2008年06月03日

「水>金」

日本には、「湯水のごとく使う」という表現がある。
豊富な水を持つ日本にとって水はあって当たり前のもの。
現代においては、災害や深刻な雨不足などの
イレギュラーな事態を除けば
蛇口をひねれば簡単に手に入る。

世界に目を向けると、
河川やため池などの汚染が進んでいたり、
いろんな異常気象によって、
雨が降らなかったり、局地的に降ったりと、
深刻な現象が起こっている。

NHKの番組で観たのだが、
少女が10Km先の貯水地まで延々と歩き、
水を容器に入れてまた来た道を戻っていく。
本来、小学校に行く年齢のこどもだが、
「死活問題」なので、それが当たり前になっているという。

当たり前のことほど、怖いことはないと思う。
ありがたがったり、大切にしようとしなくなるからだ。
近い将来、金より水の方が価値が高くなるかもしれない。
必要な物ほど価値があるのだから。
もっと言えば、石油なんかよりも、
水の方がずっと価値があって然るべきだ。

石油を無駄遣いするアメリカと、水を無駄遣いする日本、
どっちも世界から見たら嫌われ者。

ざぁざぁと降る雨を思いながら、もっといろんな
ことに目を向けていきたいなぁと思った。
どうやったら、節水できるかなとか。
できる範囲でコツコツと。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。