2017年04月15日

漫画『中年スーパーマン左江内氏』藤子・F・不二雄

出世競争にも出遅れ、家でも威厳を保てない
さえないサラリーマンがスーパーマンになって…。
主人公の凡人っぷりが妙に愛おしいヒーロー漫画。

1978年。
昭和ひとケタ生まれの左江内氏は45歳。
まじめだが世間ずれしない彼は出世競争には出遅れ
網走への左遷の対象になるようなパッとしない人物。
そんな彼だったが、スーパーマンを名乗るあやしい
人物からスーパーマンにならないかと持ち掛けられる。
冗談だと思い本気にしないが、娘が暴漢に襲われ
助けに入るがコテンパンにのされてしまう。
力を欲した彼はスーパーマンとなり暴漢を叩きのめす。
P2017_0331_071419.JPG

娘のピンチを救うヒーロー、まさに夢見た理想の姿。
しかし、その功績は娘や人々の記憶には残らない。
よって家での地位は特に向上しないのだ。
常識家・力を悪用しない・めだたない人物と見込まれた彼は
自分の身の回りで起こる事件を解決していく。
単純で根のいい彼はある日、政治家(政治屋)と対峙し
「正義」について矛盾を持ちジレンマに陥るが。

スーパーマンである左江内氏はどこにでもいる
家族の為に働く気の優しいおとうさんである。
ファンモンの「ヒーロー」的存在である。
自分の正義に自信が持てず、迷い悩む正しい小市民。
読者が彼に共感、感情移入しやすいのは
彼が完全無欠の「スーパーマン」ではない所にある。
正業がサラリーマン、パート(空き時間)で
スーパーマンをやっている。パートの方は無報酬なので
趣味でヒーローやっているようなものである。

また作中、我こそは正義と突っ走る
自称正義の味方が登場し、その危うさも描いている。
力が強大なだけに、自分の感情により過度の制裁、
暴力をふるう危険をはらんだ存在。
権力が暴走したら…。それは考えるだけで恐ろしい。
『Middle-aged superman SAENAISHI』
小学館てんとう虫コミックス
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

漫画『タイムパトロールぼん T・Pぼん』藤子・F・不二雄

タイムマシンによって全時代・全世界の不幸な死に方をした
者を助ける活動をしているタイムパトロールになった並平凡。
教育係の少女リームと超時空調整物ブヨヨンと共に
時空を超えて冒険の旅に。

P2016_1031_181829.JPG


現代1979年を生きる中学生の並平凡はタイムマシンによって
未来の2016年からやってきたリームと出会う。
(この世界の2016年の技術はすさまじく、時空操作、
知識を吸収できる圧縮学習、記憶消去などが思いのまま)
ぼんは存在を消されかねないピンチに陥るが、歴史に関わる人物と
いうことが判明したことで助かり、見習いの隊員となる。
先輩である正隊員リーム、スライムのようなブヨヨンと共に
過去の世界で命の危機に瀕している人物たちと出会い、
その者を助けるアプローチをとる。
また正隊員に昇格したぼんは、自らのミス(凡ミス)によって
ユミ子を後輩に据えることになる。
先輩風をピューピューと吹かせるがはっきり言ってぼんより優秀。

P2016_1031_182009.JPG


二人一組で活動する彼らには危険が迫り、捕らわれの身となることも。
彼らは、人間の歴史がたどってきた宗教戦争、魔女狩り、奴隷の問題
など負の側面に触れながら、使命感から救出を続ける。
その時代時代に生きる人々の必死な姿に感動を覚える。
たまに息抜きに恐竜を見に出かけたり、作中に作者が登場したりと
遊び心も満載である。壇ノ浦の合戦やトロイの滅びた日を描くなど
歴史的事件の描写などにくい演出もあり読者を飽きさせない。
文央文庫版全3巻
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

漫画『考える足』藤子不二雄

学者の家系の子として生まれついた不運によって
勉強の日々を強要される英才は野球好きの少年。
しかし出来が決してよくないと自覚する英才は
塾に行かず教育ママの目を盗んで野球の試合に出かける。
ある日、自分の足の裏に大きなイボがあることに気づく。
ママは英才に本格的に家庭教師をつけることにした。
「自分が勉強をできないことを証明する」ために
英才は家庭教師の出した課題(宿題)をこなすことにした。
深夜の勉強中、寝てしまった英才の身体に異変が。
足の裏に目が登場し、課題を観察し始める。
いつしか足は英才の生活を脅かしだす。

表題作【考える足】

P2012_0414_092204.JPG


【なくな!ゆうれい】

暴力によってこどもたちの生活を脅かす黒い影
ゴン助兄弟たちは、たかりを繰り返す。
洋一はそんな日々に不満を抱き仲間を募って
彼らと戦うことを考えていた。
ある日父がとぼけた顔の石のカエルの置物を持って帰る。
その日以来洋一はゆうれいを見るようになる。
ゆうれいの類が大の苦手の洋一は初めこそ怖がるが
徐々にゆうれいの話を聞くように。
ゆうれい好きの女友達のゆう子さんを交えて
ゆうれいが成仏できずにさまよっている理由は
200年前の恨みを晴らすためだとわかる。
ターゲットは憎い敵の子孫。
そんな折、ゴン助兄弟たちの魔の手が洋一を襲う。

【うちの石炭紀】

真奈子親志は両親がヨーロッパ旅行に出かけたことで
家の中に一人で生活することに。
そんな彼の家に異変が。
GKB(ゴキブリ)が2足歩行で歩いているではないか。
真奈子は、ゴキブリたちが力をあわせて冷蔵庫を開け
食料を調達しようとしている現場を目撃。
ある日彼はゴキブリを捕獲し、形態を変えたゴキブリを
観察することに。「ポチ」と名付けたゴキブリは
超進化を遂げ言葉を解するように。数日で人類の科学を
凌駕する危険因子に成長したゴキブリの選んだ道とは?

などを収録。小学館 MY FIRST BIG
タグ:藤子不二雄
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

漫画『夢カメラ』藤子・F・不二雄

タイム・トラベラー「ヨドバ」氏は不思議な
カメラのセールスマン(ヨドバシカメラ)だ。

彼は、原住民の生活を知って楽しもう!
と現代にやってきた未来人。当然のように
不思議な道具を所有し、ボロアパートに勝手に出入り。
一週間の間、ここに住まわせろと主張。
住民は彼を追い出そうと躍起になるが
物理的な攻撃を受けるわけがない。
善意から代償としてお金を払おうとするが、
未来の紙幣なので通貨が通じない。
合成でない肉や土壌で作られた野菜に感激する
ヨドバは、汚い布団などでしあわせを感じていた。

しかし…。
未来からやってきたヨドバは、
病原菌への免疫がなく、あっという間に重病に。
未来の世界に帰れず、現代の世界で生きるはめに。
途方に暮れるヨドバ。
唯一の救いは、彼が所有する不思議なカメラたち。
彼は悩みを抱える主人公たちに、
不思議なカメラを売りながら生計を立てることに。

P2012_0314_185005.JPG


時空を超える「タイムカメラ」、
人間の値打ちを測れる「値ぶみカメラ」、
夢を音声付きで映す「夢カメラ」、
復讐を果たすのに最適「丑の刻禍盟羅(カメラ)」
などを売っていく。
(お試し期間としてレンタルすることが多い)

この短編集のよい所は、
圧倒的破壊力・魅力を有するカメラたちの性能も
そうだが、それを扱う人間及びヨドバの人間性。
効果は絶大!というカメラばかりなのに
結果的に売れないことが多いのだ。
お人よしで、人の足元につけこめない
セールスマンヨドバが奮闘する姿と、
ときに利益を度外視する潔さにスカッとする。

藤子・F・不二雄短編集/夢カメラ (My First Big)

藤子・F・不二雄短編集/夢カメラ (My First Big)

