2020年12月09日

漫画『チェンソーマン』藤本タツキ

悪魔とデビルハンターの戦いを描いたぶっ飛んだ世界観、
キャラたちが魅力のバトルファンタジー漫画。
主人公のデンジや魔神のパワー、魔女マキマ、登場キャラの
言動が全く読めない所に新鮮さや引き込まれる部分がある。
一見勢いで描いていそうで、繊細なエピソードも盛り込むなど
演出力が高い。本能のままに生きていそうなデンジの純粋な部分や、
ポチタとの絆(そして開けてはいけない謎の扉の描写)
などがどのように語られていくのかすごく楽しみだ。
それにしてもここまで女性からひどい扱いを受けた主人公が
未だかつていただろうか?というか、同情を禁じ得ない。

DSC_0593.jpg


現代日本の世界に悪魔が存在し、人間達はそれを認識している。
悪魔は人間を襲うが、人間と「契約」を結び、強い力を与える。
だが身体の一部や寿命などを差し出す対価を求めてくる。
契約の効力は強く、一方が契約を守ったのに一方が破棄すると
命を落とすことになる。あの国にも適用されればいいのに…。
また、悪魔は人間の血を飲むと身体が回復したり、
人間の恐怖によって強さが増すなどの特徴を持つ。
人の姿をし、悪魔の能力を有する魔人も存在するが、
単純に人に似ているから味方というわけではない。
魔人は人の遺体に悪魔が乗り移った存在である。

犬にチェンソーが刺さった形態の犬型の悪魔ポチタと暮らす
デンジが主人公。父の多額の借金を背負い、ヤクザに飼われ
犬のように働くデンジは最底辺の生活を送っていた。
唯一の友達はポチタであり、他人から人間扱いされたことはない。
だから幸せに対する沸点が恐ろしく低いのである。

ヤクザの裏切りに遭い、殺されたデンジだったが
心を通わせた盟友ポチタの心臓を与えられ復活した。
チェンソーマンとして力を発揮するとき、それは悪魔ですら
恐怖の対象となるほどの戦闘力を有するのだった。
但し自分の身体も傷つけてしまう諸刃の剣でもあるので
ここぞの場面でしか使わない方がいい。

自由を手に入れたデンジだったが、デビルハンター組織
公安対魔特異4課のボスのマキマさんに保護される。
初めて人間扱いされたデンジは、マキマさんの魔女的色香に
すっかりたぶらかされてしまう。
彼女の犬となり公安のデビルハンターを始めることに。

衣食住が確保されしあわせを噛みしめるデンジだったが
命を落とす者が後を絶たないこの仕事を先輩早川アキは
早々に辞めるべきだと暴力を用い説得してきた。
アキは自分の家族を殺した『銃の悪魔』を滅ぼしたい。
その復讐のためにそれが最終目標である4課に入ったのだ。

『銃の悪魔』は13年前に世界中に現れ上陸した先々で
人の命を奪っていた。被害者は120万人弱とされる。
人の恐怖によって悪魔は強くなるので、この事件を
契機に悪魔たちはより強くなってしまった。
銃の悪魔が残した身体の一部を悪魔が取り込むと強くなる。
これを回収するとくっつき合う性質がある、
ある程度の大きさになると、行方不明の銃の悪魔本体に
向かうと推測されるのでハンターはこれを集めている。

女性の胸が揉めるならどんな危険も顧みず悪魔と戦う!
そんな男の中の男(まぁ健全だよねw)のデンジ君だったが、
それを体験しても期待していたほどの感動はなかった。
戦う意欲をなくし喪失感を打ちひしがれるデンジだったが、
銃の悪魔を倒したらマキマさんがどんな願いでも聞いてくれる
という甘美な約束を俄然やる気を取り戻す。ゲンキンな奴だ。
基本的にデンジ君が頑張るのは性欲がらみである。

虚言癖、嘘乳、動物的で差別主義者、自己都合解釈の天才。
おまけに勝手にポイントカードを使う最悪の魔人パワーや
マジメでヒロイズム、薄幸剣士的なアキ先輩、
読者に濃いインパクトを与え続ける姫野、
本当は一番ヤバい奴なんじゃないかと思わせるコベニ、
そしてミステリアスで悪魔的な能力を持つマキマらは
凶悪な悪魔たちとの戦いに勝ち残れるのか?

物語の展開上、主要キャラクターがあっさり命を落としそうで
それがまたスリリング。読者に強い印象を残す作品だと思う。
あとこの世界のハロウィンは怖すぎる!
少年ジャンプコミックス ☆☆☆☆★ 10巻〜
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:40| Comment(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。