2014年06月08日

漫画『ハツカネズミの時間』冬目景

学園に隠された陰謀と登場人物たちが模索していく
人生という名の道とは?

私立蒼峻学園は隔離された環境で社会の中枢を担う人材を
育成するために幼少期からこどもを預かり、
独自の教育を行う。学生たちの多くは、卒業後
日本におけるエリートとして活躍している。
しかしこれは表の顔。
実際は、生徒たちには知らされていない裏の顔、
裏の目的が隠されていた。
資源を持たない日本という国において、
いかに優秀な人材(国にとって利益をもたらす人間)を
作り出すかは緊急の課題だった。
よって、国はいろいろな事情からこどもを育てられない
親や私生児などからこどもを買い取り、
また彼らに新薬を投与するという非人間的な人体実験を
続けてきた。タイトルは有名な小説である
「二十日鼠と人間」を連想し、秀逸な題名だと思う。
ちなみに、国家プロジェクトは頓挫し、学園の運営は
民間企業である「鳴沢製薬」の手に移っている。

高野槙、園倉茗、新山椋、室樹棗の4人は
自らの置かれている環境に違和感を覚えながらも順応し、
幼少期から長くつきあってきた。
幽閉された環境で育った彼らの中には
「外の世界」に興味を持ったり、不安を抱く者もいる。

そんな中、棗が学園を脱走しようとする事件が発生。
棗を心配する三人だったが、初犯ということもあり
校外などの重い処罰は受けなそうだと胸をなでおろす。
そして、槙は見覚えるのある女子氷夏桐子と出会う。
絶対会ったことがあると思いながらも、
なぜかその記憶は曖昧ではっきりしない。
また他の者に聞いても知らないという。
槙は直接彼女に聞いてみた。
そして彼女から衝撃の事実が知らされる。
食事のたびに出され、生徒たちに飲むことが
義務付けられている薬によって、
記憶が操作され、いろんな副作用が起こっている。
ここは学校の名を借りた実験施設だ。
偏頭痛に悩まされたり、
昨日までいた生徒がいなくなっても特に疑問を持たず、
幼少期の記憶のひとつとってもはっきりしない。
だが、そんな環境にありながら疑問も持たず、
彼らは生活してきた。
そのこと自体が不気味であり奇妙な話だ。
そして、食事の度に出される薬。偏頭痛。
思い当たることがありすぎて、不安が膨らんでいく槙。
桐子は学園から再び脱走することを計画し、
槙はこの企てに加わることになる。

計画は失敗に終わるが、外の世界で桐子と生活していた
梛も桐子奪還の為に動き出す。
学園の生徒たちは戸籍を持っていない。
そして、彼らは無断で人体実験の被験者にされている。
桐子によってもたらされた学園の真実によって
槙たち4人も学園から脱走する計画を練りはじめ
そして実行に移す…。
動き出した彼らはどこに向かうのか?
また、鳴沢製薬の関係者たちの思惑も絡み、
彼らを翻弄する。
人間が持って生まれた感情が彼を彼女を突き動かし、
新たな不安や迷いや悩み、孤独を生み出す。
現状に納得するなり、達観していれば違う痛みなり
悲しみを知らずに済むかもしれないが
それはたぶん人の生き方として何かが足りない。

P2014_0608_105707.JPG


講談社 アフタヌーンKC 全4巻 ☆☆☆★ 
ラベル:学園漫画 冬目景
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

漫画『亜人』桜井画文 三浦追儺

死んでも蘇る亜人は人類にとっての救世主か脅威か?
世界で50例に満たないこの新種の生命体(UMA)は
人の外見を持ち、高度な精神構造を有し、
人間社会に溶け込み生活している。
そして死んだ時に自らが亜人だと自覚する。
人類は彼らを人ではない存在とみなすことで
人体実験など「非人道的」な扱いを行う。
貴重な存在なので、莫大な懸賞金がもらえるという
ツチノコ的都市伝説があり、多くの者は
目の色を変えて捕獲に乗り出す。
捕えられた亜人は不死への可能性の模索の為に「殺され」、
新薬の被験者、自動車事故の実験体として扱う。
まさにこれは万死に値する行為に感じる。
人類の進歩と銘打ち、生命体に苦痛を与える
悪魔の所業すらも自らの強欲でおしつぶし、続ける。
物語は日本で2人しか発見されていない
3人目の亜人永井圭(ケイ)発見を契機に
巻き起こる騒動を描いたホラーサスペンスである。

P2014_0201_185837.JPG


ケイの唯一無二の親友であるカイとの逃走劇、
そして自らの存在を隠し人間社会に生きている亜人と
様々な思惑で動く人類との闘争劇を劇場的に描く。
マイノリティだが、不死、不思議な能力を有した亜人が
絶対的な個体数を有する人類とどう闘っていくか?
またどのような生き残りの道を模索していくのか?
妹からクズとみなされる性格の主人公が
どのように生まれかわっていくのか?が見所である。

P2014_0201_185528.JPG


自らの立ち位置に揺れるこの主人公の葛藤や
飽くなき人間のエゴ丸出しの姿を見事に描いている。
救いのない物語の中ではカイの存在が際立つ。
原作者が降りたのか途中からは桜井画文のみの名義に
変わっている。

講談社青年アフタヌーンKC 7巻〜 ☆☆☆★
ラベル:おすすめ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

漫画『ルシフェルの右手』芹沢直樹

戦場で多くの命を救った医師がいた。
そして、同時に命を奪った医師がいた。
彼は、かつて自分がいた横浜に戻り、
運命的な再会を果たす。
彼の名は勝海由宇。
人を殺めてしまった自らの右手に戒めの為に掘ったのは
堕天使ルシフェルの右手だった。

アフリカのNPOボランティアに参加していた外科医勝海は、
その国の反政府ゲリラに拘束された。
国境なき医師団をほうふつとさせる彼らは
銃弾飛び交う最前戦で今尽きようとしている多くの命を救った。
しかし、政府軍に銃を向けられ、患者の命を奪った彼らに
激情から彼は気付けば銃を撃ち人を殺していた。
医者をやめることにした彼だったが、
横浜の地で行きがかりで医療行為を施した。
そして、かつて彼が医療の道を進むきっかけを与えた
恩師の皆戸野と知らぬうちに再会を果たす。
自分のような人間が医者をしていいのか迷う彼だが
「この手で人を殺したならそれ以上にこの手で
人を救えばいい お前の手はまだ堕ちちゃいねェよ」
という皆戸野の言葉に心を動かされ手術を行うことに。