  • 作者: 藤子 不二雄F
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2004/01
  • メディア: ムック


posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

漫画『帰ッテキタせぇるすまん』藤子不二雄A

喪黒福造がわざわざ海外に出張して
人々を不幸のどん底に突き落としてまわるという
「笑ゥせぇるすまん」の続編。世界一周編。
もちろん日本を舞台とした作品も収録。
ラスベガスでのルーレットや
拷問器具「鉄の乙女(アイアンメイデン)」などなど
作者の趣味や精通ぶりが垣間見える。

お金や女性、支配欲といった人間の持つ
ポピュラーな欲求を見事に刺激し、
持ち上げて叩き落とすというマスコミ的態度を
貫く彼の活躍を間延びせずシャープに描いている。
マンサンコミックス
タグ:藤子不二雄
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

漫画『エスパー魔美』藤子不二雄

ドジで元気な中学生の佐倉魔美は
実は超能力(エスパー)少女。
頭脳明晰だが融通のきかない高畑の助言を受けながら
人々の危険を感じ取ってしまう魔美は
昼夜を問わず人助けに奔走する。
タヌキかキツネのような不思議な容姿を持ち
自尊心の強い笑い上戸の名犬コンポコ。
魔美をヌードモデルとして描き、
「ポンコツ」と擬音を発しながら走る自動車を有する
美術教師の父。
新聞社に勤める母を家族に持つ魔美は、
基本的にエスパーという正体を隠しながら
凶悪な犯罪者を退治したり、改心させたりと大忙し。



基本的にドタバタコメディー調の勧善懲悪
ストーリーやヒューマンドラマが展開されるが、
ときに時空を超えた人々の感動的な出会いや
人の持つ夢を後押しする話もあり実に味わい深い。
漠然とした「正義」や人それぞれが持つ「価値観」に
ぶつかりながら、等身大のお人よしな少女が
成長していく姿を爽やかに押しつけがましくなく描く。
「パーマン」と並ぶヒーロー(ヒロイン)物の傑作。



〜魔美の出自と超能力〜

見事な赤毛はフランスのご先祖様からの遺伝。
とりあえずドジっ子美少女設定。
作中両親が超能力を持っている描写はないことから
多分超能力も隔世遺伝したと考えられる。
「魔女狩り」に代表される歴史的大量虐殺や差別を
恐れた魔美と高畑は超能力を隠すことを決意する。
だがドジな魔美は結構証拠を残しちゃうんだよね。
「テレポーテーション」「サイコキネシス」
物体・物質などを飛ばす能力。
人体や動物などに留まらず、人の体内にある
がん細胞を飛ばしたりと神懸かり的な能力を持つ。
自らのおしっこ(尿意)を人に移すことができる
というある意味変態チックなことも可能。

物体が自分にある一定のスピード以上で向かってくる
とテレポーテーション発動するという特性がある。
高畑の助言で、梅じんたんを自らに飛ばして発動。
近所では突然現れたり消えたりする
魔美の姿が度々目撃される。

「透視」

壁などをすり抜けて対象者の状態を探ったりできる。

「念写」

写真などに自分のイメージする映像などを
転送することができる。

「テレパシー(さとり的能力)」

人の考えていることを読みとったり
自らの考えやイメージを対象者に伝達できる。

「ベル」

自分の近くにいる者がピンチに陥った際に念波が発生し
意識しなくても危険信号を送り、それを感知してしまう。

「超感覚」

数千年前に生きていた人のイメージを映し出す。

「料理が天才的に下手」

まずい料理を作る才能がある。
ひどい場合は食べた者を失神させる。
彼女にかかればカレーもインスタントラーメンも
まずくなるから不思議だ。

「人助け」

彼女の最大の超能力は自殺しようとしている人を
思いとどまらせたり、人を改心させたりする
人を助ける能力である。


posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

漫画『怪物くん』藤子不二雄A

怪物ランドの王子(皇太子)にあたる怪物くんは
王位継承に向けて人間界に修行にやってきた。
怪物くんは両親を亡くし姉と二人でアラマ荘という
アパートで暮らしている市川ヒロシと仲良くなる。
そしてお隣のお屋敷にお伴のオオカミ男、
ドラキュラ、フランケンらと生活している。



人間界にも数多くの怪物(モンスター)が
当たり前のように生息し大暴れしているが、
怪物くんらの活躍により事態を収拾していく
というドタバタコメディーの話が主である。
(基本的に怪物は気のいい奴や単純なキャラが多い。
むしろ人間キャラの方が性質が悪い。)
また怪物くんの許嫁である怪子や
ドラキュラの祖父などもお客としてやってきて
騒動を巻き起こし、嵐のように去っていく。
怪物ランドに里帰りした際には、怖い顔とは裏腹に
息子怪物くんを溺愛する怪物大王の姿が見られる。

怪物大王との敵対する組織デモーニッシュは
怪物くんを亡き者にしようと次々と刺客を放つ。
数々のピンチをかいくぐり怪物くんは
怪物ランドの王様になれるのか?
基本的に低年層向けに描かれていて
藤子A先生のグロさやキツさが抑えられた作風。

〜怪物くん〜

帽子をとらない…もちろんそこには見られたくない
事情があるのだ。察しろよ。

雷が苦手…………主人公には身近な弱点がある方が
親近感が湧きやすい。

基本的に無敵……小さいからだに無限のパワー。
伸び縮みする手足を持ち、
怪物をけちょんけちょんにする剛腕。
念力も非常に強力。

顔が変えられる…手を顔の辺りにカシャカシャとすると
あら不思議。本物と区別のつかない
そっくりな顔に変わるぞ。
 
わがまま…………王子様らしく基本的にはわがまま。
しかし仲間や友達と認識している
ヒロシや妖怪を傷つける輩は
絶対に許さないやさしさが魅力。



【怪物くんの呼びかけで怪物オリンピック開催】
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

漫画『21エモン』藤子・F・不二雄

2050年頃。
修学旅行は火星に行き、
宇宙人も地球にフツーにやってくる近未来が舞台。

徳川幕府が誕生した頃とほぼ同時期に誕生した
ホテル「つづら屋」。
大ホテルが隣に並び
取り柄もないこのホテルは開店休業状態で
いつも閑古鳥が鳴いていてさえない。
主人公の21エモンは、そんなつづら屋の
現在のオーナー20エモンの息子である。
20エモンはどうにかこの伝統(だけは)ある
つづら屋を継いでほしいと考えているが
21エモンは非常に危険が伴う宇宙パイロットに
あこがれる少年だ。



彼はペットである絶対生物モンガー
(1万度の高温や宇宙空間で生きられ、
たいがいの物を食べられ、
人や物をテレポートしたり、透視もできる)や
銭ゲバで口の悪い性格破綻イモ掘りロボットゴン助
と共につづら屋で働きながら、
その膨大な宇宙旅行への費用を稼ごうとしている。
しかし、クセのある変な客ばかりやってくるので
毎日が騒動。



ついに念願かなって宇宙旅行に旅立っても
犬猿の仲であるモンガーとゴン助の争いは絶えず
生活様式や価値観が異なる宇宙生物やその様式、
未知との遭遇によって次々と問題が巻き起こる。
絶望的な状況を味わいながらも強い開拓精神で
新たな出会い、感動を求めて彼らは旅立っていく。

☆☆☆★


21エモン [文庫版] (1-3巻 全巻)
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

漫画『パーマン』藤子・F・不二雄

パーマン (1) (小学館コロコロ文庫) [文庫] / 藤子・F・不二雄 (著); 小学館 (刊)弱虫でなまけ者の少年須羽みち夫は
バードマンからパーマン1号に任命される。
バードマンは宇宙の平和を守るために戦う超人。
パーマンとは正体を隠しながら
悪者を懲らしめる正義の味方の呼び名。
(超人から見て少し足りないのでパーマン…
ひどい呼び名だ。
まぁスーパーマンだと商標的にもね。)
超人的な能力を身に付けたものの不安。
正体がばれると動物に変換してしまうと
バードマンに脅されるみち夫。

