2019年08月23日

漫画『ニーチェ先生 コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた』漫画ハシモト、原作松駒

コンビニに来店するバカ客に切れ味鋭い毒舌で
接客に当たる仁井智慧(ニーチェ先生)が降臨した。
仏教学部に在籍しながら悟りを開くことはなく、
品性のない来客が大嫌い。暴言で応酬する姿に
就職浪人として働く先輩松駒はハラハラ。
ニーチェ先生と命名し、その様子をツイッターで
勝手につぶやいている。(が途中からバレている?)

DSC_0400.jpg


777(スリーセブン)寺院通り店前は曲者ぞろい。
ギャンブル狂いの言動がいちいちクズな渡利先輩、
かわいい容姿だが闇社会の住人シバイヌこと柴田君、
裏と表の顔を使い分けるBL&スナイパーの黒木さん、
華麗なる経歴、ハイスペックジェントルマン宇井さん、
信じられるものは拳と豪語する強面の北川君、
インドからのイケメン刺客シャルク君、
そして発注能力、経営の才覚まるでなしで
どんなダメな奴でもとりあえず採用してしまう
ヤバすぎるオーナーを擁するこの店は
界隈の同業者からブラックリスト入りしている。

ちなみに一見まともそうな松駒君もモンスター客、
ニーチェや渡利先輩などからの仕打ちによるストレスで
暴食に走る傾向がある。
定期的に肥える→痩せるを繰り返すリバウンド王。
おっさんに萌えるおっさんずラブであり、
おっさんへの愛情を語り出すと話が止まらない。
また定期的に現状を憂い正規社員めざして就職活動を
はじめるのだが、物語の都合上うまくいくわけがない。

ニーチェのストーカーを働き、真性変態マゾの名を
ほしいままにする看護婦の塩山さん、
幼女萌えの馬酔木(あせび)、
無機物BLの黒木さん、そしておっさん好きの松駒…
この物語のキャラクターの愛情は少しだけ変わっていて
色々こじらせている。こじらせた春、こじはる…
この物語において名前が登場するキャラクターはみんな
業を背負っているがいいじゃないか。人間だもの。
悟りなんて開かずキャラクターが成長しないからこそ
ブレずに変わらず楽しめるのだ。
実際のコンビニの労働環境は改善される兆しがあるが
この作品の現場は作品の性質上その兆しが全くない。
ブラックユーモアあふれるコンビニギャグマンガ。
角川メディアファクトリー 11巻〜 ☆☆☆☆
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:25| Comment(0) | ☆☆☆☆のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。