2008年05月04日

「同窓会 純情編T」

「結婚します」
同じ学校に通っていた二人が、同窓会の会場で高らかに
そう宣言した。私たちは、二人を祝福した。

「関連日記」→2コ前の!合わせて読むと3割マシ。
http://manga0001.seesaa.net/article/95419926.html


さて、先にブログで書いていた「同窓会」の日とあいなり
ました。同窓会の案内状には、正装・カジュアルの有無が
書かれていなかったので、どっちにしようかなぁと考えた
のですが、恩師もいらっしゃるということで結局正装に。

母の指摘で、向かうべき同窓会会場を勘違いしていることに
すんでの所で気付き、最寄りの駅から会場に向かうことに。

「久しぶり〜」そこには、クラス一モテた男でありガキ大将
的存在でもあった、「きれいなジャイアン」ことタケシの姿が。

あんまり、変わってないなあとか、スーツが暑すぎると言う
タケシは、たしかに昔の面影を残したままです。貫禄十分。

「久しぶり〜」そこには、隣のクラスで一種独特の雰囲気を
かもし出していた、タイラさんの姿も。彼は、私服の垢抜けない
格好で来ており、正装の私を見て「2対1か。しまった〜」的な
ことを言っていました。小学生のとき小さかった彼は、急激に
伸び、今は、178cmとのこと。えらく伸びたな〜と思いました。

二人と、ダベリながら電車に乗り、電車で何人位集まるかな?
とか話していたら、学年一の秀才にして郷土の誇りである、
カオルを発見。カオルも、正装であり、テンションの下がる
タイラさん。カオルは、現在某大手銀行のうんたらという
説明してくれたけど、よくわからない仕事を手がけているとの
こと。さすがに、有名大学の院生卒はすごいです。でも、
彼はいいやつなので、それを鼻にかけないし、「いじられキャラ」
的要素もあるので、こういった会には欠かせない人物です。

駅からダラダラ歩いて、会場のあるホテルへ。ドレス姿でたたずむ、
地元の優秀な高校に進んだ才媛サワと合流。黒がシックで似合って
います。会場に向かうと、もう10人位集まってました。おお、
○○か〜、△△やね、変わってないなぁ〜とか言い合って受付に
サインをするのですが、えらく変わっているのも。グラサンに、
茶髪でロングヘアー、ロングTにダメージ加工ジーンズのいでたち
の彼は、はて誰だっけ?グラサン外したら、すぐにわかりました。
なんだ、ヒカルか〜。格好はあれですが、目がすさんでいなくて
よかったです。その後、よくいっしょに遊んだイケちゃんや、
たまに近所で出会って、しゃべったりしてたユーちゃんなんかと
軽くしゃべりながら、開演時間をすごしました。
なんか今日の同窓会には、サプライズが用意されているらしい……
そんな怪文書が出回り、テンションはヒートアップ。

「YOUたち。先生方が案内してくれないか?」と

幹事役のシーサーっぽくなったマナに言われて、幹事役でもない
のに、カオルといっしょに先生を迎えるはめに……。シーサーに
お前がやれよって言ったら、幹事役は受付から離れるわけには
いかない的なことを言われて、大役を賜りました。受付には、
先生方は現われず、同窓生が何人か来たりして、たまたま同じ日に
同窓会をしていた別の会場に、カオルといっしょに誘導したり
しながら、恩師達の到着を待ちます。

恩師が到着し、挨拶を済ませ、今度はちゃんと会場に誘導。
歓迎ムードの中、同窓会の火蓋は切って落とされましたとさ。
めでたし。めでたし。



式の途中で、会場に来ている二人が近々結婚するということで、
それを祝福することに。どうやって嗅ぎ付けたのか、または
風のたより、虫の知らせによるものなのか、世間は狭いのか、
二人の結婚はちゃっかり周りに知れ渡っていて、壇上に誘導
される二人。新郎は、隣のクラスのリーダー的存在だった
なにがし君で、新婦は我がクラスのルナルナ。

二人は、結婚するということで、おたがいの馴れ初めやらを
話すはめに。サプライズがあると式の前に囁かれていたのは
これか〜。

でも、ルナルナが3年生の時転校生としてやってきて、
クラスメイトから温かく迎えられ、少しずつクラス・学校に
溶け込んでいって、結果的に人生の伴侶たるパートナーに
めぐり逢えて本当によかった。っていう話には思わず

ええいやぁ 君からもらい泣き ♪

とまではいかなかったのですが、新郎はなんか泣いているし。
まぁ、二人を知る恩師や私たちは感動も感慨もひとしおです。
盛り上がりを見せる私たちは、二人を煽りだし、

「キスしろ〜!!」

とイヤなテンションで、迫ります。さぁ、さぁ、さぁ。 

結局、二人はキスをさせられ、写真やビデオにおさめられ、
私たちのその後の会話の話の種にされたのでした。
うーん、めでたいことです。

お幸せに〜〜。寿
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。