2007年12月15日

漫画『のび太とアニマル惑星』藤子・F・不二雄

大長編ドラえもん10作目。

不思議なもやを抜けると、進化した動物たちの楽園だった。

美しい自然とメルヘンがあふれるアニマルプラネットを
心ゆくまで堪能するのび太たちであったが、
月の悪魔こと「ニムゲ」がこれをねたみ、侵略を企てる。

ドラえもんたちは、楽園を守るためにこれを迎え撃つ。

ココに注目!

・幸運ののび太(本作品に限り)と災難続きのジャイアン

・ドラえもんの鈴
  「ネコ集めすず」。しかし、壊れていて効果がなかった。
  大長編では、小型カメラを内蔵した新品の鈴にパワーアップ。
  ドラえもんいわく、
  「ぼくがいくら中古ロボットでも、新品の部品と
   とりかえることもあるの!!」
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:38| Comment(1) | TrackBack(0) | ドラえもん・大長編ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは‼映画ドラえもんのアニマル惑星を知って好きでリメイクして欲しい人に質問します‼どういう風にして欲しいですか?
(1)カットして欲しいシーン
(2)追加して欲しいシーン
(3)変更して欲しいシーン
(4)リメイク版の序盤
(5)リメイク版の中盤 
(6)リメイク版の終盤
(7)リメイク版の前ドラえもん映画の後の予告編
(8)旧作で府に落ちないシーン
(9)旧作の好きなシーン
(10)旧作のトラウマシーン
(11)リメイク版の作画
(12)リメイク版の監督
(13)リメイク版のゲストの声優
(14)原作や旧作に出なかった道具
Posted by アルコール at 2018年09月16日 23:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。