮する頭脳明晰で気転の利く性格は
銀二が見込んだ能力以上だったようだ。
ビッグになりたいし、金をつかみたい!という欲望はあるが、
金に汚くない・根っこに品性を感じる高潔な性格。
強運の持ち主であり、そういった点も銀二ら悪党どもから
高く評価されている。胆力もあるが、どこかしら優しい(甘い)
部分があり、人の弱みに付け込めない純な部分も併せ持つ。
彼の魅力であると同時に、アキレス腱とも言える。
超人銀二に対し、強い憧れを抱き、
「いつか銀さんを超えたい!」と考えている。

〜平井銀二〜

闇世界で、メキメキのし上がってきた敏腕のブローカー。
頭脳・気転・格闘能力・駆け引き・人心掌握などの天才であり、
人脈もあるというまさに超人。将棋の「銀」というより、
チェスのクイーンの能力を持つ、キングの器の風格。
億単位の巨額の金を有する。
警視庁OB・元検事・元記者といった悪党仲間を有し、
企業相手に仕手を打ったり、巨大企業相手のギャンブルを
セッティングしたりと「金儲け」に余念なし。
森田のことを目にかけていて、自分の後継者にしようと
ハードルの高い仕事をぶつけてくる。
夢は、日本のあらゆる企業を牛耳ることである。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

漫画』もやしもん』石川雅之

農業大学を舞台に菌が肉眼で見える沢木と
その仲間たちが織り成す人と菌との密接な関係を
コスプレや笑いを交え展開される農大物語である。
(第一話は『農大物語』だったが
第二話からは『もやしもん』になっている)

菌によって醸される日本酒やビール、ワインや泡盛
地ビールやお茶などの作り方や歴史や種類を紹介。
登場キャラがほぼ酒好きなので飲酒シーンが多い。



臭いことで有名なシュールストレミングなど
菌が活躍してできる発酵食品も数多く登場する。
また、菌たちが知能を有し、菌同士で会話している
(国籍問わず)というお遊び的展開や、
菌目線で人間を捉えたり、ある意味で菌に翻弄されている
人間社会を皮肉るなど風刺的ユーモアも展開される。
他に、菌と人間である沢木とは意志疎通が可能な点
(菌を掴むことも可能)なども特徴である。
実際に存在する菌と沢木に見える菌の形は異なり、
ちょうど『まことちゃん』のまこと虫や、
『オバQ』のO次郎のような形態をしている。

〜あらすじ〜

東京にある農業大学(≠東京農業大学、
生協の白石さんの大学)にやってきた
もやし屋(種麹屋)の息子の沢木惣右衛門直保と
結城酒造の息子である結城蛍は入学式に参加。



直保は、祖父から『樹慶蔵』に会うように言われ
蛍と共に樹に会いに行く途中で不審物を発見。
土中から直保にしか見えない菌が溢れ出すように
漂っていたのだ。
ちょうど人間位の大きさの物が埋まっていそうだ。

1か月ほど行方不明中の農大院生『長谷川遥』を
連想させる『ハセガワ』という板きれも埋められ
事件のにおいが。同時にすごい臭いが漂う。
警察や、学生、探していた樹も駆けつけ問題の
ブツが掘り起こされる。そこには……?

菌が見えるという特技を持つ直保は、
樹教授(うんちく大臣、発酵食品の権威、
広範囲の農の知識を有する、謀と謎多き枯れキャラ)
に大いに期待される。また、樹ゼミ生である

長谷川遥(ボンテージのドエスキャラ、お嬢、
生肉大好き、ムチが唸る、主人公よりめだつ、
「耳噛み切っていい?」「鼻噛み切っていい?」
という恐ろしい発言をする農大名物キャラ)
後半以降、丸くなった・かわいくなったキャラ
であるが、酔っ払うと凶暴になるのはご愛嬌?



