2008年11月11日

「CHANGE!」

戦争は論争に、兵器はケーキに、憎しみは慈しみにCHANGE!
せんそうはろんそうに、へいきはケーキに、にくしみはいつくしみにかわれ!

「憲法を改正すべきだ」と田母神氏発言。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081111-00000063-jij-soci

意外だったのは、田母神氏を支持する声が多いことです。
しかし、「かっこいい」とか「憲法改正だ」という意見を読むと、
ちょっと違うだろう?という感じます。
憲法は改正しない方がいいと私は思いますし、オバマさんでは
ないですが「CHANGE」(変革)する必要はないと思います。
一時の感情で、動かされてはいけないと思います。
確かに「もどかしい」感じる場面もありますが、
だからこそ守られていることもたくさんあります。
「正しいものは正しい」という言葉は、
あくまでその人にとっての主観的な意見でしかないのです。
もちろん、私の意見も含めて。
「日本に軍隊がないのはもどかしい。情けない」
と言うなら、移住すれば〜と思うのですが、彼らはそれをしません。
憲法が変わって、いざ兵役義務で招集されたらいの一番に文句
言いそうなのは、正直そういう人間です。
学究会で、建設的な意見を言わず文句だけ言う奴を思い出します。
彼らが「いざという時のために」もし仮に身体を鍛えたり、
情報収集や特殊技能を身につけていたら、私は手放しで褒めます。
志(こころざし)に敬服します。

仮に憲法(多分9条のことだと思います)を改正したらどうでしょう?
こと政治に関しては、「実験」をした「結果」とりかえしのつかない
ことが起こることもたくさんあります。
歴史をひもといてみれば、人間の歴史って戦争の歴史ですよね。
日本の軍部の独走と暴走の結果による「侵略目的の戦争」。
軍部のせいだけではないけど、その方がすんなりきます。
まぁそうだったんだろうなと、私は思っています。
侵略目的でないと考える田母神氏とは、見解の相違があります。

もっとも、アメリカも欧州も散々侵略を繰り返してきたのだから
彼らに戦争責任だのパールハーバーだのを言われるのは心外ですが。
「過去の反省があるから日本人は同じ過ちを繰り返したりしないよ」
という意見もありますが、私はそんなに人間賢くないと思います。
いくらいろんなことを知っても、どうしようもないことだらけ
じゃないですか?わからないことだらけじゃないですか?

戦争はなくならないし、テロは繰り返されるし、飢える子はでるし、
地球はどんどん住みにくくなるし、人は人を殺す。
8歳のこどもが銃で父を殺してしまうアメリカは、今すぐCHANGEした
方がいいと思います。変えなくては、変わらなければいけません。

8歳のこどもが戦闘要員として数えられる現状も、今すぐCHANGEした
方がいいと思います。変えなくては、変わらなければいけません。
8歳のこどもがとりあえず、笑えて、食べられて、眠れる現状は
CHANGEしない方がいいと思います。
戦争は論争で済まし、兵器を持たずにケーキを食べ、
憎しみの心は慈しみの心に変わればいい……。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

「寒い夜だから」

愛とは、無償でオムツを変えてあげること、尻拭いをすること
だと思います。よほどじゃなければ、できないし、やりません。
わかりやすく言えば「親がこどもに向ける愛」。母の愛とか
もちろん、それだけじゃないと思います。

小室ショックを見ていて思い出しましたね、オイルショックの教訓
が……、いや、近いのだとホリエモン(かな)の教訓が全く
活かされていません。成功者が失敗したぞ!天国から地獄だ!と
知性のかけらもないマスコミの煽りを見ていると、
「人の花壇を荒らしてるヒマがあったら、てめえの花を咲かせろよ」
と「NANA」のヤス的セリフを思い出します。

お金持ちなら、世間は「使え!」とたきつけるでしょうし、
貧乏人なら貧乏人で、見向きもされません。それが世間ですよ。
臭すぎると、排除されるのはお金持ちも貧乏人も同じです。
シビアそのものです。道化師役のピエロを演じるのは、
結構大変だと思いますよ。本場のフランスなら尊敬されても、
日本じゃピエロは、所詮ピエロ。
クラウンではなく、よくてカローラどまり。
人を笑わせるのではなく、笑われる対象。
でも、人を笑わせられたら、それだけですてきなことです。

外車に乗れば「成金」と軽蔑され、中古車に乗れば
「地球にやさしくない」と罵られます。
まず地球にやさしいよりも、人にやさしくなった方がいいです。
所詮人類が住みよい環境を守るための、地球へのやさしさなの
だから、人にやさしくすれば、結局住みやすくなる(はず)だと
思います。地球のやさしさめざして、近所のゴミ捨て場を
チェックする姿って、なんか違うと思います。

傍から見たら、バカみたいことでも、本人にはわからないってこと
たくさんありますよね。岡目八目(=傍目八目)的みたいな。
岡目八目……誤 オカメには目が8つある。
        はたから見ている方が、オカメだと指摘できる。       
      正 本人よりも、はたから見ている他人の方が 
       物事がよくわかる
        碁で、観客の方が対局がよくわかることから。

愛情をお金であがなうのは汚い!という意見もありますが、
目に見える一番はっきりした愛情表現ではないでしょうか。
5億円の挙式とか、「何だかなぁ」ですが、
【大多数の人が不要と思えるものにお金を出せる】という事実は、
それはその人(出資させる人も含めて)の力そのものです。
それを愛と感じるかは、当事者の問題でしかないと思います。

まぁ、赤ちゃんに限らずオムツを変えるほどではないですが、
どこまでも降り積もる雪とあなたへの想いが あるなら、
いつまでも寄り添ってほしいと思います。
北海道の旭川では、もう雪が降ったそうです。
ねぇ、寒い夜だから(沖縄では、30度にの真夏日になったのは不都合な真実)
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

「遊び方」

日本人は外国人から、遊び方を知らないと言われる。
けしからん。その言い方だと外国人は遊び方を知っている
みたいではないか。仕事ができないと言われるよりも、
遊びができないと言われるのは不本意だ。
エコノミックアニマルと言われ、遊び方も知らないと
言われるのは心外しちゃうね。しかしである。

「日本人が水を使ってホットドッグ大会で優勝」や
「エアギターで日本人の芸能人が優勝」
の話を見ていると日本人は遊び方を知らないと言われるのも
肯けるのである。一部の高慢な外国人の高い鼻(ばかりとは限らないが)
をへし折ってやるとスカッとするのだが、あれは違うと思う。
だって、あれって地方のお遊び色のの強い大会とかお祭りの
ようなものでしょう?それをその道のプロが
(飯が食える→大食いで飯が食えるだとややこしい!)
優勝してしまったら観客は釈然としないでしょう?
エアギターにしたって、非情に遊び色の強いものだ。芸能人が
参加して、世界一になるのは遊びの範疇を超えている気がする。

言うなれば、サッカーのリフティング大会にロナウジーニョが
やってきて、本来優勝するはずだった小学校一リフティングが
うまい旬君をおさえて一位…みたいなありえない事態ですよ。
ロナウジーニョが1時間、2時間、3時間……と記録を伸ばすたびに
「空気読めよ」という感じになるでしょう?
もっとわかりやすく言えば、
学習院の小学校の運動会に、金メダリストのボルト選手が参戦して、
愛子ちゃんに徒競走で勝ってしまう。大人気ないでしょう?
金ちゃん走りで、金メダルだから実際楽勝でしょうけどね。
青天の霹靂ですよ。晴れていた空が俄かにあやしげな天気に……。
そこで、天国的な愛子ちゃんが言うわけですよ。

「愛子のアイコトバ!きっとこの後雷雨が訪れるでしょう!
みなさん十分のご注意を!ジャマイカにくわばら。くわばら〜!」
国際問題に発展しかねない事態です。
愛ちゃんは、怪盗やね。ルパンやね。
白にピンクのマフラー……。天使すぎる!
早起きは大変だけど、愛ちゃんを拝むためなら苦じゃない。

……途中から、皆藤愛子さんを賞賛する話になってましたが、
つまり遊び方を間違えると、嫌われるぞって話しです。
パワプロで、自前のオールAの最強選手で戦ったり、
桃鉄で大勝ちしているのに、増資や妨害系カードを繰り返したり、
ストUで待ちガイルしたり、格闘ゲームでハメ技を多用したり、
麻雀でチョンボ(反則)したり、
ババ抜きでわざと一枚カードを引っ込めたり、伸ばしたり
ソフトボールやキックベースでバントとかチョン蹴り
すると嫌われるぞって話しです。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

「ありがとうからはじめよう」

外国から日本に来た方がはじめに覚えることばは
「どうも」という言葉が多いらしい。なるほどと思いました。

「どうも」は、「どうもありがとう」「どうもすみません」
「こんにちは」とかの代わりに使うことが多いことば、
あいさつです。しっかり日本語を勉強して、来日された方には
すごく違和感があることばですが、日本人は特にそれを意識
せずに使っています。機械的に使っています。私自身も。

いつだったか、日本にやってきた外国の方が「どうも」と
言うのが「どうもわからない」と発言されていました。
まさに、どうもすみませんと答えるしかないですね。
→翻訳ソフトに「どうも」とかけると「Thank you」でした。

日常的に、ありがとうという言葉がでる人はいいですね。
もし自分にこどもができたら、まず「ありがとう」ってことばを
教えたいですね。自然にありがとうが言えるのって、
本当にいいことだと思います。

私は、学生時代に3年間続いたバイトと、2ヶ月で辞めた
バイトがありました。2ヶ月で辞めた方のバイトは、
「ありがとう」を強要する職場でした。不自然なほど大声で。
それでいながら、店長はパソコンに向かいながら、
「ありがとうございます」とお客様の顔を見ずに済ませて
いました。そんなポーズだけの「ありがとう」ならない方が
いいなぁと思いました。言えばいいというもんでもないです。
その後、従業員に暴言を吐く店長にうんざりした私は、
あっさりバイトを辞めました。

採用時「バイトすぐやめちゃうんだ」と言っていた
店長のことばを思い出しました。そりゃ辞めるわと思いながら。
ゆりかごから墓場まで「ありがとう」という言葉を大事にしたい
というと大袈裟ですが、ありがとうからはじめようと思います。

「ありがとう、から」(ダーリンコラムより)
http://www.1101.com/darling_column/archive/1_0515.html

読んでくださって「Thank you」です。心から君にありがとう♪
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=66350
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

「橋本府知事VS朝日新聞」

正直村の正直さんが朝日村の権力さんと戦う感じだ。
朝日というムラ社会の中で、厚底ブーツとシークレットブーツで
上底して上から目線をしている時代遅れな権力の塊と対峙した
変わり者だが、なんか応援したくなる元弁護士の対決。

私は朝日新聞が嫌いなので、基本的に橋本知事を応援する姿勢だが
「持ち上げて落っことす」ジェットコースター的不当な扱いを
いつものようにマスコミにされないか、今から心配である。
だが生来の無責任さで、橋本府知事が筋の通らないことを言ったら
一気に興が冷めて、また別のことに関心が向くのは必至。
いっしょにリングに立って、戦おう!という気概はない。
ただ、戦っている人間を茶化して笑うなんていう朝日新聞の姿勢は
いつだって大嫌いだから、そこは断じて変わらない。
中島みゆきさんの「ファイト」の感じだ。

橋本府知事は狷介とはほど遠い人物、よく言えばお人よし、
悪く言えばバカなのかもしれない。言わずもがなのことを正直に
熱く吐露して、損をしている気がしてならない。
ケンカの結末はわからないけれど、最近のマスコミのいやらしさに
一過言ある方は多いと思う。視聴率とか、発行部数では計れない
言葉にできない漠然とした何かがあると信じて、このことが
きっかけで何かを考えるきっかけになったらいいなぁと思う。

関連ニュース

「朝日が早くなくなれば世の中のためになる」と橋本府知事。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081020-00000586-san-soci

「2日連続で朝日批判」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081021-00000004-sph-soci

は・し・も・と! は・し・も・と! シュプレヒコール。
あそこまで堂々と言うとカッコいい!
でも、「死神」は死ぬのか?が問題です。

「朝日新聞の方が死神だと思う件」
http://manga0001.seesaa.net/article/101143732.html

「コント 朝日新聞」
http://manga0001.seesaa.net/article/102883060.html
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「敗軍の将」

成功したら運のおかげ、失敗したら運のせいにしちゃダメ
という話しです。

「敗軍の将は兵を談ぜず」
失敗した者は、そのことについて意見を述べる資格がない。
戦争に負けた将軍は、兵法について語る資格がないことから言う。
〜広辞苑 第4版より〜