P2014_0202_172027.JPG


皆戸野は体調を崩したことで彼は、事務員として働く
佐倉と共に皆戸野医院の留守を預かることになった。
医療費を払えない者や表立って医療を受けられない
ワケありの裏世界の者たちがやってくるこの医院は、
無報酬で診療を施すことも多いが
同時に裏街道の暗部的側面も併せ持つ。

目の前にいる者をただ助けたい!という信念を持つ
皆戸野の想いと志を同じくする勝海、佐倉は
厄介者ばかりが訪れるこの医院で奮闘する。
いつしか、彼らの下には船木、七海、沖田といった
一癖も二癖もある同志が集まる。
どんな過去があっても、今を受け入れ、
未来を見据えただ前に進む。
ルシフェルの右手は下げていれば堕ちているが
上に掲げれば空にはばたく飛翔の象徴である。
記憶喪失である佐倉、人を殺めてしまった勝海、
まっとうな道を歩くことにした鈴木、
まじめさ故に職場をてんてんとしてしまう七海、
恋人を事故で失った沖田といった堕天使たちが
悲しい過去を受け入れ、歩いていく姿が感動的な医療漫画。

P2014_0202_171948.JPG


講談社モーニングKC 全6巻 ☆☆☆★
ラベル:医療漫画
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

漫画『涼子さんの言うことには』ヤマザキマリ

『テルマエロマエ』の作者「ルミ」は
母の発案によって14歳の時ヨーロッパ旅行を
することになってしまった。

北海道の大自然で健やかにのんびり育ったルミは
虫愛ずる姫君であり、変わり者としてちょっと
クラスでも浮いた存在だがどこ吹く風。
引っ越してきて3か月の吉田さんは
周囲ともなじめはじめ楽しい日々を送っていたが
この少し変わったルミと虫を通じて仲良くなる。
しかし、新たにこのクラスに引っ越してきた
野中によって暗雲が立ち込める。
吉田さんは、前の学校で給食費がなくなったとき
給食費泥棒の汚名を着せられ、それをすぐに
否定できなかったことで犯人にされてしまったのだ。
吉田さんと仲のよいルミもいやがらせを受けるが
まるでどこ吹く風である。吉田はルミとその母
涼子に励まされ、一見かよわそうな虫(蝶)の持つ
強さを知り、野中に対抗することにした。

一方、変わり始めた吉田を見て安心したかのように
ルミもついにヨーロッパに旅立っていった。
かわいい子には旅をさせよ…
涼子(母)の友人であるイザベルの家にホームステイ
することになったルミは片言で不安そうだ。
イザベルの息子であるジャンは自分の部屋をルミに
取られてしまったと憤慨するが、
夜中にルミの泣き声を聞いたことで何かを感じる。
パリの街を散策するルミが心配になったジャンは
なんだかんだ理由をつけてルミを見守ることにした。

ルミと出会い・見守る人たちという視点で描かれた
心温まるストーリー。
講談社 KCDX
ラベル:ヤマザキマリ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

漫画『精霊の守り人』藤原カムイ 原作上橋菜穂子

短槍使いにして女用心棒として名高いバルサは
ヨゴ国の第二皇子を助けたことから
ツキモノ(水妖)に憑りつかれたチャグム皇子を
護衛するという大役を押しつけられる羽目に。
しかも皇子を亡き者にしようとたくらむのは
彼の父親である帝であり、強力な追っ手である
狩人達がいる。
かつてこの国の帝は水妖を退治し、神となり
この国を統治したとされていた。
しかし、そこには隠された秘密の過去があった。
悲しい宿命を背負ったバルサは信頼を寄せる
トロガイ、タンダらと共にこの難局を乗り切ろうと
死闘を演じることに。

ガンガンコミックス 全3巻 ☆☆☆★
精霊の守り人 (1-3巻 最新刊)
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

漫画『忍空 NINKU』桐山光侍

長い戦争は「忍空」と呼ばれる精鋭部隊に
よって終わりを告げた。
彼らは忍術と空手を組み合わせた超人的な格闘技
忍空を操ることで武器を持った相手に素手で戦う
いわゆる忍者である。
彼らの前には刀剣や銃の類も全く意味を持たない。
特に十二支を冠した各部隊の隊長の強さは別格。
各々が修行で会得した空力と呼ばれる超能力は
自然界にある風や火、水などの力を味方にする。
彼らは心から望む終戦と平和への願いをかなえた。
それから3年の月日が流れた。

P2013_0810_143357.JPG


EDO3年。
隣のおばあちゃんを治す薬を手に入れるため
カエル顔の少年風助がある町にやってきた。
そこで彼は忍空の残党が悪事を働いている現実を目撃。
かつての英雄たちはその超人的な力を
己の欲望のために用いることで、
人々を苦しめていたのである。
実は子忍の隊長をしていた風助(風の風助)は
虐げられていた人々を守るために忍空を用い
鳩山由紀夫ばりの悪党どもを
ばったばったとなぎ倒していく。
彼は志を同じくするかつての仲間である
橙次や藍朓、黄純、赤蕾らと共に
忍空を悪用しようとするかつての残党たちや
悪党たちと闘うという修羅の道を歩くことに。

シリアスな展開の合間に平気でボケが入る。
セリフ回しがおもしろい。
主要キャラ・悪役にクセのあるキャラが多い。
脈絡なく動物が出てくることが多い。
などが特徴的な作品。
「忍空」の続きが読みたくて、「NARUTO」を
書き始めたのが岸本先生である。(文庫版巻末より)

ジャンプコミックス 文庫版全6巻
ラベル:格闘漫画
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

漫画『脳男 ノウオトコ』外薗昌也 原作 首藤瓜於

連続爆弾魔緑川を追っていた茶屋警部が見たのは
緑川の首を絞めている謎の男の姿だった。
男によって耳をひぎちぎられた緑川は逃亡。
共犯として疑われた男鈴木一郎は捕まる。
半年の歳月が流れるも、鈴木一郎からは緑川の情報も
彼自身の情報・経歴も全く得ることができずにいた。
鈴木一郎は行政機関にも教育機関にも接点がなく
そして市民からの情報も一切ない。
まるでこの世に存在しない人間…
そんな都市伝説的な存在なのだった…

自閉症を専門に研究している鷲谷女医は
鈴木の精神鑑定を任されることに。
端正な顔立ちとトップアスリートのような身体を持つ
鈴木を鑑定する鷲谷だったが
彼の目から何も感じることができなかった。

P2013_0706_174753.JPG


まるで彼がプログラム化されたロボットのようだと分析。
鷲谷は鈴木の意表をつく質問を繰り出し、
その真意を探ろうと試みる。
そして、鈴木に恨みを持つ爆弾魔緑川は
病院に忍びこみ復讐の機会を狙っていた。
鷲谷は茶屋警部らと共に鈴木を知る数少ない
人物を探し、鈴木のことを知ろうと試みる。

