2008年03月29日

マンガ『ミッドナイト』手塚治虫

>「BLACK JACK」のタクシードライバー版。
同乗していた最愛の女性を、事故によって
脳死状態にさせてしまったミッドナイトは、
お金を集めて彼女を回復させようと試みます。

元暴走族のリーダーである彼は、自分の車を
自分の身体の一部と感じているような変人であり、
その強い愛情が自動車にも伝わるらしく、
不思議な現象を引き起こします。

また、超能力やタヌキ、幽霊などのオカルト的な要素や
手塚作品に共通する命の尊さや、感動的な物語を導入した
すっきりした心地よい作品です。

一話完結型のストーリーは、ブラックジャックを
ほうふつとさせるヒューマンドラマであり、
「まんがの神様」手塚さんの晩年の最高傑作です。

また、この話にはブラックジャックが、
主要キャラクターとして登場するので、
ブラックジャックファンにはたまりません。全4巻。
ラベル:手塚治虫
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 手塚治虫 BJ、どろろ、ブッダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。