2007年12月27日

漫画『火の鳥 望郷編」手塚治虫


火の鳥 6巻 望郷編

近未来。エデンといわれる小さな星に移住してきた一夫婦。

しかし、エデンは不毛な土地であり、夫は死んでしまい、
妻ロミはエデンで生き、子孫を残すことを決意する。

困難を不屈の精神で乗り切ったロミは、星の女王として、
人々から慕われていた。

歳月は流れ、ロミは望郷の思いにとらわれる。

彼女は、星で生まれた少年と共に地球へ向けて宇宙の旅に
出かける。不思議な生物や、植物に遭遇し、数々の危機を
乗り切りながら、壮大な冒険の旅は続く。

エデンの歴史を作るロミの力強さと、ノスタルジアを抱いて
しまう気持ちに共感を覚える。「星の王子さま」の引用もよい。

切ないストーリーとSF色の強いおすすめの一冊。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガの神様の『火の鳥』  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。