2020年02月04日

【年旬】

芥川龍之介の作品に『杜子春』という作品があり
そこからタイトルを拝借。年男・年女という言葉があり、
【さんま御殿】では毎年のようにこれを題材にした回がある。
今年はどうか知らないが毎年ある。

渡辺謙、東出、唐津のように出演者の中にやらかした者がいて
山の上のお蔵入りになって、また他人様に迷惑をかけなければいい。
落ち武者(ラストサムライより、不倫問題から逃げ回ったから)
糖尿病(糖出、東京・表舞台から出てほしいから)、
からっけつえりか(干されて、すかんぴんになってほしいから)
と勝手にあだ名をつけてやる。
もちろん三人とも縁もゆかりもないから叩く必要なんてないが、
なんとなく杏さんは好きだから、結果的に三人とも嫌いだ。
あん、あん、あんとっても大好きなので
さしでがましいようですが言わせていただきますよ。
はなさきまいは賢いから「沈黙は金」を守って、
黙っていてと思う。こういう所も流石だと思う。

夫婦間のことだからと外野がとやかく言うなというが、
「東出ごときが杏さんと結婚!」
「なんでだよ!」
「東京が出ていけよ!」
と叫んでいた女子高生(東出に個人的な恨みでもあるのかな)
の会話というか未成年の主張か世間の声を聞いたことのある
管理人としては、あぁ東出やっぱり格差婚乗り切れなかったか。
という感じだ。そうは言っても三人のこどもと逆コナン君(東出)を
抱えていた杏さんが本当に気の毒でね。
まぁフローリングとパートナーは新しい方がいいともいうしな。
それこそ家庭を築いたこともない私が言うことでもないよね。

そういえば最近自動車保険を切り替えたのだが、
切り替えた原因は値段とか保険内容とかではなく、
加入していた保険会社のパスワードが違う(メモしていたのに)と
言われ、パスワードが不明の方にパスワードのメールを送るというが
「あれ、スマホに登録しなかったのかな?見つかんないや」
なんか去年は自動車保険の証券番号と自分の名前打ち込んだら
契約まで進んだのに、勝手にシステム変えたのかな?
契約者のこと考えていないな。と思ったので、
いっそ切り替えるかと某保険会社に切り替えた。
そのとき前述した某えりか氏がCMしていた自動車保険会社に
切り替えたのか、切り替えられた方なのか忘れたが
でもたとえば契約者に一方的に嫌われたとしたら、
契約自体も切り替えられてしまうよな。
切り捨てごめんって侍ジャパンに限らず現代的風潮。
だからスポンサーは好感度やどの年齢層に敏感だろうし、
スキャンダルとかに対して過剰に反応するのだろう。

たとえば管理人なら生駒ちゃんがCMしていたらその商品を
できるだけ買うと思う。正直軽自動車あたりまで買うと思う。
大企業スズキ様あたりがスポンサーになってくれんかな。
でも流石に住居はムリ。愛の巣がほしくてふらっとフラット35
契約してしまうカップルはいないと思うけど、
家を建てる家族とかになんかこう、がんばれと言いたい。
それにしてもアメリカのサブプライムローンって
はた迷惑だったよな。国旗が泣くわ。旗だけに。
今だと中国が叩かれているけど本質的にはアメリカの方が
よほど性質の悪いことしているんだよね。
命に関わることだから感情的になる人が多いのわかるけど
タチの悪さだとアメリカは中国の比じゃないし、
イギリスはそれを遙かに凌駕する。歴史的暗黒面だと
紳士面しているけどまさに外道!!。知れば知るほどね。

ユーアール(UR)でどんギツネ(吉岡里帆)さんと
住みたい男子はきっと多いと思うであーる。
でも住居関連は大変だからどん兵衛を買うファンは多いと思う。
バイクは乗らないからゴジラ松井が出ても買えないけど
松井秀喜氏が好きなおじさん層は多そうなのでちょうど
ターゲット層に合致していると思う。
これをポジティブなCM効果とする。
例えばマックだったら嫌いなキムタクがCMに出ているから
行くのやめよう。これがネガティブなCM効果だ。
タケモトピアノを観るたびにターゲット層と一致しているのか
考えてしまい、早朝も眠れない。早朝仕事で出かけるから。

しかし、近眼の白目(King Gnuの白日)はすばらしい。
お眼鏡にかなう名曲だと思う。

そういえばアタック25を観ていたら
『グラゼニ』と『バトルスタディーズ』の編集担当の方が
出ていて、あれって同じ人が担当しているのな。
ちょうどグラゼニの主人公をおしゃれにした感じの人。
接戦を制して優勝。ゴメス!

マンガ大賞の候補作が挙がっていて、管理人としては
『ブルーピリオド』が本命、対抗が『スパイファミリー』。
売り上げ、知名度的には『SPY✕FAMILY』だけど
『ブルピ』の方が意義がある気がする。
甲乙つけがたいけど、無責任な立場からだとそう思う。

『鬼滅の刃』鬼みたいに売れているなぁと思っていたら、
遂に1位から〜18位まで独占という快挙達成。オリコン調べ
2月4日に発売された19巻は初動で100万部売れそうだし、
重版出来かかりまくりそう。出版業界にとって明るい話題。
今回は『あさひなぐ 32巻』とかが割をくって30位ランク外。
このメガヒット作品によってトップ10逃したり、
ランク外になった作品もいっぱいあった。それでも
棚置きしてもらっている作品はすごいんだけどね。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 18:54| Comment(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、旅行、
 本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想しませんてした。
 そして実際なりません
 でした。