2021年02月24日

漫画『阿波連さんははかれない』水あさと

人との距離が測れない阿波連さんと天然なライドウ君との計り知れない学園ラブコメ。無表情最強コンビの何気ない日常に心が癒されること請け合い。二人の関係はもはや恋というよりも愛だよね。ちっちゃくてかわいい阿波連さんに対する保護欲(父性)を発揮するライドウ君が父と子、『よつばと!』のとーちゃんとよつばみたいな関係になって色々がんばる。だが空回りしていることも多い。淡々としているように見える阿波連さんだけど、言動がなんというか最高なんだよね。甘えるときは全力で甘える。信頼した相手には全力で応える。それは大城さんにも言えることだけど、そこにはいわゆる見返りとか打算とかが見えない。純粋無垢な愛情ややさしさが作品から醸し出されていて、読んでいて心が癒されるギャグマンガ。
DSC_0626.jpg

高校生のライドウくんは無表情でとっつきにくいので友達がいない。ともだち100人作りたいなぁと思っていたが、そんなに急に変われない。隣の席のちっちゃい阿波連さんとはまともにしゃべった記憶がない。そもそも言葉を返してもらえない。そんな日々を送っていたが、あることがきっかけで急に阿波連さんと仲良くなる。あれ、でもこの子接近しすぎじゃね?やたら密着してくるし。阿波連さんは人(同級生)との距離を急接近させすぎるので、怖がられともだちがいない。(ストーカーのような大城さんという守護者、まぁともだちかは例外として)心を許した相手に対しては、幼児のように全力で距離をつめてくる。変わり者同士の二人は、信頼しあい一見カップル、よく観察すると親子のような密な関係となり行動を共にするように。

ラブコメなのでライドウ君は妄想癖を強く発揮するが、いわゆるエロ系には全くならない。秋の空のように爽やかなものである。そして一見阿波連さんがボケ、ライドウ君がツッコミのようだが、ライドウ君はド天然で思い込みが激しいので狙わずにボケ倒してくることも多い。ボケているが本人が気づいていないので、阿波連さんがゲッソリするほどフォローしていることもある。しかしこの絶妙な間合いというか距離感というか、不思議な関係性は独創的だと思う。全然違うようで波長が合うというか。いつもそばにいられる心地よさ、絶対に自分を受け入れてくれる存在、裏切らない相手。出会うべきして出会った運命の人っていうのはこういう二人なのかもしれないと思わせる清々しいラブコメ。ライドウ君が無表情で男前発言を繰り出して、阿波連さんが照れるコンボも好き。ジャンプコミックス+ 10巻〜 ☆☆☆☆
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:31| Comment(0) | ☆☆☆☆のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




全ての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログ
 をやっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 犬と猫、フクロウ、
 音楽鑑賞と読書、
 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんでした
 そして、
 実際なりませんでした。