2008年03月16日

「成長の度合い」

「ホーホケキョウキュ〜 #」
犬に散歩をやりに庭に出たら、風流にもウグイスが鳴いていた。
しかし、下手だ。一般的な「ホーホケキョ ♪」という感じではなく
前述のような感じに聞こえるし、音程も含めておかしい。

絶対音感的ノリだけはある私としては、これでは
「うむ、あんたはウグイス!」と認めてあげられない。鐘もひとつ。

ウグイスの鳴き方にも、「成長の度合い」があるのだなぁと思う。

スポーツや、自動車の運転、勉強も仕事も、ゲームも、人間の
諸々の成長の度合いというのは、だいたい一定ではない。

いわゆる飲み込みの早い人や、元々その分野に対して才能のある人も
いるとは思うのだが、まぁ成長の仕方は大体不規則なものだ。

一般的に、はじめてからは急激にぎゅーんと成長。
途中で、「あれ、最近進歩がないぞ?」っていういわゆるひとつの
「壁」みたいなものがあって、そこでずーっと立ち止まっている
ように感じる瞬間が訪れる。

その時、「つまらない」と投げ出すか、「いや、続けるぞ!」と
思うかは、どっかのお笑い芸人の言葉を借りればまさに「自由だ〜」

もしかしたら、その「壁」はその人にとっての壁かもしれないし、
本人の努力次第で登れる壁かもしれないし、打ち破れる
壁かもしれない。真実はいつも一つと決めないで、自分なりの正解を
求めてほしい。できる限り、自分の意志で生きてほしいと思うのだ。
前述したウグイスも、いつかは
「ホーホケキョ ♪」と澄んだ朝にふさわしい音楽を奏でる日が
くると信じたい。

夢をかなえるのは、あくまで本人の意思なりそれを支える人の想いなり
心だと思う。過度の押し付けは困るが、「信じてくれている」
と思える人が広いこの世界で自分以外に一人でもいる人は仕合せだ。

才能と言う名の芽は、今日花開くかもしれないし、もしかしたら
10年後に開くかもしれない。ひょっとしたら、死ぬまで開かない
かもしれない。ただ、はっきりしていることがある。

努力した人間が皆報われるか?と問われたら「いいえ」と答えるが
世界で活躍している人は、努力を続けてきたし、努力し続けている。
だからすべからく自分なりにやってみるべし。
世の中に転がっている一番大きな才能は、
「努力する」ことか「謙虚である」ことな気がする。

結論は、「鳴くのをやめると、泣く意味が無くなる!」
(努力することをやめると、本当の意味での成長と感動はない!)
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。