2020年09月08日

【KFCにキレたり猫を悼んだり】

ラインにKFCから連絡あって、お得な予約販売セールするので
どうですか?とうたっていた。
オリジナルチキン4本、ナゲット5個、ポテトLで1000円。

確かに安い。これはお得だ。喜ばしい。
月曜〜木曜受付、金曜〜日曜に販売とのこと。
土曜の夜はケンタッキーにするかと思っていた。
のだが、次の日(今日)になったら、予約アクセスが集中し、
月曜日に受け付けた分のみ販売しますというお詫びのラインが。
はっきり言って迷惑だ。家族には土曜日にケンタッキー
買ってくると言ってしまったし、数量限定(という文言を
見た覚えないし)、それならそれで代替案が出ないもんかな?
たしか件のセットは定価1710円だったが、差額分まるまる
安くしろとは言わないが、多少割り引いてほしい。
誠意ってそういうもんでしょ。
格安クーポン発行するとか、500円分の買い物券を出すとか…。

ケンタッキーは今年高頻度でセールやっていて、そのとき
大量のチキンやナゲット、クリスピーのセットが格安で
それを通常販売で捌いていたので、今回も問題なくできる
見込みで発表(送信)してきたのだと思うけど、
う〜〜ん、お詫びだけされてもね、怒りは収まらないよ。
これはチキンの一本も食べないと収まらないよ。
いや、当分ダメかもね。握手ならぬ悪手だったと思うよ塩対応。

例えば、これはメールないしラインで、一方的に恋人になって、
返事は4日以内にしてね。
と言われて、次の日にOKの返事をしようとしたら
やっぱり気が変わった(状況が変わった)から付き合えない。
と言われるような理不尽な状況だと言っても過言じゃないと思う。
そんなのそちらの都合でしょという感じだ。
昔、ヤマダ電機という某会社がポイントカードの期限が迫っているから
ご活用くださいとメールしてきたので、使おうとしたら
ガラケーなので操作がわからない?
お客様サービス受付に行ってくれと慇懃無礼に言われた。
20分待っても誰も来ないのでこんな腹立てて二度と行くもんかと。
金輪際行かないと決めて5年位経ったかな。
よく怒りは6秒くらい我慢すると収まるって言うけど、
何が嫌いって待たされたり、時間取られることだからね。
こうやってブログに書いている時間も取られているわけだから。

猫はかわいい、愛猫のミイ21歳1ヶ月もかわいいけど、
お腹出しておさわり放題のノラ猫チビもかわいい。
チビの親も愛想がよくてお腹なでられたのだけど、
時にツメ出して、引っ掻いてくることあったので油断できない。
結構、引っ掻かれたな、血がにじむんだよ。結構痛い。

その子チビは当初警戒心高かったんだけど、着実になつかせ、
近くにいればとんできて、お腹なでて〜とすり寄ってくる。
腹なでると満足そうにゴロゴロ、平日の昼間からゴロゴロ。
二重の意味でゴロゴロしてた。かわいかった。

そのチビが子供を産んで、やっぱり他のノラ猫よりも
警戒心が低いのか、愛想がよくてなでられる。
でも立った状態だと流石に怖いのか逃げていく。
まぁ猫から見たら、人間なんて進撃の巨人みたいなもんだからね。
坂本勇人は巨人の遊撃手だけど、うん、まぁ全然関係ないんだけどね。
でも気長につきあっていたらチビのチビのなついて
腹なでられる日が来るかもと考えていたら楽しい。
昨日もアジの残りうまそうに食べていたしな。

何か、父が母にしゃべっているなぁと思っていたら、
そのチビが自動車にひかれて、父が庭に埋めたらしい。
あぁ、昨日なでてかわいがったのが最後か。悲哀。
チビはケンタッキーのチキンの残骸をおいしそうに食べていたっけ。
さよならってやだな、終わらなきゃいいのに。
急に終わることってあるんだよな。
急になくなることもあるんだよな。
今日はなんかうまくいかない日だな。家でじっとしてよう。
とりあえず愛犬たちの墓参りと猫の墓参りしてくるか。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 15:35| Comment(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。