2018年04月14日

漫画『HOTEL Boichi作品集』Boichi

2031年。温室効果により近未来に海がなくなる
という絶望的な状況が予測された。
人類が海洋資源を発掘したことが仇となり、
地球上の急激な温度上昇は不可避。
海面の温度は100度を超え海は沸騰し、消滅。
地球上の温度も270度近くなり地球滅亡は確実。
既に歯止めをかける手段はなくなり、
もう後戻りできない所まで来ていた。

人類ができることと言えば限られたDNAを
「ホテル」に託すことだけだった。
自我が芽生えたホテル支配人の超生命体ルイ。
気が遠くなるような悠久の時を超えて、
創造主であるキラたち人類の願いを叶えられるのか?
途方もない時間が流れる中、ルイが出会った未来とは?
表題作「Hotel」

P2018_0409_181058.JPG


地球上最後の生きていたマグロを食べた汐崎潤。
彼の父親は自分の車を売ってまで、海のダイヤと
言われる最高級食材を彼に食べさせたのだ。
そしてマグロはいなくなった…。
時は流れて…
28歳になった汐崎はあの日からマグロを探し
日々奮闘していた。マグロに賭けた男の闘いだ。

しかし、マグロは見つからず違うものを見つけ
思わぬ形でヒーローになってしまう。
マグロ復活を試みても、バカな同僚のせいで頓挫。
遺伝子実験をすれば、知的生命体を創出するなど
本来の目的以外の別の功績が認められる。
マグロを追い求める男はマグロのために生きた。
「すべてはマグロのためだった」

などを収録した『Dr.Stone』のボウイチ先生の
SF短編集。 講談社モーニングKC
ラベル:短編集
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 06:53| Comment(0) | 漫画短編集・傑作選・傑作集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞と野球観戦と
 カラオケ、 昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 なんだかんだでスピッツを
 よく聴いています。