野球の話を例に挙げます。
野球というのは、結構「運」が作用する勝負事です。
へろへろな打球がイレギュラーやラッキーなヒットになったり、
すばらしい打球が守り手の正面にいき、アウトになったりします。
甲子園には魔物がいると言われますが、ちょっとしたボールの行方
ひとつで、試合展開がガラリと変わるという所にも
野球の魅力と怖さがあると思います。

もちろんそうは言っても、ホームランは取りようがありません。
(巨人阪神戦で、ホームラン性の当たりを阪神ファン?
が叩き落すような例は除く。心のないファンの行動によって、
阪神は巻き添えの因果応報で優勝を逃した気がします。)
圧倒的な「技術」の前には、運さえも使いようがありません。
あっ、でもドーム以外だと「風」という運の要素がありますね。

まぁ、はっきりしていることがあります。試合後の監督は、
勝ったら、「運がよかったです」と謙虚に答えておけばいいです。
負けたら、「自分のせいです。選手はよくやった」位にとどめて
おくべきです。最近の監督だと、落合監督はかっこいい監督で、
堀内はかっこ悪い監督でした。堀内は、解説しているときは共感
できたのですが、いざ監督をしたら、選手起用もヘタッピでしたし、
敗戦後も選手や運のせいにしたりとずっと取り込まれない洗濯物や
一年中そのままの風鈴のように醜態を晒していました。
よって、私の中では昨今の株価並みに一気に株を下げた監督でした。
監督って「自分でもできそう」という職業ですが、
いざやったら王監督みたいにやつれる気苦労の多いこと
なんだと思いますが、その後堀内が試合解説をしていると
「な〜に、言ってやがんでぇ。このとんちき。べらぼうめ。
潔くしやがれ。負けよりもてめぇの心根が気にいらなえ。
粋じゃねぇ」
と江戸っ子口調で文句を言っています。武蔵っ子ですが。
堀内就任時、選手・コーチに巨人を去る人が多かったのですが、
考えてみれば堀内を知る人は、ああなることを予見していたのかも。

選手たちがずーっと練習していて、高い技術を持っていることも、
監督やコーチが胃を痛めながら、選手といっしょに歩んでいることも
想像できますが、「運や選手のせい」にしちゃったら全部台無し。

野球に限らず、いろんな場面で言えることなのですが、
成功したら自分の手柄にし、失敗したら誰かのせいにしがちです。
阪神の岡田監督が勇退されますが、打たれてしまった藤川選手に
対して、「お前が最後でよかった」と置き土産発言を残したのは
本当によかったなぁと思います。
「負けても爽やか」(原監督のオセロのCMより)ではないですが、
本当によかったなぁと思います。

眞鍋さんが「パワースポット」を紹介していたんだ。
http://manabekawori.cocolog-nifty.com/
ある意味では、ブログだってパワースポットだと思うんだ。
ココログがパワースポットって方もいると思うんだ。
このブログがパワースポットだよと言ってもらえるように
頑張っていきたい→棒読みも可。
私にとってのパワースポットは、家、特にお風呂。
マイナスイオンもたっぷりだ。
近場で便利でラクチンで、身体もきれいになって尚よし。


「眞鍋かをりさんは7位」
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

「対岸の餓死」

NHKの「世界同時食糧危機」を観た。
世界規模での穀物の価格高騰によって、エジプトやエルサルバドルの
便宜上使わせていただく「中間層」にまで食糧が行き届かない。
ある家のモデルケースによると、一年前と比べて半分以下の食糧しか
届かない。パンを買いに行っても、途中で売切れてしまうため、
行列ができ、パンを買い求める人は殺気立っていた。ちょうど、
オイルショック時に「ティッシュやトイレットペーパー」を
買い求める日本の主婦のようなことになっている。危機感が違うが。
「あかちゃんに与えるお乳がでない」
と嘆くお母さんの姿が印象的だった。

なぜ穀物がこんなに高くなったのか?
ひとつは、バイオエタノール(≒燃料)としてトウモロコシなどを
使うようになったこと。

ひとつは、需要が供給を上回ったこと。
これによって、穀物輸出最大国アメリカ及びアメリカ人農家が
莫大な利益を上げている。背景には、人が増えすぎたことや
オーストラリアをはじめとした穀物不足などもあるだろう。

ひとつは、「穀物」が大きな投資対象になったこと。
とうもろこしは、この3年で2倍〜3倍(変動)の値がつくように。

こういった背景によって穀物の値段が上がり、アメリカなどから
穀物を輸入していた国の中には、穀物を買えない国が現われてきた。
「もっとも高い値をつける国に売る」という当たり前ゆえに
残酷に映る市場原理によって、飢える人や餓死者が出てくる。

昔からあったこと。「対岸の火事」を決め込んでいただけだ。
私は、「飢えで苦しんでいる人が世界にはいるからみなさん
給食を残してはいけませんよ」とのたまう先生は大嫌いだった。
(そんなこと言うなら、飢えで苦しんでいる地方に行ってみろ。
日本の僻地にも行けないくせに。まずその装飾品外せよ)と思った。
当時の文部省のご通達なのか、題目よろしく唱える先生はそれだけで
反感を持った。嘘くさいと思ってた。

でもそんな私の中にも「対岸の火事」的思考があったし、それは
今も変わらない。実際に、割高になったとはいってもコンビニや
スーパーマーケットに行けば、お手軽に商品は買えるのである。
だから食べ物を大事にしないというわけじゃもちろんないが、
やはりどこかで「実際に手元に食料がなくなる」という状況に
ならなければ、文字通り「一生懸命」考えようとしないだろう。

40%しかない日本の食糧需給率を考えた場合に、輸入に頼らざるを
得ない。減反政策の仇だ、日本の農家を保護しなかったからだ、
安易に輸入に頼ったからだ……
と後付けで糾明した所で時間が戻るわけじゃない。
だったら、今窮地に立たされている日本の農家や酪農家を保護したり
荒野と課してしまったかつての農地を利用する道を模索した方が
よほど有意義なのではないか?

日本の「1993年の米騒動」なんて世界から見たら平和どころか
嫌悪感の対象になる事象でしかなかったのではないか?

需要側が、値を吊り上げる姿や、供給側が目を吊り上げる姿を
まざまざと見せつけられると、本来幸福を与えてくれる食べ物が
悪者に見えてきてしまうから不思議だ。
いいか悪いかの問題ではないけど。

世界では、食糧高騰を理由に18ヶ国で暴動が起こったと伝えられた。
穀物の値を吊り上げている原因が日本にもあることを思うと、
対岸の火事だという態度は改めなくてはいけないし、たとえ
自己満足だとしても「もったいない」と思うことや、遠い国の
あかちゃんが飢えで苦しんでいる現実を考えてみることも大切だ。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

「ぐだぐだ日記特盛り3」

ノーベル賞、翡翠、株価大暴落、蒟蒻畑のコラムです。どうぞ!

「ノーベル賞日本今年は4人」
嬉しい悲鳴ってこういうのだと思います。
クラゲに骨抜きにされた下村修氏の親族ぐるみの研究と長年にわたる
研究が、クラゲのように光り輝いた瞬間です。
海水浴場では毛嫌いされるクラゲですが、あんなにきれいな青色発光
をするなんて、そのギャップに「ほれてまうやないか〜」。
あと、増える分にはもっともっと多くてもいいと思います。
「ノーベル賞5人目!」とかあったらなおよいです。
あと研究者は長生きするに越したことはないなぁと思いました。

「翡翠(カワセミ)」
犬の散歩は日課なのですが、私の散歩コースに小さな川があり、
月に何回かカワセミ(翡翠 ひすいとも読む)を観られます。
水面すれすれを飛び回るカワセミもかわいくて、しかも華麗な
魅力溢れる青い鳥。こういう鳥や蛍とかを見ると、
より自然を大切にしなくちゃ……と考えさせられます。
カワセミ画像だとこちらがおすすめです→ http://www.eisvogel.jp/

「株価大暴落」

リーマンブラザーズだかマリオブラザーズだか知りませんが、
なんだか実体のないものに大きなお金が動き、その結果株と関係ない
人間にまで被害を及ぼしているというのがよくわかりません。
端的に言えば、「くそったれ」な株式投資家どもの尻拭いを
なんでしてやらにゃいかんの?という話しだと思います。
AIGは、税金投入後にリゾート豪遊していたというし、
正直な気持ちとして七回くらい絶命すればいいのにと思いました。
そしてなぜ、たかだか金を人より多く持っている、金を稼ぐだけで
「実質的な意味で」何も生み出していないのにあんなにエラソー
なのか理解に苦しみます。

「蒟蒻畑 発売・製造中止」

あぁやっぱりと思いました。
でもなんとなく釈然としないんです。
蒟蒻畑をつくる「マンナンライフ」自体に非はないような気がする
からです。「こどもと老人は食べないで下さい」と窒息死が起きる
たびに過去にニュースで取り上げてきましたし、パッケージの表紙に
「吸い込まずに食べてください」云々の注意書きもされています。
(事故を隠蔽していたこと事態は、許されませんけどね。)
これではそのうち、レストランで「熱いので、やけどに〜」云々、
「のどにつまらないように」かんぬん、「太るおそれが〜」云々、
「成人病に〜」かんぬんになると思うのです。そう、過保護です。
もっとも、アレルギー表示とかをはじめたモスとかはいいサービス
だと思います。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

「ちょうど三年前のこの道を」

足の裏側が重症で、通学もままならなかった。
説明しよう。
体育の日があるこの季節は、日本各地で「運動会」だの「体育祭」
だのが催されている。私の住む街においても、運動会はあり、
なぜか地区代表として私はリレーの選手に選ばれていた。
こう見えても?私は結構足が速いのである。毎日の犬の散歩と通学で
少なくとも5キロくらいは足で移動していたし、コレステロール値も
今では考えられないが150とかだった。わかりにくくて、スマン。

知己の学友を見つけ話し込んだり、近況報告をしたりしながら、
出番に備えていた。身体はいたって順調である。この日のために
おニュー(→最近父が言っていたので思い出した死語)のミズノ社
シューズを購入を履きながら、「走る距離長いよ」と学友と
こぼしたり、地区代表の先輩と今年は決勝に残りたいものだ……と
男妾もとい談笑していた。
走る直前になって、地区代表の先輩が「裸足で走らないか?」と
提案。すっかり小学生、中学生時の「裸足で走った私マジ速い!」
的思考に魅了されてしまった私は、先輩にならって裸足になった。
物質が豊かな時代になってわざわざ裸足になる。アホである。
アベベはかっこいいが、靴があるならあるにこしたことはない。
裸足のゲンも裸足だが、あれは物質が貧しかったゆえだろう。
しかも、この日に用意した高性能シューズの価値を私は高く評価
していたはずなのにその靴を脱ぎ捨て裸足で走ってしまった。

結果を言おう。2位でバトンをもらった私は2位でバトンを渡した。
私は、50メートル付近の第一カーブ付近で足に違和感を覚え、
それでもむりやり走り続けた。
「あれ、トップスピードに乗らないぞ」と思いながら、
1位の背中を追っていた。カーブ超えたら一気に抜こうと考えて
いたのだが、スピードは上がることのないまま次の走者にバトンを
渡した。走り終わった私は、なんか足の裏が痛いぞと思いながら、
すごすごとコースから撤収。

「!!!」思いのほか歩くと痛い。
軽く激痛が走り抜ける脊髄反射による痛み(この表現気にせずに)
に一旦地べたに座った私は、おそるおそる足の裏を見た。

「なんじゃこりゃあ!!!」的な光景が。

えっと、足の裏の指から下の皮がべろんとはがれていたね。
土踏まずの上あたりまで。特に左がひどくて、皮の下の赤い皮膚組織
が見えていた。そこに土とか小石とかが入りこんでた。
それはそれはエグイ光景だった。いとしこいし(意図しない小石)に
よって私の足の裏はずたずただ。確かに裸足効果は絶大だ。
タイムの面ではなく、身体に与えるダメージにおいて効果は絶大だ。

では先輩はどうだったか?
先輩は平気だった。少々足が痛かったと言っていたが、
体育大学に通い、運動を日々行っていた先輩の足の裏は「鉄面皮」
だったのである。私のチームは2位でレースを終え、決勝に残った。
しかし、私は決勝レースに出場することなく、救護班の手当てを
受けて、父に背負われ一旦家に帰り、接骨院に行った。
スラダンの桜木花道のような気分を味わい、私を失ったチームは
決勝で嘘のように大敗した。(本当はバトンを落としたんだ)

救護班の看護士さんや、接骨院の先生、ナースの方々は口をそろえて
この「秋の椿事」(本当は春の椿事と使う)に対して、
「珍しい」「レアだ」「盲亀浮木だ」「馬場が性転換するよりない」
(もちろん、後半はそんなこと言ってない)
と口を揃え、「なぜ?」と問いかけた。

