2020年02月28日

漫画『ロマンチック 山本崇一朗(裏)短編集』

【ロマンチック】

自殺を決意した女はアパートの騒音住人に一言
文句を言ってから死のうとその扉を開けた。
あやしげな格好に黒魔術のような不気味なオブジェの数々。
ウソばかりつく不気味な山下さんは占いにこり、
今日は苦しむだけで死ねないから自殺するなと報告。
なんとなく自殺そびれた女は山下さんに会うたび
ひかれていきロマンチック浮かれモードに突入。
彼は救いの神なのか?それとも死に神なのか。
やさしいウソなのか?

【この夏】

小学校六年生になったタクヤは田中さんが
好きだが不真面目な人が嫌いと一蹴されてしまう。
大学の受験生にして兄は気になる本屋の女の子から
つきあってほしいと言われる。太っていてさえない
兄の話を端っから信じられないタクヤとその友シュウジ。
兄は彼女と自分は釣り合わない。せめてこの夏
ダイエットに励み彼女にふさわしい男になる!
夏が終わるまでつきあうのは待ってほしい。
と宣言し、ダイエットをはじめたのだった。
好きな子のためにがんばるってすばらしくないか?と
兄に言われたタクヤは感銘を受けた。
夏休みの自由研究は兄のダイエットを見守ることだ。
さぁ二人の恋の行方は?

【歯は上に投げるもの】

妹のカレシに誤解され殴られ歯が折れたり、
街の片隅にあるマットに座っていたら女の子が
落下してきたり(ストレス解消で飛んでいたらしい)
珍しいことは続くモノだ。兄は思う。
女の子は自分を避けようとして歯を折ってしまった。
折れた歯は上に投げなくちゃと二人は空中に
歯を放り投げた。非日常の中に出会いは潜んでいる?

【ボクらの友情戦記】

シンジ、タカユキ、亮介の三人は勉強ができない。
悪い点をとってはみんなで笑い飛ばし、
遊びほうける正しい男子小学生たちだ。
しかし、母たちはそれを許さない。
塾に行け!という非情の命令を出されてしまう。
そんなこと忘れて遊ぼうぜ!と元気に飛び出すが、
塾のことが気になって心から楽しめない。
勉強よりも友情の方が大切なはずだ!
母を説得する任務を託された亮介の運命は?

【スズキと大山】

大根農家の娘である快速のスズキハルコは
50m6秒3。日本女子短距離界のホープ的走力!!
ミス設定ではないか?と思ってしまうよ。
お昼の弁当には大量の大根が入れられている。
どんなイヤガラセだよw。大根は嫌いだけど
自分の大根弁当を奪いにやってくる大山はもっと嫌い。
自分よりもタイムがよかったスズキに注目する大山は
何かと自分に話しかけてきてウザい。
おまけに自分のウチの大根を盗んで走っていく。
何がしたいんだ?お前は…
やたら足の速い大根ドロボウをつかまえてやる!
と息巻くスズキ父。張り切る父を見たハルコは
逃げる大山を追い抜きプライドズタズタにしてやる!
と暗い情熱を燃やすのだった。

【ボクとボクの兄貴】

設楽兄弟のように双子でありながら運動能力と
学力が全く異なるアキノリとマサノリ。
スポーツが苦手だが勉強はできる弟アキノリは
兄マサノリのことが大嫌い。
プリンを食べられてしまったり、兄のすることは
母に受け入れられやすいのに自分のすることは
許可されないと思い込み、心は離れるばかり。
あこがれの三田さんが兄のことを聞いてきて、
怒りは頂点に達した。
くさったプリンを兄に食べさせてやりたい。
ドス黒い復讐の鬼と化した弟は真実を見いだすのか?

DSC_0523.jpg


(裏)短編集とタイトルが示すとおりキャラクターの
ネガティブな心を題材にした作品も並ぶ。
山本先生は絵がうまいイメージが強いが
初期の作品ばかりなので絵はまだまだ。
でも構図とかコマの使い方は凝っていて
この頃から才能があるなぁと感心した。
らくがきおまけ漫画6ページ分は
女の子キャラが相変わらずうまいなぁと思わせる。
この短編のアイディアは『それでも歩は寄せてくる』
に活用されている。
ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:12| Comment(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。