2008年03月05日

「別人28号」

暇な時間、己のプライドと貴重な時間、心血を注いで
くだらないことを考えています。

芸能人でも、マンガのキャラでも小説のキャラでも別人
になるいわゆる「ジキルとハイド的」なキャラが多いもの
です。別な意味でもネ。
補足:「ジキル博士とハイド氏」、「ジキール博士とハイド氏」
   
   人間の持つ、二重人格を描いた名作小説。
   小説ではクスリを飲むと、人格者ジキルが凶悪なハイド氏に
   変貌。「ドラえもん」でも、このアイディアが生かされ、
   クスリを飲んだのび太は一辺。ドラえもんのひげが気にいら
   ないと引っ張り出す。

さて、別人28号の話です。

「あやや」。
彼女はね。もう見た目が、ガンガン変わっていきましたね。
細面だった顔が、丸顔になっていき、一世を風靡しましたね。
「逢うたびに君は美しくなる ♪」(小椋佳 おぐらけい)……。
一昔前に内田有紀が整形したとかしないとかの時とは、
世間の「整形手術」に対する認識は明らかに変貌を遂げています。
あややの顔のように……。

「クレしん」のマサオ君のママ
これは、コミックスの初期の顔とその後のマサオ君そっくりの
ママの顔を見た時、100%別人だろという作者に対するつっこみ。
元々、いいかげんな作者と担当のせいで、マサオ君のママが
別人になっています。

「ズッコケシリーズ」のハカセの妹道子とモーちゃんの姉タエ子
同様に、ズッコケ三人組シリーズの登場人物である2人も
大幅に顔が変わっています。私のもうひとつの方のブログでは、
ズッコケシリーズ既に30作品ばかり紹介しているのでよかったら
観てやってください。「汗牛充棟法違反」です。ちなみに、この
ブログとマンガとか、初期の内容がかぶっている所があります。

「かっこいいジャイアン」(=きれいなジャイアン)
泉にオノを落としたきこりの前に、泉の女神が現われ、
「あなたが落としたのは金の斧、銀の斧、ふつうの斧ですか」
と尋ねてきて、「ふつうの斧です」と正直に告白したきこりが
3本の斧をもらったという出来過ぎ君的な物語。
ドラえもんでは、正直に答えてもいい方しか手に入らない。
泉に落ちたジャイアン。ドラえもんとのび太は、
「ばっちいジャイアンを落とした」と正直に告白したので
「かっこいいジャイアン」を手に入れました。
えっ、ばっちい方はどうなったかって?
泉の底に引きずりこまれて……。

「覆面作家は二人いる」(北村薫)
主人公の性格は豹変。
片一方は、上品なお嬢様。
片一方は、拳法の達人にして、虎のような剛毅な性格。

実在の人物:ビリーミリガン
歴史的な殺人犯にして、多重人格者。
一人の人間の中に20人以上の人格が、介在していたという
途方もない話。
その複雑怪奇な実態に関しては、「アルジャーノンに花束を」
で有名なダニエル・キイスが描いている。
「ビリーミリガン」シリーズより。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。