「裸足で走って……」
私の声は、沈んでいた。想像以上に治るのに時間がかかるようだと
感じていたからだ。足の裏の皮膚をタワシのようなブラシでゴシゴシ
と洗い(もちろん激痛である)、消毒液につけて(激痛である)、
乾かしてから(激痛である)、包帯を巻いた。
「できるだけ安静にして」と言われ、
包帯と消毒液が渡された。
言われなくても、動くたびに軽い激痛が、まるでアベベの様に
快速で走りぬけるから、私は家でほとんど動かないで過ごしていた。
奇しくもその日は、10月2日の誕生日であり、足の痛みを感じながら
大好物の焼肉とケーキを食べた。ある意味で一番よく覚えている
誕生日である。私は自宅待機を余儀なくされ、小説と漫画とゲームと
テレビを観ていた。そうすると、不思議なものでちょっと勉強しよう
かなぁという気持ちになることもあり、授業のノートを読んだり
教科書を読んでみたりもした。本当に、微々たる時間だったが。
結局2週間休学するはめになった。

中学の時のグラウンドは、石なんてほとんどなかったし、あの頃より
タイムで1秒近く100m速く走れたし、体重は10キロ近く増えていた。
結局のところ、足はそれらの衝撃に耐えられずに崩壊した。

街の運動会に参加する小学生、中学生は裸足で走らないらしいが
賢明だと思う。下手すると、私のせいで「裸足厳禁」になったのかも
しれない。「前例」が生まれ、結果的にケガ人が減ったのであれば
私の惨事も少しはこの街の人のためになったのかもしれない。
実は今年は、太ももを痛めた。例の第1カーブ。あそこには
魔物がいると思う。コースに塩をまいて清めようかと本気で思った。
ちょうど三年前のこの道を通ったことによって、ケガをした。
自由に動きまわれるというなんでもないようなことが、
幸せだったと思う……そんな今日この頃です。

まだ運動会や体育祭を控えているという方、準備運動を怠りなく!
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

「渓流釣りIn銀山平」

禁漁期間間近の渓流釣りに行ってきました。
父は夜中のうちに出かけ、自動車の中で眠り朝釣りを楽しもう
と恐ろしい計画を練り、同行したのですが、何の手違いか
8時頃目的地である新潟県の銀山平という所についてしまい、
近くにあるという温泉も見つからず、そのまま眠ることに。
真っ暗だし、寒い…。毛布を出して身体を包みます。

寒い……。この辺り10度ないかも。
そう言えば、行く途中の高速道路の温度表示が12度とかでした。
星の屋根に守られて眠る……とか書くとロマンチックですが、正直
こんな所で父と凍死したくないなぁと思いました。まぁどこでも
いやですけどね。「少し窓を開けた方がいいな」とか父がムチャな
ことを言い出したときは、凶器乱舞しそうになりましたね。
ドンキ・ホーテ(鈍器布袋)してやりたい……意味、わからん。
寒いし、運動会に参加した時痛めた太ももがうずき、眠りづらい。
隣で、寝返り&歯軋り&寝言&夜鳴きwをする父のせいで眠れない。
隣にいるのが、皆藤愛子様だったらなぁ……。もっと眠れないか。

そんな詮ないこと考えながら、浅い眠りを繰り返し、5時頃から
動き始めました。太ももの調子はやはり悪く、歩くのすら難儀。
渓流を登ったり、下ったりできないので、この体調の悪さは
渓流釣りには致命傷です。時速3キロ弱でひきずるようにして
歩きます。清潔で健やかな生活とは程遠い状態で、歩きます。
どうにか釣り場まで行き、竿を出します。私たちが釣りをしていた
場所は、「禁漁区」ぎりぎり魚がうようよいる場所で、魚影が
たくさん見えました。中には40cm位あるのじゃないか?と父と
噂する魚影が泳いでいました。……が、釣れたのは雑魚ばかり。
エサであるイクラは、針の真ん中だけ食べられるという変てこな
現象が多く、しまいにはイワナ・ヤマメではなく、あまり釣れない
ウグイが釣れました。このウグイが20p位あったので、
「このウグイがイワナだったらなぁ」と
「父が愛ちゃんだったら」と同じノリで思いました。父ごめんw

結局そこでは、あんまり釣果が上がらず、大物も結局かからずに
昨日コンビニで買ったおにぎりとカップラーメンシーフードカレー
味を食べました。予想通りのおいしい味でした。
その日は、解禁期間(渓流釣りには地区ごとで、禁漁期間がある)
ギリギリだったこともあり、多くの釣り人を見かけました。
実は私たち以外にも「徹夜組」がいました。みんな釣り人ルックを
決めている中に、トレーナー&ジーパンといういでたちは奇異に
映るらしく話しかけられる機会が多かったです。
その後、貝掛温泉付近の釣り場で、20p弱のイワナを釣ったり
最近の穴場である釣り場スポットで25p超のイワナを釣ることに
成功しました。本日は雑魚が多かったので、結局8匹リリース、
3匹持ち帰り。父も同じような感じでした。トータルで6時間近く
竿を出していましたが、時間帯によってエサの食いが全然違うのが
今回はわかりやすかったです。「日の出、日の入り」によく食べます。
地元の埼玉では雨が降っていたみたいですが、新潟では全然
降られないですんでよかったです。

そういえば、移動中に野生のサルを見ました。
栗を食べている小猿と母親猿でした。目がクリクリしていて
かわいかったです。新潟とかに来ますと、家とかも雪対策で
屋根の傾斜が変わっていたり、工夫がされていておもしろいです。
あと高速自動車道を走っていたら、「雪国まいたけ」工場が連続
してあって、お昼に食べた舞茸の天麩羅の味を思い出しました。
来期も楽しみですが、そのときは健康な状態で来たいものです

アップするのを忘れて、一週間前のものです。
クマじゃなくて、子ザルでよかったです。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

「閃光のように」

「なぜ生き物は死ぬのでしょうか」
という命題は、とても重くて同時にとても尊いものだと思います。

「ダイの大冒険」というおもしろいマンガが
あるのですが、特に「閃光のようにの巻」(36巻)
という回が印象に残っています。
冒険の序盤では仲間を捨てて逃げ出す弱虫だった
魔法使いのポップは、
たくさんの仲間たちとの出会いや意地もあり
「勇気」を手に入れます。
最終的にラスボス大魔王バーン戦にも参戦。
遂には、バーンに名前を覚えさせるほどの活躍をします。

大魔王に戦いを挑み、圧倒的な力をみせつけられ
あと3分足らずで世界滅亡へのカウントダウン…
そんな絶望の淵に立たされたポップとダイ、
そして彼らが守ろうとしていたものが
消滅してしまいます。そんな絶望感から
ダイは闘う気力をなくし立ちあがれません。
そんなとき、ポップが語り始めます。
200810020950000.jpg


五つか六つの時だったかなぁ 
ある夜おれは「死」について考え出した
死んだらどうなるのか どこへ行くのか?
考えれば考えるほど怖くなって…
夜中に おれは泣き出した 
親父たちがびっくりして飛び起きた
どうしても 人は死んじゃうの!?
どうして ずっと生きていられないの!?
わけがわからなくなって おれは 泣きわめき続けた
…そしたら…母さんが…母さんが抱きしめてくれて… 
おれにこう言ってくれたんだ…

“人間は誰でもいつかは死ぬ…
……だから… だから…みんな一生懸命生きるのよ”

あんたら(大魔王バーン)みてえな
雲の上の連中に比べたら
おれたち人間の一生なんてどのみち一瞬だろう!!?
だからこそ結果が見えてたって もがきぬいてやる!!!
一生懸命生き抜いてやる!!!
残りの人生が50年だって5分だって同じことだっ!!!
一瞬…!! だけど… 閃光のように…!!!
まぶしく燃えて生き抜いてやるっ!!!

200810011714000.jpg


セリフのよさもそうなのですが、
私がこの回を好きなのは
ちょうど自分も6歳くらいのとき
同じような経験をしたからです。
デジャヴと言うか、似た体験をしていることに起因します。
母はちょうどポップの母と同じようなことを
私に言ってくれました。

同時に「終わりのこない怖さ」についても
教えてくれました。
例えば、「悲しみ」「痛み」「怒り」……
終わりがこなかったら、
先の話ではないですが絶望感で途方にくれます。
私はなんだか少しほっとして眠れました。
そう言ってくれる人がそばにいてよかったなぁ。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

「めざましと明日の記憶」

9月15日 憂愁の名月見れず、がっくり。

9月16日 皆藤愛子様の皆目麗しい顔とうぐいすのような声が
    
    聞けずにがっくり。
   

私の一日は、コーヒーと皆藤愛子様ではじまる。

めざましで、ミスチル「HANABI」の2週連続首位を知り、喜ぶ。

もうそろそろ、愛ちゃんの出番だぞと期待していたら、

んっ?この声は違うぞ……。……別の人が天気を読んでいる。

「台風13号が、西日本に上陸。諸地域の方は警戒を……」

その辺りでがっかりしてテレビを消す。仕方ないので、

脳内の記憶を総動員して本日の愛ちゃんの天気予報を妄想する。

かわいいイラストとかは、台風警戒情報だなとか推理する。


……自分の書いた文章を読み返して「この人きもい!ひくわ〜」

と思ったが、このブログを観に来てくださる方はせいぜい120名様

くらいなので、荒れることもないでしょう。

西日本の方は、台風に十分のご警戒を!



「明日の記憶」(荻原浩著)を読んで、ぼろぼろと涙がこぼれた。

やばい。号泣する準備はできていなかった……。

この本、浅田次郎氏の号泣系の小説と同じで電車で読めない。

拙ブログでの「明日の記憶」紹介文はこちら。
http://book0001.seesaa.net/article/106593972.html


岩井志麻子やS・キングが書くホラー小説は確かに怖いけど、

「明日の記憶」や「アルジャーノンに花束を」のように

「自分が自分でなくなってしまう」感覚や絶望感、

「大切な人との思い出が消えてしまう」

という恐怖も甲乙つけがたい。小説でも触れているが、

「忘れることは確かに必要」だ。悲しみやつらい出来事が

飽和量を超えたら、人間は生きていけないだろうし、笑って

生きられないかもしれない。私の好きな、ミスチルの「CANDY」

「Sunrise」、中島みゆきの「傾斜」とかを思い出してまた泣く。


日常に支障をきたさないようにと、主人公は周囲が奇異に思うほど

メモを取り、日記を取るようになる。妻のサポートによって、

食事療法をしたり、大好きな酒を控えたりと努力もする。しかし、

効果は上がることなく、どんどんと症状は悪化していく。


自分が忘れてしまったことを、日記やメモを見て知り愕然とする。


人は悪口をよく口にする。悪意ない冗談かもしれないが、受取り方は

人によってまちまちだから、思わぬ反撃を受けることもあるだろう。

誰もが年をとることを知りながら、誰もが自分が実際に年をとるまで

老いを実感しない。または、見ざる・言わざる・聞かざるをする。


正直管理人は、昨日の記憶はおろか今日の記憶もあやふやという

体たらくだが、大切だと思う人やものをより大切にしたいし、

いろんな立場の人やものごとに対して、温かい目を向けたいし、

寛容になりたい。明日を大切にしたい。

…………なんか読書感想文っぽくなってしまった。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

「膀胱が爆発」

最近、膀胱が爆発しそうになったのはどこのどいつだ〜い?

私だよ。最近にしおかすみこさんを観なくなったなぁ。

SM時代の前に、忍者時代があって……」

という名言を残したにしおかさんが、再ブレイクしたら

「○○時代の前に、SM時代があって」

で、笑わせてから、今度は忍者時代の話をしてもらいたい。


さて、自宅のトイレでおしっこしようとしていた私は、

ドアに貼ってあったカレンダーが落っこちていることに気付く。

画鋲で留めてあったのが、ドアの開け閉めで落っこちたらしい。

おしっこの前にカレンダーを止めるかと、かがみこんだ瞬間

へその下辺りに激痛が走る。つまり「おしっこをする」はずだった

のに、別の動作をしたことで、おしっこの初動作が遅れた。

「膀胱の気持ち」としては、ドラクエ最新作を「はよ出さんかい!」

というドラクエファンのような焦燥感があったのだと思う。

結果、今までこんなの味わったことない位の痛みが下腹部を襲った。

痛みにのたうち回りながら、なんとかおしっこを終えた。

脂汗出た。あと、ドラクエ最新作早く出ないかなと思った。


私のおさななじみに、幼少期おしっこを我慢しすぎて膀胱炎になり

入院した友がいたが、彼は病院のごはんがおいしかったらしく、

丸々と太って帰ってきた。フツー、痩せるのでは?