パーマンになったみち夫は、さっそく大活躍し
その仕事のやりがいに気付くが
日常生活ではさえないし、理不尽な理由で
ひどい目に遭うことも多い。
ヒーローはつらいね。
その後、新たにパーマンに任命された2号、
3号…も登場し、地球の平和のために奮闘。
ドジな所も多い、パーマンたちの活躍を描く。



【パーマンの能力】

マスクをかぶると普段の6600倍のパワーを!
マントをつけると時速119キロで空を飛べる。
(アンバランス!!)
またパーマンになると身体が丈夫になる。
(その硬度はあいまい。
ダイヤモンドよりも硬くなるとバードマンは
豪語したが、実際は後頭部からの不意打ちで
失神してしまうし、銃に撃たれると大ケガを
するとバードマンが語っている。
パワーはものすごくあるが、打たれ弱い…
ボブサップみたいだな。)
パーマンエンブレム(バッジ)は仲間同士の
交信に便利。
また口にくわえることで深海に入ることも可能。
ヒーローと日常の生活を正体を知られずに
すごすためにコピーロボットを渡される。

【コピーロボット】
鼻を押すことで、人や動物の能力をコピー可。
誰にも見分けがつかないそっくりな自分の
コピー(スペア)を作り出せる。
みつ夫が押すと弱気で貧弱なコピーになるが、
野球の玉(王)選手が押すとその能力を発揮
するコピーを作り出せる。
またその際に身につけている衣服や
持っている物などもいっしょにコピー可能。

パーマン1号
弱点。ゴキブリ。幽霊。



パーマン2号。【ブービー】
猿である。バードマンの人選はあやしいものだ。
ちなみに人選は、
パーマンの能力を悪用しない者、
正体を明かさない・秘密を保持できる者。
あと正義の心を持つ者である。
初期は動物園の猿だったが、後に家族同様に
かわいがられている設定に変更される。
探し物が得意。動物の言葉を解し心やさしい。
プロゴルファー猿同様にゴルフがうまいのは
作者の遊び心か?

パーマン3号。【パー子】
おてんば。
1号、2号、4号にも素顔を見せない。
実は大人気アイドルの星野スミレである。
ちなみにパーマン1号は大ファンであるが
そのことに気付いていないので
3号に大して暴言を吐くことが多い。
成績優秀、おしとやかと世間の評判が高い。
料理が苦手である。


【職場でのセクハラに悩むパー子さん】

パーマン4号。【パーやん】
大阪のお寺の子。
働き者でお金にガメツい。
自ら運送業を営んでおり、立派な労働精神や
美学を持つしっかり者。
将来的には会社を持ちたい!という夢を持ち
途中からは実際に社長になっている。
東京進出・海外進出も考えているとか。
高い知能や考察力を有し、
悪人の行動パターンを読むことに長ける。

パーマン5号。
文庫版を読んでいたら、何の説明もなしに
パーマンたちといっしょにいた。
おそらく5号と推測。
赤ん坊であり、登場回数も少なく
登場した回で活躍したわけでもない。
「ダーダー」、「ウマウマ」など
赤ちゃん言葉でしゃべる……。
つくづくバードマンの人選に疑問。

バードマン
別名【いいとこどり】。【おいしいとこどり】。
特に彼は何もしていないのに、
最終的にいいセリフを吐いて、
物語的においしい所を取っていく印象が強い。
実は音痴。



怪盗千面相
パーマンたちのライバルの一人。
類稀なる変装技術でパーマンたちを欺く。
単なる悪人に留まらないおもしろい性格を
持つすばらしい敵役キャラクター。
牢屋からの脱走も得意である。

魔土災炎
マッドサイエンティストな科学者。
パーマンたちを亡き者にしようと
コソドロ連盟(全国泥棒連盟)などの
悪党からの依頼によって
時に珍妙な、時に凶悪な発明をし、
パーマンたちを恐怖に陥れる……
しかし、コミカルなキャラクターでもあり
いろいろな偶然も重なり悪事は失敗に終わる。



ヒーローを描いたギャグマンガの代表格。
期待以上におもしろかった。
やられ役の悪者たちもコミカルで愛着が湧く。

☆☆☆☆★小学館コロコロ文庫。全5巻。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

漫画『地球人って何? 藤子F不二雄短編集』

【征地球論】

宇宙人は地球に侵略するかどうか?
で揉めていた。その間なんと10万年。
議論する者が多すぎるとかえってこじれ
きりがないとテレパシーの意志疎通で統一を図り
結局、代表的な意見を持つ者が残った。
代表の意見は、次の通り。
【是が非でも侵略する】
【地球人の文明が発展する前に侵略する】
【地球人はほっておいても自滅するので
自滅するのを待ってからの方が合理的だ】
【地球の侵略にこだわらずターゲットを
他の魅力的な星にすべきだ】


【地球侵略をめぐり白熱する議論】

彼らは、人間が抱える矛盾に焦点を当てながら
侵略するのかどうかを議論していく。
なぜ身体に悪いタバコを吸うのか?
なぜガラスのビンのけつ=テレビを眺めるのか?
なぜ人類の平等を主張しながら有利に立とうと
するのか?そしてそんな社会が実現されないのか?
他の動物のように親離れ・子離れできないのはなぜ?
若者を理解しない老けた大人と
大人を理解しない若者の関係はなぜか?
そして、すべての問題をうやむやにしてしまう
「涙」とはなんなのか?

理解に苦しみながら、宇宙人たちの出した結論は?

【マイ・シェルター】

マイホームを建てようとする一家の大黒柱の
前に現れたちょび髭は、
世界の保有する核とその危険性について訴える。
実はシェルターのセールスマンだと名乗る
ちょび髭にパンフレットを渡され説明を受ける。

最初は笑い飛ばしていた主人公だったが、
何の備えもしていないことに気付く。
調べれば調べるほど、不安は募る。
遂に核の脅威が……。
そんな悪夢を見た主人公は、本気でシェルターの
購入や有事に備えて家族にアプローチをはじめる。

本気で笑い飛ばせないのが、人類の情けない所だ。

【宇宙人レポート サンプルAとB】

遠い宇宙人から見た地球のある地域の人間生活に
関するレポートである。
物語はロミオとジュリエット的悲劇を
実験レポート風に理系人間が描いたかのように
表現されている。
中には明らかに翻訳ミスと思われるような箇所もあり
その表現方法のおもしろさは笑いを誘う。
インテリ的ジョークというかそんな表現が溢れている。

絵は藤子先生ではなく小森麻美氏担当。
こういうタッチでも描けるのかと思ったが違った。

【ボクラ共和国】

小学校5年生の小森。
最近引っ越してきた「花田まさる」(若乃花!)
によって、周囲のみんなの態度が違う気がして
仕方がない。何かを隠されている。
よそよそしい。そんな感じがする。
彼は弱い者いじめを見逃せない損な性分である。
負けるとわかっていてもほうっておけないのだ。

そんな小森をどこかで見ていたのか。
花田以下仲間たちが小森に自分たちの秘密を
打ち明けてきた。
彼らは「ボクラ共和国」という独立の国家を
建国し、立派な志を持つ国民を募っていた。
「国」という土地(国土)を持たず、
たとえば誰かの意志によって戦争などの選択に
巻き込まれずにするために。
ひとりひとりが国民としてこの国の構成員を
増やしていく。それがボクラ共和国の総理大臣
花田が掲げる考えだ。

など全6編を含む短編集。小学館。

藤子・F・不二雄短編集 地球人って何?編 (My First Big)

藤子・F・不二雄短編集 地球人って何?編 (My First Big)

  • 作者: 藤子 不二雄F
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2003/11
  • メディア: ムック



