2020年12月31日

漫画『森林王者モリキング』長谷川智広

世界の王者森林王候補のモリキングと藍川家の ひと夏の思い出を描いたギャグマンガ。

虫が大好きな少年藍川翔太が飼っていたカブトムシの 幼虫が羽化した瞬間、ムダにイケメンな頭に角を生やした 人型全裸の男(超人)が爆誕した。何故か人語を発し、 自分は数億年に一回現れるという森林王候補の一人だと言う。 翔太は彼を家族に迎えたいと熱望するが、姉勝子は拒絶。 しかし、結局ほだされてモリキングは藍川家のペットとして 飼われることとなり、家族の一員として扱われることになった。

森林王候補の一人とされるモリキングは近所で人気者に。 そして、彼以外の候補者(超人)たちもぞくぞくと登場し、 藍川家の生活は激変。気づけば2巻までで4人の候補が登場し、 ギャグマンガならではの緩いバトルや対決が繰り広げられ なぁなぁに事が収まる。しかし、おそらく未だ登場していない クワガタ型超人候補はわかりやすい世紀末覇者タイプだ。 激闘は必至…なのか?今のところ、前作 『青春兵器ナンバーワン』のような爆発的なおもしろさは 発揮していないが、明らかに小学生層に向けた内容を維持できれば、案外コミックスが出るかもしれない。 個人的に応援している先生なのでがんばってほしい。
週刊少年ジャンプ 2巻〜 ☆☆☆+
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:06| Comment(0) | ☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。