2017年08月19日

漫画『ブルージャイアント』石塚真一

ジャズに魅せられテナーサックスを吹き続けた宮本大は
世界一のジャズプレーヤーめざし故郷仙台を飛び出し上京。
幼少期からピアノを弾いてきたプロ志向の沢辺雪祈、
初心者ドラマー玉田俊二と共にJASSを結成。
情熱のすべてをジャズに注ぎ込んだ彼らの演奏は
人々の心を揺さぶり話題となる。
あこがれのジャズの聖地「ソーブルー」への高みへと
到達することはできるのか。
P2017_0817_173252.JPG

宮城県仙台市青葉第二高校に通う宮本大はバスケ部引退を
機に練習を続けてきたサックスのプロをめざすことにした。
自分の感情が揺さぶられたとき、演奏が変貌を遂げる大。
初めての演奏会では酷評されるが、めげずに練習を続けた。
かつて音楽家を志した由井と出会い、レッスンを受ける大。
テクニックやうまさはないと普段は辛口でほめてくれない。
だが才能があるものしか持ちえない人々の感情を揺さぶる
演奏ができる大に由井は期待をかける。最高の奏者
「ブルージャイアント」(青色巨星)をめざせる逸材だと。

多くの者が触れたことがなく、なんか難しそうだと敬遠される
ジャズという音楽を広めようと文化祭のバンドに参加。
熱狂に包まれる会場。でも初めて体験したジャズの目新しさに
よるものかもしれない。家族にも自分の演奏を披露した大は
東京に旅立つことにした。夢を後押ししてくれる父、
他界した母、初任給でローンを組みサックスをくれた兄、
生意気だけどかわいい妹。過去が似合わず
立ち止まることを知らない男は東京に旅立った。
P2017_0817_120212.JPG

アルバイトをしながら、サックス奏者をめざす大は
同郷の友達玉田の家に居候しながら新居を探す。
しかし途方もなく高い家賃に驚き、結局ずるずる同居。
ジャズバーにやってきた大はピアノを見事に演奏する男
沢辺を見かける。沢辺は大の持つ巨大なサックスダコを
見たことで興味を示す。演奏を聴いてよかったら組もうと
上から目線で宣言される。演奏歴3年の大に対して、
沢辺は14年。しかし、大の演奏を聴いた彼は圧倒される。
組むことになるが、一流のドラマーがほしいなと沢辺。
本気でプロをめざしている彼は妥協せず、幅広い曲に対応
できる本格派ドラマーを熱望。大は玉田に声をかけるが、
素人ドラマーに沢辺が納得せず歯牙にもかけない。
沢辺は沢辺で知り合いに声をかけるが、大と沢辺の演奏に
ついていけないとあっさり逃げられてしまう。

初心者に対して厳しく、門戸を閉ざすからジャズが難しい…、
若いジャズ奏者がいなくなるのだと確信した大は
熱心に玉田を推す。玉田は意地でも二人に追いつこう
と猛練習を開始。音楽教室に通うことにした。
イヤな奴だと思われていた沢辺だったが、結局玉田を
メンバーとして認め三人は「JASS」として活動始動。
着実に階段を上がり、彼らの演奏を聴いた者の心を揺さぶる。
狂気とも言えそうな猛練習、生活のための深夜バイト、
ときに苦悩や挫折を味わう。遂に音楽関係者の目にとまり、
ジャズの聖地「ソーブルー」の姿が見えてきた…。
P2017_0817_173159.JPG

『岳』の作者のジャズ漫画。元々キャラクターを描くのが
巧みな先生だが表現力、構成力が抜群にうまくなった。
序盤から、成功者となった宮本大との想い出を
彼の家族や友人や仲間、恩人、演奏を聴いた関係者が
インタビュー形式で語っている。本編において
まだ描かれていない部分が語られ、予告として描かれている。
語り手たちがが主人公である大という青年をどう捉え、
どう感じてどう関わってきたのかを本音をまじえて描く。
そして本編で語られる大、雪祈、玉田の活躍、裏にある葛藤、
迫力満点の演奏シーンを見ると鳥肌がとまらない。
骨太の若者たちの我武者羅で本気の生き方に感動。
全10巻 ☆☆☆☆★ 小学館ビッグコミックス
『BLUE GIANT』
続編として『ブルージャイアント シュプリーム』』
posted by おすすめ漫画、漫画百選、漫画名言 at 07:35| Comment(0) | ☆☆☆☆★のおすすめ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:




すべての道は漫画道に通じる
漫画を読みながら
戦争はできない
漫画& 漫画と共に生きる
わが漫画ライフに
いっぺんの悔いなし!
などを信条とするブログ

2943871(にくしみはない)
11028349(ひとにやさしく)

【安寿(あんじゅ)】管理人
 自称「漫画のソムリエ」
 埼玉出身、趣味でブログを
 やっています。
 漫画以外だと
 生駒里奈さんと
 松井秀喜さんと
 ずんの飯尾さん、
 本と犬と猫、
 音楽鑑賞とカラオケ、
  昼寝、お笑い、
 風呂と温泉、シャワー、
 旅行、本屋が好きです。
 
 幼少の頃から
 漫画が大好きだった私が
 まさか漫画家になるとは
 誰も予想してません。そして
 実際なりませんでした。
 スピッツとミスチル
 バンプと米津玄師と
 back number
 をよく聴いています。
 最近だと近眼の白目
 (King Gnuの白日)
 に鳥肌たちました。