スリリングで話も冗漫でなくスピード感があり
凝縮されていてよい。 講談社コミッククリエイト
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

漫画『妖怪のお医者さん』佐藤友生

陰陽師の孫の春日琴子は霊感体質がウケ、クラスの人気者。
そんな彼女はクラスで浮いた存在の護国寺クロに
巨大な霊が憑いているのが見えるので彼を心配する。
クラスで心霊スポット「恐森」に行くことになり、
実はほとんど除霊に自信がない琴子だったがみんなで出かけることに。
妖怪(妖)の出現によってクラスメートは捉えられ、
琴子にピンチが迫ったときに突如現れたのは護国寺クロだった。
彼は自らを妖怪のお医者さんだと名乗る。
クロは霊に憑りつかれているのではなく、
好意から霊が自然によってくるのである。

P2013_0429_173418.JPG


人の世界に存在し、人間に害を与える存在と思われていた妖怪は
必ずしも「悪」という存在ではなく「善」として
人間の生活に適応していることもある。
実は妖怪に育てられたクロは、人間界に暮らす妖怪の治療や
暴走を食い止め、人間と妖怪が共生できる世界をめざしていた。
基本的におひとよしで厄介ごとに善意から首をつっこんでしまう
琴子はこの風変わりな存在であるクロの助手として
摩訶不思議な妖怪や人々と深く関わっていくことに。

序盤は青臭いほど温かくてほのぼのとしたヒューマンドラマを
主題とした内容であるが、クロ及び琴子の持つ秘密が徐々に
明かされていく過程でバトル漫画の要素が強くなっていく。
学園漫画とラブコメ要素とお約束的サービスシーンが多く
連載当時からキレイで読みやすい絵が特徴である。
恋愛模様はクロとヒロインである琴子がメインであるが
浦上、月島、ぬらりひょんなども加わる。
妖怪も数多く登場し、イメージの性別と異なる妖怪が出てくる
こともあり、新鮮だった。

講談社マガジンコミックス 全15巻 ☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

漫画『密・リターンズ』八神健

脳天気な教師端島密は教科書女星崎理都にプロポーズするも
川でおぼれていた学生を助けるために川にダイブ。
意識を取り戻した密だったが、なぜかおぼれていた学生
鳴神源五郎の姿に変わっていた。
謎の坊さん寅午によって、源五郎に魂を移した状態で生き返った
(生まれかわった)密は高校一年生の源五郎として
理都と新たに恋愛をすることを決意。
自分が端島密の生まれかわりであることを
術者以外に知られてしまうと命を失うことになるので
自分の正体を隠しながら理都に接触する源五郎。
しかし、密に強い好意を抱いていた理都は、
結果的に密の命を奪った源五郎を許せず、
教師の道を選ぶきっかけになった恩師でもある密が
この世を去ったことによって教師を辞めようと考えていた。

最悪の再会を理都と果たした源五郎は、
ひたむきな姿でなんとか彼女の心を溶かし、
徐々に距離を縮めていく。
だが教師と生徒という立場や
なにより密に強い恋心を抱く理都の前に苦戦。
源五郎(密)に恋をした学級委員のちなみや
理都に執拗なアプローチを続ける教師烏丸などとの
微妙な恋愛関係の中、源五郎の身体に異変が…。
寅午によって、源五郎の肉体が密の魂を保てず
最悪死を迎えるかもしれないと告げられてしまう。

P2013_0217_062829.JPG


命を模索する中で密は、自分の魂の深部において
源五郎がまだ生き続けていることを知る。
密は自分と源五郎が両方とも生きる道を探そうとするが
自己表現が苦手で内向的な源五郎は
すっかり心を閉ざしており
生きる可能性を見出そうとしていない。
源五郎は密が源五郎として生きる中で周囲に溶け込み
多くの者から尊敬され、愛されるいいひとであったことも
彼を頑なにさせる要因でもあった。
そもそも、密という人間がなぜ他者のために考えなしに
行動してしまう性格なのか?という背景が作中語られ、
源五郎も生まれかわっていきることを決意。
なんとか密も生き返る可能性が見出せそうな状況を作るが
理都は烏丸との結婚の道を考えていた…。

物語は「転生」と「変わらぬ愛」をテーマにした
ロマンチックな恋愛ファンタジーである。
作品全体に漂うのは「命」や「生き方」に真っ向から
立ち向かう人間の姿であり、端的に言えば
前半は学園ラブコメ、中盤は生まれかわり、
終盤は二人の再会までの軌跡を描いている。
主要人物が本質的にほぼ善人であり苦痛が少ない。
キャラクターの持つ背景もしっかり描かれている。

ジャンプコミックス全7巻
ぺんぎん書房 大判全3巻 ☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

漫画『ぼくのわたしの勇者学』麻生周一

高校に突如現れた鋼野剣は自称勇者、伝説の教師。
勇気・強さ・優しさを学ぶという勇者学を生徒に伝えるために
RPGの勇者のような格好で日常をすごす変態。
勇者とは名ばかりで、強い者には媚びへつらい、
弱い者には容赦がないというクズ野郎でどちらかというと魔王。
クラスの生徒である河野盾は「かわのたて」とも読める
ことに気付いた彼はやたらと彼にからんでくる。
一応まともな河野は鋼野と距離をとろうと頑張るが
生来のツッコミ気質が災いして「ギロチンのまさゆき」を
筆頭とした次々と現れる変人奇人キャラに
ツッコミを入れ続けるという大役を任されることに。
そして、毎回のように振り回されることに…

P2012_1224_182055.JPG


しかもRPG(とりわけクソゲー)が大好きな鋼野は
ゲーム部面々と共に「勇者部」(と言ってもほとんど
ゲームばかりしていて、鋼野のきまぐれに付き合わされる)
を立ち上げ、享楽の日々を送ることに。
実は魔王であり鋼野を連れてきた校長や
鋼野を学校から排除しようとしているムチコ、
魔法というよりも力技で奇跡を起こす自称賢者槍崎も登場し、
ボケの飽和状態の中、
わかりやすいギャグやシュールなギャグが展開される。
ギャグネタには爆笑してしまう「会心の一撃」がある一方で
完全な空振りもあり、またサド丸出しの鋼野や守銭奴火野木、
後半の委員長の性格が悪すぎる点や小野イジメが多いのが難。