そのともだちはさぞかし、苦しんだことだろう。

本当、おしっこなんて貯めるもんじゃないよ。お金じゃあるまいし。


そんな私ですが、今考えてみてもおそろしいことが。

過去1回だけ海外に飛び出したことがあるのですが、その際に

12時間位飛行機に乗って、行き帰りをした際にトイレに行って

いない。名探偵コナンとかだと、トイレに行くと殺人事件に

巻き込まれて大変だったりするわけですが、そういえば行ってない。

そう考えると、どんな感じのトイレなのかとか体験しておけば

よかった。体調が悪化したとかはない。ルームメイトは、

深夜に体調崩して、海外のホテルを戦々恐々としながら二人で

引率の先生に相談に行った。「基本、部屋からは絶対に出ない!」

を厳守されていたので、本当に怖かった。「強盗とかいる!」とか

しゃれにならないこと言われていたから、本当に怖かった。

幽霊とかより、よほど生きている人間の方が怖かった。


あと、美術館のアルバイトを知り合いから頼まれて、7時に家を出て

19時に帰ってきた際に、「そういえば、今日トイレ行ってない」

ということがあった。その時は、12時頃「吉野け」で牛丼食べて、

尿意を催したのだけど、トイレが満員御礼だったので我慢して、

そのまま平気だったなぁ。体調はそのときも崩さなかったけど、

膀胱が爆発しなくてよかった。そういえば、両方とも秋頃のこと

だが、再挑戦しよう!と強く強く考えている……なんてことはない。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

「ぐだぐだ日記 特盛2」

「面の皮 封裂け見れば カスがなる 
三笠の山に いでしカビかも」(by安寿)

三笠フーズの社長は、頭にカビでも生えてるんじゃない
でしょうか?カビはときに、有効利用できるものですが
工業用に認可された米を食用に回す。血の色が青いんじゃ
ないでしょうか?事故米は、病院や給食にも混入していた
ようで、強い憤りを感じます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080911-00000086-san-soci

きれいな月とか、天の川とか見て心を晴らしたいものです。
「天の原 降りさけ見れば 春日なる 三笠の山に いでし月かも」

天の川(Milky Way)の画像
http://recruit.mobilefactory.jp/blog/天の川2.jpg

「角界の痛痒 膿を出さずにいつまで掻くかい?」
北の膿が辞めずに理事で居座り、すもう業界に膿が残った。
土俵際に強いと言うか、単なる厚顔無恥なのか……相撲界は、
北朝鮮といっしょでトップがどうしようもないなと思う。
北の湖しかり。朝青龍しかり。

「二の舞でもてんてこ舞いでもいいから」
結局顔ぶれ見ても、麻生さんかなという気がする。
二世だから、二の舞・三の舞になるという意見もあるが、
もう誰がなってもてんてこ舞いな状況なのだから、何となく
「首相にさせたい」と唯一感じられる麻生さんにが首相に
なってほしい。漫画通ということも個人的に大きい。

小泉総理は「何も言えねえ」とのこと
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080911-00000028-maip-pol
 
「クライマックスシリーズ」

野球の放映が少なくて残念だが、クライマックスシリーズ
(リーグ3位まで日本シリーズに進むチャンスがある)は
なかなかいい制度だと思う。リーグ優勝が決まると
「消化試合」となり、どうしたって盛り下がる。
選手の個人成績位しか楽しめない旧来のシステムを打破
したのはまさに画期的だ。

「翻訳ソフトの誤変換」

ミスチルの「HANABI」の英訳をしていたら、突如

Nipponia nippon flows equally even if it cries
even if laughing and it spends it.」

という謎の訳が出て、吹き出した。
「ニッポニア ニッポン」とは朱鷺(佐渡島にいたトキ)
のことである。つまり、
「笑っていても 泣いてすごしても 平等にときは流れる」
の「とき(時間)」を「トキ」と誤変換したのである。
翻訳ソフトをバカにするのは簡単だが、
ちゃんとした指示をしなかった自分も悪い。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

「宇宙を駆ける」

宇宙に行きたいと思ったら、
「宇宙飛行士になる」という現実的な方法があるが、
「宇宙を駆ける自分を空想する」というもっと現実的な方法がある。


人間の脳は、小宇宙と呼ばれることがある。ひとつの漫画や小説、
映画といった作品に対して、 
同じもの同じように感じている ♪ 川本真琴「桜」
ことは稀有であり、それこそ一人一人感じ方や捉え方は、
小説「藪の中」(芥川龍之介)のように異なるわけだし、
違うことが許されてしかるべきだと思う。
「いい・悪い」という決め付けや断定は、あくまで自分自身の
主観でしかない。
「自分のことを客観的に見れる。あなたとは違う」
という人はおそらく滅多にお目にかかれないと思うが、まぁ
そういう考えもあっていいんじゃないかなと思う。他人事だから。

さて、9月9日はあの某北朝鮮の建国60周年らしい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080908-00000019-yonh-kr

この国の報道を知るたびに、人間一人一人の価値観がある尺度で
ある程度認められている世界ってすばらしいと思い知らされる。
それこそ、宇宙にでも逃げ出したいという方もいるかもしれない。
反論することはもちろん、空想することも許されない世界だったら、
つらいな……と思う。
パレードする前に、食糧問題を「現実的な方法」で模索しろよ。
私は、あえてこの部分に関しては前言撤回して、北朝鮮は悪いと
断言したい。だいたい誰も笑っていないパレードなんて、
客観的にも主観的にも楽しいと思わないのだが「あなたとは違う」
と言われたらぐうの音も出ない。

心に形なんかない 逆を言えば自由自在に姿を変えていけんだ
暗い海の底に沈んだ日でも 青空を飛んでいる♪「はるまついぶき」
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

「It secceeds and the flower opens」

「No.Life!No.Music!」とまでは思わないが、音楽は好きだ。
ミスチルを中心に音楽を聴いてきたが、iPod nanoを
購入してからは、それが顕著になった。
より身近に感じられるようになった。
iPodは、7月11日(セブンイレブン)生まれ並みに
便利な奴だと思う。まぁ四国には、ないのだけどね。
あと、アップルとの利害関係はないよ(笑)
利益供与も癒着もアフィリエイトもないよ(笑)

散歩に行きながら、自転車漕ぎながら(片方だけ)、
移動時間や空き時間、眠れぬ夜に、パソコン打ちながら……
とにかく音楽を聴きながら生活をしている。

幸いなことに私のiPodは、壊れも炎上もせず、
あと半年足らずで3年目に突入する。
ちなみにこれを書いている「vaio」の新型は、
発火するみたい。私のはもっと古いので大丈夫。
iPodには、録音した音楽を勝手に選曲してくれる機能
「シャッフル」があるが私は一度も使ったことがない。
よって星もついていない(注 星の数によって
選曲されやすくなったり、されにくくなったりする)。
おそらく稀有なユーザーである。

また、iPodの優れた機能として「再生回数」が表示される
ことがある。これを見れば、自分が再生した回数とかが明白。
例えば、私の大好きなミスチルの再生回数を列挙すると、

CANDY(553)
花−Memento Mori-(406)
Mirror(360)    
Sunrise(356)
ほころび(321)
しるし(301)
Sign(276)
HERO(271)
くるみ(246)
Image(238)
もっと(212)
手紙(211)
Another Story(209)
HANABI(180)
Simple
Worlds end
終わりなき旅
靴ひも
つよがり
抱きしめたい
NOT FOUND
羊、吠える
くるみ(新バージョン)
【es】〜Theme of es〜
旅立ちの唄
Tomorrow never knows
and I Iove you
あんまり覚えてないや
言わせてみてぇもんだ
my confidense song
天頂バス

となり、Bank Bandだと


はるまついぶき

とかが100回以上聴いているなぁとわかる。


ちなみに、その曲を聴いている時間をランキングにすると、

CANDY     157,605秒(1曲348秒)
SUNRISE     140,620秒 
しるし     130,032秒
花     114,492秒
HERO       92,411秒
Sign       88,872秒
くるみ      81,426秒
Another Story 66,671秒
ほころび     65,163秒
Mirror 64,080秒(178秒)  
HANABI 62,280秒(346秒)
  
一日は、86,400秒(24×60×60秒)なので上位6曲は
30ヶ月の間に一日分以上聴いているんだなぁとわかる。

うーん。No,music!No,Life!&No,ミスチル!No,Life!
かもしれないなぁ。正直「GIFT」は、50回弱しか聴いて
いないのだが、「HANABI」は一日30回ペースで聴いている。
私の場合は、すごく好きな曲を聴くと「さぶいぼばる」
(≒鳥肌が立つ)ので、「HANABI」は名曲だと確信した。

あと、タイトルの「It succeeds and the flower opens」
だが、よくミスチルは「ミス散る」と誤変換されたり、
アンチにそう呼称されるので、それに対抗して、
「成功して花開く」という意味の英語のタイトルにした。
高2で、奇跡的に英検準2級を取った私の力ではない。
あくまで下記の検索ソフトの力だ。

http://www.excite.co.jp/world/english/

(→英検には面接もあるのだが、試験管もとい試験官が
高校の担任だったことが少なからず、いやものすごく
大きく影響している)

こんな便利なものがあったら、授業の英訳に困らずに
勉強しないことは火を見るよりも明らか。もっとも、
校内においてもどこからか「英訳プリント」なる怪文書が
生徒たちの間を当たり前のように出回っていたのだが……。

日本の社会が「No,English!No,Life!」になったらすごく困る。
だって英語力は、社会保険庁の「年金記録」並みに
「記憶にございません」からね。洋楽だと、
サイモン&ガーファンクルとクイーンとカーペンターズ、
サラ・ブライトマンとか好きだけど、あくまで曲だけ
聴いている。意味はわからずに。

そこそこの努力しかしなければ、そこそこの成功しかしないし、
そこそこの感動しか味わえない。
日常の中で、そこそこの体験は埋没し忘れてしまう。

自分なりに「頑張った」と言えることは、結果はどうあれ
自分の中で着実に根を生やしていると思う。その中には、
「花が開いた」こともあったし、蕾のままだったこともある。
蕾はずっと蕾のままかもしれないけど、いつかひょいと花が開く
瞬間が訪れるかもしれない。もっと言えば、ミスして散っても、
その悔しさを忘れなければ、もっと大きな花が咲くかもしれない。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

「みがく」

家にホームレスが来たときのことをふいに思い出したので、
書きたいと思います。

当時高校一年生だった私は、ワクワクの高校生活に胸を
膨らませて、友達や異性と話したり、勉学心に燃えていた
……はずもなく、可もなく不可もなく高校生活を
無難に過ごしていたわけです。「野ブタ。をプロデュース」
の主人公修二をソフトにした感じのキャラでした。

そんな私が朝の支度をしている7時15分頃ですね。
チャイムの音が聞こえました。家族が全員いない時間帯で、
私は歯磨きをしていたのですが、
誰もいないみたいなので仕方なく行ってみたんですよ。

ドアが開いて、ちょうど「野ブタ」ではじめて信太こと
野ブタが登場した瞬間のクラスメイトの反応と同じで、
正直「うわぁ」と思いました。
人目で、ホームレスだなぁとわかる格好をしていました。
ぼろぼろの服と靴。そして異臭。
外で見かけることはあっても、ホームレスの人と話すのは
はじめてでした。

「下さい」
とその人は小さな声で、頭を俯けがちに言いました。
「えっと……」
私は戸惑いながら、
「食べ物とかがいいですか?」
と尋ねました。そうすると、
「あのできたら、お金が……」
と申し訳なさそうに言いました。

当時私は、皿洗いのバイトをしてましてね。
時給は650円でした。実際働いてみるとわかると思いますが、
働くのって正直しんどいですよ。職場の方には気を使いますし。
あぁ自分は、凡人なんだって気付かされますし。
当たり前のようにもらっていた親からのおこづかいとか、
正月のお年玉とかがやたらありがたく感じるものです。
仕方なく私は、自分の財布から1000円出してその人にあげました。
その人は、顔を俯けたままお金を受取り、小さな声でお礼を言い、
去って行きました。そうですね、正直釈然としない自分がいました。

あれ以来、ホームレスの人が訪ねてきたことはありませんが
なんとなくホームレスの人が襲撃されたニュースとか聞くと
胸がチクリとします。それは、自分のストレスの捌け口として
ホームレスを襲撃する輩に対して嫌悪感を持つだけでなく、
心のどこかでホームレスの方を蔑んでいた自分を思い出すから
なのかもしれません。生産性のない者やことに対して、
世間は冷たいものですが、「情け」をかけられないのであれば
その時点で人は所詮動物にすぎないと思います。
皿とか、窓とか磨くのは心を磨くのに似ている気がします。

