2007年12月06日

漫画『のび太の海底鬼岩城』藤子不二雄

大長編ドラえもん第4弾。

夏休みに、山に行くか海に行くかでもめる4人。
ドラえもんは、両方の意見を聞き入れ、
海底の山に登ることを提案する。深海の暗さや、
水圧の問題は「テキオー灯」を使うことでクリア。

深海で大量の財宝が発見されたというニュースを
聞き、色めきだつスネ夫とジャイアン。
あわよくば、20兆円とされる宝物を手に入れたい。
ドラえもんの機嫌をとり、チャンスをうかがう(笑)

5人は、見たこともない海の生き物に大興奮。
5人が冒険する海底は、深さ10000メートル!

途中から、ナビを兼ねた口の悪いバギーカーで探検を
始める。宝物を狙う、ジャイアンたちの暴走によって、
結果的に海底人たちの存在が確認される。

海底にたたずむ鬼岩城のポセイドンによって、
世界破滅の危機が訪れることを知った5人は、
勇敢にも鬼岩城に潜入する。

ここが見所!

しずちゃんとバギーに生まれた信頼関係。
生意気で口の悪いバギーに不満を持つ4人に
対して、しずちゃんだけはバギーをかばう。
バギーは、海底の冒険に乗り気でなかったが
しずちゃんにだけは露骨に甘えた度(笑)

不思議なバミューダトライアングル。
大西洋の、北アメリカと南アメリカの近くに
存在する三角形の危険地帯。昔から事故多発
地帯であり、数々の船が沈没。鍵を握るのは、
本作で登場する伝説のアトランティス大陸と、
ムー大陸。そういえば、「ダイの大冒険」にも
鬼岩城がありますね。ルパンは「奇巌城」。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん・大長編ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。