2019年07月12日

漫画『人形の国 APOSIMZ』弐瓶勉

巨大な人工天体アポシムズ。
体積の半分は地底空間であり、大昔に戦争に
勝利したリベドア皇帝が統べる極寒の星。
敗北した者たちは意識を保ったままさまよい続け
数百年も生きる奇病人形病、自動機械からの攻撃、
そしてリベドア兵による残酷極まりない搾取と虐殺に
遭いながら、それでもなんとか生き続けていた。

DSC_0284.jpg


エスローは仲間と探索をしていた所、
リベドア兵に狙撃されている少女を発見。
攻撃を受けた少女は消えてしまい、
不思議な物体と道具を託される。
成り行きでリベドア兵を殺してしまったエスローたちは
事の顛末をリーダーであり正規人形ゼゾに報告した。
(正規人形…人間にコードと呼ばれる道具を用いることで
鎧化し防御力や様々な攻撃能力を有することができる。
但し適合成功率は極めて低い。リベドア側は多数存在。
皇帝は最も強い正規人形と言われている。
 不思議な物体…自動人形タイターニア)

現在の城に住んでいるとリベドア兵から襲撃を受ける。
基地まで移動するという判断を下したゼゾだったが
リベドアは迅速に攻撃を加えてきた。

圧倒的な軍事力の前になす術もなく捉えられたゼゾ、
エスローらは道具のありかを教えろと拷問に遭う。
絶体絶命のピンチの中、エスローの頭に響いたのは
正規人形にならないか?という問いかけ。
あいつらに対抗するにはそれしかないと即答した
エスローは正規人形になった。

問いかけの主はタイターニアだった。
敵側の正規人形であるイーユをなんとか退けた
エスローはタイターニアによって聖遺物の存在を知る。
(聖遺物…超構造体の核を破壊できる貴重なコード。
これを使えば皇帝によって世界が終わるとされている。
(超構造体の核…文字通りこの星における中心的な
役割を持つ空間であり皇帝でも突破できない。
そこには何があるのだろうか?)

自分が強くなるには正規人形を倒し、相手のエナ
(エネルギー)を奪うしかないと教えられる。
エスローはタイターニアと共に集落に赴くが、
そこではリベドアによる水の搾取が横行していた。
強力なリベドア正規人形から襲撃を受けるエスローは
タイターニアと共に活路を見いだせるのか?

DSC_0382.jpg


作品に黒のベタ塗りが少ない圧倒的な白の世界観。
表現力の巧みさ、絵のうまさによって難解な物語も
何度も読んで理解したくなる。読み込み型のSF
講談社シリウスコミックス 4巻〜 ☆☆☆☆★
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:52| Comment(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と野球観戦と
 カラオケ、 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチルを
 よく聴いています。