そして、仕事をすることは大変ですが、人とは違う生き方をする
というのも伺い知れないような大変さがあるのじゃないかなぁと
思うのです。小さいときは将来の職としてスナフキン(旅人)とか
憧れていたけど、どうやって食べると思っていたのでしょうか?
フツーの旅人は、本とかCD出しても売れるはずがないんですよね。

「人と違う生き方をするのはそれなりにしんどいよ。
いいわけできないからね」(「耳の恩返し」より引用)
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

「おもひでぼろぼろ」

恐怖の思い出は、消去される。

まだ私が、徳川埋蔵金が出るのだと糸井重里さん同様に信じていた
そんなこどもだったときの話し。

今年のジャニーズの嵐とは、ほど遠い勢いの小さな小さな
つむじ風が巻き起こった。そのつむじ風は砂を巻き上げて、
私の目の中に大分DIVEした。かゆくなった目を掻いた私は、
家に帰り母に目を見てもらった。

「うわぁ」
母が、驚きの声を上げ、水道で目を洗うように示唆。
私は、目を洗った。かゆさはなくなったが、今度は痛くて
しょうがない。母は、私を目医者に連れて行った。
眼医者は、薬品のいやな匂いがしていたし、
目にガーゼをあてている人がいてとても怖かった。
この人たちは目の病気なんだ……とか思っていたが、
このとき自分が患者の中でも重症だと気付いていなかった。

「あぁ、これはひどいね」
T先生は、私の腫れ上がった目を見てつぶやいた。
(関係ないが、Tを二つ続けると泣いてる様だ。TT)
これは、切るしかないね
T先生は、恐ろしいことを言い出した。
私は、危険を察知して逃亡を試みるが、
母と看護婦に回り込まれ、両手を捉れてしまった。
あの時は、母と看護婦さんが魔王に見えたね。
そう、魔王からは逃げることができないのだ。

必死の抵抗を試みるが、多勢に無勢で診察台に
寝かされる。T先生が、注射を構えて待っていた。
あまりの恐怖に私は、再び抵抗するが……。

その後の記憶が全然ない。その後、どうやって
家に帰ったのかとか、どういう経過で目が治って
いったのかとか、全然覚えていないのである。

人間は、自分に起こった恐怖体験や悲しみを消去する
と言うが、まさに全然覚えていないのである。

そして、この体験を思い出すたび、注射を打たれたことや、
その後目にメスが入ったという思い出を覚えていなくて、
本当によかったとしみじみ思うのである。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

「ボルトが世界新」

ボルトが2度めの世界新。しかも、M・ジョンソンの200mの記録を
塗り替えた。19秒30!

レース前からボルトは、指を1本掲げたり、弓で金メダルを射止める
ポーズをしたり、100mに続いて終始リラックスしていた。
スタートと共に一気に状態を整えて、その広いストライドでグングン
と加速し続け、コーナーでは他の追随を寄せ付けず、既に5m以上の
差をつけていた。残りの直線も力まずに、すばらしい走りをし、
伝説の記録と言われているジョンソンの記録19秒32を上回る
世界新記録を達成。まさに「別格」の走りを見せつけた。

理論上は確かに、100mを9秒69で走るボルトはそのスピードを
維持できるが世界新で走ることができるはずだ。
しかしボルトが持っていた200mの記録は19秒6台であり、
レースも向かい風の中という決して好条件が整ったレースという
わけではなかった。まさにノリに乗っているボルトに、
追い風が加わったら一体どれだけの記録が出たのか?
そして、この先ボルトはどれだけ記録を更新できるのか?
大いに期待してしまうのは、きっとわたしだけではないでしょう。

関連
http://beijing.yahoo.co.jp/news/detail/20080820-00000149-mai-spo

http://www.afpbb.com/article/beijing2008/beijing2008-athletics/2509058/3247621
トップスピードは驚異の43、9kmに達するボルト。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

「最速を催促」

ボルトが100mを9秒69の世界記録で優勝。
http://beijing.yahoo.co.jp/news/detail/20080816-00000130-mai-spo

http://www.afpbb.com/article/beijing2008/beijing2008-athletics/2507911/3230362?blog=seesaa
史上最速ボルトの図解↑
準決勝に、後半流してあっさり9秒85を出していたボルト。
正直あのレースを観ただけで、十中八九ボルトが勝つと思いました。
状態もベストっぽいので、追い風とかの条件が揃えば世界記録も
出そうでした。

決勝は「勝つべくして勝った」という内容。
ボルトは、スタートや中間疾走、フィニッシュも含めて三拍子
揃った「最強」のスプリンターだと思います。
スタートがものすごくうまいカールルイスという感じです。

100mを10秒前後で走る場合は、
1秒で約10m、 0、1秒で約1m、0、01秒で約10cm
の差が生まれますが、ボルトの決勝は完全に他のスプリンターを
凌駕していました。私は陸上やっていたことがあるのですが、
自分より速い人と走ると、ストライド一歩ごとにどんどん離れて
いくわけです。どうやっても抗えない「差」は、どんどん広がって
いくわけです。その「差」がわずか10cmであっても、100m先では
約5m(100mに50歩でいけるとして)もの差を生むわけです。
絶望的な差を感じるわけです。多分、ボルトと走っていた選手は
絶望的な気分を味わったと思います。俄然100m×4リレーが
おもしろくなってまいりました。ボルトを擁するジャマイカ勢が、
最強アメリカを破るかもしれませんし、日本は成長した塚原ら
によって入賞はもちろん、あわよくばメダル獲得もありえる
かもしれません。青写真としては、ジャマイカ1位、アメリカ2位
日本3位……という感じです。夢見るだけなら罪はないでしょう。

スプリンターは、10秒台で走っていたときは、9秒台を夢見て、
9秒9台が出たら、9秒8台を……とずっと最速を夢見てきました。
あくまでひとつの説として「100mは9秒6台が限界」と言われて
いますが、それすらも時代が変われば「過去の話」になるかも
しれません。少し前まで、100mには10秒の壁がありました。
でも、それを当たり前のように超える人たちが現われました。
日本人はこの壁をまだ越えられていませんが、超えられる日が
くると信じています。ギリシャのヒーローの条件は足が速い!
というこども的なものだったらしいですが、私は未だにこの
条件の足が速い人物を尊敬してしまう傾向があります。
練習のハードさも含めて、スプリンターには敬意を表します。

さて、今日は注目の女子マラソンもあります。野口さんの分まで
頑張る必要なんてないと思います。土佐さん、中村さんには
練習の成果を出し切ってほしいと思います。レースが動くのは
おそらく起伏が激しいと言われる35キロ地点だと思われます。
この辺りで上位にいれば、入賞、メダルも視野に入ります。
「伏兵中村さんって、見出しが失礼やろう……」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080816-00000013-ykf-spo
正直短距離走は、持ちタイムそのままってことが多いですが、
マラソンの場合は持ちタイムが参考になりませんからね。
中村さんは84選手中27位ですが、レース次第ではびっくりする位
いい順位でゴールするかもしれません。もちろん土佐さんもね。
「筋書きのないドラマ」に期待しています。

結果

1位トメスク(ポーランド)、2位ヌデレバ(ケニヤ)、3位周(中国)
トメスク選手が中盤から独走しそのまま優勝。前大会銅メダルの
38歳の大ベテランが貫禄のレース。ヌデレバさんも36歳のベテラン。
周選手との競技場での競り合いに勝つなど、勝負強さが光りました。
日本選手では、中村選手が13位。土佐選手は、無念のリタイヤ。
お疲れ様でした。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

「バカの壁 餃子事件」

中国の餃子事件を見ていると、「バカの壁」(養老猛司)を
思い出す。バカの壁とは、忠告に対して
「聞く気がない者や、相手に興味がないことをどれだけ話しても
 相手の心や言動を変えることができない」というものだ。(大約)
よって、「話せばわかるは嘘」である。

「中国の餃子事件」
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/gyoza_with_methamidophos/?1218103900

あのメタミドホス入りの餃子は、中国国内に出回り(既にここが変)
当然のように中毒症状を出し(そういえば日本人に被害者が出た時、
日本人がやわだから中毒になる……という一中国人の意見があった)
その事件は、高村の外相が「言わないでと言われたので……」
という外相依然に「あんた日本と中国どっちが大事なんだよ(怒)」
的失言をし、波紋を広げている。
どこに目がついているの?どこに目を向けているの?

日本人としては、
「やっぱり先の事件の際に白黒はっきりさせるべきだった」
中国人としては、
「日本人が餃子事件を蒸し返している。餃子だけに……」
という?感じであろうか。
日本と中国においての、「好感度・信頼度」調査アンケートでは、
まさに壁を感じたが
(中国を信頼するが低く、日本を信頼するは高い。好感度も左同)
考えてみれば、あのアンケートだって意図的に日本に好意的な結果を
出した可能性がある。アンケートは、対象者や調査する場所で
いくらでも不正ができる。
極端な話し、アンケートなんてしてないかもしれない。
最悪の場合出来レースもありえる。
社会主義独裁国家の選挙なんて、支持率が限りなく100%に近い結果
だったりするからね。投票所に、銃を抱えた独裁者側の人間が
目を光らせていたらそりゃあそうなるよ。

とりあえず私としては、中国人関係者と高村外相や情報を知っていた
のに「信義」に背いていた日本人全員に、メタミドホス入りの餃子を
食べて「ごめんなさい」と謝罪してほしい。
あのカイワレ食べてごめんなさいを再現してほしいのである。

考えてみると、危険な食品が食卓に並ぶ中国人はかわいそうだ。
国の威信とか言うのなら、謝るべきときに謝るべきだった。
「日本が蒸し返した」からではなく、あのとき謝らなかったからだ
と思えないのだとしたら、バカの壁を感じずにはいられない。
いや、単純に「情報統制」と「洗脳」の賜物かもしれないし、
国内においては、テロ事件もほとんど国民に知らされて
いないようだし、始まったオリンピックのマークも5つの手錠の
ように見えてきた。なんか象徴(メタファー)っぽい。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

「長瀞駅→」



長瀞駅はいかにもな観光名所だった。
そば、うどん、お土産屋、ライン下りの店を散策していた私は
結局そばもうどんも食べず、お土産も買わず、ライン下りにも
応募せず長瀞駅を後にした。



「長瀞駅→長瀞(オートキャンプ場)→野上駅→樋口駅→寄居」
140号と秩父鉄道沿いの道をひた走る。

旅シリーズ 1はコチラから 「日本水(大和水)探しの旅」
http://manga0001.seesaa.net/article/103877473.html

いかにもサークルの旅行で来ました!という感じのぞろぞろ集団や、
家族連れなどでにぎわう長瀞駅周辺。自転車で現れた私は、
一言で言えば「場違い」であった。

自転車で凸凹道を走る。両手にブルブルの振動が伝わってきて、
二の腕のたるみがなくなりそうである。事実、旅行から帰って
きて後日痛くなったのは足ではなく、手だった。

長瀞名物ライン下りが見たいなぁと思った私は、オートキャンプ場
に続く橋の上からライン下りを眺めることにする。しかし、
タイミングが悪かったのは船がやってくる気配がない。
よく見ると、撮影用と思しきカメラが用意されている。
でも近くにカメラマンっぽい人が見えないので、どうやらすぐは
こないようだと気付く。せっかくだから、オートキャンプ場が
どんな所かを観察する。橋の上から見ると、キャンプが10〜貼ってあり
近くにロッジ風建物だの、簡易プール?と思われるものがある。
もっと近くに行ってみるかと自転車を走らせる私。自転車に
乗ったこどもが向こうからやってきて、私をうさんくさそうな目で
見ながら通り過ぎて行った。
ちょっと傷つきながら、オートキャンプ場に乱入。
ロッジ風の建物や、トイレ、食べ物・飲み物を売っているようだ。
とりあえず、トイレによっておしっこをする。出たのは、
「ちょっちねぇ」(具志堅さんっぽく)。
約2350mlの水を補給した身体だったが、ほとんど汗で出たようだ。

……はい、私ものすごく臭いです。うさんくさい&単に臭い
の2冠を達成しました。人がよってきません。
来るのはハエだけですけど何か?

