2007年12月16日

漫画『勇者への道』柴田亜美

柴田亜美が、身を削り描く4コマギャグマンガ。

漫画家の苦悩や、自虐ネタ、
アシスタントとの確執、罵りあい、
編集者との付き合い方などを
ブラックユーモア溢れる内容で
しっかりと描いた迷作&怪作。

(ごく一部の方に)注目のその内容をピックアップ
 
・自分がやっているキャラのホモ同人誌が送られてきた声優の悲劇。

・自分が書いている漫画のホモ同人誌をもらった漫画家の悲劇。 

・仕事をしているものと信じていた担当作家の同人誌を
 イベントで発見した編集の悲劇。
 
・締め切りのため、4日間寝ていない漫画家A.Sの悲劇。

・「年末進行」の恐怖。
  →編集者が、年度末の頃になるといつもより早く原稿を
   要求してくること。「師走」というが、売れっ子の漫画家は
   運送業・一部の小売業・熱心な受験生など同様に超がつく
   ほど忙しいようだ。その女多忙につき。

・A.S先生とアシスタントたちの確執をユニークに描く。
  →「ろくでなしの漫画家」、「サブ作家」と呼ばれる。
  →「極悪非道のアシスタント軍団」と呼び返す。

・10社前後から、合計月約150ページの仕事を受けるという無謀。



柴田亜美名作劇場「兄貴の宇宙」、「兄貴の空」も収録。

名作と言うより迷作。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆のおすすめcomic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。