2007年12月25日

漫画『火の鳥 鳳凰編』手塚治虫


4巻 火の鳥 鳳凰編

生まれおちたその日に、父と片腕を失った我王。

青年になった我王は、村人一家を殺し、逃亡の際
出会った彫刻仏師茜丸の片腕をねたみから切り落とす。

山賊の頭となり、悪の道を突き進む我王だったが、
ひとつの事件から大きく生まれ変わる。

喪失感、理不尽、命の儚さと尊さを知った我王は、
その怒りのエネルギーをやがて彫刻にぶつける。

また、茜丸も血のにじむ修行を積み、やがて我王との
宿命の対決を迎える。

火の鳥の中でも最高傑作だと思います。個人的には、
我王が火の鳥の中で一番好きなキャラクター。

我王の子孫(先祖)は、火の鳥作品のキーパーソンと
してちょくちょく登場します。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガの神様の『火の鳥』  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。