2008年05月17日

漫画『ナイン』あだち充

「あの娘の笑顔が見たいんだ」

中学陸上界最強のスプリンターである新見は、ひとめぼれした
野球部マネージャー百合のために弱小野球部に入ることを決意。

おい、陸上部に入れよ! ( ・д・)/−−=≡(((卍 シュッ!!


〜あらすじ〜

勉強は名門だが、野球はからっきし……という青秀高校の入学が
決まっていた新見と唐沢は、電車内で痴漢を発見。県大会柔道
チャンピオンだった唐沢は、とっちめてやろうとするが、痴漢
されていた美少女が目で痴漢相手を撃退。二人は、痴漢していた
のが全国中学野球投手倉橋だと気付くが、そこにはエースとして
輝いていた倉橋の面影はまるでなかった。

その後、二人は青秀高校の野球を球場で観るのだが、そこには
あの美少女もいた。彼女は、青秀高校の監督の娘であり、
チームの勝利を願っていたが試合は惨敗。涙する彼女をみた
二人は、彼女の笑顔がみたいと願い、野球部入部を決める。

弱小野球部に入った二人は、父との約束で野球をやれないという
倉橋家の問題に直球勝負でぶつかり、彼をまんまと野球部にいれる
ことに成功。青秀高校の快進撃が始まる。

物語は、文庫版で3巻と短く、野球と恋愛に的がしぼられた凝縮
された内容と言える。「どうしても甲子園に行くんだ!」という
ような情熱的な野球漫画ではなく、のびのびと野球を楽しんでいる
主人公たちの姿が生き生きと描かれている。主人公を俊足1番の
センターに据えているというのが特徴的であり、イチローを
連想させる。物語においても、この俊足は遺憾なく発揮される。

また、新見と百合の恋愛をはじめとした、数々の恋愛が交錯し、
そちらもなかなか楽しめる内容となっている。

青秀高校の同地区には、甲子園優勝校のエースであり、百合の
おさななじみである新見のライバル?的なのもいて、新見との
対決も目が離せない。基本的に、絵のタッチは「タッチ」に似て
いる。また、人物の絶妙な配置もその後の「タッチ」「H2」を
ほうふつとさせるものがあり、あだち充作品の中でも評価が高い。
余談だが2016年の高校野球大会に全中短距離の覇者が
高校では野球部に入り甲子園をめざしているらしい。
現実の世界でも新見のような子は案外いるのかもしれない。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | あだち充『タッチ、ラフ、H2』他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。