2007年12月15日

漫画『20世紀少年 21世紀少年』浦沢直樹


大人になって、楽しかったり、ほろ苦かったりした小学生時代を
思い出す主人公ケンヂたち。しかし、彼らの知らない所で、
ケンヂたちをよく知る「ともだち」が不穏な動きを行っています。

「ともだち」は、あやしい新興宗教のような、不気味な組織を作り、人々をマインドコントロールしていき、その勢力は日本の政治に
影響を与えるレベルにまで達しています。

正義の味方が活躍するには、悪が必要。子供時代に自分が書いた
「予言の書」通りのことが実行されていることに気付いたケンヂは
「ともだち」は、少年時代に自分の近くにいた人物だと気付きます。

学生時代にロックに影響され、その後パッとしない道を歩んでいた
ケンヂは、友達ドンキーの「想い」を胸に立ち上がります。

ケンヂの呼びかけによって、かつてのクラスメイトたちもかけつけ、彼ら・彼女らは、「ともだち」との戦いに乗り出します。

巨大化・増殖していく「ともだち」の存在に対して、ケンヂ、
カンナ(ケンヂの姪)、ユキジ、ヨシツネ、ショウグンといった
魅力的なキャラクターは、奮闘しますが……。

現在と過去をリンクさせながら、長く切ない戦いはついに完結を
迎えます。ケンヂは、カンナは、ユキジは、そしてともだちは……。

20世紀少年 全22巻。
21世紀少年 上・下巻。
      上が23巻、下が24巻。

感想:爆発的なおもしろさである。このワクワク感と、ドキドキ感、
   深い感動は絶対おすすめ。中盤あたりまでは、文句なく名作。
   でもラスト(オチ)は、イマイチ。
   「ともだち」の謎解きに関しては、伏線がしっかり張ってあり
   とりあえず納得できました。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 16:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 浦沢直樹『MONSTER』他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

20世紀少年浦沢直樹
Excerpt: 紹介文高度成長による「夢と希望」に満ちあふれていた時代から、一転して経済は停滞しオカルトブームが起き、世界滅亡の空気まで漂いはじめた、1970年前後。そんな時代に少年たちが...
Weblog: ばみの乱読日記 と猫雑貨。
Tracked: 2010-05-23 10:39



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。