また漫画そのものはおもしろいのだが、勇者、魔王、賢者…
という設定を生かしきれていない点とイラスト送ってくる
ファンの方が絵がうまいという画力のなさが残念である。
定期的にゲームネタ(クソゲーをプレイする)があり、
これは素直におもしろい。
ジャンプコミックス 全6巻 ☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:44| Comment(1) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

漫画『わにとがげぎす』古谷実

自らの足元見ながら歩き、空いた時間は寝てすごしてきた
さえない警備員の富岡ゆうじ32歳が主人公。
気づけば心許せる友もなく、もちろん彼女もなし。
職場は深夜の警備員なので人との接触はほとんどなく
彼はテキトーに仕事をしながら合間に筋トレをしたりして
サボっている。一人で成り立つこの仕事は
ある意味ぬるま湯で、富岡はこの仕事を気に入っている。

だがある日、自分の人生は
矢吹丈(あしたのジョー)の一週間にも満たないと猛省した。
猛烈に押し寄せる寂しさと不安と孤独が彼を襲い
それを解消しようと、友達をつくることにした。

しかし、そんな彼が目にしたのは
「お前は1年以内に頭がおかしくなって死ぬ」という
自分に対する怪文書だった。
恐怖に脅える富岡は犯人捜しをはじめる。
そこで自分に負けず劣らずの変人奇人と出会いながら
「事件」に巻き込まれていく。
埋められぬ心の寂しさ、そして直面する死の危機…。
人の抱える本質的な不安をギャグを交えながら描く。

P2012_1216_064806.JPG


アパートの隣人であり、小説家をめざしている巨乳具備の
美人の羽田。
いかにもラクそうな警備員(個人の見解です)になりたいと
考えている陰湿な雨川。
夢に登場する女を捜すために上京した欲望に忠実なバカの花林。
そして次々と登場する人の道を外れた不気味な存在…。

歩んできた道は変わっているけれど、
意外とまともで良識的な富岡は変人たちに翻弄され
迷いながらも自分なりの「答え」を出していく。
題材と当初のテーマから受けた印象よりもおもしろい。
主人公への試練(不幸)と喜び(幸)のバランスがよい。

講談社 全4巻 ☆☆☆★
ラベル:古谷実
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

漫画『UYUDEN 武勇伝』満田拓也

恵まれた環境で多くの才能にも恵まれた武勇は
世の中をなめながら退屈な日々を送る小学校六年生。
同級生の美少女要萌花の容姿に魅かれた勇は
自信満々で告白するが、萌花は何を勘違いしたのか闘うことに。

その後、勇は不良中学生にからまれている所を
萌花に助けられてしまい
やっすいプライドをずたずたにされてしまう。
不良に立ち向かいもせずにいた自分に嫌気がさしてもいた。
試合によって亡くなったプロボクサーの父の背中を追い、
ボクシングを続けていた萌花と仲良くなるには
ボクシングをするのが近道だ結論を出した勇。
萌花といっしょにトレーニングをすることに。
しかし、今まで何でもそつなくこなしてきた勇だったが、
萌花とボクシングのことになるとなかなかうまくいかない。

ボクシングジムの息子である星豹真と知り合った二人は
ジムの会長(星の父)が期待を寄せる金の卵亘と出会う。
爽やかな外見とは裏腹に結構腹黒な亘と萌花が戦うことに。
また、武は意外な才能をジムの会長に見出され
本格的なトレーニングをすることになる。
私立中学の入試を控えている武、萌花の二人は
親の承認を得るという難題を抱えることに。
親との感動的なドラマを経てボクシング大会の出場、
試合に臨むことになる。

P2012_1028_092239.JPG


試合の対戦が決まり、萌花は大阪時代の強さを参考にされ
全国キッズチャンピオンの強敵筧と戦うことに。
実は筧のトレーナーは
萌花を試合で父を死亡させた因縁の相手であった。
トレーナーの発言によって動揺を隠せない萌花。
また武は初試合の緊張から精神的にガチガチになり
なかなか思うような動きができずに苦戦する。
それぞれの戦いを経て、アクシデントもあり
ボクシングを続ける意味を失いかける面々。

そして三年の月日が流れ…
ああっ…ヒロイン萌花(もか)。まさかの大変身。
これはある意味で萌えか?
一体どうなってしまうのか?
それにしてもまた長丁場になりそうなストーリーだと
思ったけど急に終わっちゃった。

少年サンデーコミックス 全13巻
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

漫画『高校デビュー』川原和音

長嶋晴菜は中学時代のソフト部命の日々を改め、
高校入学を時機に恋に生きるという高校デビューを志す。
しかし体育会系で天然、恋の駆け引きを知らない晴菜は
空回りを続け、ナンパされることもなく日々を送る。
そんなとき、いかにもモテそうな二年の先輩小宮山ヨウと出会い、
自分の「モテ」のコーチをしてもらうことに。
ヨウは過去につきあった彼女が原因で人間不信のトラウマを持ち
コーチの条件として自分のことを好きにならないことを
晴菜に約束させる。

ヨウから小悪魔通り越して悪魔と呼ばれるブラコンの妹
小宮山麻美やヨウの親友である田村史也、朝丘ら
モテそうな人々に出会いアドバイスを受けることに。
いつしか史也に恋心を抱くようになった晴菜だったが
ブラコンの小悪魔麻美が横槍を入れてくる。

失恋した晴菜だったが、ヨウとすごす内にヨウへの想いを
隠しきれなくなる。ひたむきで裏表のない晴菜の想いは
ヨウに届き恋人になった二人だったが三年の女子を筆頭に
ヨウに好意を抱くライバルは多く前途は多難。

P2012_1021_071829.JPG


自分の思っていることを顔や声に出してしまうこともある晴菜は、
ポーカーフェイスでその感情が読みにくいヨウとの絆を
親友高橋を筆頭に多くの人に見守られながら築いていく。

定期的にイラっとくる麻美や二人の恋路を邪魔しようと目論む
輩が登場。恋に障害はつきものなのか?
北海道を舞台に展開される熱血ラブコメ。

全13巻+番外編1巻 ☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

漫画『月館の殺人』原作綾辻行人 漫画佐々木倫子

沖縄に住む雁ヶ谷空海は電車に乗ったことがない。
極度に電車を忌み嫌う母によって、修学旅行など
電車に乗る機会をことごとく潰されてしまうのである。
結局、彼女は高校三年生になっても電車はおろか
沖縄県にあるゆいレールすら乗ったことがないのである。
そんな空海だったが母が亡くなり、失意にくれる中、
北海道に住む祖父から使いで弁護士がやってきた。
鉄道王の異名を持つ祖父は遺産相続を唯一の肉親である
空海に任せたいと考えていたのである。

