2008年03月22日

漫画『スカイハイ sky high』高橋ツトム

人は死んでしまっても、まだ終わりではない。
殺されたり、不慮の事故によって死を遂げた人間に与えられる
三つの選択肢という名のカード。

「死を受け入れて、天国に旅立つ」
 →輪廻転生(生まれ変わり)をめざす。
「霊となって、現世をさまよう」
「怨みのある人間を呪い殺す」
 →但し、地獄におちる。

今日も、怨みの門番・イズコの前に迷える魂が訪れる……。

200803220638000.jpg


主人公イズコと、様々なシチュエーションによって殺されて
しまったキャラクターたち。死んでしまった者と、生きている者。
それを対比させて描いた世界は、大きな広がりを持つ。

物語自体は、シビアでグロテスクな表現も多く、結構エロい。
人間の醜い歪んだ部分や、自分の人生に疑問を持つ者、
もっと本気で生きたかったと嘆く者、人を恨まずにはいられない者、
いろいろな人間が登場する。でも全部ひっくるめて人間という
説得力のある作品に仕上がっている。
しかし、物語自体の芯はしっかりしているので、おすすめ。

決めゼリフは、
「お逝きなさい」と「お生きなさい」。
今日も空は、どこまでも青く・蒼く・碧く広がっている……。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。