悲しみが、心の中でリフレインしとりますが、所詮は一過性のもの。
人間はしぶとく、厚かましくできているので、平気の平左。
等身大の自分だって きっと愛せる ♪
的思考(逃げ)で乗り切り、そうだライン下りでも見よう!と
橋の上にやってきた私は、丁度タイミングよくライン下りを
見られた。やっぱり、ライン下りの様子を撮るためのカメラマンが
いたようで、しきりに写真を撮っていた。多分、後で売るんだぁと
思った。何か立て続けに2回来ていた。乗ったらどんな感じなのかは
乗ったことがないからわからないが、涼しくておもしろそうだ。

余りにも疲れたので、コンビニにより「緑茶」とめんたいこ
おむすびとカップラーメンを購入。このコンビニは、お湯を入れて
くれないとかで、疲れた身体に鞭打ってお湯を注ぐ(おおげさ)。
店内に汗と悪臭を撒き散らすことでこのうらみはらさでおくべきか
という命題は余裕で達成。すまん、今の私本当に臭い。最臭兵器。

「まずい!」
食べたことのないカップラーメンを買うものではない。やはり
シーフード味にしておけばよかった……と激しく後悔した。
家ならスープを流しに捨てればよいが、外で直に捨てるのは
良心がとがめるので、強引に飲み干す。塩分を補給することは
大事だが、やはりスープもおいしいのにすればよかった。
もし私が5分前の私に戻れるのであれば、シーフード味の方に
するのに……。とIF I were構文で、激しく後悔した。

栄養補給を終えた私は、アンニュイな雰囲気を醸しながら、
キシリトールガムを噛む。けだるそうにしながら
「自分探しの旅」とかしてるっぽい感じで、空とかを見ながら
眩しそうに目を細めたりしていた。
200807301329000.jpg

「樋口駅 ルネッサ〜ンス!」


「帰るべぇ」。140号と線路(秩父鉄道)沿いの道を自転車で
走らせる。野上→樋口駅までは右側に線路が見えるが、その後は
左側に来たりする。道が非常に狭く、道路の白線のすぐ側に
堆積した砂があり、私の自転車の真近くを自動車が走り抜けて行く。
仕方ないので、白線の上辺りを走る「白線流し」をするはめになり、
びくびくしながら走る。距離感がつかめないが、行きに左折した
「波久礼駅前」の信号に合流した。行きは左折したが、今度は右折
して……というお約束のボケをかます余裕がないのでそのまま
帰ることにする。ここまで来れば、「方向音痴」の私も大丈夫。
「帰巣本能」でなんとか帰れる。

思えば、山奥で行ったことのない道を選んだときは
「今日中に帰れるかなぁ」と心配したものだが、無事帰れそうだ。
家までのだいたいの距離はざっと20キロ

なんだか、その事実に気付き身体に疲れが……。

しかもこの後、ミスチルの「GIFT」がほしくて購入したり、
神社仏閣めぐりをしたり、寄り道をしたので最終的な総移動距離は、

自転車   55キロ(松井選手の背番号位)
徒歩    2キロ(犬の散歩含む)
徒歩    8キロ(坂道、山道、神社仏閣の階段など)

ほどとなりその効果として体重が2キロ、体脂肪率が4%減りました。
ちなみに、烏龍茶2リットル、缶350CC、緑茶1、5リットル、
カップラーメンの汁などを飲んでいるので、4リットル以上の水分を
補給しているのにです。今日は一体どれだけの汗を流したので
しょうか?そして、その日はその後も水分を取り続け結局6リットル
近い水分を取って、就寝しました。

箱根駅伝とか、富士登山駅伝とか、トライアスロンとかマラソン
とかドーバー海峡横断とかエベレスト登頂とかどれだけ超人だよと
思いながら……。

長瀞 8月15日 船玉まつり
見所「3500発の花火 1000個の灯篭流し(とうろう流し)」
http://www.nagatoro.or.jp/
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

「日本水〜長瀞方面」



日本水源泉前で着替えていたとき、案外近くに人がいたのですが
ガムで栄養補給していた私は気が付きませんでした。

「日本水探しの旅」↓「1」はコチラから。
http://manga0001.seesaa.net/article/103877473.html

メッシュTシャツに着替えた私は、気分爽快。
3回位生き返った感じです。山中は涼しくて、爽快。
メッシュじゃなくて、長袖の方が丁度いい位涼しいです。

日本水(やまとみず)を入れたことで重くなった荷物と共に
自転車を置いてきた場所までおっちらおっちら歩きます。
また、件ブルーの光沢が悩ましいカラスアゲハが飛んでいます。
すかさず、写メを撮りますが、うまく撮れません。ケータイの影が
入っちゃっています。どんな写真にも写らない魔境みたいです。
「のび太の大魔境」的な不思議な力が働いているのでしょうか。
→単に腕が悪いのと、蝶がきまぐれなだけです。おみせできず残念。

さて、下った坂道を登りながら、ちいさなちいさな巣を発見した
私は(ちいさな巣 画像 比較対象に缶をおきます)、写メに。
うむ、いい絵が取れたわいと一人ご満悦な私。そこに忍び寄る影。

200807301127000.jpg

「かわいい鳥の巣 これって何の巣?」


こどもは4人、孫は12人、特に次女の子供である孫モナ(5歳)が
かわいくてしょうがないという感じのおしゃれな好々爺でした。
(注 おじいさんからの情報ではなく、妄想です)
挨拶したら、「源泉の方まで行きましたか?」
と尋ねられたので、水と写メを見せながら身振り手振りを交えながら
説明をはじめます。人恋しかったわけではありませんが、
誰かに話したかった所に、まんまとやってきたおじいさんは
おしゃべりの餌食になりました。

「悪路で、道が狭いです。崖に落ちないように歩きました。
水は綺麗です。湧き水が岩肌から流れています。
これがその水です……」(ジャイアンリサイタルの様相)

その説明をおじいさんは、軽くひきながら聞いていました。
元来た道を戻りながら、
「じゃああの自転車は、あなたの?」
と聞かれました。
「この辺りは、暴走族が通るからもちろんカギはかけたよね?」
実際暴走族が悪い人だったら、カギをかけてようが自転車は
破壊の餌食になると思いますが、かけていると報告・連絡・相談。
おじいさんは、屋根付き休憩スポットに座っていたおばあさんに
「自転車で○○から来たんだって」とかという情報を話してました。
その会話の中には「酔狂な」的ニュアンスがなかったのかどうか
ちと気になりますが、とりあえず挨拶だけはして別れました。
自転車は無事でした。

崖側に立ち、向こう側に見える山ともやがかかって見えない
平地の家々とかを見ました。思えば遠くに来たもんだ……と
一人ごちながら。

200807301139000.jpg

「向こうが山なら、こっちも山だ」

登るのが大変だった坂道はくだる分にはラクチンです。
っていいますか、スピードが出る。出る。止まりません。
なるほど、暴走族がこの辺りの釜伏峠とか寒神峠を好むわけが
わかります。スピード狂にはたまらないでしょう。
直滑降でカーブも多いです。
高ければ高い壁の方が上ったとき気持ちいいもんな ♪
by「終わりなき旅」的発想で、ここを挑戦する人は多そうです。
ライダースーツやつむぎ姿ならまだしも、Tシャツ、短パンで
事故起こしたら甚大な被害を出すこともありえます。
ゆっくり ゆっくり下ってく ♪ ことにします。

ビビリながら自転車に乗っていた私は、分岐点にやってきました。
「かまいたちの夜」とか「街」とか「弟切草」(ゲームの話)だと
分岐点の選択を誤ると、一気にバッドエンドに直行ですが、
リアルではそんな険は少ないものです。(はたしてそうかな?)

どうせなら、全私未踏の「寒神峠」に行ってみようかな?
と、主婦がお買い得品シール付きの豚肉を買うときのような
軽い気持ちでこちらの道を選択しました。
他に「長瀞駅徒歩80分」コースもありましたが、自転車押しながら
では常識的に考えてもムリそうなので辞めておきました。

でも、私が選んだ「寒神峠」だってかなり厄介でした。
知らない道を走るのは「危険が危ない」です。
結果、行きに20キロだった距離が30キロ以上に膨れ上がりました。
寒神峠は、行きで登ってきた道よりも更に急だったようで、
あまりにもスピードが出たので、自転車を急ブレーキしたら、
何とか止まりましたが、タイヤの焦げた臭いと、黒いブレーキ痕を
道の上に残しました。
しゃれにならないほど、スピードの出る道です。
ガードレールにひしゃげた所があるのを見ると、身がすくみます。

200807301144000.jpg

「度キレイな花≒悪趣味な花」画像


自転車で山道を下っていると、すごい色の花を発見したのでアップ
しておきます。う〜ん、どぎついです。疲れてきたので栄養補給。
烏龍茶とガム2個では、計24キロカロリーにしかならないのに、
ポカリ1缶350ml飲むと約100キロカロリーを摂取できるのですね。
あぁ、五臓六腑にしみわたるわぁ〜と思いました。

山下りが終わり、平地に出たら視界良好、一気に暑くなります。
ジリジリとした光線を浴びながら、長瀞駅めざして走ります。
「井戸」という場所で神社に立ち寄ったり、花とかを写メしながら、
自転車で快調に進みます。
長瀞は、「岩畳」や「旧新井家住宅」など文化財の宝庫であり
名所満載です。参考までに↓

http://www.nagatoro.gr.jp/midokoro/index.htm

長瀞駅には、秩父鉄道を利用し出かけたことがありますが、
自転車で出かけるのははじめてです。自転車であと2キロほどの道を
走らせていた私は、自転車で走るには厄介な凸凹の道を走りながら、
やたら門構えの立派な家や、立派な塀に囲われた家などを見ながら
走ります。いかにも大学生のサークルっぽい集団がいたりして、
一人で自転車漕いでいることにブルーになったりしながらも、
橋の上から「長瀞ライン下り」をはしゃぎながら撮ったりしました。

200807301242001.jpg

「橋の上から見たライン下り」


長瀞駅に到着して、駅の感じを写メで撮ろうとしたら、
どうやら鉄ちゃん(鉄道マニア)と私のことを誤解した
駐車場のガードマンに「(駐車場の)中に入って撮影していいよ」
と言われるが、「いい絵が撮れない」、「雲の形が気に入らない」と
黒沢明ばりのこだわりを持つ私は、あえて写メを撮りませんでした。
その続きです。「4」
http://manga0001.seesaa.net/article/104089136.html
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

「27時間TV」

「たけしの暴走」は、5回前の拙文で語りましたが、
兄が録画していた残りのVTRとか観ていたらごそごそ
出てきました。27時間テレビネタ総集編です。

深夜の悪乗りで、モナ・二岡問題を聞かれたたけしが
モナはたけしの事務所のメンバーなので「五反田モナ」とでも改名
するかな……とか言っていました。
たけしが自分のクイズ番組で、モナにスイカのかぶりものをさせ
ピエロを演じさせることで、なんとなく世間的に許されたその後
バラエティーを中心に活躍。キャスターに起用されましたが、
最悪のタイミングで不倫騒動。お互いをなじった所で、なくした
信用は決して返ってこないのだから、せめて釈明せず、
潔く二人とも滝壺に沈めばいいと思います。

試合も自主的に出ないという選択があったはずです。
巨人的には坂本いるので二岡は不要ですし。
相応の報いを受けていないという感がぬぐえません。

社会的制裁として、いつも社会は女性に較べて男性に寛大。
はたから見てたら「どっちも同じ位悪い」のに女性の被る
ダメージだけが多い気がします。

悪乗りしたさんま・中居コンビは、たけしに二岡うちわを渡して
ましたが、ブラックジョークが好きな人が他人からブラックネタ
言われるのは嫌いなものなので、引きつった笑いでした。
「社員にならない。今一人欠員が出たんだ」
と、から騒ぎに出たがっていた女性を誘っていましたが、
どこか淋しそうだったのが印象的でした。

ヘキサゴンと牡蠣は生が危ない!