北海道にやってきた空海はあたふたしながら弁護士と合流。
夜行列車「幻夜」までの岐路で自動車事故が起こり
近くを通りかかっていた日置健太郎という男の車で
目的地をめざすことになった空海。
そんな折、ラジオから流れる首都圏の連続殺人事件の
ニュース。なんとか目的地に着いた二人は
稚瀬布発月館行幻夜号に乗り込んだ。
そこには、いずれも劣らぬテツ(鉄道マニア、鉄道おたく)
たちがおり、たびたび空海をひかせる。
彼らは鉄道王である祖父が招待したほどのテツであるが
なぜか彼らは自分がテツと呼ばれることを忌み嫌い、
同時に他のテツたちを蔑むような言動を繰り返し
いさかいが絶えない。空海はここにいる乗客たちが
祖父の用意した結婚相手(政略結婚的な意味で)候補に
違いないという恐ろしい妄想をし、
それなら唯一まともそうな日置を選ぼうと決意していた。

だがしかし、空海のそんな勝手な妄想を吹き飛ばすように
電車内で殺人事件が発生した。
そして亡くなったのは未来の花婿候補である日置だった…。

P2012_0916_080201.JPG


さぁ、連続殺人事件のはじまりである。
物語は電車の予備知識が全くない空海とやたらうんちくと
語りたがる鉄道おたくである彼らとの間にある
大きな認識の違いがミソとなっている。
探偵役として登場したと思われる日置が死亡してしまい、
読者を驚かせ、一見鈍く、天然っぽい空海が
謎を解き明かしていく探偵役を担う構成がおもしろい。

小学館IKKICOMIX 全2巻
続きを読めます!
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

漫画『毎度!浦安鉄筋家族』浜岡賢次

浦安名物大沢木一家と濃いキャラばかりの浦安住人たちの
おバカな日々をつづった人気シリーズ第3弾。
漫画的誇張表現の大袈裟な描き方やキャラの性格など
基本的なテイストは変わらず展開される。
作者が尊敬するという「漫画太郎」先生の階段オチが
数多く展開される点。新キャラクターの佐渡勇子と
(広島カープファンの毒舌キャラ、名前に反してマゾ)
ロッテバカの涙との兼ね合いが特筆すべき点であろう。

P2012_0827_184427.JPG


1ページ目から、歳月が流れ
小学生だったキャラクターたちが中学生になった…
かのように思わせるが実際は前作「元祖!浦安鉄筋家族」
から1週間しか経っていないので
登場メンバーの年齢はそのまま。
浦安一タフで1年中海パンですごす大沢木小鉄は
小学校3年生のままである。
相変わらず癖のあるキャラクターたちが
本能的に動き回り、ハイテンションで暴れまわる
という作風が笑いを誘うギャグ漫画である。

少年チャンピオンコミックス
ラベル:ギャグマンガ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

漫画『かむろば村へ』いがらしみきお

へたれ主人公の高見はお金アレルギーの発症によって
銀行をクビになり、「金を使わなくていい」生活を夢見て
「かむろば村」に移住することに。
(銀行で融資係だった高見は融資を断られた人々が
悲惨な末路をたどる姿を知る。それはまるで
酸素をとめられて窒息していく患者の姿を連想した。
金を減らさないようにと無理な生活をしていた結果
金を見ると吐くようになるほど、アレルギーは進行)

しかし基本的にへたれの上に根性もなく頭も悪い高見は
ひとくせもふたくせもある村の人々に迷惑をかける。
特に高見の世話役であり人がよすぎてある意味病的と
言われてしまう村長やその奥さんに心配される。
うさんくさい自称神のなかぬっさん、
なぜか高見になつくなかぬっさんの孫の進、
料理のうまいみんちゃんに、頼りになるみよんつぁん
などに厄介をかけながらなんだかんだで
村に溶け込んでいく高見。
しかし、うかつな若者高見は村のやっかい者の親子に
目をつけられてしまい、ひと騒動を巻き起こすことに。

不思議な世界観と異彩を放つ作品である。全4巻。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

漫画『未来日記』えすのサカエ

未来を予知する【未来日記】を手に入れた
中学生の天野雪輝は束の間の絶頂の日々を送る。
しかし多少能力が異なるが破壊力満点のこの日記を
所有する者は彼を含めて12人。
神デウスとムルムルらが仕組んだこのゲームは
神の後継者を決めるために参加者が一人になるまで
生き残りをかけたサバイバルゲーム。

P2012_0714_170034.JPG

【神出鬼没の由乃】

雪輝に強い想いを寄せ、ストーカー化してしまった
クラスメイト我妻由乃は日記を所有するライバル。
しかし彼を守る(近くにいる)ために協力体制を提案し、
雪輝のために猟奇的な彼女として危ない行動を繰り返す。
(由乃の場合、雪輝の情報が10分ごとに更新される)

内向的で人との接触を極力避けようとする
社会性に乏しいへたれの雪輝と
殺意満々の最恐最終兵器彼女由乃のコンビは
神の座を狙う参加者や多くのキャラの思惑の中で
何の保証もない明日という未来と
満たされぬ日々を変えるために奮闘。
いつしか雪輝も由乃に淡い恋心を寄せるようになるが
パンドラの匣を開けてしまったことで歯車は狂いだす。

テロリストの雨流みねねや少年探偵秋瀬或といった
人気キャラクターたちは本編にとどまらず
番外編の主人公としても活躍。
角川書店 角川コミックスエース 全12巻 ☆☆☆★
番外編が2冊
ラベル:ギャグマンガ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

漫画『MMR マガジンミステリー調査班』石垣ゆうき

超常現象の数々を科学的?に考察していく
キバヤシたち調査班の活躍を描いた
よい意味でも悪い意味でも伝説的なギャグ漫画である。

超常現象や社会現象などに対してIQ170の
ひらめきを持つキバヤシが飛躍的な発想(妄想)を展開。
読者の不安をあおり、翻弄してくる。
あらゆる事象に対して独自の理論を展開し最終的に
「人類が滅亡に向かっている!」という
読者を恐怖のずんどこに引き落とす仮説を次々と披露。
人々を知らず知らずのうちに洗脳、
支配しようともくろむ謎の集団も現れ、
ときにMMRに魔の手が迫る。

また調査班のメンバーがキバヤシの仮説に対して
「な、なんだって〜」、「なんですってー!?」
と驚きの追従表現をする!という定型(連携)パターンは
数多くのファンを持つ。
あまりにも秀逸すぎるこの表現は柴田亜美先生の
「PAPUWA」を筆頭に
数多くの漫画家がパロディーとして描いている。

