2008年01月10日

漫画『賭博黙示録カイジ』福本伸行

伊藤開司(カイジ)は、ギャンブル大好きで働きもせずその日暮らし。
ストレスが昂じると、違法駐車している高級車にイタズラをして
うさを晴らすというちっぽけなダメ人間だ。

連帯保証人になっていたカイジの所に、遠藤というサラ金業者が
やってきて、385万円払えと言ってきた。14ヶ月前の借金は、30万円
だったが、月20パーセントの違法金利によって異常に膨れ上がって
いた。遠藤は、カイジにあやしげな「ギャンブル船」の話を
持ちかける。うまくすれば、カイジの借金はチャラになるばかりか、
1000万円、2000万円を持って船から降りられると言う。

それに伴うリスクも知らされるが、カイジは船に乗ることを選択。
だまされていたことも知らずに……。
ざわざわ……。悪夢のような戦いが始まる。

カイジは知らなかった。裏の世界に潜む、絶対的な悪魔の存在を。
カイジは知ることになる。
自分に隠されていた能力と、人間の裏の顔を。
そして、自分自身の道は必ず自分で切り開いて行かなければ
いけないという事実を……。

絶対おすすめのカイジシリーズ第一弾。全13巻。

「じゃんけんゲーム」、「命がけ!人間綱渡り」、
「市民・皇帝・奴隷ゲーム」、「大ボス兵藤との対決」を描いた
シリーズ最高傑作。

「じゃんけんゲーム」を筆頭に、アイディアがすごい。

あと、辛辣なようで本質をついた発言をする悪役たちと、
窮地に追い込まれた時のカイジのひらめき・発想がすごい。

あれだけの頭脳を有するカイジだが、実生活ではその能力を
活かせそうにないなぁ……と思う。もったいない話だ。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。