2018年10月25日

【漫画実写化が漫画原作を超えた例ってあるの?】

漫画実写化が発表されるたびに、
漫画原作ファンは嘆き、涙は涸れ果て、
ファンの心とネットが荒れ、
その影響で田畑が荒れ、米不足となり
タイ米が流通します。(キンコメ引用)

さてさて、漫画実写化が歓迎された例ってあるのか?
そして、漫画原作を超えたことってあるのか?
って話ですが、僕自身答えは出ています。
超えた!と断言できるのは『アオイホノオ』のみ。
大成功と思ったのは『のだめカンタービレ』、
『重版出来!!』だけ。これに尽きます。
そして、映像化された作品をはじめに観ている
ことが大きいです。もし、原作を読んでいたら
また違った評価になっていたかもしれません
あと時間の尺が長いドラマ、時間の尺が短い
映画だと詰め込みがちで間の余裕が足らない。
思い入れの強い作品が映画などで映像化されても
まず観ませんからね。予告版観てやるんだふーんと
思って、テレビ放映されるとき気が向いたら観る
位の位置づけなのが本音。

福田監督が手がけた『銀魂』観ましたが、
イマイチだなぁと言うのが率直な感想。
兄も申してましたが、銀魂はアニメの完成度が
非常に高い。よって、あの声優さんや作画スタッフ、
音楽を考えたときに超えられないだろうなぁと
思っていましたが、実際その通りでした。
もちろん映像含めていいところもありましたが。
俳優陣は元ももクロの青の子と
「アオイホノオ」の主役の柳楽優弥さんがよくて
ブルーな気持ちにはなりませんでしたが。
「眠れないアル」回を選んだセンスは流石です。

もちろん実写化に向いている作品もあるとは
思います。新たなファン獲得の起爆剤になる
可能性もあります。銀魂の空知先生は映画ヒット
したのに、漫画売れないってこぼしてましたが(笑)
まぁ、そういうこともある…
『逃げ恥』の作者は喜んでいましたが。
小躍りどころか恋ダンス踊ったことでしょう。

不向きな作品もあって、たとえば日常系漫画
『よつばと!』なんかは完全に向いていない作品。
今一番よく読む『団地ともお』も向いてなさそう。
浅野温子がサザエさんやる意味が全くわからない。
意義が感じられない。だって出オチじゃん。
トヨタのCMも大人ののび太がメガネをかけていて
てんで話になりませんね。
(原作では大人ののび太は近眼治っているので
メガネかけていない。だから古田選手が過去の映像で
のび太君とか言われていて二重の意味で苦笑)
ちびまる子ちゃんのCMはまることたまちゃんが
かわいすぎるという印象しか残りません。

あとスポーツ漫画は基本的に実写化向いていない
気がしますね。明確な失敗例として『タッチ』。
野球は生半可な練習量じゃ納得してもらえませんよ。
あれは原作ファンと言うか野球ファンが黙っていない。
大暴投作品ですね。そもそもあだち漫画は漫画の時点で
完成しているので実写化することに意義を感じません。

『スラムダンク』『アイシールド21』『ハイキュー!!』
『ドカベン』『バトルスタディーズ』『あしたのジョー』
『はじめの一歩』『H2』『弱虫ペダル』『火ノ丸相撲』
全部映像化してほしくありませんね。
既に映像化されている作品あるかもしれませんが
原作超えられるとは思いませんし。
そういえばサッカーの『ジャイアントキリング』は
やり方次第でおもしろくなる気がします。
あえて監督・選手以外の脇役にスポットをあてる
演出したりすることで伸びしろのある作品。

まぁ基本的に実写化は原作と別物と割り切るしかないの
かもしれません。思い入れが強い作品が実写化され
その作品の出来が悪かったら原作を擁護し、
たまたま出来がすばらしかったら喜べばいい。
『ドラゴンボール』位実写化作品としてひどいと
逆に話題になります。逆にね。
ホント、神龍に頼みたいものです。
ドラゴンボールの実写化(ハリウッド版)
なかったことにしてください!ってね。

今一番おもしろい漫画と言われている『キングダム』を
実写化したら、それは荒れますよ。
思い入れ強い人滅茶苦茶多いですもん。
きょうかい(羗廆)がどんな感じて動くのかな?
王騎は巨大鉈どんな風に振り回すのかな?
信の目は途中から大きくなるのかな?
ヒグラシ カナカナ 鳴くのかな?
会いたくて会いたくて震えるのかな?
乃木坂卒業するのは西野かな?
西野カナ かな文字で書く にしのかな
DSC_0062.jpg
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:35| Comment(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と野球観戦と
 カラオケ、 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチルを
 よく聴いています。