P2012_0606_224722.JPG


当時多かれ少なかれ人々の心を侵食・魅了していた
ノストラダムスの大予言などの不安や不安定な世相を反映。
遺伝子組み換え問題、電磁波やコンピュータ・ドラッグなど
科学技術の発展に伴う自然破壊などの諸問題を危惧し、
人類滅亡のシナリオをちゃくちゃくと妄想し、
警鐘を鳴らしている。
その一貫とした姿勢にはただただ頭が下がるよ。ふぅ…

1990年代。20世紀の世紀末に描かれたこの作品は
1999年のノストラダムスをはじめとした末期思想や
人間が抱える(現代も抱える)いろいろな問題を提示
しているので、正直90年代に読んでいれば
より身近であり、一層おもしろかったはずである。

説明のつかない事象(超常現象)などに
何らかの理由をつける(それがこじつけであっても)、
考察をするということはそれだけで単純におもしろい。
恐怖マンガと思って読んだら秀逸なギャグマンガだった。

【MMR キバヤシの名言ランキング】参照
http://park10.wakwak.com/~seikimatu/meigen.html

☆☆☆★
ラベル:ギャグマンガ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

漫画『OUT』二ノ宮知子

「日本一のゴミ男」こと歌田一郎と同居する
イラストレーター森川真子。
真子は着実に人気を獲得していき順調な仕事の傍らで
同居するヒモ男歌田によって、
安定やフツーの幸せとは程遠い毎日を送る。

なにしろこの歌田、部屋を破壊しかねない
スーパーロボや怪しげな薬品を部屋で精製。
所持しているだけで捕まりそうな銃器などを
「お歳暮」でもらったりしているような
変人を超越したファンキー野郎だ。
特技は「爆弾作り」……あ、あぶねぇ……
発言は、おバカチックだが妙な知識と行動力を持ち、
普段何をしているのか皆目不明…。

そして、浮浪者、外国人、謎の中国人や犯罪者…
などなど不思議で強力な人脈を持っている怪人物。

力ずくで真子を抱きしめ屈服させてしまう一方で、
変な所でやさしさやかっこよさを魅せつける。
この不思議な男によって、今日もまた
想像した以上に騒がしい毎日が僕を待っているだろう。

表題作『OUT』


里子と忍は、剣道一筋(というか
家族に強制された面が強いのだが)に生きてきた
剣道が縁で知り合った剣道カップルだ。
しかし、里子の祖父と忍の父との間には、
決して埋められない溝がある。
それは「しようもない」因縁なのであるが、
他人からは喜劇でも本人たちにとっては悲劇なのだ。
二人のバカらしくも愛らしい恋の行方は?
『勝負しようぜ!』



祥伝社 フィールコミックス
「のだめ」の作者が贈るポップなおバカギャグ漫画。
なんで彼女の描く男は、
女性に対してサディスティックな奴ばかりなのか?
単に作者の好みなのか?
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

漫画『ピンポン』松本大洋

片瀬高校の卓球部のペコこと星野と月本は幼なじみ。
月本にとって長年の間ヒーローだったペコでだが
本腰を入れて卓球(ピンポン)に取りくんでいない。
月本は、40年前に日本代表レベルの卓球選手だった
部の顧問小泉から過度の期待を受け、
反発しながらも特別メニューを受けることに。
ペコは中国からの留学生孔にぼろ負けしたことで
一時は卓球から離れるが、いろいろな想いから
再び卓球を続けることに。

彼らが在籍する同県内には全国屈指の卓球選手
ドラゴンこと風間を擁する常勝高校海王学園高校や
強力な留学生孔などがおり、彼ら二人にとって
大きな壁となってたちはだかる。

P2012_0625_174913.JPG


才能が努力によって覆るという作品は多いが
本作では「努力」が「才能」を凌駕しない。
それによって起こる登場キャラクターたちの
挫折や苦悩をしっかりと描いている点が特徴であり、
迫力あるマジの卓球の試合の描写などが魅力的。

「Ping Pong」
ビッグスピリッツコミックススペシャル
全5巻 ☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

漫画『青の祓魔師(青のエクソシスト)』加藤和恵

人に憑りつき悪さをする悪魔(サタン)と
これを滅するエクソシストとの闘いを描いた
ファンタジー漫画。
とりあえず日本の現代が舞台である。

〜あらすじ〜

修道院で育った奥村燐と奥村雪男は双子であるが
直情径行で曲がったことが大嫌いな熱血漢、
勉強嫌いの兄の燐と
非常に優秀でクールで実は腹黒い弟の雪男と
性格は大きく異なる。

彼らは育ての親であり同時に最強のエクソシスト
藤本獅郎を魔神サタンによって殺されてしまう。
また燐が魔神の落胤(子供)であることがわかる。
その影響なのか燐は特殊な青い炎を発することが可能。
燐は人にも悪魔にもなれないのであれば
エクソシストになり、サタンを滅することを誓う。

そしてエクソシストになるために、
雪男と共に星十字学園に通うことになる。
実は雪男は学園の講師であり、同時に
史上最年少でエクソシストになったことが判明。
燐は、サタンの血をひく証明である
青い炎を出さないようにと注意を受けながら
祓魔塾(特別クラス)で
ヒロインのしえみやまろまゆの神木出雲、
見た目と違って優等生な勝呂や志摩、三輪、
エミネムらと共に学園生活を送る。

P2012_0605_182656.JPG


しかし、悪魔たちとの闘いの中で徐々に近しい
人間たちにも正体を知られることに。
魔神の血をひく非常に危険な存在である燐は
まだ記憶に新しい過去に起こった悪魔による凄惨な
事件を想起させるためエクソシストやクラスメイト、
弟雪男からも危険視されてしまう。
だが同時に燐を信じる者も多く、悪魔たちとの
闘いの中でかけがえのない友情も生まれていく。

ジュンプスクウェアコミックス 15巻〜 ☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

漫画『エイティセブン・クロッカーズ』二ノ宮知子

パソコンの処理速度を競う「オーバークロック」に
のめりこんでいる中村ハナにひとめぼれした
草食系男子の音大生一ノ瀬奏。
特に将来に夢もなくこれといってやりたいこともない
彼だったが、たまたま知り合ったハナから
世界的にコアなファンを持つ「オーバークロック」なる
世界があることを知らされる。

パソコンの処理速度を上げるために、
液体窒素やドライアイスを用意し、
わざわざ雪山や業務用冷蔵庫などを買って「空冷」
(CPUは熱に弱いので冷やす)に勤しむ彼ら。
その変人たちの頂点に立つ
世界トップクラスのオーバークロッカーMIKEが
世界一でいてほしいと献身的にふるまうハナ。(ドM)