お騒がせ迷コンビ美里(笑い飯、酒に詳しい)
と川浜(帰国子女?、虫好き)
潔癖症で無菌室に住む及川葉月(潔癖症)、
UFOサークル部長のミス農大武藤
(鼻バンソーコー、酔いどれ天使)
らと知り合い、いろんな事件に巻き込まれる。

どんどん騒ぎを起こす直保が主人公っぽかったのは2巻まで。
濃い先輩や新キャラに押され気味でどんどん目立たぬキャラに。
また、彼の菌が見える・菌を捕まえることができる
という特技があまり活かされていない
という指摘があり全くその通りになりつつある。
友人である蛍(男ですよ、直保への独占欲が強い、
両極に揺れる、白装束の女、酒の知識豊富)
の方がキャラも立っており人気もある。
そんな直保だったが最新刊(12巻)では主人公らしい
スポットライトを浴びることに。よかったね…

先に触れたが、コスプレが多く登場する。
ボンテージ、ロリータ、ゴスロリ、白衣、
メキシコ風、カウボーイ?チア、ナウシカ、
バニーガールなど。



発酵食品を描く際など、一部グロテスクな描写がある。

消費者が意識改革すべき「食の問題」や
「食料自給率」への問題提起、疑問点など
まじめなことを考察することも(9巻より)

『のだめカンタービレ』とコラボしたり、
大きな漫画賞を受賞していたりする。

基本的にノリの軽い学生たちがワイワイ楽しみ
ながら実学主義である樹教授指導の下、
主に酒をテーマに研究や勉強をする物語。
農大のある東京に留まらず、
沖縄やフランスなどが舞台になり、
土地柄を代表する酒類などがピックアップされる。

樹教授をはじめとした長い長い知識うんちくや
やたら多い欄外、お約束のように展開される
次巻のウソ報告・告知などもおもしろい作品だ。
ストーリー・キャラ・笑い・感動・知識など
バランスのよい作品に仕上がっている。

「TALES OF AGRICULTURE」

全13巻 ☆☆☆☆★。 講談社イブニングKC。

もやしもん(7) (イブニングKC) [コミック] / 石川 雅之 (著); 講談社 (刊)

posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

漫画『ヒカルの碁』原作ほったゆみ 漫画小畑健 監修梅沢由香里

小学6年の進藤ヒカルは祖父の蔵の碁盤に宿っていた
天才棋士藤原佐為(以下サイ)の霊に入り込まれる。
サイは平安時代に時の人物の碁の指南役であったが
ライバルの策略により失脚し自殺した。
無念の思いは強く、江戸時代末期碁打ちを夢見ていた
少年に憑りついた?
サイは少年と共に碁の道を歩み、精進し勝ち続けた。
少年の名は本因坊秀策。
史上最高の棋士として「神の一手」に最も近い人物と
言われていた。
しかし、今回サイが入り込んだヒカルは
碁に関して全くの無知であり無関心。
サイはがっかりしてしまうが、
なんとかヒカルに碁を打たせようと働きかける。

碁会所にやってきたヒカルはそこに居合わせた天才少年棋士
搭矢アキラと出会う。アキラは現代の日本最高の棋士である
父を持ち、小6でありながらプロになれる実力を持つ
と言われる麒麟児であった。
ヒカルはサイの力によってアキラに勝ってしまう。
アキラはヒカルをライバル視するようになる。
またヒカルはアキラの碁に取り組む姿勢に心を打たれ
碁に興味を持つようになる。

P2013_0314_063710.JPG
サイは喜びヒカルに碁を教えていく。
勉強は苦手だが、碁の才能とときに鋭い片鱗を見せるヒカルは
東進の講師以上に優秀な最高の指導者に導かれ
「神の一手」にどんどん近づいていく。
あまりにも圧倒的な強さを持ち、いろんな相手、
とりわけ強敵との対局を望むサイの願望をかなえるために
ヒカルはサイにインターネットで碁を打たせることに。
各国のトップクラスの選手や日本のプロ棋士といった
強敵をなぎ倒していくSAIは伝説的になる。