紳助と共演したさんまは、中村玉緒、浅田美代子、間寛平、
村上ショージという仲のよいメンバーを連れてきましたが、
やはり強力だったのは、ジミー大西でしょう。

クイズ番組の生放送中に、
「クイズは引き算にして下さい」
と連呼し、しかもその引き算を(わざと)間違えて、周囲を
混乱と笑いの渦に巻き込みます。
クイズ番組は、細木数子を筆頭にインチキをする芸能人が多いですが
まさか番組放送中に堂々と「やらせ」を主張するジミーちゃん。
逆に潔く画面に映りました。
さんま・紳助にいじられまくるイヤミのないキャラは、ヘキサゴン
メンバーと比較にならない「元祖おバカキャラ」は大活躍。
運転免許を持っているという事実は、この夏一番のホラー。
生放送よりも、編集されている方が絶対内容は安定します。
(笑い声とかも足したり、意図的チョイスも可能ですし)
そして放送事故は許されない以上、どうしても安全そうな芸能人が
司会進行に選ばれるのは、当然と言えば当然。
たけし、爆笑問題、ホリケン、ジミー大西……と結構危険なメンバー
を擁していた割にはまぁ無難?に終わったのではないでしょうか。

27時間テレビを観ていて思ったことですが、サプライズを演出
していますが、ある程度予定調和なんだろうなぁと言うこと。
例えば、さんまさんが「HEYHEYHEY」に乱入?しましたが、
次の日に「撮ってだし」されていたのは不自然でしたし、
たけしのさんま愛車破壊もさんまさんの残した「ここまでとは」
の発言から、ある程度了承済みだった感があります。

また、ナイナイ岡村が愛車破壊騒動に巻き込まれましたが、
これはある意味でたけしに岡村が認められていることと、
さんまとたけしの絡みに入ってきてもOKというサインです。

あと報道の義務のしがらみなのか、お笑い中心の非現実的
バラエティーの合間に、リアルな報道ニュースが入って
現実に引き戻されるのがちょっとイヤでした。
普段はともかく、27時間テレビを観ている人の中に、
ニュース的速報も観たいという方がどれほどいるのか
大いに疑問です。

「平和ボケ」を嘆く方もいらっしゃいますが、結構なことではないですか。
親が武器を所持していたり、一元論に凝り固まっていたり、
本当の意味で貧困を抱えていることの少ない国に「平和ボケ」が
起こらないのであれば、多分人間が幸せになることはない。
「笑い」がある程度許容される国って、私はいいなぁと思います。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 19:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「日本水(やまとみず)を汲みに2」



「1」
http://manga0001.seesaa.net/article/103877473.html

日本水を汲みに埼玉からはるばる埼玉にやってきた安寿(私)は、
人との出会い?に感動したり、
美しい花鳥風月(残念ながら月は出てきません!)を愛でながら、
険しい山道に入っていきます。「自分探しの旅」(笑)パート2です。

傾斜十度の坂道を腰の曲がった老婆が少しずつ登って行く♪「傾斜」

さて、「風布」の看板が出て傾斜がきつくなった辺りから、
疲労は間違いなく出てきました。自転車を押しながら、坂道を
登って行きます。1でも触れておりますが、あくまでママチャリなので
勝気に徒歩(かちorとほ)で山に臨みます。
「ぽたっ、ぽたっ」汗が滴り落ちます。身体の姿勢は崩れ、
歩幅は狭くなり、ペースはガタ落ちです。
「なんでこんな苦しい思いをしているの?」
と思いますが、道端に咲く健気な花や見たこともない鳥
(ヤマセミでしょうか?)、鮮やかなコバルトブルーの
青みがかったカラスアゲハ?(写メ撮りたかったのですが、失敗)
を鑑賞しながら歩きます。道に面している渓流のせせらぎや、
ウグイスの鳴き声、森のもつしずけさ、岩に染み入る蝉の声
などを傾聴していると、
「やっぱり来てよかった」と思います。

しかし、それも急なカーブのある道を歩くときなどは、
楽しいよりも苦しいが勝り、身体はきしみをあげます。
2L飲むと20`カロリーがとれる「超神水」こと烏龍茶(きやすめ)
を飲みながら、「ポカリ」を飲みたくなります。しかし、
この烏龍茶容器はそのまま「日本水」入れなので、できたら
からっぽにしたいのです。流れ落ちる汗でべとつくTシャツ、
のどは渇くし、水分補給はかかせません。
カロリーを摂取するために持参したガムでも食べましょうか?
これだって、1個当たり2`カロリーを摂取できます。
バカにしちゃいけません。きやすめ。
傾斜10度どころか20度位あるんじゃないの?という坂道を登りながら
ついに「日本水」に到着!って、蛇口やないか!
というノリツッコミをする安寿。
ここは、日本水源泉前にある「日本水 蛇口VERSION」。
タイミングによっては、行列ができる蛇口です。中には、
ポリタンクにそれこそ何本も詰め込んでいく料理関係者と思しき
方もいます。日本水でコーヒーとか、料理を作ると確かに
おいしいです。
そんな蛇口スペースですが、本日は誰もいません。

200807301025000.jpg

「大和水 蛇口」画像 行列はできていなかった!


こんな所まで自転車で来た変人がいる、しかもママチャリだ
という奇異の目で見られることに異常な興奮を覚える変人としては
残念でなりません。「前見て、後ろ見て、もっと僕を見て!」
あ〜あっ、残念。 実際は、汗だく大盛りの最臭兵器としては
できるだけ人様のお目に触れないようにしたい所です。
ここから、源泉まで500bとか出ているのですが、これが真っ赤な嘘
だということを私は経験則から知っています。「500b」と書いてある
看板から結構登って行くと、また「500b先 日本水源泉」の看板が
登場するのです。うまい話と酔っ払いの話と山の看板はあてに
なりません。それにしても、蛇口スペースから直後にある
傾斜のきつい坂は一体なんなのでしょうか?
スキーの直滑降を思わせます。烏龍茶も飲みつくしました。
からっぽになったのに 僕はまた歩き出した ♪「からっぽ」BYゆず
と精神的余裕を演出いますが、歩いているときは結構マジで
きついです。しかし、今日は多分過去2回の登山よりもよいペース。
前述した青みがかった蝶を写メに撮ろうとしたり、余計なことを
していた割には精神的に折れることもなく、休憩回数も少なめ。

そして、日本水源泉地点にたどりつきます。ここは、陽射しよけの
スペースがあり、いよいよ山奥にくだって行きます。急な坂を
下っていきます。途中から山道を登って行きます。石を埋め込んだ
道があり、結構険しい道です。途中まで行くと、危険を喚起する
看板があります。確かにココからは、道幅が狭くなり危険度は
アップします。50p位しか幅がない場所とかあります。
手提げカバンを山側に持ち替えて重心を傾けます。
崖側に落ちたらよくて死亡、悪けりゃ腕と足位骨折しそうです。
慎重に歩きます(注 本当に慎重なら君主危うきに近寄らずです)
そしてついに到達。一息ついて、水の流れるありがたい音を
聴きながら、柄杓で口をすすぎ、日本水ゲットです。
「1.8Lまで」とあるので、頂戴していきます。
この日本水柄杓が置いてありますが、寄居市サイドとしては
「沸かしてお飲みください」と注意しています。私も山奥で
腹を壊して生き恥を晒したくないので、当然飲みません。

匂い立つのならいいのですが、ただ単に臭うのでここで大胆にも
着替えをします。移動中首に巻いていたタオルもここで外し、
持参したビニール袋にTシャツともども放り込みます。

実はこのとき結構近くに人がいたのですが、それは別の機会に。
TO BE CONTINUED……!
後記つけたし(人との出会いって、人が登場していない!)

200807301108000.jpg


200807301105000.jpg


「3」(この続き)はコチラから。
http://manga0001.seesaa.net/article/104003625.html
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

「日本水(やまとみず)を汲みに1」



埼玉県寄居の日本水(やまとみず)を汲みに行きました。
3回目ということもあり、どれ位ハードで、どれ位いい場所かって
いうことはわかっています。大学生時代にも行ったことがあります。

5時起床。バナナ2本と牛乳、コーヒー、なし、ハムエッグを食べ、
日課である愛犬との散歩をこなします。今日は軽めに2キロです。
愛車のママチャリ(9000円)を軽く拭いて、空気入れをします。
デイバックを安価で買おうとしてましたが、結局折り合い付かず
手提げカバンで済ませます。持ち物は着替えのTシャツ、タオル2枚、
烏龍茶2L、ポカリ1缶、ガム、汗拭きシート、iPod、ケータイと財布。
服装はTシャツ、ハーフパンツ、帽子の軽装で臨みます。

本日はバルサンを炊くということで、家を開けておきたいと母と
用意をします。愛猫(明日で9歳)をベランダに追い出し、
家電製品に新聞をかけます。
8時15分頃自転車で、「自分探しの旅」(笑)に出発です。

田園風景広がるアーバンを軽快に疾走。風を感じます。
気張らずに、力まずに自転車を漕ぎます。普段の8割位の力で
自転車を漕ぐと随分ラクです。すいすいっと漕ぎます。
まだ稲は、雑草にしか見えません。どこに行っても、蝉が
うるさいです。左の耳にiPodでブリグリを聴き、右の耳は
イヤホンをつけずに周囲の音を聞きます。軽快そのもの。
ちょっと前にブログで書いた某会社の前を通ります。
内定出ても断ろうと考えていた某会社。内定くれませんでした。
その会社の前を通ります。あぁ○○さんやねぇ……とどこ吹く風で。
自動車だと30分の距離も自転車だと倍近くかかります。
でも自分の身体で(自転車使ってるけどね)移動すると、
何か気持ちいいもんです。それは、身体で風を感じられるから。
生まれ変われるとしたら自由な風になりたい(BY中居正広16歳)
的強い衝動にかられてしまいます。若気?の至りです。
信号に捉まる合間をぬって、烏龍茶で水分補給。`カロリーも補給。
えっ、烏龍茶で`カロリー補給できないんじゃないか?って、
ところがところが(ブックオフっぽい)、この烏龍茶は、
200_リットル当たり、2`カロリーあるんです。
気休めやなー。と、髭男爵っぽく。一人ノリツッコミをする。
そんな軽いノリで、寄居246号線に突入です。

間違って、有料道路に乗らないように気をつけながら
秩父鉄道沿いを右側に臨みながら自転車を走らせる。
「中居さん、私風になってるよ」と脳内中居に語りかけていたら、
競輪用チャリがシャーと倍くらいの早さで走っていく。
お前、空気読めよ。磯野貴理か。この野郎!
と、どっかの漫画のキレキャラのような感じには決してならず
マイペースを保つのです。何しろ、私には山登りが待っているので。

途中違う橋を渡るというミスをしたりしながらも、無事に
「波久礼駅前」の信号を曲がります。寄居方面からだと左折、
長瀞方面からだと右折です。近くに「かんぽの宿」があります。
「よりいはし」を渡ると、道の突き当たりに大きな看板があり、
左折すると日本水や小林みかん山やつりぼりのある風布方面、
右折するとカヌー下りや岩畳のある長瀞・秩父方面に。
もちろん私は、左折です。

このあたりから音楽を聴かずに、両方の耳での移動をはじめます。
少しずつ傾斜がきつくなってきて、身体にかかる負担が大きく
なります。道の近くに渓流があり、マイナスイオンを肌で感じます。
もうすぐ8月だと言うのに、冗談ではなくウグイスの鳴き声が
聞こえてきます。「ホーホケキョ」。和みます。
道端には、きれいな花が咲いていています。心が洗われるようです。
「風布」(ふっぷ)と言う看板が出た場所辺りから傾斜が
きつくなります。

傾斜十度の坂道を腰の曲がった老婆が少しずつ登って行く
(BY 中島みゆき「傾斜」より)
誰が老婆じゃ。とまたノリツッコミ。この辺りまでは、
100_リットル当たり1`カロリーしかない烏龍茶だけで
平気の平左だったのですが、やはり2`の徒歩と20`のサイクリング
による疲労は間違いなく蓄積されていたのでした。
TO BE CONTINUED……。予告第2弾は、「日本水を汲みに2」を
第3弾は、「長瀞方面」を行います。

200807301103000.jpg


「2」はコチラから
http://manga0001.seesaa.net/article/103907502.html
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

「27時間テレビ2 さんま&大竹しのぶ編」

「さんま、大竹しのぶと共演、対談集及び名言・迷言集」
兄が録画&編集してくれてたので、前々回の1弾に続いて、
27時間テレビネタ第2弾です。

さて、さんまさんが裏番組「から騒ぎ」に出ている時間を考慮して
さんまさんの元奥さんである大竹しのぶさんと鶴瓶がやってきて、
時間をつないでました。しのぶさんのその後のさんまさん
合流後までの発言をピックアップしておきました。
(注 一部修正、ちょっと間違いがあるかもしれません)

大竹しのぶの発言 名言・迷言セレクト
「人に恩を売るのが好きなんですよ。お見舞いとかすごく好き。
 お見舞いに行く俺いい奴。それが、はっきり見えちゃうんです」
「私、舞台稽古もあるし、こんなことしていたくない」
「(二人の中が悪くなって深夜に)下の方から笑い声が聞こえて
くるんです。私もしも、夜中に自分のビデオ観て笑ってたら離婚!
て思いながら、見にいったら、本当に笑っていたんです。
離婚しようって思いました」
「いまる(娘)が生まれたとき、野球に行っていた」
「私のおばあちゃんに、娘がアメリカに行くって言ったら、
開拓しに行くのかい?って言われて」
(家庭内においても)笑いに厳しいんです。
おもしろい話しがあるの〜って言うと、ハードルを上げるんです」
「ちゃんと生きよう!」
「(さんまに)会うとよかったと思うんです
(離婚という)選択が間違っていなかった……と思うんで」

