2007年12月22日

マンガ『きょうの猫村さん』ほしよりこ




猫村さんは、猫なのに家政婦であり、働き者である。

洗濯、料理、掃除などを見事にこなし、得意技は、
マッサージ。趣味は、連続ドラマを観ることである。

師走のこの時期は、まさに「猫の手」を借りたいと言うが、
猫村さんほどの頑張り屋なら引く手あまたであろう。

物語のあらすじとしては、なぜか家政婦となった猫村さんが
(本編には、その理由が語られています)
大金持ちなのだが、いろいろと家庭の事情を抱える家に
仕事に出かけ、すさんだ非行少女に「愛情」をもって接し、
心を開かせていくというほのぼのとした物語。

また、本編とは関係なく、猫村さんが仲間である家政婦さん
たちと観ている妙に設定に凝った連続ドラマシリーズを
テレビで観ているシーンがあるが、はっきり言って、
本編よりもテレビでやっているドラマの方がおもしろい

線が細く、字が手書きであり、しかも漢字間違いが多いのが
特徴の、まぁそこそこおすすめのマンガ。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆のおすすめcomic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。