2020年07月23日

漫画『スパイファミリー』遠藤達哉

スパイ、超能力者(テレパス)、殺し屋、予知能力を持つ
疑似家族たちが巻き起こすスパイコメディー漫画。

DSC_0566.jpg


国が東西に分裂し、10数年。
表面的には平和が保たれているが東西は冷戦状態。
かりそめのハリボテのような平和な世界だった。
「黄昏(たそがれ、誰そ彼れ)」(百の顔を持つ男、変装の名人)
こと西側のトップ諜報員ロイド・フォージャーに任務が下された。
東国の総裁ドノバン・デズモンドに近づくために、
一週間以内にこどもをつくり、名門イーデン校に入学させろ。

無理難題を押しつけられたロイドは孤児院で
人や動物の心を読む少女アーニャを引き取ることに。
アーニャはこの超能力でロイドに優秀だと思わせたが
基本的に表情豊かなスパイアニメ好きのアホな子。
しかし、学校の面接にはアーニャの母も必要だと知り
任務のために嫁探しをはじめた。

彼は、後輩達からナメられている公務員のヨルと意気投合し、
利害が一致したので偽装結婚、三人は家族になった。
表向きはロイドは精神科医と名乗っているが、
ヨルにも秘密があった。実は殺し屋「いばら姫」だ。
よりよい国作りのために暗殺を行い国に貢献している。

アーニャも自分が人や動物の心が読めることがわかると
気味悪がられて捨てられてしまうと思っている。
よって三人は秘密を抱えて一つ屋根の下で暮らしている。
ロイド、ヨルは物騒なモノを部屋に隠しているので
当然アーニャは大人たちの部屋に入っちゃダメだ。
かりそめのその場しのぎの関係…。
アーニャのずっといっしょにいられたらいいなという
願いは叶うのかな。

名門校の狭き門をくぐろうと奮闘する即席家族は
エレガントな先生の引き(好印象)もあり、
なんとかギリギリでアーニャを合格させる。

そもそもこのミッションの命題はデズモンド氏の次男
ダミアンとアーニャがともだちになり、その縁で
デズモンドに接触することである。父からダミアンと
仲良くなるようにと命じられたアーニャだった。
総統の息子ダミアンはちやほやされて育ちクソ生意気。
人の心が読めるアーニャはこの勘違い野郎がキライなので、
仲良しになれなかった。

ダミアンと仲違いしたことで孤立するかと思われた
アーニャだったが、軍事関連会社のお嬢様ベッキーと
親友関係になり、まぁいいかと思う。またダミアンも
素直に謝ってきたアーニャに対して恋心を抱く。
しかし本人のプライドがそれを許さず、認めない。
好きな子に憎まれ口を叩くという例のアレだ。
ことあるごとにぶつかることに。

また学園では優秀な成績を修めた者や学校の名を
高めるような善行(ボランティアなど)をした者に
星(ステラ)と呼ばれる勲章を与える。
これを8つ集めると特待生となり、デズモンドも参加する
懇親会に親子で出席できるのでこれをめざす。
しかし、アーニャの学力は相変わらず残念なので
ズルでもしなければ星はもらえないであろう。
むしろ、成績不振や素行不良に対して与えられる雷が
累積して8つになると退学なので本気で心配だ。
それだけは免れたい。

ロイドはスパイとしてのミッションをこなしながら
アーニャの子育て、ヨルとの偽装生活などによって
胃もたれに悩まされる。
また、霊長類最強クラスの力と殺人術を要するが、
それ以外はダメとアーニャから言われてしまうヨルは
姉に対しては理性をなくす弟ユーリの来訪に頭を悩ます。
姉も自分が殺し屋であることを弟に隠しているが
弟は実は秘密警察だということを姉に隠している。
東側の秘密警察ユーリにとって黄昏は一番の標的。
ロイドはユーリの正体を知っているが、彼の方は
まさか自分の姉が黄昏と結婚しているとは思わない。

奇跡的に星を手に入れ、得意満面のアーニャは
ベッキーの入れ知恵でご褒美で犬がほしいと言い出す。
そんな中、犬を軍事目的で使用するテロリスト集団が
暗躍し、フォージャー家と関わってくる。
アーニャの強い要望もあり予知能力を持つ
不思議な犬ロイドを家族に加えたフォージャー家の
今後に目が離せない。設定自体もおもしろいし、
キャラにも魅力がありユーモアのセンスもあって、
とっつきやすい。
表と裏の顔を持つファミリーがお互いの正体を知ったとき、
どんな言動をとるのかが今から楽しみだ。

第一話、第二話、番外編、直近
2話分位を無料配信している大盤振る舞いのネット漫画。
ここに大成功のヒントがあるんじゃないかな。
ジャンプ+の大看板 4巻〜 ☆☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:10| Comment(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。