2019年01月11日

漫画『ブルーピリオド』山口つばさ

人付き合いも勉強も器用にこなす矢口八虎は
天使の絵に魅せられ美術の世界に足を踏み出した。

不良のように仲間と深夜遊び回りながら
金髪ピアスの八虎は学年4位でコミュ力が高い。
周囲からは頭の良いリア充だと思われているが
実は努力家で無趣味、時間を有効に使うタイプ。
サッカー日本代表戦を仲間達と観戦し騒ぎながら
醒めている自分を発見。最強伝説黒沢みたいだ。
でも仲間といる時間が楽しくないわけじゃないし、
いい仲間に恵まれている。
ただ何かが足りない。情熱をぶつける対象だ。

早慶にラクショーで合格すると周囲に思われている八虎。
サボり目的で選択した
美術の授業での課題で美術室に行き天使の絵と出会う。

DSC_0211.jpg


森部長の絵に強い感銘を受けた八虎は、美術の佐伯先生の
後押しもあり、本気で絵を習いたいと美術部に入部した。
BL好きの腐女子やアクの多い女子部員ばかりの美術部で
佐伯先生の確かな指導を受けながら絵を描く。
そこには学内一の人気者にして八虎の天敵である
女装男子ユカの姿があった。同性愛に悩むユカの
心の叫びに触れた八虎は徐々に和解していく。
八虎もユカも周囲からレッテルを貼られている部分が
あるんだよな。突出しているが故に。
複雑な家庭環境で、複雑な心を持つユカの心の叫び。
その叫びを受け止めるのは主人公の八虎だった。

学費の問題から唯一の国立美大であり倍率数十倍になる
日本最難関校藝大めざして歩き出す。
「答え」のない芸術の世界を選んだ八虎は、
いろんな人や絵と出会い自分にしか描けない絵を模索。
人の何気ない一言に勇気づけられたり、傷つきながら
それでもとにかく描き続ける日々。
クセがすごいライバルたちの言動に不安を抱き、
自分の認める相手から認められたりと激動の日々を送る。

DSC_0206.jpg


圧倒的な個性を求められる藝大の受験生は
浪人生も多くやはり変わり者だらけ。
同時に人間らしい弱さや脆さ、強い感性、
強い自我や意志の持ち主ばかりだ。
生きている実感が湧く青春の日々を送る八虎は
ユカや高橋、橋田らに触発され歩みを止めない。
受験を通して見えてくるキャラクター達の素の顔や
生い立ち、抱える問題を丁寧に書き上げている。

1巻からガンガン引き込まれるすばらしい作品。
美術を題材とした漫画としては「かくかくしかじか」
があるが、全く違ったアプローチ、独自性がある。
「怖い絵」(中野京子著)もおもしろいが、
絵が描かれた背景やその時代に流れる空気、
生きていた人々の考え方、特に死生観なんかを知ると
日常何気なく見ていたものを注意して観るようになる。

DSC_0213.jpg


作中橋田が語っていたように、美術だって食べ物の
好き嫌いのようなもの。名画と言われる作品も
自分に刺さらなければなんてことない。漫画もね。
なんとなく好き、惹かれる、気になる…
のであればそれでいいのかもしれない。
ここまでの完成度の高さは完璧。
今後の展開、新刊がすごく楽しみな作品だ。
久しぶりのおすすめ最高評価の☆☆☆☆☆。
「Blue Period.」 講談社アフタヌーンKC 7巻〜
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:01| Comment(0) | ☆☆☆☆☆のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。