2008年03月14日

「ファイヤーゲーム」

消防士、め組の人はかっこいい。
火事が起こりやすい日本において、これらの職業の支持率が
高いのは肯ける。昨日、職場で防災訓練があったので……。

「つまり、火事というのは火の不始末から起こります。
たとえば、タバコの火を消さずにそのままポイ捨てしたり、
家庭や河原の焚き火によっバラバラバラ……」

せっかく、消防署の方が訓戒を述べているのだが、折りしも
ヘリコプターが通って聞こえない。しかも、消防署の方の
後ろでは、すずめがチュンチュン、カラスがカァカァ鳴いて
いやがる。あいつら、ゼッタイKYだよ。集中できないよ。
いわゆる、笑ってはいけない場面の時ほど、笑ってしまうような
ことや思い出し笑いをしそうになる。

その後、消火器の使い方、レバーを外して、ノズルの先のほうを
持ちながら、目標物(火)に向かって放つべし……という指導を
受ける。握力の関係で女性は、体重をかけるようにグリップを
握るといいらしい。 窒息消火だったかな……。

その後、放水作業に入る。あの水がブシャーと出る放水作業を
体験しました。そうですね、はじめ水がすごい勢いで出る瞬間の
反動はものすごいものがあります。体重を後ろにかけるのでなく
やや前かがみに持っていき、一人ではなく、2〜3人で行います。
私は、補助していただきながらブシューと発射。こ、これは……

か・い・か・ん! 薬師丸さんの名フレーズが浮かんできます。

子供の頃、ホースで水を打ちまくるのが楽しかったことを思い出しました。
しかも、威力が比じゃありませんからね。こんなすごいので
鎮火できない火って相当なものです。これを30分とかしてると、
すごく疲れる……とは消防署の方の言葉ですが確かにその通りです。

火事なんて、なければない方がいいですからね。
しかし、小便小僧のモチーフが爆弾をおしっこで鎮火した少年の勇気
を称えて世界中に広がったって……嘘みたいなホントの話。
ただの下品なオブジェだと思っていたのに。
まぁ嫌いなんですが。その内、座りション小僧とか出てきますよ。
クリリンさん、せっかくいい話だったのに……。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。