2020年10月07日

【炎炎ノ消防隊 〜漫画名言集・迷言集〜】

俺も お前も一緒だ…
なんでガキの頃はうまく笑えてたのに
今は 素直に笑えなくなっちまったんだろうな

人の気持ちとか絆も カタチあるモノなのかな?
家族も いつか壊れちまうのかな?
俺たち三人は死んでも まだ家族だ 絆は壊れねェ
モノもそうだが 俺は そういう壊れない絆を作りてェ!
俺たち三人も壊れない家族だ
離れても 俺たちは壊れねェ家族だ

てめェのケツは まるでケツだぜ
ケツはケツらしくケツしてケツが!!

このまま持って帰っちゃおうかしら…

シンラの裸ァ〜…
あぁ〜シンラのカレンダーは見たい…
見たいけど… しかし… 見つかってしまう…
シンラの魅力に世間が気がついてしまう…
そうなれば私だけのシンラではなくなってしまう…

※ 複雑なファン心理…

盗撮… 作り物の体… 砂利軍団
これに負ける第8ってどうなんですか

失敗しないための努力を…
成功させる勇気を!!
どう足掻いたって俺に悪魔はついて回る
だったら俺は悪にとっての悪魔になる!!

もっと生きたくて助かりたかった人たちが
死んでるんだぞ!!
それなのにお前は自らの命を粗末にする!!
命をなんだと思ってる!

自分の弱さを認めて 助けを求めるのも勇気の一つだぜ

神にすがって祈るだけで救われるのか?
もっと明確な何かが見たい
この世の悪意… 宗教 政治…
人間の善意を都合よく操作し
世界をより良いクソに導いていく
俺は世界が知りてェ… 
なんで世界はクソなのか 真実が見たいんだ!

失った片目のように真実は闇の中だ
片目があれば真実だって見えんだろ

今のお前の評価は底辺だけどな

メカはロマンだ!早々わかってたまるか!!
メカに女の名前をつけて 
カワイ子ちゃんとかいう奴は
ただのスケベだ!!ドスケベ!!

社畜に夢はない
転職するか

男ってのは心は幼いままなのに
なぜ無駄に強くなろうとするのか…

もういい もうこれ以上強くなるな
俺は弱い者をいたぶりたい
お前は まだ子供だろ? だから強くなるな
何を焦る必要がある
いたぶりたくなるような弱さを大事にしろ
それはとても貴重で儚いものだ

母も父も僕に過度な期待をするんです…
僕にならできると
できないとすごく残念がるんです…
それがすごく怖かった…

最前線で肉の壁にしてました

能力だけじゃなく志も 消防隊に向いていると思います

見てみろ あのバカ
下っ端のくせに いつもお誕生日席に居座るんだぜ
お前も堂々としてろよ

自分の命を軽んじるような奴じゃダメだ
人も自分の命も大切にできる 真に強い隊員が必要なんだ
この第8がどんな隊になるか今から楽しみだ

人間も国も世界も簡単に信用するモンじゃねェ

黙れ!! 俺たちは逆賊だぞ!!
箱乗りだろうと何したっていいんだ!!

だから走行中は立つなと いつも言っていただろ

肩にマッチボックス乗っけてんのかい!!

(彼の)死はドMということもあり
自殺として処理されることになった

お前達の攻撃は 全て受けてやる…
それが私の責務だ
呆れるくらい不自由な男だ あんたは

どうしていいかわからないなら あがくしかないんだ!!
それとも あがきもせず肯定して従うだけの若者が
あんたのお望みか!?

自分は物心ついた頃には家族を…
大事な者を全て失ってしまった
だから自分には安い命も高い命もない…
みんな大事な命…
俺はみんなを救うヒーローになりたい!!
今でもそれは変わらない… だけど
絶対に守りたい大事な命がある

相手はアーサーだ
クオリティーは低くてもいい
とにかく知的レベルを下げろ! いいな?

お前は少し感じるな 考えろ

ムカついてんだよ 俺より偉い奴 強い奴…全部
片っ端からぶっ飛ばしてやりてェのさ
何が正しいとか知ったこっちゃねェんだ
俺より優遇されてる奴を潰して
俺より弱い奴を守ってやりてェ

DSC_0586.jpg


誰がやってくれるのを待ってちゃダメなんだ…
自分で戦わなくては大切なものを失ってしまう…
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:28| Comment(0) | ほぼ漫画名言集・迷言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。