さんまの発言

「家の前には5人位記者がスクープ撮ろうと張ってる。
動くダンボールがあって、あれ俺疲れてるのかな?
と思ったら、中に記者が隠れていたんや。
だから(しのぶさんと)デートとか絶対できない。
ある日、マジックをヒントにして、ケースに(しのぶさん)
詰め込んだら……って考えて、実際に入れた。
タクシーに何とか詰め込んだら、ケースから 苦しい って声が。
運転手さん、あわててはった。それでケースを開けたら、
開けたとこから、口がニューっと。カー(ひき笑い)」

「ズボンから映画のチケット出して、誰と言ったの?って
詰問されて、(村上)ショージやっけ、三宅さんやっけって
思い出そうとしていたら あっ、私だった って言うんです」
「映画とか観てて、感想が違う。
夢に生きる男を見て、ばっかじゃないの……。とか言う。
「ローズ家の戦争」観て 夫婦が殺し合うっていう内容なんだけど、
その時だけは二人とも、わかるなぁ……と」
「(THAT WAS THATという服を着て)
あの時の(愛は)あの時だ。あの時だけのものだと思う」
「深夜にたけしさんにもらったビデオを家のみんなに隠れて
こっそり観ていたとき、(しのぶさんの)おばあちゃんが来て、
画面を観てしまい しのぶがすいません……。全部ホンマです」

「強力殺虫剤で俺を殺そうとしたんや。
これ、人にかけたら死ぬのかな?シュッと(かけられた)」
愛が途絶えていた。ずっと圏外だった
「病院から二人で赤ちゃんといた時、下にピンクか紫のジャガーが
停まった。窓が開いて三輪さんが、窓を開けて 幸せそうねっ て
言わはった。これは別れる(かもしれない)と思った」

そんな二人を見ていた鶴瓶は、
その日に生まれた孫を早く見に行きたいとごねだす。

その後、さんまは中居と共に「今年出会ったいい女ベスト10」を
発表するコーナーに。なぜか、大竹しのぶさんも参加。
しかし自主規制の、気まずいVTRが流れしのぶさん
一気にご機嫌ななめ45度に。
「勝手にやればいい」
「もう二度とお会いすることはない」
「もうちょっとちゃんとしてね」
というセリフを残して帰ってしまった。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 17:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

「27時間テレビがすごかった」

たけしの暴走に次ぐ暴走。
素人チャンピオンの生たまねぎの一気食い。
さんま全速力でとばすも、安定感は流石の一言。
今田、やはり実力の高さを立証。
ワッキーのボケにからむと、ダダスベリ。

27時間テレビをいざ観んと、わざわざ昼間寝て「全部観よう」と
調整していた兄の、正直社会人としてどうなんだろう?という
ダメな熱意がインフルエンス(感染)して、いっしょになって、
昨日27日のうち12時間くらい27時間テレビを観ていた。
コーナーによっては、本当につまらなかったが、やはり総じて
おもしろかった。レッドカーペットを模した列島カーペットの
女子アナたちのテンションの高さと、芸をみせる素人&動物たちの
ほとんどがスベリ倒したものの、掃き溜めにツルと言うような
本当にすごいなわとび少女やら、パイプイスなどを回す達人、
芸達者のペリカン、小島よしおのマネをするかわいいアザラシ
などが登場し、なんとか総スベリという事態だけは回避された。
また、コメントでは今田の芸の予告テロップに対する
「ものは言いよう」の発言や、戸田恵子さんのコメントがよかった。

笑ったのは、「硝子の少年」の1番を流しながら、2番をつられずに
歌うというすごいのかすごくないのかよくわからない「芸」を披露
した青年だ。歌がものすごく下手であり、
結局つられてしまい(この時点で芸でもなんでもない)
失敗後「歌詞がよく似ているから」というしょうもない言い訳を
はじめるという沖田総司ばりの三段突きをかましてくれた。

そして、生タマネギ早食いチャンピオンである。彼のすごい所は
いきなりタマネギを「シャクシャクシャクっ」と食べはじめて
しまうところだろう。前フリがないのだ。観ているだけで、
苦しくなってくる。チャンピオンがまた、苦しそうに涙流しながら
食べるんだ。私は正直、ここで笑いすぎて一気に咽が痛くなった。

「その男危険につき」
その男の名はワッキー。つまらないワッキーのギャグに絡むと、
「自分もスベッたような感じになる」ので誰もワッキーと
絡みたくない&絡まれたくないので、一斉に逃げる。それを
ワッキーが「ツッコンデクレヨ」と共演者を追い掛け回す。
彼に絡まれた今田は、やはりいっしょにスベらされた感じになり
「初のNGタレント(ワッキー)」と叫び、
「ごっつのビデオを観て初心を取り戻す」、
「今日は4回位、悪夢にうなされる」とその恐怖をまざまざと語った。

「もっと危険な男 ビートたけし」

日本中を転々として、「ウミヘビ名人」などと名乗りながら、
海に落ちるという失敗のないオチ芸をしていたたけしだったが、
「世界のキタノ」の目的はそんなしょぼい笑いではなかった。
佐渡にある男根主義を象徴するお祭りに参加すること
&さんまの自動車を破壊することだった。

さんまはかつて、たけしの暴走によって愛車をボロボロにされて
いたが、今回も当たり前のように暴走に次ぐ暴走。
餌食となったのは、さんまの車とナイナイ岡村の車である。
さんまの車の上に岡村の車が乗っけられ(前左輪がさんまの車に乗り
簡易ステージ上に他の車輪が乗っている状態だった)、
たけしが車に芸術性すら感じるサイコ調のペイントを施して
心から遊んでいた。そして、たけしのワルノリは止まらない。

さんまの自動車に乗り込み発進。当然、上にある岡村の車は
「危険が危ない」状態になり、一同おののく。すると、たけしが
すかさずバックで自動車を元の場所に戻す。たけしは、勢いあまって
というかわざと岡村の車にぶつけたり、後ろの部分をぶつける。
暴走に暴走を重ねたたけしは、今田を轢き(あくまで軽くである)
やっと降りてきたと思ったら、水彩絵の具と思われるバケツ水を
共演者にかけまくる。さんま、たけしに触発されたネプチューンの
ホリケンは心から楽しそうにこの「水遊び」に参戦。
やはりたけしに次ぐ「空気を読まない芸人」だが、こういう場合には
ものすごく重宝するキャラクターである。

会場は阿鼻叫喚の地獄絵図と化し、さんま、たけし、今田、ホリケン
らは絵の具でボロボロ。お笑い芸人の中には、タイミングをつかみ
かねてある意味で「おいしい」後世に残るであろうチャンスに
乗り遅れた者もいた。この輪の中に入れた、小島よしおなどは
結構めっけものだと思う。
あらためて、たけしを野放しにする恐ろしさを立証した。
あと、たけしほどではないが、ホリケンの暴走っぷり、
ワッキーの「クスブリ芸」などがおもしろかった。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

「たばこ1000円案 考察」

「増税してたばこを1000円」にするという案を政府が検討している。

これに対するアンケート結果としては、7割強賛成。
賛成理由としては、
「たばこが嫌いだから」
「喫煙者だが、これを機会にやめられると思う」
「受動喫煙の問題があるから」
「1000円は一見高そうだが、欧米では当たり前の値段」
「1000円にすれば、未成年が興味本位で購入できなくなるから」
などが挙げられる。

反対理由としては、
「嗜好品であるたばこだけが上げられるのは納得いかない」
「ストレス解消になるたばこを結果的に取り上げないでほしい」
「貧乏人にだけ吸えなくなるのは不平等である」
「たばこだけに重税を課すのは、やり方としてよくない。
 仮にやるなら、酒や宝石類にも重税をかけて、たばこだけに
 大きな負担をかけないでほしい」
などが挙げられた。

私の家は、喫煙者がいない。父が吸っていたのだが、肺を痛めて入院
退院後吸わなくなった。父は私たち家族の前でたばこを吸う
ことはしなかったが、家にやって来る親戚の叔父などは無遠慮に
吸っていたので、たばこを吸う奴はろくな奴じゃないという刷り込み
がある。(もちろん、喫煙者の中には周りに配慮してくださる方も
いるし、非喫煙者と同じ位やさしい方はいるとフォローしておく)

正直な感想として、たばこが1000円になれば、吸う人間の数は減る
だろうし、毎日のように起こっているであろう「たばこ」トラブルが
減少するのは目に見えている。
たばこを嫌がるそぶりを見せて、殴られるという事件も、
たばこの火が原因でこどもが火傷したり、
たばこの不始末が原因でボヤや火事が起きたり、
たばこが原因でスーツに穴が開いた、弁償しろ
という紛争も減るはずである。(大学構内でよく起こるトラブル)

絶対数が減れば、たばこ関連の係争は減るであろう。
もっとも、タバコを吸うことでストレス解消していた人にとって、
1000円は極論すぎるとは思うのである。端的に言えば、ポイ捨て、
歩きタバコなどをする人にはタバコを吸ってほしくないが、
マナーがいい人に関してはある程度の措置があってもいいなと思う。
タバコの始末をする人と、自動車の吸い殻を全捨てしていくのとでは
キキララとセキララくらい差がある。
月とすっぽんぽんくらい差がある。

たばこが1000円になれば、吸う人の数は減るだろう。
増収になる。医療の観点からも絶大な効果があると言われる。
喫煙者・JT・たばこ農家は反対を叫ぶが、値上がりはする。
大勢として、既に反対論者の方が多いので、政府としては、
6兆円〜の税収アップが見込まれる増税案をしない手はあるまい。

しかし、おそらくいきなり1000円にはなるまい。
それは、かつてのタバコ値上げの際に、
「1本あたり2円上げよう」という案に対し、結局1本当たり1円しか
上がらなかったという過去の事実からも容易に想像が出来る。
多分「白か黒かはっきり」しない折衷案が取られ、
1箱あたり500円〜700円位に落ち着くというのが容易に想像がつく。
結局は、ミスチルの「GIFT」のように、白と黒の間に無限に広がる
可能性を模索しつつ、両者の顔をつぶさない折衷案が採られる。
「勝つか負けるか」だけのアメリカではなく、
日本だから「引き分け」という発想が加わる。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

「殺人」

「なぜ人は人を殺してはいけないのか?」
ということが広く論じられるのは、人が人を殺す機会が多いという
ことに他ならない。歴史的にも、現代においても。

そのひとつの答えとして、「死んだ人間は生き返らないから」
というのがあると思う。ドラクエのキャラやマリオは、
いくら死んでも生き返る。能力にも変化がない。リセットできる。
神のように死ぬことがなく、紙のように再生ができる。
よってプレイヤーは痛みを感じえないが、リアル世界において
人間(生き物)を殺したら生き返らない。大抵の人間は、アリとか
虫を殺してそのことに気付く。同時に社会は、あらゆる方法で
「殺す者を殺す」という事実に気付き、それが抑止力になる。

殺人事件が起きるたびに、ゲームや漫画などの影響が取り沙汰
される。先の事件においても、漫画の影響と議論されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080722-00000003-yom-soci

しかし底が浅い。所詮ゲームはゲーム、漫画は漫画である。
熱中したり、大好きになることはあっても、いっしょに生活している
家族よりも影響力があるとは思えない。それが、いわゆる
理想の親であっても、大嫌いな親であってもだ。
散歩をしていると、無造作にベビーシートが投げ捨てられている
ことがあるが、こういう親のこどもは、高確率でろくでなしに育ち、
中には親を反面教師にして、まっとうな人間になるのだと思う。

仮想の世界は魅力的だが、現実の世界には勝てない(はずだ)。
一人の漫画家が描く世界は、一人の漫画家の世界観であるのに対し、
外に出れば無数の人間がいる無限の可能性をもった世界が
広がっているからだ。
(もっとも、脳自体は宇宙のようにはかりしれないので、
一人の人間の発想が100人の発想を超えることはままある)。
殺人を犯して、「ドラえもんが助けに来てくれると思った」という
人の形をした生き物がいたが、ある意味で「脳≒宇宙」を証明した。
(ドラえもんをどう読んだら、そういう発想が生まれるのか大いに
 疑問であり、大好きなドラえもんを穢された気分になった)

そして、殺人犯には社会的な意味での抹殺や「死刑」が待っている。
「死刑」を残酷な制度という死刑廃止論者は、積極的に計画的に
行われた殺人行為や、殺された人間や被害者に近しい人たちに対して
の配慮に欠けると思うのだが。神が裁いてくれないから、人が裁く。
死神が、悪い奴の命ばかりを狙うのなら、ベターなのだがそうも
いかないし、そもそも神がいたら悪い奴が生まれてこないと思うの
だが……。人が「トトロ」とか「ポニョ」とか安心して観られる
作品を支持するのが、わかる気がする。

「人は、人を生かすものと、人を殺すものを作る」
という言葉があるが、できることなら人を生かす社会を
と願ってやまない。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。