2008年03月28日

「ゆりかごから墓場まで」

私の勤めている(派遣先)は、
「ゆりかごから墓場まで作っているんじゃないか?」
っていう大きな会社です。
でも、正直そんな名前聞いたことなかったです。
昔はCMとかしてたらしい、「知る人ぞ知る企業」みたいです。

具体的に言いますと、資本金が100億円とか超えています。
あと、フツーに全国主要都市に支店が点在していて、
協力企業(どっちが取引先かは知らないし、興味もない)が
30社以上あるようです。
それこそ、うまい棒が買える位の値段の物から高級外車と同じ位の
物とかを作っているようです。(10円〜1000万円超のものまで)

北は本庄、南は浦和まで席巻してるというのは、埼玉ジョークですが
まさに北は北海道、南は沖縄まで、中国に輸入したりもしています。

私は、いわゆる製品の発注やそのチェックやらをやっていますが、
それが東京の大学とか、京都の女子大やら、福岡の高校やら、
奈良の遺跡やら、東京ディズニーランドやら、札幌の某現場やら
いろんな場所に運ばれていくみたいです。

仕事っていうのは、確かにつらい部分やきれいごとじゃ語れない
部分もありますが、自分の知らない所で、一生懸命がんばっている
人がいて、その人がふとした瞬間に製品に対して喜びなりを
感じているかもしれないと思うと、なんかちょっといいなぁ……
と思います。

自分が怒られたくないから注意するのじゃなくて、
人をがっかりさせたくないから、余計な負担をかけたくないから
ミスをしないようにしたいです。

なんてことのない作業が まわりまわりまわりまわって
今僕の目の前の人の 笑い顔をつくっていく ♪

そこに仕事の妙と、すべてが凝縮されている気がします。

本当の「ゆりかごから墓場まで」の意味はコチラ。
≒生まれてから死ぬまで、国が国民の生活を保障するという政策。

詳しくは、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%86%E3%82%8A%E3%81%8B%E3%81%94%E3%81%8B%E3%82%89%E5%A2%93%E5%A0%B4%E3%81%BE%E3%81%A7
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。