P2012_0603_102213.JPG


妹から草食系を通り越して植物とバカにされる一ノ瀬だったが
ドライアイスで手を痛めながらMIKEから役立たず
と罵られるハナを見て、オーバークロックで世界一になったら
自分と組んでほしいと宣言した。

これで話が広がるのか?と不安になるほど
マイナーな題材を選んだ感がある
「のだめカンタービレ」の作者の新作。
海外の猛者(変わり者)たちと共に切磋琢磨。
「87CLOCKERS」
集英社ヤングジャンプコミックス 8巻〜
ラベル:二ノ宮知子
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

漫画『続・星守る犬』村上たかし

捨てられた二匹の子犬。
元気だった一匹は拾われ、病弱だったもう一匹は
置き去りにされた。
衰弱していく子犬を拾ったのは、
自殺を考えていたおばあさんだった。
「星守る犬」の続編。
人と犬との絆や縁を前作とリンクしながら
新たなエピソードが語られる。
人の揺るぎない情を描くと同時に
人間の持つシビアな面もさらりと描くあたりがすごい。

〜あらすじ〜

近所で無愛想で偏屈な老人として知られるおばあさん。
彼女は睡眠薬を集め、自殺することを考えていた。
今にも死んでしまいそうな犬を拾ったのは死ぬ
「きっかけ」の為だった。
しかし子犬と暮らすうちに、おばあさんの気持ちに
変化が現れる。周囲の人間のやさしさに気づいたから
かもしれない。
だが、そんな折に病弱だった子犬の体調が急変した…。

P2012_0602_184100.JPG


そしてもう一つ語られる、悲しい少年の物語。
親に恵まれなかった少年は愛情を知らずに育つ。
彼は唯一の縁故をたどり、北海道に住む祖父の元を
めざして歩く。何も持たない少年に染みついた
悲しい盗癖。少年は不思議な縁で犬のパグと出会う。

双葉社 全1巻 ☆☆☆★
ラベル:村上たかし
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

漫画『ジャングルの王者ターちゃん』徳弘正也

アフリカで捨てられサルなどの動物によって
育てられたジャングルの王者ターちゃんと
その妻ヂェーンやユーモラスな動物たちの
おバカな毎日を描いたギャグマンガ。
下ネタ満載だが、たまにすごくいい話をする。
が、次のページでは見事にオチを入れてくるという
作者の演出が心憎い。
一話7ページ形式をとり、中身が凝縮されている。
数多くの動物のその生態を描いているが、
冗談でアフリカに生息しない動物も登場する。

P2012_0429_185436.JPG


ターちゃんは動物たちに育てられた超人である。
(実は王族の子である)。
チーター並の走力にゴリラにも負けない腕力を持つ。
(格闘技はマウンテンゴリラのゴリさんに教わった。
ターちゃんは銃を持ったハンターよりも強い。
頭脳面はエテ吉(猿)に教わったので
ちょっと残念な結果に…)

視力や聴力なども半端じゃない能力を持つ。
動物たちとの会話や意思疎通も可能であり、
実はかなり手先が器用でほがらかな男である。
彼を慕う人間や動物も多く、
ハンターや密猟者の中には改心する者がいる。
ターちゃんはアフリカに訪れた人やテレビ関係者の
ガイドをすることもある。
そんなターちゃんの奥さんは元トップモデルで
デザイナーの才能も持つ賢いヂェーン。
しかし、家事労働全般をターちゃんに押し付け
フルーツを食べまくり、ハンモックの上で読書ばかり
しているのでかつての抜群のプロポーションは
影をひそめ、今ではカバと見間違われる体型に。
一見、自分本位のわがままな悪妻にしか見えない
ヂェーンが時折見せる
ターちゃんや動物たちへの愛情に触れる瞬間、
実際はいい夫婦なんだなぁと感心する。

副題【JUNGLE KING】
集英社文庫版全3巻 ☆☆☆★
ラベル:ギャグマンガ
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

漫画『純潔のマリア』石川雅之

王位継承をめぐる英仏の百年戦争。
疲弊する弱き民たちが救いを求めるのは魔女マリア。
戦争や理不尽が嫌いなこの魔女は戦争を回避しようと
使い魔(夢魔)の美女アルテミスや
想いを寄せる兵士ジョセフに似せた美男子プリアポスを
暗躍させ、人々の矢文に託された想いを叶えようと奮闘。
しかし、人の世界に介入することを是としない
大天使ミカエルがちゃちゃを入れる。
ミカエルはお目付け役としてエゼキエルを
マリアのそばに置き監視させることに。
(作中におけるミカエル及び天上の意思は
どんなに人々が神に救いを求めようと、
特に何をしないというスタンスをとる。
マリア以外にも魔女や夢魔も登場し、人々を誘惑している)

P2012_0325_121210.JPG


マリアが純潔でなくなるときその魔力は失われ、
またミカエルからの忠告を守らず魔力を発動させると
天上から「ロンギヌスの槍」よろしく槍が降り注ぐ。
人、魔女、神…。
それぞれが抱える矛盾の中で展開されるファンタジー。

アフタヌーンKC 全巻 ☆☆☆★
純潔のマリア 1 (アフタヌーンKC) [コミック] / 石川 雅之 (著); 講談社 (刊)

ラベル:石川雅之
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

漫画『WILD HALF ワイルドハーフ』浅見裕子

人語を話し、超人的な能力を持つ獣人族のサルサは
自分が心から信頼を寄せる飼い主岩瀬健人(タケト)
と共に人々や動物の悩みを解決する謎の探偵
「ワイルドハーフ」として日々を送っている。
骨付き肉をタケトに強要し、わがまま放題のサルサは
飼い主に甘え放題のバカ犬だが、
実は悲しい過去を背負って生きていた。
そして、自分と同じように特別な力、特別な存在として
生まれた多くのワイルドハーフたちと対決し、
死闘を演じることに。
物語は、タケトとサルサを取り巻く人や動物、
そして特異な存在であるミレイや銀星、田中、忠治
といったワイルドハーフたちとの間に
生まれる悲喜交々の愛憎劇や情、絆を育んでいく
ハートフルコメディーである。

P2012_0405_065425.JPG

彼らの住む埼玉県川江市は、犯罪多発地域。
タケトをはじめとした情に深いキャラクターたちが
いる反面、短絡的な犯罪に走るザコキャラが実に多い。
性質の悪い悪役としてシド、爆弾魔の山崎がいる。

少年ジャンプで長期連載された作品であり、
動物好きの方や女性に特におすすめ。
純粋無垢でまっすぐな青年タケトの無鉄砲な暴走と
スギちゃん並にワイルドで色黒で長身のサルサの
アクションシーンが見所である。

