2008年03月02日

漫画『チクサクコール』うすた京介

うすた京介の短編集。

「もうちょっと右だったらストライク」

審判を養成する「うなれ俺のフエ学園」の校長に
「50年に一人の逸材」と言わしめた村山音人が
やってきた。不自然な会話や、不自然な野球試合が
展開される中、村山音人と学園のエース生側木の
変てこな対決が始まる。意味不明系ギャグマンガ。

「それゆけ未確認飛行物体男」

地球の平和を守るため、白タイツに身を包み戦う
変態「UFOマン」の愛と勇気の物語。
「おれは強いぞ」というハッタリだけが武器という
変なヒーローであり、ピューと吹くジャガーに
通じるものがある作品。でもジャガーよりは薄味。
また、マサルのだばだば動きが生まれた作品でもある。

「男一匹セニョリータ」

夏休み前と言えば「転校」。そう思って、「県立鼻高校」の
前にやってきた革ジャンの男は「磯野カツ○」だった。
あやしげな言動をする磯野は、クラスメイトの中島に恋をする。
浮かれ気味の磯野に死の宣告が。
「あさってから期末テストだ」
しまった。くそ、何でこんな時期に……と苦悩する姿は
バカそのもの。彼は、仕方がないので夜の職員室で勉強する
ことにした。おそらく、ジャンプに載せるのならこの作品が
一番可能性が高そう……というおすすめ作品。

「忍者部隊ゲンバリングボイ」

見た目も中身も不良江戸川頑馬は、好きになったテニス部の
先輩と仲良くなるために転校してきた。
「暴力はきらい」という先輩の言葉を胸に、必死で暴力を
ふるわないように我慢する頑馬だったが、先輩をおとしめる
「事件」が起こる。なぜか、忍者にされた頑馬は暴力を
ふるわずに耐えられるのか?いい話であり、これは
同著「武士沢レシーブ」(ヒーローもの、ギャグ要素少ない、
打ち切りくらって突然終わった)の基となった作品と言えそうだ。
ちなみに、武士沢レシーブはダメダメな作品だ。

他に、6編を含む全10作品の短編集。分厚い。
マサルさん、ジャガーが好きなうすたファンには特におすすめ。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。