ヒカルはプロの予備軍(予備校)である院生試験を受け
見事合格を果たすが、そのレベルの高さに愕然とする。
近づきそうで遠ざかっていくライバルアキラとの差を縮め
いつか追い越そうと碁を打ち続けるヒカルは
プロ棋士(日本棋院)の狭き門をめざして邁進する。
確実に成長を続けるヒカルだったが、同時に
「別れ」のときは近づいていくのだった。

P2013_0314_063835.JPG


サイのキャラ立ちと、後半の伊角さんの人気っぷりが
印象的だった。すぐれた文化や伝統は時代が変わろうと
色あせないし、すたれない。

週刊少年ジャンプコミックス 全23巻 ☆☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

漫画『蟲師』漆原友紀

動物でも植物でもない原始的な存在のモノ「蟲」(≒妖怪)
によって起こる怪異と向き合い、それを糧として生きる
蟲師ギンコの活躍を描いたファンタジー妖怪漫画。
時代設定は江戸(ないしは鎖国を続けられた明治)時代。
地に根をおろし、たとえ怪異があっても
おいそれと土地を捨てられない立場にいる土着民と、
蟲を引き寄せてしまう体質のため一つの土地に留まれない
旅人的性質を持つギンコを対照的に描いている。
物語は1話完結の40、50ページほどの作品で構成され
(最終話は前・後編で、人がヌシになりギンコと出会う話)
ノスタルジック(郷愁的)で、読む者に既視感を与えるような
感傷的な作品が多い。

物語において善的存在であるギンコにより解決できないことも多く、
どんな悲しい結末であってもそれも世の理であり
折り合いをつけなければならないというシビアな結末を迎えることも。
蟲に寄生されたことで河童、雨女、千里眼、予知能力…
といった超人的な力を身につけた者の数奇な運命も語られる。

〜あらすじ〜

ギンコは蟲師である。蟲師とは一般人には見えない不思議な存在
蟲を見られる者であり、動植物、人、はたまた自然現象にまで
影響を及ぼす蟲の知識を有し、それに対処する術を持っている。
必ずしも妖怪退治よろしく蟲を殺す存在ではなく、
蟲に憑かれた人や周囲の所事情などを考慮したうえで
解決にあたる。不思議な力を持つ蟲を回収し、
利用するという側面もあり、生活の足しにしていることもある。

ときにギンコは土着民になってほしいと乞われることもあるが
その場所に留まると蟲を引き寄せ周囲の者に余計な被害を及ぼす
恐れもあるので、旅立つ宿命である。
そして、蟲に苦しむ者のいる新しい場所めざして旅を続ける。

旅先にはその土地の生態系を守っているヌシ(主)がおり
ギンコと出会うことも。
亀などの動物がヌシであるが、最終話はカヤという人がヌシとなり
それを阻止(解除)するためにギンコが異業の世界「蟲の宴」に参加。
カヤをヌシから解放してほしいと呼び掛ける。

P2013_0224_171758.JPG


不思議な魅力を持った作品であり、作者の独特な感性が新鮮である。
講談社アフタヌーンKC 全10巻 ☆☆☆☆★
『特別編 日蝕む翳』(日食)編もおすすめ!
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:06| Comment(1) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

漫画『はじめの一歩』森川ジョージ

高校生の幕之内一歩は不良の梅澤らに殴られていたとき
プロボクサーの鷹村守に助けられた。
ボクシングジムにやってきた一歩は
類稀なるハードパンチャーの片鱗をのぞかせる。
鷹村から、かつていじめられっ子でありながら
ヘビー級のチャンピオンになったマイクタイソンの話を聞き
自分とその姿をダブらせた一歩は自分を変えたい!
とボクサーの道を志す。
鷹村から課題を出された一歩は見事これをクリア。