タグ:藤子不二雄
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

漫画『キテレツ大百科』藤子・F・不二雄

発明家の少年キテレツとロボットコロ助が
繰り広げる愉快痛快奇妙奇天烈なギャグマンガ。
基本的に「ドラえもん」と似たようなキャラと
ストーリー設定である。また、アニメ版と大きく
異なる点も多いが、それは後半で紹介する。

木手英一は、自他共に認める発明バカ。
暇があれば機械をいじり、三度の飯より発明好き。
その姿をからかわれ、同級生から「キテレツ」
というあだ名をつけられる。

彼はある日、大発明家だったご先祖奇天烈斎様の
「奇天烈大百科」の秘密に気付く。
何も書かれていない大百科を「神通鏡」(メガネ)
で見ると、奇天烈斎の発明が見える仕組みなのだ。
さっそくキテレツは、「からくり人間製法」を
見て「コロ助」を発明。自分で考え、感情も持ち
ご飯を食べ、涙も流す。ペットを欲しがり、
いたずらをしたり、時にキテレツに助言もする
なかなか優秀な助手ロボットを作りだした。



タイムマシンや時間をとめる「脱時機」、
4次元空間を切り裂く「冥府刀」など
強力な発明もあり、一歩間違えば使い手にも
危険が降りかかる発明も多い。

また、悪人を懲らしめる
「唐倶利武者」(からくり武者)や
「チョーチンおばけ捕物帖」の回で活躍した
「召し捕り人」。
これは生活圏内でやたら犯罪が発生する
漫画的「犯罪多発地域」なことも影響している。



「地獄」を体験できる発明や
動物の声が聞ける「聞き耳ずきん」、
大根とユリを混ぜた植物「リリー」、
金魚を進化させた「キンちゃん」など
擬人化発明などウィットに富んだ意欲作も多い。

ちなみに最終回では、母に「奇天烈大百科」を
捨てられるというショッキングな
シャーロック・ホームズ的な展開が起こる。

アニメとの相違点

原作は全4巻(発行元によって異なるが)。
作中でも「奇天烈大百科」は全4巻とされるが
原作は「ドラえもん」のように作品が多くない。
つまり、アニメ版のほとんどはオリジナルであり
高視聴率をキープしていたのはアニメ会社の手柄
である。特に大きく違うのはブタゴリラの性格。
主要キャラに恋人ができる(小学生なのに)と
いう進歩的・漸進的な展開であろう。
また、「トンガリ」も性格的・物語の立ち位置も
大きく異なるので、ついでに紹介する。
漫画は藤子F不二雄大全の全2巻を参考にする。



〜主要キャラ紹介〜

【キテレツ】

原作では意外に暴走キャラである。
月にロケットで飛びだしたり、
墨で塗りつぶされていた「冥府刀」を発明する
際などコロ助に止められるなど冒険心が強い性格。
アニメ版ほど同級生の女の子「みよちゃん」に
対する好意や熱意が見られない。
発明に熱中するあまりみよちゃんをないがしろに
することも多く、恋のライバルが現れる展開も
ないので淡泊なのかもしれない。

ドラえもんでいう所の「のび太」の立ち位置だが
「出来杉」君を加味したような積極性や
理科に特化した知識や発明に対する熱い情熱を
持つなど明らかにのび太よりも優秀。
壊れた自動車や掃除機を治したりと実用的な能力
が高く、顕微鏡位なら作れるだろうと親に言われる
ほど物作りの能力が高い。

研究に明け暮れるあまり運動は苦手。
探究心の塊であり、発明家としての高い才能は
先祖であるキテレツ斎の隔世遺伝と思われる。
両親は、いたって普通の性格なので。
徹夜してでも発明を続ける姿勢などは、
ものつくり大国日本の鑑であり、
将来は日本を代表する発明家になっていても
おかしくない人財である。(アニメ版より)

【コロ助】

ドジな一面も持つが、探し物が得意であり、
動物がいじめられるの許さない
心やさしいロボットである。
幼児から小学生低学年程度の精神構造であり
性格的にはキテレツに似た温和な小市民。

キテレツからはドジな助手扱いされているが
ときに的を射た発言をしてキテレツを助ける。
感情の起伏の激しい性格であり、暑いのが苦手。
汗もかくし、飯も食い、涙も流す完成度の高さ。
(いよいよドラえもんだ)

ブタゴリラたちにいわれのない迫害を受ける
ことも多く、ドラえもんを例にとると
キテレツよりもよりのび太に近い立ち位置。
いじめられて悔しい。キテレツどうにかして
ほしいナリ〜。というパターンも多い。
語尾に「ナリ」がつくことが多い。
疑問形で「アルカ」とついたこともある。

またアニメ版の一人称は侍っぽく「我が輩」
だが、「ぼく」と言っていたりまちまちだ。
アニメ版では主役。原作では助手役。
目の焦点が合っていない所やゴムまりの手などの
造形がすばらしい。
ちなみにあのゴム人間の様に腕が伸び縮みする。

「似るナリ。焼くナリ。コロ助ナリ」
は、某お笑い芸人が好んで言っていたなぁ。

【みよちゃん】

あんまりキャラ立ちしていないヒロイン。
ほぼしずちゃん(しずかちゃん)。
特にとりたてて言うほどの活躍もなく、
可もなく不可もなくという感じ。
バイオリンが下手だけど好きなどモロしずちゃん。
焼き芋が好きなのもかぶっている。
キテレツのことは嫌いじゃないみたい。
ちょっと気になるアイツ的存在かな。
原作で読んだ感じでは。
アニメ版ではキテレツの恋人的立ち位置。
異性と仲が良いシーンを見ると結構キテレツは
本気でへこんでいたなぁ。

【ブタゴリラ】

アニメ版の愛される迷言・迷台詞製造マン的要素
は皆無。八百屋の稼業の手伝いをするという
親孝行的一面もなく遊び呆けている。
(そもそも、ブタゴリラの両親について詳しく
描かれない)
アニメではコロ助を「ネギ坊主」と呼ぶキャラ立ち
している父も人情味溢れる母も登場しない。

原作でのその性格は理不尽な乱暴者。
性質が悪いことに本人は男らしい立派な性格と
勘違いしているが、同級生の評価は最悪である。
同じようにブタゴリラとつるむトンガリたちも
同調しないと暴力を奮われるという恐怖政治に
よって表面上仲良くしているだけ。
年端もいかないこどもからおかしを取り上げたり
恐喝に及んだり、キテレツの発明品を奪ったり・
悪用したりとやりたい放題。
元アメリカ大統領のブッシュを彷彿とさせる
傍若無人ぶりで、圧倒的嫌われ者の地位を確立。
【話せばわかる】の発想はなく【殴ればわかる】
的思考の持ち主。『ドラえもん』のジャイアン的
立ち位置なのだが、ジャイアンのようにときおり
見せるやさしさなどが全然ない暴君。
アニメ版のように明るい両親がいて、
家の手伝いをしていれば、
こんな悪い奴になるはずがないな……と思うよ。

アニメ版では「ブタゴリラ」は愛称に聞こえるが
(本来、「ブタ」も「ゴリラ」も蔑称だろう。
ブタもゴリラも人間よりはある意味で優れて
いるが)、原作では圧倒的に悪口である。
アニメ版では愛すべき人気者であり、恋人もいる
ガキ大将ブタゴリラであるが、原作では
だかつのごとく嫌われ者スターダムの地位を確立。
アニメ版では「学問のすずめ」発言など
学力の低さを露呈するもおバカキャラとして
人気を博す。よく考えたら羞恥心とかpabo
の道を切り開いたパイオニアな気がする。
原作で言い間違いを指摘したら
問答無用で殴ってきそうだ。

【トンガリ】

原作では「コンチ」とも呼ばれている。
途中から一貫して「トンガリ」と呼ばれるように。
原作ではブタゴリラの腰巾着的立場であり、
もう一人名前のないキャラといっしょにいることが
多い。しかし、ブタゴリラのことは大嫌いであり、
本人のいない所では、けなしまくっている。

