2007年12月04日

漫画『のび太の恐竜』藤子不二雄

のび太が、恐竜の卵を大発見。ドラえもんのタイムふろしきで
卵をかえすことに成功。のび太は、ドラえもんと力を合わせ
恐竜「ピー助」を育てます。のび太の愛情が通じたのか、
かわいらしくピー助はなつきます。

ピー助の存在が、ニュースで流れ出したことと謎の男の介入もあり、のび太はピー助を一億年前の白亜紀に返す決心をするのでした。

白亜紀の世界で、5人の友情と個性がさくれつ。読み終わった後、
優しい気持ちになれるおすすめの大冒険。

特色は、のび太がかっこいい。大長編では主人公のび太が大活躍。
ジャイアンの危機を救い、しずちゃんに対する想いをつぶやく。

のび太に呼応するかのように、前半のび太をいじめていたジャイアンもいい奴になります。スネ夫も、自分の持ち味を出していますね。

一億年前の白亜紀の支配者恐竜たちの迫力や、動植物を巧みに再現。動物が好きなのび太の確かな「愛情」が心地よい大長編1作目。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラえもん・大長編ドラえもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。