幼くして父を亡くし、母の海釣り屋を支えてきた孝行息子は
船上で知らず知らずの内に
強靭な足腰と腕力という土台を手にしていた。
そして名コーチである鴨川と出会い、その素直な性格から
絶対の信頼感を寄せるようになる。

P2012_0805_184523.JPG


誰にも負けない愚直なまでの練習の積み重ねによって、
アウトボクサーとして一流の素質を持つ宮田一郎にも
ライバル視されるようになったインファイターの一歩。
層の厚いとされるフェザー級の中で宮田、間柴、千堂、
ヴォルグら強力なライバルたちと勇敢に戦いながら
「真の強さ」とは何かを求めて常に一歩は
「挑戦者」の立場で試合に臨んでいく。
そのひたむきなまでの姿に感動する。

P2012_0908_143914.JPG


そして彼を支える家族や仲間、鴨川ジムの鷹村、
木村、青木、ゲロ道、板垣といった個性的な面々や
ライバルたちがボクシングを通して
成長していく姿を描いた感動的なボクシング漫画である。
9割の本気と1割のギャグ(その比率は登場する青木や
板垣父などによって大きく異なる)の黄金比率が心憎い。

才能がある者も才能がない者も誰にも変わるきっかけはあり
前に踏み出す価値はあることを知らされる。
読んでいてなんかこう胸が熱くなる。

「THE FIGHTING!」 ☆☆☆☆★

118巻〜 講談社少年マガジンコミックス
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

漫画『MOON 昴』曽田正人

17歳でドイツの名門バレエ団に在籍する
宮本すばる(昴、スバル)は、強い熱量を発し
観る者を魅了する負けん気の強いじゃじゃ馬娘。

入院中なのに勝手に町に繰り出していたスバルは
舞台監督兼トップダンサーであるユーリから
ペナルティーとして役をはずされてしまう。

非常に高い能力を持つニコ・アスマーの練習風景を
観て惹かれたスバル。
パ・ド・ドゥ(男女二人で踊る)のパートナーに
なってほしいと話しかけるがにべもなく断られる。
実はニコは飛行機事故でパートナーであり恋人だった
ヴィクトリアを亡くしていた。
そして彼女のことをひきずると同時に視力も失っていた。

P2012_0715_082644.JPG


視力がないことなどバレエをやる上で関係ない!
ニコに違う世界を見せてあげる!
と豪語したスバルは文字通りニコとぶつかりながら
パ・ド・ドゥを踊ることに。
ニコと共に世界を魅了し快進撃を続ける彼女だったが
日本に残してきた過去の因縁が待っていた。
中国雑技団出身のミンミンらライバルの台頭。
そして、ニコへの恋心に気付きスバルは葛藤の日々を送る。

P2012_0715_082537.JPG


だがスバルは踊り続ける。
内部に蒼い情熱を燃やしながら外の世界に向けて
大きなエネルギーを放出し続ける。
そして最高峰ダンサープリシラとの再会、夢の競演へ…

華やかな表の世界の裏であくまでも過酷なバレエの世界を
非常に高い描写力と表現力で描いた名作。
バレエの持つポージングの美しさや目の描写、
ヒロインであるスバルの多彩な表情の書き分けが秀逸。

小学館ビッグコミックス 全9巻 ☆☆☆☆★
『昴 スバル』(全11巻)の続編。

posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 主な生息地 埼玉
 漫画以外だと本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
 昼寝、お笑い、風呂と
 本屋巡りが好き。
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しなかった。
 そして、実際にならなかった
 スピッツ
 オアシス
 ミスチル
 back number
 ボンジョヴィ
 ガンズアンドローゼス
 ヴァンヘイレン
 KISS
 バンプ
 coldplay
 中島みゆき
 サラブライトマン
 マルーン5 
 The Wanted
 を聴いたりうなったり
 脳内で響かせている。