2018年12月28日

漫画『人面蝶』池上遼一

北海道の大雪山に蝶の採集にやってきた神庭は
岩の滑落事故の現場を目撃する。
蝶が岩に当たり、その後近くにいた採集家には
当たらず肝を冷やした…はずだった。
しかし、採集家は蝶の死骸のように非業の死を
遂げたのだった。そして、見たことのない
不思議な蝶に刺され痛みを感じた。

神庭は自分と同じように東京から
やってきたという若林と出会う。
若林の妹を紹介された神庭は交通事故で亡くなった
妹のことを思い出す。
深夜、自分が蝶に刺された腕から人面のような
アザが浮かび上がり、そこから蝶が飛び立った。
その後の体験から禍々しい蝶の死と人との死には
密接なつながりがあると仮説を立てた神庭は…。
表題作「人面蝶」

DSC_0091.jpg


「狂い鳩」

上級生からの理不尽な暴力に腹を据えかねた
一郎たちは自分たちが訓練した鳩により
仕返しを企てた。ピースという皮肉な名前を
つけられたその鳩は肉を食し凶暴性を増した。
仲間の鳩を連れてきたので訓練したところ、
一郎達の言うとおりに動く凶器と課した。
意味もなく住人を襲うように命じはじめた
一郎達によって被害が拡大し、増え続ける
凶暴な鳩たちを制御仕切れなくなる。
交通事故に遭った鳩を助けたはずの善意が
悪意へと暴走していく過程に人間のエゴが
見え隠れする作品。

「安達ヶ原の鬼女」

戦国時代に生きる3人の雑兵海太郎、熊吉、平助と
僧は羅生門のような不気味な門にたどり着く。
美しい姫のような女が現れ追いかける3人。
僧はおびただしい数の死骸とそれをついばむカラスを
発見し、彼らの不吉な未来を救い出そうと追った。
立派な城にやってきた3人の前に美しい姫と
おつきの者たちが鎮座しており甘言を弄す。

「土中に咲いた白い花」

江戸時代。築城のため長年働きづめだった
百姓たちは疲弊しきっていた。
だが、苦労知らずの若殿の理不尽な要求により、
築城工事は進められていた。
工事によって若者の労働力は取られ、
村に残された者たちは命を落としていた。
そんな理不尽がまかり通っている社会で
直訴をし命を落とす者。
脱藩を試みる者たちが後を絶たない。
無知蒙昧な城主によって人身御供(人柱)を
立てる要求をつきつけられ…。

「暴発」

犬をいじめていた悪ガキどものジローは
拳銃を見つけた。再婚した継母の愛情を
信用できないジローは犬嫌いの当てつけで
犬を家に連れてきた。やさしい現在の母は
怒ることなく、ジローの気持ちを尊重した。
亡くなった実の母はジローを縛りつける
厳しいだけのうとましい存在でしかなかった。
愛情を信じられないこどもが拳銃を向ける相手は?

「狼は海で死ね!」

巨大なカジキマグロにモリ一本で挑むつきん棒の
家業を嫌い華やかなカーレーサーになったトオル。
しかし事故によって右足のアキレス腱を損傷。
夢破れ、実家に帰ってきたトオルは兄と共に
働く同級生の井崎に出会う。
必死で止められたのに言うことを聞かず家を出た
トオルはつきん棒にとって致命的なケガを負っていた。
兄はトオルにあきらめるように忠告するが
学もないトオルはこれしかできないと船に乗る。
スポーツカーを盗み、台無しにしたトオルは
被害者から500万円を要求される。
カジキマグロを取ればそんな借金返済できる!
とできもしないことを豪語する愚かなトオル。
取り返しのつかないことばかりするトオルの末路は…。

など7編を収録した短編集 講談社KCスペシャル
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:34| Comment(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と野球観戦と
 カラオケ、 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチルを
 よく聴いています。