2008年03月11日

「法改正?崩壊制?」

ある社会地位だけは高い人が、「成人年齢を18歳にしよう」
と唱えていた。私は反対だ。

「欧米では、18歳が成人年齢なのだよ……」と言うが、
日本においては、よくて7かけと言われる精神年齢の
「見た目は大人、中身は子供」の逆コナン君が増殖中。

※ 7かけ 実際の年齢に0,7をかけたほどの精神年齢
     にしか達していないという説。

  20歳なら14歳。30歳なら21歳。40歳なら28歳……となる。

最近じゃあ、神様のいたずらで小・中学生のたましいが
入りこんでしまったとしか思えない中高年がうじゃうじゃ。
親と子のたましいが入れ替わって……といった、ドラマ・映画
マンガがあるが、最近じゃあ下手すると差がないんじゃないか。
先に生まれただけの「先生」や、先に生まれた輩の「先輩」ばかり
の世の中。そういえば、高校の校長が「脅迫」で捕まっていた。
埼玉の恥部。うん、生まれてこなければよかったのに。

これじゃあ、まともな「大人」が生まれるはずがない。
だって社会にいる「大人」の絶対数が少ないのだから。

「18歳を成人にしたい」を考えた場合、やはり「税金」が
からんでいると考えるのが妥当であろう。

日本の借金はざっと800兆円ほどある。
800,000,000,000,000円。
ゼロには無限の可能性があるが、この数字はすべての
可能性を摘み取るのに十分と言える脅威の数字だと思う。

いつ崩壊してもおかしくない、パンク状態でありながら
増税を据え置きしてきた結果、明日には崩壊しかねない状況に。

当然日本は、「増税」するべきだった。
公務員や議員のの国賊行為を、強く罰するべきであった。
そんな中、「ゆとり教育」を提唱し、実行していたのだから謎だ。
だって、「ゆとり教育」を提唱したメンバーは、もっとも
勉強してその時の地位を確立したいわば「勤勉」メンバー
のはずだ。そういったメンバーが、なぜにこの制度を
推し進めていったのか?うがった見方をするなら、国民から
「思考力」を奪って、「政治」とか「社会」に対する関心を
持たないようにしむけたのではないか?
また、彼らがしょーもない政策を採ったり、失敗・失言・
違法行為を繰り返すのは、政治に失望させることで、
より政治に興味を抱かせなくさせる陰謀かもしれない。
あと、民主党はいつになったら「代替案」なり党の方針なりを
表明するのかな。あれじゃ、小学校・中学校の学級会で、
文句と不満だけたれている輩と変わらない。
あんなのが、仕事をしている一般人よりも多くお金を
もらっている。しかも「税金」なのだから、
この構造事態が「崩壊制」だと思う。
野党というよりも、国民から金を巻き上げていく「夜盗」だ。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。