2007年12月31日

漫画『火の鳥13巻 ギリシャ・ローマ編』手塚治虫


>「火の鳥 13巻」ギリシャ・ローマ編
    
エジプト編、ギリシャ編、ローマ編、黎明編(漫画少年版)収録。
    
全体的に子供向けの絵風、黎明編は本編の原型のような内容。

心やさしいヒロインの恋愛と、冒険を描いたスペクタル物語。

火の鳥の他の作品とリンクしていない、異色の作品と言える。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガの神様の『火の鳥』  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

漫画『火の鳥 太陽編』手塚治虫


「火の鳥 太陽編」 上巻…10巻 中巻…11巻 下巻…12巻
    
7世紀、百済(くだら)の少年ハリマは唐(中国)との戦いに敗れ、
狼の顔をかぶせられ放置されるが、奇怪なオババに助けられ
倭の国(日本)に渡る。
    
そして、肉親同士の血みどろの争い、壬申の乱の戦いに巻き
込まれていく。
    
近未来、光一族によって地上の「光」と地下の「影」に分断された
未来都市。「影」の住民スグルは「光」に戦いを挑む。
    
千年の時を経て、つながる愛情と、迷走する宗教を交えた権力闘争
を描いた大長編。自由は、勝ち取るものだと感じさせられた。
ラベル:手塚治虫
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガの神様の『火の鳥』  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

漫画『火の鳥 9巻 宇宙・生命編』手塚治虫


火の鳥 9巻 宇宙・生命編
    
2577年、オリオン座に漂う宇宙船。突然、乗組員の死体が
発見され、宇宙船は破損、しかも死んだ乗組員の近くには、

「ぼくはころされる」の文字が。

ミステリー仕立てのストーリーと、恋愛問題をからめたSFもの。

徐々に明かされていく秘密と、美少女乗組員ナナをめぐる激しく
切ない物語にぐいぐい引き込まれてしまう。
    

2155年。視聴率主情主義に走るTVプロデューサーは、
「人間狩り」という恐ろしいゲームを考案するのだが……。

マスコミ界の腐敗と、人間の残虐性を描いた傑作まんが。
「業〜ごう〜」は、あがなわれるのか?
ラベル:手塚治虫
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガの神様の『火の鳥』  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

漫画『火の鳥7巻 8巻 乱世編上・下』手塚治虫

7巻 乱世編 上巻 8巻 乱世編 下巻

12世紀末。木こりの弁太と田舎娘おぶうは、弁太の拾った美しい
クシが原因で、その仲を引き裂かれ、源平の争いに巻きこまれる。

平清盛、源頼朝、源義経、木曾義仲、弁慶(弁太)といった、歴史的
な人物と、男たちを支える女性を描いた傑作。

全体的に「人間臭い」キャラクターが多いこともストーリーを
面白くしている。
    
あえて、義経を悪役として登場させている演出も心憎い。
ラベル:手塚治虫
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガの神様の『火の鳥』  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

漫画『火の鳥 望郷編」手塚治虫


火の鳥 6巻 望郷編

近未来。エデンといわれる小さな星に移住してきた一夫婦。

しかし、エデンは不毛な土地であり、夫は死んでしまい、
妻ロミはエデンで生き、子孫を残すことを決意する。

困難を不屈の精神で乗り切ったロミは、星の女王として、
人々から慕われていた。

歳月は流れ、ロミは望郷の思いにとらわれる。

彼女は、星で生まれた少年と共に地球へ向けて宇宙の旅に
出かける。不思議な生物や、植物に遭遇し、数々の危機を
乗り切りながら、壮大な冒険の旅は続く。

エデンの歴史を作るロミの力強さと、ノスタルジアを抱いて
しまう気持ちに共感を覚える。「星の王子さま」の引用もよい。

切ないストーリーとSF色の強いおすすめの一冊。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガの神様の『火の鳥』  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

漫画『火の鳥 復活編 羽衣編』手塚治虫


その血を飲むと永遠の命を手にすると言われる「火の鳥」を
めぐり、繰り広げられる人間ドラマ。
「火の鳥」はフェニックス、不死鳥とも呼ばれる不思議な生命体。
(作品によっては、3000年生きられるとも……)  

移ろう壮大な時間の中で、人が、ロボットが、新たな命が、
力強く躍動する。人生観が変わるマンガランキング堂々1位の
不朽の名作。全13冊。おすすめ+イチオシのマンガ。感動作。
図書館・図書室でも見かけることがあるので、探してみるのも
いいかもしれません。

5巻 「火の鳥 復活編、羽衣編」

近未来。墜落死したレオナは、科学の力で「復活」する。

だが、頭脳は電子、心は人間というアンバランスさに悩む。

人間を人間として認識できなくなったレオナだったが、
ロボットを女性と認識し、好きになってしまう。
  
レオナの死に隠された、「火の鳥」をめぐる争いとは……。

大量生産されたロボットたちは、不幸な事故を発端にして、
自我に目覚め、反乱を始める。生命の領域にまで、踏み込んで
しまった人間が、そのしっぺ返しをくう皮肉がおもしろい。
  