ワイルドハーフとは?
獣人。常人離れした高い運動能力と人と
同等の知能を有する存在である。
情を寄せすぎた飼い主(パートナー)を喰らうことも
あると言われ、中には残虐性を持つ者も。
普段は動物や人型の姿をしており、
人間の世界にも適応している場合が多い。

集英社文庫版全10巻 ☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

漫画『アウターゾーン』光原伸

現実と紙一重の所で存在する奇妙な世界の出来事を
謎の美女ミザリーが案内人として語るホラー漫画。
現代(1990年代)の日本を舞台とした作品が多いが
魔女狩りや外国での不思議な出来事、
時代を超越して恐竜が全盛を極めた世界や
はたまた人類が宇宙に飛び出しアンドロイドなどの
新生命体を作り出すなどSF調の作品も多い。
怪物や悪魔、また欲望や悪意によって「悪魔」化した
人間の姿を端的にグロテスクに描くことも多い。

P2012_0212_164412.JPG


女性(マキ)の魂が人形に宿り火牙刑事と共に
奇怪な事件を解決していくという準主役的存在も
いるがミザリーという謎の存在が際立つ物語である。

P2012_0212_164925.JPG


エッチなシーンや残虐なシーンも多いが、
少年誌的配慮からか「勧善懲悪的性質」を持った
ストーリーが多く、よい行いをした者は助かったり
明るい未来を切り開くことが多いのが特徴。
欲望に支配された人間はほぼ例外なくひどい目に遭う
(最悪の場合死ぬことも)。

ミザリーは不思議な商品を与える骨董品屋の
店主的側面が強い。(いろんな場面に溶け込み、
登場人物にいろんな形でアプローチする。
基本的に善的存在として描かれている)。
その言動の多くは「人間を試している」と考えられる。

集英社ジャンプコミックス 文庫版全10巻
☆☆☆★


ラベル:ホラー漫画
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

漫画『ぼっけさん』西義之

超能力によって幼なじみの尾白白湯(サユ)を
助けたことがある火ノ宮満(ヒノ)。
テレビによって「インチキ少年」と呼ばれて以来
めだたないように空気のような存在になろうと決意。
松露葉北高校に通うようになってからも口を閉ざすが
それを許さないかのように
サユはヒノに話しかけ続けてくる。
平穏無事な日々を望むヒノだったが、
彼らがクラス松露葉町では奇怪な殺人事件が頻発。
それは超人的な存在「菩怪」(ぼっけ)の仕業だった。
「ぼっけ」とは妖怪(八百万の神)であり、
この界隈では伝説として語られる謎の存在。
そして、同じ町に棲みながら
人と「共生」する道を模索する北区のぼっけと
人を「排除」することをめざす南区のぼっけは
何百年の間水面下で戦っていた。
潜在的にぼっけとして超能力を秘めていたヒノは
南側の「ぼっけ」からの攻撃により
自らの「ぼっけ」としてのその力を覚醒させる。
北区に住むヒノとサユは敵対する「ぼっけ」から
襲撃を受けながら、南区の「ぼっけ」たちが目論む
「赤紅」がもたらす天変地異という「災悪」を
防ごうと立ち上がる。

全2巻(上・下巻) ☆☆☆★
ラベル:妖怪漫画 西義之
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

漫画『貧乏神が!』助野嘉昭

容姿や頭脳、富に恵まれ無病息災。
努力もせずに「幸せ」を謳歌する女子高生桜市子。
だがある日貧乏神の紅葉が現れ、
市子の強すぎる幸運を他人の為に使うように忠告し、
市子に憑りついた。
基本的に自己中で極端なわがまま娘である市子は、
唯一心を許す諏訪野以外には傍若無人の振る舞い。
しかし、紅葉の嫌がらせ(働きかけ)もあり、
徐々にその本質が見えてくる。
気づいたら他人のために本気になっている市子と
その成長を見守る紅葉、そして市子の生い立ちと
強すぎる幸運に隠された秘密が徐々に明かされていく。

P2012_0129_183116.JPG


物語自体は、「DB」、「ジョジョ」「北斗の拳」、
「アイシールド21」他ジャンプ漫画のパロディーと
「らんま」や「うる星」的学園漫画的要素と
「ドラえもん」の秘密道具的要素と
敵味方が最終的に強い絆(友情)を結んでいくという
「ケロロ」的要素などなどいろんな要素を盛り込んだ
おバカ系ラブコメ学園ギャグ漫画である。
数多くの変態や異世界から次々と不思議ちゃんや
電波バカ(貧乏神、福の神他)が登場し物語を盛り上げる。

表面的な意味での「幸せ」に対して
本質的な意味での「幸せ」は違うものなんだなぁ
というのがテーマの作品だと思う。
集英社ジャンプコミックススクエア 全16巻

http://jumpsq.shueisha.co.jp/contents/binbou/index.html
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

漫画『エニグマ』榊健滋

未来を予知する夢日記を描ける灰葉スミオと
幼なじみの来宮しげる。
正義感の強い二人は身近に起こる不幸な「運命」を
変えるべく奔走している。
夢日記に現れた不思議なガイコツを見た母は、
【エニグマ】と口にし、謎の失踪(消失)を遂げた。
そして、スミオとしげるは不思議な力により
自分たちが通う学校(高校)の体育館にやってきた。
そこには謎の存在【エニグマ】によって集められた
七人の男女がいた。



姿を見せない人を超越した存在
【エニグマ】によって幽閉された七人。
エニグマいわく、
特別な才能を持つ七人をこの場に集めた。
ここから見事脱出できれば
それぞれが心に抱く願いを報酬として支払う
という「ゲーム」(e-test)を行うとのこと。
脱出を試みる者もいたが、異空間からの脱出は
あくまで【エニグマ】が提示する条件を達成せねば
不可能ということを悟った七人。
だが偶然集められただけの接点の少ない者たちなので
お互いを完全に信頼できるわけではない。
そもそも、【エニグマ】はここにいる誰かかもしれない。
そんな疑心暗鬼や異空間にいる心理的圧迫などによって
不安を抱える者が出るのもうなずける。

【七人全員で脱出する】という最高の結果と
母の帰還を望むスミオは他の超能力者と共に
エニグマが繰り出す難題の数々をクリアしていく。
いつしか強い信頼で結ばれていく彼らと
徐々に正体を現していくエニグマ。
悪夢のような異空間から
全員で脱出することは可能なのか?



どこかで見たような設定が随所にあるが、
基本的に面白いと思う。
一部はよかったが、二部はイマイチで
殺伐としていた印象が強い。

全7巻 集英社ジャンプコミックス ☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:55| Comment(1) | TrackBack(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。