2007年12月23日

「お笑いって奥がふかいなぁ」

今日は、M1を観てたわけです。

で、まず決勝進出メンバーの中に、意外な二組がいまして
(悪い意味で)実力的にこの二組はどうなのかな?と
思っていたわけです。ちなみに僕と兄の中で「四天王」
(悪い意味で)と呼んでいて、かなり固い評価が定まって
いたわけです。

結論を言えば、その二組は僕たちの想像以上にずっと
おもしろかったわけです。注意しておきたいのは
はじめから期待していなかった分だけいい意味で期待を
裏切ってくれたからです。

逆に期待していたのに、期待を裏切った組もありました。
期待が大きいと自分の考えてる以上のものじゃないと、
人は納得しないと思うのですが、決勝の第一ステージの
結果(採点)にそれが如実に現われていた気がします。

まぁ、心からおもしろいなぁと思ったのは決勝に残った
三組です。その内2組は、すでに観たことのあるネタだった
のにも関わらず、やっぱり大笑いしてしまいました。

「次元が違った」気がしました。

最終ステージだけを観たら、トータルテンボスが優れていた
気がしますが、やはりサンドウィッチマンの第一ステージでの
おもしろさを審査員達たちが推したんだと思います。

キングコングは、第一ステージだけだったら優勝するチャンスが
あったなぁと思います。緊張してるのがビンビン伝わってきました。

ちなみに、最近のお笑い番組格付け(独断と偏見に基づく)

1位  爆笑オンエアバトル
2位  レッドカーペット
3位  笑いが一番





16位  セロテープ
17位  落っこちた箸
18位  エンタの神様

注:ランキングに「セロテープ」とあった場合は、
  まんが「ピューと吹くジャガーさん」のネタのことです。
  
  まんが「かってに改造」や「さよなら 絶望先生」では、
  こういったネタ(身内ネタ、一部のみ爆笑ネタ)が頻繁に
  登場するので、そのネタに関するガイドサイトが出る始末。
  
  17歳くらいの女の子は、「箸が落っこちた」だけでも
  笑うと言われますが、「そんな奴はおらんやろう」と
  言いたくなります。エンタは、もう少しまともに人選
  した方がいい気がします。

オンバトが、ずーっとおもしろいのは確かです。
どんなにおもしろくない時でも、2〜3組は爆笑させて
くれるので、エンタよりも遙かに上質な番組と言えます。

「流れ星」、「タイムマシーン3号」、「磁石」、「U字工事」
「ウメ」あたりは、指図されずに自分たちのペースで出演
すれば、一気にエンタの顔になる気がします。
「流れ星」がエンタに出ないのは、自分たちの意思によるもの
なのか、それとも事務所が弱いからなのかがわかりません。

「エンタ」は、オンバトの人気者が出演する番組から
オンバトに毎回落ちるようなお笑い芸人が出演する番組に
なりつつあります。

エンタに出ると、お笑い芸人は芸の「しばり」をされるので、
本来のおもしろさを発揮できていないような気がします。

日によっては、「笑いが一番」がめちゃくちゃおもしろかったり
します。若手お笑い芸人+演芸+落語家という、チョイスも
またよし。しょこたんとこぶ平は、いらないと思いますが。
(昔は、30分フルでやっていた伝説の番組)   
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 安寿の加齢なる日常(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。