2019年06月28日

【興業吉本の笑えない話】

よの人を笑わせる仕事、お笑い芸人自体は
しっかりとしたすてきな仕事です。わたし
もお笑い番組やバラエティは大好きです。
とても楽しい時間をすごさせて頂きました。
この騒動は実に残念で本当に笑えません。
うそであってほしいとすら思っています。
ぎょうかいへの疑惑、疑問が尽きません。
うまく言えぬがすべっている気がします。

吉本興業の病みは末期症状。闇は深い。
それにしても令和という新時代になっても
こういった古臭い話が出てくるなんて。

ギャラより安い交通費(屋根より高いこいのぼり)
と吉本のやっすいギャラを
昔テレビでさんまさんが替え歌にしていました。
若手のときのギャラが500円で、
収入よりも支出の方が上回ってしまう。
その理不尽を笑い飛ばしているわけです。
そのときは笑っていられましたが、今はねぇ。

働き方改革によって残業できなくなった
サラリーマンが、本業で得られる収入が減って
ウーバーイーツをはじめました。
本来本業でしっかり稼げていれば、
そんな選択肢自体選ばなかった気がします。
それを決めた国会議員様にはなぜか議員年金と
いう分厚い保障が支払われます。政治家が
嫌いな仕事ランキング堂々の1位になるわけです。
まぁ偉そうな奴が多くて、仕事していないように
見えて本当にしていないのが多いからですけどね。
政界に進出する元アイドル、わたしは嫌いです。

閑話休題。
王と奴隷、資本家と雇われ人、地主と小作人、
日米和親条約、蟹工船、といち、
コンビニのフランチャイズ契約、
大手携帯電話会社との契約、
そして吉本興業の契約(まともに文書、明文化
雇用契約自体交わされていないとされている)
不平等な契約、ピンハネは人類の歴史そのものであり
今後改善されていく人類の課題なのかもしれません。
急に壮大な話に。まぁこのブログは社会派だからねw
黒歴史を反省し、少しでもマシな世界になればいいなぁと
あまちゃんロマンチストとしては思うわけです。
このブログは、特に世間から注目も期待もされていない
一般人のわたしが、個人の見解をたれながすブログです。

なぜお笑い芸人がバッシングされるのか?
彼ら、彼女たちがそもそも顔をさらしている
ある種の公人でありインフルエンサーだから。
あと、元々社会のゴミであり羞恥心や罪悪感がなく、
無神経で底辺の輩である犯罪集団自体をバッシングしても
のれんに腕押し、糠に釘、蛙のツラにションベンだから。
恥ずかしいとか世間に対して申し訳ないとか、
人様に迷惑をかけることに抵抗感や情けなさを覚える
まともな人間なら悪いことはせんでしょう。
たとえ思いついてもやらんでしょう、
でもそれをしちゃうからから悪人なのでしょう、
悪党なんでしょう。杜子春じゃないのでしょう。
最低はこれ以上下がりようがないから最低なのであって
それが野に放たれているか刑務所(少年院)にいるかの
違いしかなく、関わらずにすむように生活するしかない。
そして、犯罪者と距離を置きたくなったときには
もう取り返しのつかない状況になっていた気がします。
逃亡犯小林誠を積極的に助けていたのか、
いやいや助けていたのかはわかりませんが、
はなから関わっていなければ幇助の罪になることも
なかっただろうに。それにしても往生際が悪いというか、
なんで逃げたのかね。ホワッツマイケル?柔道一直線
ならよかったのに邪道一直線の人生だよね。
小林まこと先生を思い出しました。

芸能人や政治家が叩かれるのは、姿形が見えることや
ある意味人間扱いしている、されている証拠。
成功者を叩いてすっきりしている部分もあるかも
しれないけれど、そこには期待したり改善してほしい
ポジティブな願望もあると信じている。
お金が発生しなくても、SNSを発信し続ける人は
一定数いて、報酬が発生しないからこそ楽しめる
気がするのはきっと気のせいじゃない。

今回の騒動の肝はなんなんでしょうね。
詐欺集団によって命の次に大事と言われることが多い
お金をとられた被害者がいて、その詐欺集団が
楽しむためにお笑い芸人が呼ばれて楽しんだ。
いわゆる不当な行為、不法行為によって得られた
報酬がお笑い芸人に支払われた。私にとっては
まずいわゆる反社会的な相手だったか知っていたか
どうかは大きい気がします。心情的にね。
報酬の大きさとかはとりあえず度外視して。
芸能人や政治家だと別に正規の報酬でも一般人の
感覚とは乖離した金額をもらえることもままあると
思われるので、まず犯罪者や後ろ暗い連中と
わかっていたか。いわゆる汚い金と認識していたか。
わたし、気になります。