アニメ版では、母親から「ぼくちゃん」と呼ばれ
本人も「ママ」と泣きつくマザコン臭プンプンの
情けないキャラだが原作では特にそういった描写
はない。暴力的な性格であり、原作ではブタゴリラ
とさして変わらない性格。いっしょになって
弱い者いじめをしているカス野郎である。
原作では恋人も登場しないし、
ブタゴリラ同様人間的魅力も皆無である。
それにしても
コロ助とトンガリの声は特徴あったなぁ。

キテレツ大百科 1 (藤子・F・不二雄大全集)

キテレツ大百科 1 (藤子・F・不二雄大全集)

  • 作者: 藤子・F・不二雄
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/08/25
  • メディア: コミック



posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

漫画『劇画・オバQ 藤子・F・不二雄短編集』

【劇画・オバQ】

大会社のサラリーマンになった正ちゃんは
旧友ハカセから脱サラして共同経営者にならないか
と誘われていた。魅力を感じてしまう正ちゃん。
そんな正ちゃんに忍び寄るあやしい影が。
オバケのQ太郎である。
実に15年ぶりの再会だった。



結婚し、独立した正ちゃんに会いに来た
Qちゃんは少年の頃と変わらない感覚だったが、
正ちゃんは大人になってしまっていた。
オバケの一生は五百年!(Qちゃん談)
こういう所からも差が生まれる。

Qちゃんが帰ってきたということで、
みんなで集まろうと、飲み会が開かれる。
ゴジラ、よっちゃん、キザにハカセらと共に
昔話に花を咲かせるQちゃんと正ちゃん。
無人島に自分たちの国を作ろう!と
オバQ天国を作った時の旗を持ってきたハカセ。
夢を忘れちゃいけない!と熱弁を奮い、
大いに盛り上がる一同。その時たしかに彼らは
昔の姿に戻り(絵的にも)童心を取り戻した。

正ちゃんは一大決心するのだが……。
あぁ、ほろ苦い。いい話だがほろ苦いよ。

【イヤなイヤなイヤな奴】

宇宙を旅する乗組員たちは、
閉塞感とストレスを感じやすく、
些細なことで怒り、いさかいが絶えない。
飛び交う憎悪の感情が表面化してきた中で、
それを冷静に見つめる瞳があった。
整備士のミズモリである。
積極的に人の神経を逆なでる言動をとるミズモリ。
そして、遂に乗組員たちの怒りが爆発した。

【休日のガンマン】

ガンマンジェシイ・ジェイムズは、
西部劇の街に現れたドジなガンマンだ。
カッコつけてみても、様にならない。
そもそも、物語自体にどこか違和感があるなぁ。

【3万3千平米】

土地を買おうとどうかを悩んでいる地主。
名前とは裏腹に家は代々小作人。土地などない。
家を持ちたいが、予算には限りがある。
友人である不動産屋は彼の為に勧めてくれている
のだが、もっとどうにかならんものかと思う地主。
猫の額ほどの土地なのに買う身としては高い。

そんな地主の所に、マジシャンの格好をした
変な男が地主の土地を売ってほしいとやってきた。
話が噛み合わない二人。地主は3万3千平米の土地を
持っているはずだと食い下がる謎の男。

何が何だかわからない!と混乱する地主は
ないものは売れないと断り続けた。
その結果ついには謎の男も怒りを露わに。
一体何なの?どーなってるの?

など7編を収録。小学館マイファーストビッグ
劇画・オバQは
【藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版】
1集にも収録されている。☆☆☆☆。
タグ:おすすめ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

マンガ『分岐点』藤子・F・不二雄

あのときが自分の人生の分岐点だった。
もし違う選択をしていたら……
誰しもが思うことだろう。
主人公は、「今の人生のすべてを投げ出せる」
なら違う人生を体験できると持ちかけられる。
夢の中で自分を「パパ」と呼ぶ声の正体とは?
「分岐点」

青木が原樹海で遭難しさまよう四人のこどもたち。
しかし、メンバーの市川にはわかっていた。
彼は、新聞で明日の未来を見ることができたから。
でもそのことが、四人の遭難を阻止することには
ならなかった。疲弊する四人。明日はどっちだ?
「ポストの中の明日」

自分はとにかくついていない。
ドジ田ドジ郎は常々感じていた。
あげくの果てに、寝ている自分のふとんの上に
変なロボ「ゴンスケサン」が落ちてくる始末。
我が身の不運を嘆くドジ郎だったが、
意図せずにゴンスケの命の恩人となり、
ゴンスケが支配する「偶然」の恩恵を受ける。
ついていない人生を変えるきっかけになるのか?
「ドジ田ドジ郎の幸運」

「新築のマイホームが500万円で手に入る」
隣人細川から持ちかけられた夢のような話に
浮かれる大山。深夜に突然の来訪者。
「ノアロケットに選ばれたのはすごい幸運」
と語りだす男。だが大山はピンと来ない。
細川の家と間違えたことに気づいた男は、
足早に家から出て行く。
何か裏がありそうだと心配する大山。
カギは、息子が聞いた
「星が地球にぶつかる前におとなりの
やっちゃんたちだけがロケットに乗れる」
という話にありそうだ。
「箱舟はいっぱい」

「悪魔に魂を売る」悪魔メフィストは、
「数十年ぶり」に魂を売ってくれそうな高木健
と出会い、双方の意思に間違いがないように
契約書を交わすのだが……
「メフィスト惨歌」

など8編を収録した短編集。
「ここが人生の分かれ道!?」。主人公たちの運命は?



タグ:藤子不二雄
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

マンガ『スーパーパワー編 藤子・F・不二雄短編集』

小池さんは、人一倍正義感の強い性格で、
いつも堕落する人間・社会を憂いていた。
「僕に超人の力があれば……」
と夢見る小池さんは、ある日
スーパーマンそっくりの力を身につける。
究極の力を手に入れた小池さんは、
「正義」の名の下に「小さな悪」も見逃さず
力を行使するのだが……。
(「カイケツ小池さん」)

「句楽兼人」と名乗り、「正義の味方」として
大暴れする小池さん。
強大すぎる力を有し「歪んだ正義感」によって
暴走する彼は、「核」攻撃すらも効かない。
自覚なく悪人に成り下がった彼の行動は
エスカレートするばかり。
「ウルトラ・スーパー・デラックスマン」

地球を創造する創造主になる。つまり神になる。
不思議な男に出会った加美は、UFOの模型の
ような謎の物体によって地球を創造していく。
よくできたおもちゃのようなものとして
ゲーム感覚で地球を作っていた加美だったが、
そこにはとんでもない落とし穴があった。
「創世日記」

小学生の息子がスーパーマンかもしれない。
近所で起こる正体不明の「通り魔」として、
次々とケガ人を出しているのは息子のしわざ
ではないか?父には、なんとなく予感があった。
汚れなき正義感は、ある意味で実に性質が悪い。
「わが子・スーパーマン」

など全7編を収録。
タグ:藤子不二雄
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

漫画『忍者ハットリくん』藤子不二雄A

時代遅れにならないように、伊賀の里から都会にやってきた
ハットリくんは三葉ケン一と出会い、三葉家の居候になることに。
礼儀正しく、きまじめなハットリくんは忍者としても優秀であり、
次々といろんな忍術をみせてくれる。
ふたりは、いっしょに暮らしながら(途中からはお隣さんになる)
友情を育んでいく。

また、ハットリを追ってきたトラブルメイカーの弟シンゾウ、
甲賀の忍者で性格の悪いケムマキ、暴走ロボ忍者のロボ丸、
手癖の悪い石川の五助、雲を操る雲隠れの才蔵、猿飛の猿助、
忍者怪獣ジッポーや、ハットリくんの父ジンゾウなど
多くの忍者が登場する。

目玉は、「忍者学校」を創設する回だろうか?

