2018年09月26日

【WHY 何故に】

今でも疑問符がとまらない。
その自販機の横サイドにはラミネート加工した
萌え絵とセリフが印字されたファイルが貼付され
妙な存在感を放っていた。
通りかかるとき、あぁ萌え絵だ、完全に制作者の趣味だ!
とテキトーに通り過ぎていた。

あるとき、ふと立ち止まってよく観てみた。
キャラクターの名前、口癖と完全に制作者の趣味丸出し、
好きな飲み物とある。
そうかなるほど、これは販促のためのアイディア
だったのだと気づく。
このかわいい(かどうかはその人次第)のキャラが
好きな飲み物をアピールすることで
その商品を購入してほしいという制作者の意図が見えた。

何々、彼女(萌え絵)は「おしるこ」が好きなのか?
正面に回り込む。
WHY何故に?
おしるこがないじゃないか!
一体何が目的なんだ?

待てよ。確か反対側にも彼女(萌え絵)はいた。
確かにいた。
そしてもう嫌な予感しかしない。
彼女は「ライフガード」が好きとのこと。
やはりライフガードなんてないじゃないか!
why何故に?
何がしたいんだ。
その目的が知りたい。
それとも、制作者的には目的を達しているのか。

昔、歩道橋の上から釣り糸たらしている人がいて
「何か釣れますか?」
という問いかけに
「あんたで五人目」
という釣り具の上州屋のCMがあったけど
ふとそれを思い出したよ。

栃木の変態セブンの話もねぇ。
要は店長さんが壊れちゃって、
どこかで辞めたかったんじゃないかな。
コンビニのオーナー(一国一城の主)になったけど、
ノルマだの経営方針だのバイトシフトだの…
によって精神的にヤバくなっていたんじゃないかな。
コンビニのピンハネ的阿漕な腐乱チャイズシステムや
長年の蓄積によっておかしくなっちゃった気がする。
コンビニは一店舗見かけたら三十店舗いる
そんな乱立状態が当たり前になっちゃった。
乱立しすぎるとレミングス(集団自殺)に追い込まれ
悲劇(最終回)につながるのはテレビ業界と同じ。
追い詰められてエロティカ・セブンになったのか
元々エロティカ・セブンだったのかは知らないけど。

勘違いしないでほしいのは私はこの変態さんを
全面的に擁護する気はないということだ。
もし自分の近くに変態がいて不快な思いをさせられたら
私は全力を挙げて排除するタイプの人間だと言っておこう。
でもセブンどころか8年前から変態出没情報はあった
という証言があり、それが放置プレイされていた
という話を聞くとwhy何故に?と思ってしまうのだ。
これはセブン七不思議のひとつだな。
びぶんせきぶ

ボクシング協会のそれはお山(猿山)の大将図式。
でもこれは、弱い立場の店長が妙に強気で
不愉快な迷惑行為を繰り返していたのかな?
セブンイレブン自体の風評被害は甚だしいのは
間違いないけどなんとかならなかったのかなぁ。
まぁコンビニでも24時間監視はできないって
ことなのかな。大阪富田林署のザル体制と同じで。
監視社会とか情報遮断社会とか窮屈だし恐怖だけど
最低限のルールやモラルが守られてなかった気がする。

「あなたの近くにセブンイレブン」
というキャッチフレーズが全く違う意味に聞こえてしまう。
現代には暗闇でなくあんな明るいコンビニに
変態は潜んでいるのかと足が遠のくこと山のごとし。

何を隠そう、自分の特殊性癖は隠そう。
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:25| Comment(0) | 安寿の加齢なる日常V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と野球観戦と
 カラオケ、 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチルを
 よく聴いています。