あと申告しなければ脱税で有名な板東英二の二の舞を
演じることになるとわかっていたか。
久しぶりに水曜日のダウンタウンに出演したかと
思ったら暴行疑惑…。
アウトレイジだかアウトな英二か、
昔は笑えたけど今は笑えないという意味では
彼も吉本興業も連綿と続いてきたという
お笑い界とあちらの世界とのずぶずぶな関係が
改善されてほしいと思ってやまない。
やまない雨はない。
でも雨上がりの宮迫は許せない。
でもでもアメトーークは変わらず観たい。
陸海空みたいに番組内容を刷新したらあっという間に
最終回でヤバイバルということもあるからね、
攻めすぎの女性サバイバル企画
「10人で10日間生活して10キロ体重増やす」
がギスギスしすぎて笑えなくなってたよ。

アメトーーク自体に雨上がりいなくなったら
タピオカミルクティーにタピオカ入ってない、
ブックオフなのに本ねーしな感じになる気が
するから司会と番組名自体を変えて、
基本フォーマットは同じでやってほしいなぁ。
あの番組は出演するお笑い芸人の連携プレーと
名物Pとスタッフやナレーションの人の力も
あると思うので、宮迫いなくてもいい気がします。

別に宮迫自体は引退する1年位前から急激に
つまらなくなった島田紳助のように
どうしても必要な存在に思えません。
行列のできる法律相談所みたいに強引に継続
している番組があるわけだから。観たい人は
変わらず観ているだろうし、違和感やわだかまり
覚える人は観ないであろうし、スポンサー問題は
宮迫が復帰するならオフホワイトどころか白紙は
必至だと思います。不倫したり遊ぶ金ほしさに
闇営業して脱税していたように思ってしまいます。
だとしたら反社会組織の人と紙一重どころか
同じ穴のムジナに思えてきます。仮に復帰する
機会があっても視聴者は心から笑えないんじゃない。

大衆演劇、音楽、美術…といったものは、
ごく一部の王族や貴族、いわゆるパトロンに向けたものから
一般大衆に向けたものに変化し多様化していった。
わかりやすく言えば、親分ひとりがお気に入りなら
その道化は召し抱えられるが、ひとたび親分の機嫌を
損ねれば叩き出され途方に暮れるしかなかった。
逆を言えば、ターゲットは一人でシンプル。
今ならたとえばソフトバンクの孫社長の心を鷲づかみすれば
ワシ安泰という感じだ。うん、わかりやすいたとえだね。
歴史的に芸術家や芸人と言われる人には、そういった
哀愁のようなものが漂っていて、道化的性格を持つわけだ。
パトロンがいるから、画家は働かずに絵を描ける。
才能にお金を払うわけだから、才能がある、認められる。
まぁそこまでの人は珍しく、自称画家が世にあふれるわけだ。
最近パンサーの尾形が水曜日のダウンタウンで
イジられ倒していたが、お笑い芸人にはそういった
ある種の悲哀があって、わたしは笑えなかった。
でもパンサー尾形のことはある意味で好ましく映った。
映画『ライフイズビューティフル』の主人公的なかっこよさ。

擁護する人もいるかもしれないけど、わたしは
宮迫に仏心おこせない。いろんな意味で悔しいです。
それこそ島田紳助同様に引退すら視野に入れた方が
いいレベルだと思いますが蓄えあるかな。でも、
もっと売れていないお笑い芸人やご家族の方が
ずっと深刻な問題ですよね。先が見えないのだから。
あ〜あ、好きだった応援していたお笑い芸人が
謹慎処分になる姿は観たくなかったなぁ。
今後も出てくるのかと思うと梅雨と同じくらい憂鬱。
あと、吉本の大崎会長が定期的に島田紳助引退後、
紳助君復帰してとつぶやくけど、あんな世間の常識と
かけ離れているつまらないトップだから騒動に発展し、
改善されないのだと思います。

笑えるアホならいいけど笑えないアホだから大問題。
トップ(頭)が悪いから反省もしないし変わらない。
自分の立場を守るためにお笑い芸人のせいにして
処分していたけど、お先に大崎が責任とるべき。
お笑い芸人たちにコンプライアンス研修するのも
重要だと思いますが、まずトップが辞めるのが筋で肝。
小林誠同様に吉本会長は逃げちゃダメだ。現実から。
これは笑ってすまされるようなレベルの話じゃない。
吉本、本当すべっている。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 08:08| Comment(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と野球観戦と
 カラオケ、 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチルを
 よく聴いています。