「忍者ハットリくん」(てんとう虫コミックス)は全16巻。絶版。
古書店やネットなら購入可能。
中央文庫版は全2巻、「新忍者ハットリくん」全4巻。

『新忍者ハットリくん』の紹介文はこちら。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

漫画『ブラック・ジャックブルース 藤子不二雄Aブラックユーモア短編集 』

ギャンブルしながらの海外旅行。しかし、藤子不二雄Aの
作品だから、一攫千金引き当ててウハウハの大富豪!とならず、
華やかな世界に潜む人間の暗部を見せつけられるストーリー。

実体験と空想力がからみ合う奇妙な世界において、主人公は
何を学び取り、何を得るのか?1970年頃のラスベガスやリノ、
スイス、パリやタヒチや豪華客船を舞台にして珍道中。

若き日本人の主人公(作者がモチーフか?)の世界に対する
憧れと妄想と期待と、リアルで残酷な事件の数々や
ギャンブルの心理戦を描いた物語。所々で劇画調になる。

ブラックジャックの簡単なルール説明

カードを2枚以上配り、相手より数字が大きくなることをめざす。
但し、一番強い手は「21」であり、それを超えると負けとなる。
1(エース)は、11又は1と数えられ、
絵札である13〜11のキング、クイーン、ジャックは10で数える。
細かいルールに関しては、ゲームをする者同士で取り決める。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

漫画『笑ゥせぇるすまん』藤子A不二雄

「私の名は喪黒福造…もぐろふくぞう。人呼んで笑ゥせぇるすまん。
ただのセールスマンじゃございません。
私の取り扱う商品は心、人間の心でございます。ホーホッホッホッホー」

「この世は老いも若きも男も女も、心のさみしい人ばかり、
そんな皆さんの心のスキマをお埋め致します。
いいえ、お金は一銭もいただきません。お客様が満足されたら
それが何よりの報酬でございます。さて、今日のお客様は…」

喪黒福造は、別名「黒ィせぇるすまん」である。
一度見たら忘れられないインパクトのある顔と、
ニヤニヤ笑いがその特徴。

ターゲットに選ばれた人間は、基本的に例外なく不幸になる。
→欲望が解放されて開き直り、のぞき魔になった例もある。
(作中ののぞき魔は、傍目にはあまり不幸そうではないが犯者!)
行きつけのスナック「魔の巣」に連れ込まれたターゲットは、
喪黒の巧言令色によって、ついつい彼のペースに飲み込まれていく。
彼は、人間の持つ欲望や願望を嗅ぎ付け、不思議な道具を与えたり、
強い暗示をかけることで、一時的にターゲットの夢を叶えてやる。
しかしその代償として「約束」と「制約」をし、約束を破った場合
ターゲットは前述したように「ドーン!」と言う喪黒のポーズ後
大きな不幸に見舞われる。
→喪黒は時に率先して、約束を破るように仕向ける行動を取る。
 
昔話のような寓話的・戒め的なストーリーであり、喩えるなら
残酷なドラえもんである。喪黒福造自体の性質については、
第一話において「人を陥れることが趣味」であることがわかり、
 「人の心のスキマを埋める」という気などさらさらない。
ーゲットが不幸になったことを見届け、「ホーホッホッホー」
と高笑いしながら、夜の闇の中に消えて行くシーンからもわかる。

神通力の持ち主であり、競馬予想を難なく当てるという特技を持つ。
喪黒が仕事をしている(お金を得ている)という描写は特にないが
例えば競馬でお金を得ているのなら、説明がつく。 
人助けが趣味という、兄と真逆の性格の弟「喪黒福次郎」がいる。
短編形式であり、文庫版全5巻。

続巻として「帰ッテキタせぇるすまん」実業之日本社 藤子不二雄A
マンサンQコミックスがある。

喪黒福造イメージ映像
http://www.monako.co.jp/products/2005/details_wt/index.html
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

漫画『アン子 大いに怒る』藤子・F・不二雄

「恋人製造法」

UFOから出てきた謎の生物を助けた主人公は、
クローン人間を作り出せる装置を宇宙人からもらった。
作りたい人間のDNA(ディオキシリボ核酸)=髪の毛が必要
と言われた彼は、あこがれの女性毛利麻里を作り出すことに
成功するのだが……。

200807210750000.jpg

「ともだちになってほしかっただけなのだが……」


「アン子 大いに怒る」

父と暮らすアン子には、不思議な力があった。
いわゆる超能力≒シックスセンスである。
隠していたはずのことや、探し物が手元に来たり、
そんなことがたびたびあった。
ある日、世間知らずの父がお金をだましとられたことを
知ったアン子は大いに怒り、強力な超能力を発動した。

「スーパーさん」

ある日のことだった。
スーパーマーケットの娘がスーパーマン(≒スーパーガール)に
なってしまった……という、赤塚不二雄的作品である。
空も飛べるし、家の壁くらいあっさり壊せる破壊力満点の
スーパーさんだったが、恐竜も現われないし張り合いがないと嘆く。
彼女の空回りっぷりと、おふざけ満開のストーリーが楽しめる。
「お礼にお宅へドロボーが入ったら捕まえましょう」
と縁起でもないことを言い出すスーパーさんに活躍の機会は?

200807210754000.jpg

「ハエをやっつけようと奮闘するスーパーさん」
「倍速」

何をするのにもトロい倉札は、
うさんくさい男魔土災炎(マッドサイエン)から「倍速時計」と
言われる不思議な時計を渡される。
この時計によって、倉札は、周囲の全ての動きに対して
2〜100倍で動くことができるようになる。つまり、倉札から見て
周囲がものすごくゆっくり流れているように感じるようになった。
時間を支配した倉札は、「世界一早い男」になるのだが……。

など8編を収録。→パーフェクト版ではなく、廉価版の内容。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

漫画『喝揚丸ユスリ商会』藤子不二雄A

強請る者は、強請られる。

ダークな人間の内面を描いたエログロ系漫画。

200807181836000.jpg

主人公たち。つまり、ゆする者と、ゆすられる者。

刑法第249条【恐喝】  

1 人を恐喝して財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。
2 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを
 得させた者も、同項と同様とする。

〜あらすじ〜
主人公喝揚丸は、ユスリ商会の社員であり、他人の知られたくない
秘密や悪事などを写真に納め、相手を強請る(ゆする)ことで、
生計を立てている。「同じ材料は、決して二度売りいたしません」を
合言葉に、低姿勢で強請りをかける揚げ丸は、喪黒福造のような
「絶対悪」ではなく、あくまで日々の生活のためにゆすりをする
しがないサラリーマンであり、時には罠にはまった人間を見て
心を痛め、情を見せる場面もある。強請りをかけられる人間の
中には、ひき逃げなどの犯罪をするような自業自得的な者もいて、
作中においては、揚丸を悪人と描かずに、むしろ強請られる側の方が
悪人的に描かれている者もある。水虫のかゆさにのたうつ揚げ丸は
犯罪者ながら、どこか憎めず、ユーモラスですらある。
但し、作品自体は不二雄A色の強いダークでブラックな作品。

200807181839000.jpg


他に、上記の作品と同様のテイストで描かれた「恐喝有言会社」
日本人の悪しき習慣を風刺した「ハレムのやさしい王様」を収録。
「笑ゥせぇるすまん」が好きな方にはおすすめ。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 19:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

漫画『新忍者ハットリ君』藤子不二雄A

ハットリかんぞうただいま参上。

ハットリ君は、弟シンゾウ、忍者犬獅子丸らと共に
ケン一の家に住んでいる修行中の忍者少年だ。(伊賀忍者)

その性格は、義に厚く、ずばぬけた身体能力・忍術の腕前を持ち
更に花火を作れたり、絵心もありかつ優れた倫理観を持つ。

「忍者は耐え忍ぶことも大切」と人の見えぬ所で泥をかぶったり、
あえて嫌われ者になったりする姿は、聖人君子そのものであり、
完璧すぎる優等生キャラである。弱点は、カエルである。

