2020年11月25日

漫画『100日後に死ぬワニ』きくちゆうき

擬人化されたワニ、ねずみ、モグラ?などの何気ない日常を
描きながらラストがタイトルでネタバレしている4コマ漫画。

4コマの終わりに「死ぬまであと○○日」とカウントダウン、
ラーメンを仲間と食べたり、先輩ワニに恋する主人公の姿や
特に意識せず言ってしまっているひどい言葉や死に対する
思いなどが吐露されていて、考えさせられる内容。
描いていた未来や予定、体験するはずだった諸々が
なくなってしまう喪失感、残された者たちの思い。

DSC_0591.jpg


サドンデスは生きとし生けるもの誰もに起こる身近なことだ。
でもそれを意識している者は少ない。特に若者は。
主人公、そして親友のネズミが見せる友情、
「死んだらあげるよ」
「冗談でもそれは言うなよ」
というセリフが印象的。
(この物語をあえて深読みすると、ネズミ君がワニ君の宝物を
手に入れるために事故を装って抹殺し、手中に収めた!
という裏読みもできる。某推理小説の殺人の動機的な発想)

月並だけど優れたキャラクターというのは、
死んでも読者の心に残るんだなぁ。
ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル
ラベル:4コマ漫画
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:25| Comment(0) | ☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。