羽衣編は、異色な演出。「羽衣物語」をベースに、争いを繰り
返してしまう人間の愚かさを描く。短編。
ラベル:手塚治虫
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガの神様の『火の鳥』  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

漫画『火の鳥 鳳凰編』手塚治虫


4巻 火の鳥 鳳凰編

生まれおちたその日に、父と片腕を失った我王。

青年になった我王は、村人一家を殺し、逃亡の際
出会った彫刻仏師茜丸の片腕をねたみから切り落とす。

山賊の頭となり、悪の道を突き進む我王だったが、
ひとつの事件から大きく生まれ変わる。

喪失感、理不尽、命の儚さと尊さを知った我王は、
その怒りのエネルギーをやがて彫刻にぶつける。

また、茜丸も血のにじむ修行を積み、やがて我王との
宿命の対決を迎える。

火の鳥の中でも最高傑作だと思います。個人的には、
我王が火の鳥の中で一番好きなキャラクター。

我王の子孫(先祖)は、火の鳥作品のキーパーソンと
してちょくちょく登場します。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガの神様の『火の鳥』  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

漫画『火の鳥 ヤマト・異形編』手塚治虫


3巻 火の鳥 ヤマト・異形編

古墳時代。カジカとオグナは、敵対関係にある国の姫と
王子でありながら出逢い、そして愛し合ってしまう。

「殉死」というテーマもからめ、二人の一途な思いが愛しい。

歴史的発掘物も交えて、マンガの神様が巧みに魅せます。


乱世時代。残虐な父を憎み、その復讐心から左近介は、
齢800歳と言われる八百比丘尼を殺してしまいます。

しかし、恐ろしい因果応報がその身に降りかかることに。
左近介の罪がつぐなわれる間際の、切なさがすばらしい。
ラベル:手塚治虫
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガの神様の『火の鳥』  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

漫画『火の鳥 未来編』手塚治虫

その血を飲むと永遠の命を手にすると言われる「火の鳥」を
めぐり、繰り広げられる人間ドラマ。
「火の鳥」はフェニックス、不死鳥とも呼ばれる不思議な生命体。
(作品によっては、3000年生きられるとも……)  

移ろう壮大な時間の中で、人が、ロボットが、新たな命が、
力強く躍動する。人生観が変わるマンガランキング堂々1位の
不朽の名作。全13冊。おすすめ+イチオシのマンガ。感動作。
図書館・図書室でも見かけることがあるので、探してみるのも
いいかもしれません。

2巻 「火の鳥 未来編」
    
西暦3404年。
地球は、科学を極端に推し進めた人間の手によって風前の灯。

地球最後の都市メガロポリス(人類)の命運は、コンピュータに
よって決められてしまう。

滅び行く生命体。唯一生き残ったマサトは、火の鳥から
「地球復活」の大命題を受け、永遠と思われるような歳月を
要し、ついに生物を創造する。しかし……。

永遠の命がもつ逆説的な怖さ、火の鳥(作者)の願い、
文明の発展が生む弊害を描いた傑作。

生きられないという絶望と、死ねないという絶望と
どちらが本当の意味の恐怖でしょうか?

→そういえば「からくりサーカス」でも大きなテーマとして
 取り扱われています。
ラベル:手塚治虫
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガの神様の『火の鳥』  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漫画『火の鳥 黎明編』手塚治虫



その血を飲むと永遠の命を手にすると言われる「火の鳥」を
めぐり、繰り広げられる人間ドラマ。
「火の鳥」はフェニックス、不死鳥とも呼ばれる不思議な生命体。
(作品によっては、3000年生きられるとも……)  

移ろう壮大な時間の中で、人が、ロボットが、新たな命が、
力強く躍動する。人生観が変わるマンガランキング堂々1位の
不朽の名作。全13冊。おすすめ+イチオシのマンガ。感動作。
図書館・図書室でも見かけることがあるので、探してみるのも
いいかもしれません。

 
1巻 「火の鳥 黎明編」

古代。ヤマタイ国のヒミコは、火の鳥と勢力拡大を狙い
クマソに攻め入る。敵同士でありながら、夫婦になった
ヒナクとグズリ。捕虜にされ復讐心に燃えながら、自分に
優しい情を見せる猿田彦に心を開いていくナギ。

永遠の命に固執する女王ヒミコの人間臭さなど見所満載。

ラスト5ページは必見。火の鳥が気に入るかどうかの鍵を
握る作品と言えそうです。
ラベル:手塚治虫
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガの神様の『火の鳥』  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と野球観戦と
 カラオケ、 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 なんだかんだでスピッツを
 よく聴いています。