基本的に、ストーリーはわがままで考えたらずのケン一や
シンゾウ・獅子丸や、ハットリ君をライバル視するケムマキ
(甲賀忍者)が起こしたトラブルをハットリ君が尻拭いするもの。

また、悪人、三下、チンピラ、変人、近所の迷惑な博士、
ロボット、忍者(アメリカ忍者、中国忍者、ロボ忍者他)などと
いった「トラブルメイカー」が次々と現われ、
それをハットリ君がこらしめたり、いさめたりする「勧善懲悪」的
なバトル物(格闘もの)である。

それにしても、ハットリ君の住むご近所、すぐに悪人が登場する。
日本とは、思えないほど治安が悪い。

どこかに出かけても、悪人や上記したトラブルメイカーが現われ、
ハットリ君たちが襲われる。少年向きギャグマンガでありながら、
陰湿でいじわる・二枚舌なケムマキ、
こども相手でも容赦なく金を巻き上げるカスいチンピラ、
呪いをかける少年などネ暗なキャラが多いのも特徴。

高い倫理観を持つハットリ君と、倫理観の欠如したキャラクター
たちを対比させて読むとまた楽しめる。

しかし、忍法「むささび」(ふろしきを使って空を飛ぶ)、
忍法「壁歩き」(ニュートンの法則を無視して歩く)
などはわかるが
シンゾウの「泣きわめき」(周囲にいる人間を気絶させる)
などは一体どこが忍法なのか謎である。
また、この技の効果が異常に高い。

管理人としては、チクワ大好き、怠惰な忍者犬獅子丸が好きである。

200806100753000.jpg


200806100756000.jpg

文庫版全4巻。基本は短編形式だが、中編のバトル編が随所に入る。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

マンガ『藤子不二雄A ブラックユーモア傑作選』

グロいでごわす。と、つい熊本もっこすっぽい
しゃべり方になってしまうほど、グロテスクで
きつめの作品や、ホラー作品ばかりの短編集。

人間の持つ暗い欲望や、邪悪な精神をこれでもか
とばかりに魅せつけた作品であり、著者自身も
一般受けを狙っていないのがありありとわかる
ブラックユーモア溢れる作品。小説で喩えるなら
阿刀田高っぽい作品が多い。不気味の一言に尽きる。

不気味さの中に、ユーモアを感じるヒトラーを
モデルにした「ひっとらぁ伯父さん」がおすすめ。

突然、劇画調の絵になるのもおもしろい。

「ひっとらぁ伯父さん」

200806031559000.jpg


自分をヒトラーの生まれかわりだと、信じる
変な伯父さんである。

圧倒的な洗脳力と、意思を持ち、町内のこども、
主婦、はたまた犬などを束ねていく。

大好きなワグナーの悪口を言うとブチ切れ、
とんでもない行動に出る。人間臭い一面も
持つが、狡猾で執念深く、不気味な日記をつける。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

マンガ『おれ夕子』藤子・F・不二雄

「おれ、夕子」

夕子が死んでから一週間が経った。
おれは、不思議な体験をする。
彼女のネックレスがポケットの中に
入っていたのだ。

おれは、夕子のおやじの所に返しに
行った。夕子のおやじは、あやしげな
科学者であり、なぜかおれのことを
じっと見つめてきた。

そして、ある日クラスメイトが
「夕子を幽霊を見たんだ」と言い出す。

おれは、不思議な体験をする。


「換身」

ヤクザの親分は、平和な日常を手に入れようと
魔土災炎(マッドサイエンティストのもじりか)
の手引きによって、違う人間に転身をはかる。

エクトプラズムによって、放出された魂が
ターゲットである海野五郎の身体に入り……。

転身≒チェンジ

200805270705000.jpg


「影男」

輪廻転生(生まれ変わり)をテーマにした物語。

謎の老人が近くに引っ越してきた。老人は、
倫子に対して、いろいろな忠告をしてくる。

気味が悪いと思いながら、忠告を無視する倫子
だったが、老人の忠告は次々と的中。

謎の老人は、遂には倫子の部屋に現われ……。

得体の知れない世界に読者をいざなう。


「親子とりかえばや」

親の心子知らず。また逆も然り。この心親知らず。

わかり合えないふたりだったが、ある日の朝
父は息子になり、息子は父になっていた。

立場が変われば、見えてくることもあるのかな。


「クレオパトラだぞ」

自分は不幸な星の下に生まれたと、思い込む
主人公楽悟は、同時に自分をクレオパトラの
生まれ変わりだと思っている。それは、彼が
眠りに付くたびに自分がクレオパトラになり、
様々な具体的な体験を夢でするからだ。

楽悟は、遂に究極の選択をするのだが、
それが思わぬ結果をうむことになる……。


「未来ドロボウ」

余命6ヶ月を告げられた、大金持ちの老人と
高校進学の夢を立たれた少年の物語。

少年は脇目も振らず、勉強に取り組んでいたが
父親から「高校にやれない」と告げられた。

絶望感に打ちひしがれる少年は、ある日
大金持ちの老人と出会い、身体を交換することに。

新しい身体を手に入れた老人は、「若さ」の
持つすばらしさを知り、その幸せを噛み締める。

新しい身体を手に入れた少年は、自分の持っていた
「若さ」の価値を知り、取り戻そうとする。

「若いということは、想像以上にすばらしい、
 すばらしすぎるんだ!!
 世界中の富をもってきてもつりあわないだろう」

なんとも、心地よい作品として仕上がっている。

「自分を信じたなら ほら未来は動き出す」(ミスチル「未来」)
的なおすすめの物語である。

紹介したのは 廉価版 小学館発行 

←「藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版」より。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

マンガ『エイリアン編 藤子不二雄短編集』

アパートの隣に宇宙人が引っ越してきた。
宇宙人アンドロ氏は、紳士的な男であり、
人の記憶を消去するという能力を持っていた。
「異人アンドロ氏」


円盤に乗った奇妙キテレツ大百科なウサギが
「きょうはく状」によって「誘拐」を事前に
報告してきた。

「ヒョンヒョロをください
 くださらないと誘拐するてす
 マーちゃんどの」

ちなみにマーちゃんは幼い少年であり
へんてこなウサギからこれを受取った。
はじめは、単なるいたずらだと思っていた
マーちゃんの父と母、警察だったが、
宇宙人ヒョンヒョロの絶対的な力を知り、
いやいや彼の要求を呑むことにする。

ところで、「ヒョンヒョロ」ってなんだ?
コメディーチックだが実際は、ホラー。
ビフォーアタフター。あとのまつりのバッドエンド。

200804231836000.jpg

「Before」

200804231836001.jpg

「After」

絶対的な力を見せつける「UFO」が地球に君臨。
沈黙を続けていた彼らだったが、日本人の
「池仁平」(いけにへい)をご指名してきた。
彼一人もらえば、それでおとなしく立ち去って
くれるという。絶望の淵に立たされた池仁平は、
恋人との残された時間をすごす。
「いけにえ」


平凡な学生堺章助は、ある日地球を侵略せんと
する宇宙人に侵入されてしまう。エイリアンだ。
彼は、「二心同体」のややこしい状況になるが、
宇宙人のおかげで、ものすごい知力と体力を
手にすることができた。しかし、宇宙人の
目論見は……。
「侵略者」

藤子・F・不二雄の短編集はハズレがなく、読みやすい。
中身もウィットに富んでいて、おもしろくておすすめ。
「宇宙からのおとし玉」、「超兵器ガ壱号」も収録。

補足→私が読んだのは、小学館のセブンイレブン辺りで
売っている劣化版なので、興味のある方はブックオフの
劣化版コーナーや「藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版」を
探してください。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

