2019年01月18日

漫画『今日子』家田荘子 池上遼一

有明基地でアメリカ兵により襲われた
今日子はブラウン大佐と出会う。
ブラウンも件のけだものと同じ穴のむじなと敵視。
だが、今日子を本気で気遣い自分の心を助けてくれた
ブラウンに興味を抱くようになる。
防衛長官の息子で恋人の優は今日子を助けられず
情けない醜態をさらし今日子を失望させる。

ブラウンに強い愛情を持った今日子は
彼に会いに行き、その高潔な魂に愛情を感じる。
しかし、ブラウンは暗殺されてしまう。
ブラウンの死の真相を探る今日子だったが
彼の死以前にブラウンの存在自体が抹消されていた。
今日子はブラウンへの愛を証明するため渡米し、
巨大な力が働く陰謀に挑む。

DSC_0063.jpg


渡米した今日子は軍に入隊するために結婚。
過酷な訓練や仲間の死を乗り越えながら、
女性副大統領スカイという巨悪にたどりつく。
ブラウンは細菌兵器と巨額資金をめぐる
スカイとニホン製薬の癒着の証拠を握っていた。

正義の実現のために戦争していたと今日子に
述懐したブラウンは卑劣な凶弾に倒れたのだ。
彼の意思(遺志)を継ごうと今日子は奮闘。
ぼろぼろになりながら軍での任務をこなし、
驚異的な戦闘能力を身につけていく。
あまりにも巨大な相手(国家)に肉薄したことで
今日子に近しい存在や協力する者が命を落とす。

悲しみと絶望にくれる今日子だったが、
へたれだったはずの優が面目躍如。
愛を信じられず野望に邁進する変態サドスカイ氏と
愛を信じ突き進む不屈の主人公今日子。
絶対不利的状況を覆す不屈の魂の結末は?
まるでブラウン氏の魂が乗り移ったかのように
突き進む目力ヒロイン今日子が印象的な作品。
ひとでなしが次々と登場するエログロサスペンス。
小学館文庫 全1巻
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:03| Comment(0) | ☆☆☆★のおすすめマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。