マンガ『地球の行方編 藤子・F・不二雄短編集』

評価は最高評価の☆☆☆☆☆。

地球滅亡を描いたSFもののマンガであり、完成度は高い。
作品に、一切の妥協はなく、死やピンチに直面した人間が
とると思われる行動がありていに語れた名作であり、
内容はかなりきつめに仕上がり。完全に大人向けの作品。

ハンターハンターの1巻の印象的なセリフ

「あらゆる残酷な空想に耐えておけ
 現実は 突然無慈悲なものになるのだからな」

というセリフが思い出された。


「カンビュセスの籤」

荒野を歩く兵士サルクは、ぼろぼろになりながら光の射す方へ
導かれるように歩く。彼は、エチオピアへの遠征中「地獄」を
体験していた。そして、彼が見たものは、面妖な格好をした
全く違う言語を用いる女性と不思議なもの(コンピュータ)。

九死に一生を得た彼だったが、現実はあまりにも残酷だった。
生き残りをかけて、二人は籤(クジ)を引く。
それは、人類の存亡と自らの存亡をかけた「地獄」の選択。

「なぜだ!?なぜそんなにまでして生きねばならぬのだ!!」
彼の悲痛なまでの叫びが悲しい。


「定年退食」

増えすぎた人口。慢性的な食糧不足によって、新法≒「姥捨」が
復活。ほのぼのとしたタッチで描かれながら、その無慈悲なまでの
新制度は、ある年齢に達した者に対して容赦なく施工される。

読んでいてつらくなった。明日は我が身なのだから。

「わしらの席は、もうどこにもないのさ」(作中より)


「大予言」

有名な予言者が発狂したわけは……。

人類が直面する諸問題に対して、本気で取り組んだら発狂せずには
いられないだろう……というブラックジョーク的作品。
不都合な真実には、目をつぶっているよねというアイロニー(皮肉)
と、社会問題に一石を投じた作品。


「みどりの守り神」

細菌によって、世界が滅亡した。奇跡的に生き残った主人公たち。
なぜ、生き残れたのかに関してはちゃんと語られている。

「植物と動物は互いに助け合って生きてきた」


「間引き」

人類が急激に個体数を増やしてきたのは、ごく最近のことだ。
その上昇には、歯止めがかかることなく進んでいる。

「コインロッカーベイビー」に象徴されるような、愛が欠如した
人々のとる行動とは?作品当時は、45億人だった人口は、
現在約60億人。人間も「死の行進」(レミング)を続けるのか?

「人工増殖率は、ずうっと0.001%だったんですよ」


「宇宙人」

宇宙人との交信を夢見る少年は、超難関の門をくぐり抜け、
宇宙パイロットになるのだが、恐ろしい未来予想図を知ることに。

「どこで、なにが、どうまちがったのかぼくらにはわからない」


200802240832000.jpg


posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

マンガ『時間旅行編 藤子・F・不二雄短編集』

「タイムトラベル」ものの短編集。

「一千年後の再会」

「盲亀浮木」(もうきふぼく)……めずらしいこと。
                天文学的な確率。
                0、000000……%的イメージ。

宇宙に旅立った青年と恋人が主人公。
彼らは「作為的」に別れさせられ、青年は恋人を想いながら
宇宙旅行を続ける。そして、途方もない時間が流れて……。
「奇跡」ってこういうことをいうんじゃないかな。

「タイムマシンをつくろう」

小学校の時ドラえもんのタイムマシンを作ろうとした親友の
松井と杉本。松井の前にあやしげなおっさんが現われ、
「(YOU!)タイムマシーンをつくっちゃいなよ?」と
持ちかけてくる。そして、タイムマシーンは完成するのだが……。
オチも含めて好きな作品。そういえば、手塚作品にも似たようなの
あったなとか思った。

「昨日のオレは今日の敵」

マンガ家には、締め切りがある。しかし、ネタが浮かばない。
ネームもできていない。追い詰められた主人公は、やけになって
円状に走り回る。本邦初公開!「時間の遡り方」

200802240909000.jpg


気付いたら、彼はちょっと前の時間に遡っていた。
人間って意志弱いよね。仮に一日が36時間になっても、同じ割合
ないしはそれ以上に怠惰になるだけだから、結局変わらないよね
という物語。「ドラえもんがいっぱい」の大人バージョンと言える。

「光陰」

光陰矢のごとし。
老齢を迎えた主人公たちは、「時間が経つのがはやくなった」と
感じるようになった。年齢を重ねると、相対的に時間というのは
「速く流れているように」(感じる)ものだが、この作品では
それだけではないようで……。ユニークな作品。

「オヤジ・ロック」

でかい石のセールスマンとタイムマシーンベルト式のセールスマンが主人公。
石の方は、「需要」がないことから、タイムマシーンの方は
「信じてもらえないから」当然のように売れない。
二人は手を組んで、商売を成立させようとする。ユーモア溢れる作品

「ノスタル爺」

すごくもの悲しい作品。本気で愛した人のために生きる男の物語。
過去に戻れたことは、しあわせだったのか不幸だったのかは
読む人によって変わってくるであろう。

「あいつのタイムマシン」

タイムマシンを発明しようと、いい年こいて熱中しているおっさんと
人並みの生活におさまった男。
タイムマシンのカギを握るのは、「メビウスの環」と「信念」。
「思念をこらして……信ずるただ信ずる」こと。
「そんなバカな……」と思う反面、おのれの可能性を信じることが
まず夢の第一歩ということも一理あるなと思う。
家に帰ったら、成海璃子がみそ汁つくっていると信じるのだ。(笑)

「旅人還る」

無限と思えるような宇宙旅行に出かけた主人公。
「ウラシマ効果」と「冷凍保存」を用いて、気の遠くなるような
歳月を宇宙に漂い続ける。恋人を地球に残して。
話し相手は、超高性能メインコンピュータ「チクバ」。
たまに、ホログラムで地球のことを思い出す。
膨張を続ける宇宙。その神秘とロマンに魅せられた男。
長い旅行の果てに彼が見たものとは……?

・ウラシマ効果…要約すると、光の速さで移動する物体などに
乗っていると、老化がゆっくりになるという現象。
一般的に、双子を例にとって、地球にいる和也と
宇宙旅行をしている達也では、
としをとるスピードが変わるというもの。

・冷凍保存………いわゆる人間を「冬眠」状態にすることで、
老化を遅らせる手法。
これが可能になると、長期の宇宙旅行もそうだが、
「未来の世界を見てみたい」とか
「現在の医療技術では治せない患者が治癒する可能性
(新薬の開発などによって)」が生まれる

200802240946000.jpg

posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

マンガ『ある日、悪夢が編 藤子・F・不二雄短編集』

著者は、「ドラえもん」の作者。

「流血鬼」

気付いたら、世界の大半が吸血鬼になってしまっていた。
主人公は、数少ない仲間と「人類」の存亡をかけて戦うのだが……。

「気楽に殺ろうよ」

激痛と共に世界は一転。主人公は、家族との会話や社会に対して、
大きな違和感を覚える。
その世界では、「食」に関して異常に閉鎖的で、「性」に関して
異常にオープンな世界だった。

「アチタが見える」

チコちゃんは、超能力少女だ。
両親は、彼女が未来を予測していることに気付きだす。
そして、その能力に関して確信を持つにいたる。
想像力をかきたてられる名作ホラー。
など全8編を収録したSF短編集。おもしろい。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤子不二雄『SF、パーマン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 主な生息地 埼玉
 漫画以外だと本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
 昼寝、お笑い、風呂と
 本屋巡りが好き。
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しなかった。
 そして、実際にならなかった
 スピッツ
 オアシス
 ミスチル
 back number
 ボンジョヴィ
 ガンズアンドローゼス
 ヴァンヘイレン
 KISS
 バンプ
 coldplay
 中島みゆき
 サラブライトマン
 マルーン5 
 The Wanted
 を聴いたりうなったり
 脳内で響かせている。